最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 最後はしっかり伸びてくるも、届かず3着☆シルクオールディー | トップページ | ロードなお馬さん(2歳馬) »

2010年5月 4日 (火)

マイナス24キロ。レースで力を発揮できずホロ苦14着★ロードオブザリング

ロードオブザリング(牡・笹田)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

5月1日(土)東京11R・青葉賞(GⅡ)・国際・芝2400mに池添騎手56kgで出走。18頭立て9番人気で5枠10番からスローペースの道中を11、10、12、10番手と進み、直線では大外を通って2秒4差の14着でした。馬場は良。タイム2分26秒7、上がり36秒0。馬体重は24kg減少の474kgでした。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2010年5月1日 東京11R 青葉賞(GⅡ)(国際)
1着ペルーサ      56横山典 2.24.3    (9・8・10・7)
2着トゥザグローリー  56内田博 2.25.0 4  (13・10・12・10)
3着ハートビートソング 56福 永 2.25.1 1/2  (14・14・16・15)
14着ロードオブザリング 56池 添 2.26.7    (11・10・12・10)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

○池添騎手 「折り合い等は全く問題が無かったですよ。ただ、牧場から帰って来て一頓挫を起こした影響で大幅なマイナス体重。まだ完全には戻り切らぬ状態だったのでしょう。しかし、先々の活躍が望める素質の持ち主。今日は満足な結果を残せなかったものの、夏に立て直せば再び頑張ってくれると思います」

○笹田調教師 「4月29日(木)の段階で490kgまで回復。でも、東京競馬場までの輸送で更に減ってしまったのでしょう。レース自体は無難に運べましたが、最後はスタミナ切れと言った印象。優れた心臓も馬体が伴なわねば生かせません。そのあたりを含めて現状では未完成。牝馬のようなデリケートさを持ち合わせています。今後は菊花賞(GⅠ)を見据えつつケイアイファームで充電を図る予定。渋滞を避ける意味でも連休が明けた頃に移すのが良いですね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

うるさい感じではなく、それほど細くもなかったが、マイナス24キロはやはり気になった。後方待機から直線で外へ出したが、大して伸びなかった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダービーと同舞台の青葉賞に挑んだロードオブザリング。現状の力差もあるでしょうが、やはりマイナス24キロがこたえました。

セン痛で馬体を減らし、馬体を戻しながらの必死の調整だったと思いますが、デリケートな部分も出てしまいました。これは母系特有なのかな…。青葉賞は、ペルーサの強さばかりが目立ち、全くリングの良さが見られませんでした。トライアルに参加しただけって感じですね。残念ですが、今後に活かして貰えたらと思います。

リングは一流馬のような心肺機能を備えているとのこと。馬体にもこれからだと思いますし、徐々に力をつけて言ってくれればと思います。笹田調教師も期待してくれているから、「菊花賞を見据えて」という言葉も出てくるのでしょう。幸い故障ではないので、まずはしっかり馬体を戻すことに専念して、リフレッシュして欲しいと思います。

菊花賞は間に合わなくても、来年の天皇賞・春には駒を進めて欲しいものです。

« 最後はしっかり伸びてくるも、届かず3着☆シルクオールディー | トップページ | ロードなお馬さん(2歳馬) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードオブザリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最後はしっかり伸びてくるも、届かず3着☆シルクオールディー | トップページ | ロードなお馬さん(2歳馬) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ