2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« ここはしっかり勝ちたい1戦☆シルクオールディー | トップページ | 天皇賞はジャガーメイル »

2010年5月 1日 (土)

現状の力を出せるデキ。大物といざ対決☆ロードオブザリング

ロードオブザリング(牡・笹田)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

5月1日(土)東京11R・青葉賞(GⅡ)・国際・芝2400mに池添騎手56kgで出走します。4月28日(水)良の栗東・ニューポリトラックコースで6ハロン80.2-65.1-51.6-38.1-12.3 7分所を一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手の内を通って0秒4先着。短評は「仕上がり良好」でした。発走は15時45分です。


2010年 5月1日(土)2回東京3日
11R 第17回 テレビ東京杯青葉賞(GII) 発走 15:45
サラ系3歳 オープン (国際)(指定) 馬齢 2400m 芝・左
本賞金: 5400、 2200、 1400、 810、 540万円


  アロマカフェ    牡3 56kg 柴田 善臣  
  エクセルサス   牡3 56kg 川田 将雅  
  コスモエンペラー  牡3 56kg 松岡 正樹
  コスモヘレノス   牡3 56kg 石橋 脩   
  サクラエルドール 牡3 56kg 四位 洋文  
  ジョーヴァリアント 牡3 56kg 吉田 豊   
  スマートフォーカス 牡3 56kg 柴山 雄一  
  トウカイメロディ  牡3 56kg 吉田 隼人  
  トゥザグローリー  牡3 56kg 内田 博幸  
  ハートビートソング  牡3 56kg 福永 祐一  
  ビッグバン     牡3 56kg 戸崎 圭太  
  ベストブルーム  牡3 56kg 小林 淳一  
  ペルーサ    牡3 56kg 横山 典弘  
  ミッションモード  牡3 56kg 北村 宏司  
  メイショウエバモア 牡3 56kg 田中 勝春  
  リリエンタール 牡3 56kg 安藤 勝己  
  レッドスパークル  牡3 56kg 秋山 真一郎 
  ロードオブザリング 牡3 56kg 池添 謙一

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダービー出走に向けてヤル気満々なのがロードオブザリング陣営。厩舎周りの運動で終了したが「きっちり調整してきたので太め感は全くない。馬体重は前走よりも若干、マイナスの感じで出走できそう」と笹田師。前走後は皐月賞にも目もくれず、ダービーを目標に。「広い馬場が合うので早い段階からダービーに的を絞ってきた。能力はあるので何とか出走権を取りたい」と力が入る。(大スポより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ここ目標に、今週の追い切りで態勢は整った。心肺機能が高く、素質のある馬。出走権を確保できるように頑張って欲しい。幼さが残るので、輸送をクリアできれば(笹田師)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

無敗の馬が3頭いる青葉賞。それぞれに魅力のある素材ですし、非常に強敵です。ここで権利を取ったお馬さんは、ダービーで打倒 ヴィクトワールピサの相手1、2番手に指名されることでしょう。

3ヶ月ぶりのレースとなる我が愛馬ロードオブザリング。使われていた頃に比べるとやや迫力に欠ける印象も、本数はきっちり積んできました。丹念に乗ってもいますし、2週は池添Jを乗せて、しっかり追っています。デキに関しては悪くないかと思います。上位馬とは決め手の差があると思うので、ある程度流れに乗って、脚をタメテ、抜け出して粘りこみを狙いたいところですね。

課題があるとしたら、東京への輸送。北海道から戻ってきた時も少し馬体を減らしていましたし、大幅減がなければ良いのですが。パドックで良い雰囲気を維持してくれていれば良いのですが…。

昨年の4月30日に栗東に入ってきたロードオブザリング。1年後に青葉賞出走を果たすくらいのところまで来るとは思いませんでした。今、持てる力をしっかり出してもらえたらと思います。何とか見せ場を作って欲しいものです。

« ここはしっかり勝ちたい1戦☆シルクオールディー | トップページ | 天皇賞はジャガーメイル »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードオブザリング」カテゴリの記事

コメント

あれではレース走れませんね(汗)

青葉賞に固執しないで、焼魚定食さんのいうとおり、馬体減もあるならなおさらもうちょっと柔軟に考えてもよかったですよね~。

これが、いい経験となればいいと思いますが…。大ダメージにならないかだけが心配です。

うりぼ~さん、こんにちは
さすがに24キロマイナスでは、レース前に終わっていたというところですね。何とか馬体を戻しながら、調教もしっかりこなしてもらったかと思いますが…。

故障がなかったのは何よりなので、もう一度、じっくりと馬体を造ってもらえたらと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ここはしっかり勝ちたい1戦☆シルクオールディー | トップページ | 天皇賞はジャガーメイル »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ