2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 1コーナーであの位置では…。★ロードホーリー5着 | トップページ | 記事より☆レディアルバローザ »

2010年3月 8日 (月)

桜の舞台を目指して、アルバローザ出走★フィリーズレビュー

第44回フィリーズレビュー(G2、3歳牝馬、芝1400m、フルゲート16頭)の登録馬は以下の通り。

ステラリード
パリスドール
モトヒメ
イイデサンドラ
カレンチャン
ケイアイデイジー
テイラーバートン
ナイトオブザオペラ
ニシノモレッタ
ハニーメロンチャン
ラナンキュラス
レディアルバローザ
ロジフェローズ
アマファソン
エリモエポナ
カスクドール
カネトシマイコサン
カリビアンペガサス
クリスマスキャロル
グレナディーン
サウンドバリアー
ジョディーズライン
スプリングサンダー
ソムニア
トゥニーポート
トロンプルイユ
ネバークイン
フラムドール
マイネアロマ
マンゴプディング
ユメノキラメキ
ラブグランデー
ワシリーサ

【地方馬:1頭】
ラブミーチャン

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

桜花賞への出走を目指して、34頭が出走登録してきました。「○○○○○チャン」が勢ぞろいですが、テイラーバートン、ラナンキュラスが有望かと思います。ただ、やはり先週のチューリップ賞に比べると、低調な感は否めないですね。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

500

レディアルバローザ(牝・池江郎)父キングカメハメハ 母ワンフォーローズ

週明けの段階では、伏兵の1頭という感じではありますが、レース当日には4、5人気には支持されるかなと思います。とにかく強かった前走と同舞台ですし、チャンスは十分あるかなと思います。

「勝負強い馬です。行かせれば行く馬だが、乗りやすい馬だし、構えてジワッと行くのがいい。ここでも面白いと思います。なんとか最後のチャンスをつかみたいところですね」(池江泰郎師)

※競馬ラボのインタビューにも、同馬について紹介されています。

生まれて間もないころに見ても、いい雰囲気だった。トモが大きくて、たくましかったね。そのイメージのまま、まっすぐに成長したんだ。三石のケイアイファームでの育成時もトラブルとは無縁だったし、手元に来てからも手がかからない。(一部引用・生まれた頃の印象)

« 1コーナーであの位置では…。★ロードホーリー5着 | トップページ | 記事より☆レディアルバローザ »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)レディアルバローザ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1コーナーであの位置では…。★ロードホーリー5着 | トップページ | 記事より☆レディアルバローザ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ