2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.114 | トップページ | デキは太鼓判!この距離でもタメが利けば…☆シルクアーネスト »

2010年5月 7日 (金)

ダービーの惑星となるか!?サンライズプリンスVSダノンシャンティ

馬名性齢斤量騎手厩舎
1 01 ダイワバーバリアン 牡3 57.0 蛯名 正義 西 矢作 芳人
1 02 コスモセンサー 牡3 57.0 石橋 脩 西 西園 正都
2 03 リルダヴァル 牡3 57.0 福永 祐一 西 池江 泰郎
2 04 サンライズプリンス 牡3 57.0 横山 典弘 西 音無 秀孝
3 05 サウンドバリアー 牝3 55.0 内田 博幸 西 安達 昭夫
3 06 ニシノメイゲツ 牡3 57.0 北村 宏司 田村 康仁
4 07 トシギャングスター 牡3 57.0 浜中 俊 西 矢作 芳人
4 08 パドトロワ 牡3 57.0 柴田 善臣 西 鮫島 一歩
5 09 モンテフジサン 牡3 57.0 武士沢 友治 松山 康久
5 10 キョウエイアシュラ 牡3 57.0 吉田 豊 西 矢作 芳人
6 11 エイシンアポロン 牡3 57.0 岩田 康誠 西 岡田 稲男
6 12 キングレオポルド 牡3 57.0 伊藤 工真 堀 宣行
7 13 ダノンシャンティ 牡3 57.0 安藤 勝己 西 松田 国英
7 14 シゲルモトナリ 牡3 57.0 松岡 正海 西 藤岡 範士
7 15 ガルボ 牡3 57.0 後藤 浩輝 清水 英克
8 16 レト 牡3 57.0 幸 英明 本間 忍
8 17 エーシンダックマン 牡3 57.0 四位 洋文 西 坂口 正則
8 18 エーシンホワイティ 牡3 57.0 北村 友一 西 松元 茂樹

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

皐月賞は、ヴィクトワールピサが1枚上のレース内容を見せて快勝。そして、先週の青葉賞は、早め先頭で圧勝したペルーサが負けず劣らずのパフォーマンスを見せてくれました。今のところ、日本ダービーは両雄の対決ムードですね。 それに待ったをかけるとしたらNHKマイルC組でしょうか。その中で有力視されるのがダノンシャンティとサンライズプリンス。どちらも前走では確かな性能を発揮してくれました。

個人的にはあまり評価してなかったのですが、ダノンシャンティの毎日杯は、人気は他馬に譲りましたが、レース内容は完勝。確実に良い脚を使ってくれます。松国厩舎らしく皐月賞をパスして、マイルC→日本ダービーのローテ。厩舎の先輩 キングカメハメハに続くことができるでしょうか。ただ、ダービーよりも明らかにこの距離の方がシャンティにとっては走りやすいかと思います。そのためにも、ここはしっかり勲章をモノにしたいところかと。

賞金を加算するためにNZTに出走したサンライズプリンス。中山のマイル戦の大外枠を意とも簡単に克服して、自分から動く競馬で1分33秒割れ。圧巻の内容でした。基本的には、広い馬場の方が向くかと思うので、絶好調の横山典Jとのコンビで、こちらもしっかり勲章を手にしたいところ。左回りも向くかも。

この2頭に待ったをかけるとしたらリルダヴァルでしょうか。2歳時の輝きをまだ取り戻せていないですが、叩き3走目で覚醒するかどうか。切れ味が身上の馬ですから、マイル戦は向くかも。

あとは、適距離になるエイシンアポロン、ダイワバーバリアンのレース巧者が混戦になると生きるかも。

今年は強い馬の力勝負を見たいのですが、さてどうなるでしょうか。

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.114 | トップページ | デキは太鼓判!この距離でもタメが利けば…☆シルクアーネスト »

競馬(POG)」カテゴリの記事

競馬(情報+展望)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.114 | トップページ | デキは太鼓判!この距離でもタメが利けば…☆シルクアーネスト »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ