2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

ディープ産駒とハーツ産駒

日刊スポーツの桜花賞特集に、注目の2歳馬の情報がちょこっと出ていましたので、紹介したいと思います。

キッスパシオン08(父ディープインパクト)栗東・友道厩舎

ディープ産駒の中でも評判が高いようです。頭部が小さくて垢抜けた馬体。「乗ってもトビが大きくて乗り味がいい。気性も前向きで、前へ前へ行こうとする」(森下厩舎長)

ビワハイジ08(父ディープインパクト)栗東・池江寿厩舎

胸前やトモが発達して、ボリューム十分。「兄姉たちはキャンターの時は頭が高いのに速いところに行くと重心が下がる。でも、この馬は常に低い重心で走る。すごいです」(林厩舎長)

マギストラ(父ディープインパクト 母マンファス)栗東・平田

兄にキングカメハメハ。「すごく背中が柔らかく動きが素軽い。父似だけどキンカメに似たところがある」(日下厩舎長)

「ディープの仔にはバランスの取れた馬が多いけど、この馬もバランスが取れている。すごく楽しみ」(平田師)

アルファホール(父ディープインパクト 母ドゥルセデレーチェ)美浦・萩原

「ヤンチャでカリカリしているけど、跨るればすごくいい。トビが大きくて素軽い走りをするしだんだんと力をつけている」(横手厩舎長)

ソルデマーヨ(父ディープインパクト 母アルゼンチンスター)栗東・音無

アルティシムス(父ディープインパクト 母アルーリングボイス)栗東・野村

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

(ハーツ産駒)

ギュスターヴクライ(母ファビラスラフイン)栗東・荒川

毛色も父似で伸びのある体型。「とても力強い動きを見せるけど、単なる馬力型とは違い、ハーツ仔に良く見られるのびやかさがある」(社台F・青田さん)

ゲーリックストーム(母ストームティグレス)栗東・小崎

半兄オースミダイドウ。「兄はきれいな体をしていたが、この馬もスカッとした格好のいい馬。走らせても前向きで、自分からしっかり走る」(社台F・青田さん)

アルマフローラ(母セトフローリアンⅡ)美浦・牧

半兄フサイチジャンク。脚がよく伸びた躍動感のる走りを見せているとのこと。

ソロリサイタル08 栗東・牧浦

とても元気が良くて前向きな馬だし、マイルぐらいで活躍してくれそうとのこと。

ステラロッサ(母レッドキャット)栗東・角居

モビール(母エヴァンタイユ)美浦・武市

シルクなお馬さん(3歳・入厩組)

20103_4

シルクアーネスト(牡・池添)父グラスワンダー 母ティアドロップス

レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。調教師は「あれほど楽に勝てるとはね。力を確実に付けてきているし、あの内容なら十分上でも通用すると思うので、次は来週阪神の芝1,600mを考えていますが、中山のニュージーランドTにも登録して、入りそうなら使おうと思っています」と話しています。(3/29近況)

2010

シルクオールディー(牡・昆)父マンハッタンカフェ 母クインオブオールディー

CWコースでキャンターの調整で、24日に併せて時計を出しています。調教師は「追い切りをこなすごとに動きもしっかりしてきたし、もう少しで使える態勢になるでしょう。今週の追い切りの動きを見てから、予定を考えます」と話しており、今週土曜日の阪神・芝1,800mに出走を予定しています。(3/29近況)

四 位31CW良 81.8- 66.6- 52.6- 38.8- 12.6 叩き一杯
テンチョウタ(三未勝)一杯の外を追走0.3秒先着

⇒土曜日の阪神・芝1,800m 四位Jで予定。(3/31出走予定)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アーネストは、やはり同日のニュージーランドTへも登録するようです。1勝馬だけに出走は難しいかと思いますが、相手なりに走る馬ですし、出走できれば3着以内の目もあるかも…。来週は土日でマイル重賞を楽しめるとなると、凄いことですね。

オールディーは、一応、今週末に復帰予定。権利を持っていないので、出走は厳しいかな…。追い切りを重ねるごとに動きも良くなってきています。復帰戦から大いに期待したいと思います。

シルクなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo_7

シルクケーニッヒ(牡・本田)父ストラヴィンスキー 母ブリッツケーニギン

滋賀県・アカデミー育成場で療養中です。右前脚種子骨々折のため馬房で休養させています。牧場長は「馬房の中では歩き回っていますし、それでいて歩様が悪いという感じはありません。一時期に比べると状態は落ち着いてきたように思います」と話しています。(3/29近況)

Photo_8

シルクタイムレス(牡・山内)父クロフネ 母ジュウニヒトエ

北海道・ヤマダステーブルで調整中です。ウォーキングマシン60分、ミニトラックでダクとハッキング3,000mの調教をつけられています。牧場長は「今週から調教のレベルを一段階上げています。ミニトラック中心の調整ですが、様子を見て坂路コースも併用して行きたいと思います」と話しています。(3/29近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ケーニッヒは、骨折で療養中です。まだ正式な診察結果が出ていませんが、場所的には厳しい位置ですから…。

タイムレスは、屈腱炎明けですが、思いの他、早く乗り出しています。とにかく再発しないように、しっかりケアに努めて欲しいです。

ロードなお馬さん(3歳馬)

Photo_4

ロードオブザリング(牡・笹田)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

3月31日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に57.1-42.5-28.6-14.3 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。5月1日(土)東京・青葉賞(GⅡ)・国際・芝2400mに池添騎手で予定しています。

○笹田調教師 「もう体調面は大丈夫そう。まだ馬自身の行く気に任せたレベルとは言え、3月31日(水)は坂路コースで時計を出しました。動き等に関して今のところ特に不満は覚えません。この様子ならば次週より更に速いペースで乗れると思いますよ」

≪調教時計≫
10.03.31 助手 栗東坂良1回 57.1 42.5 28.6 14.3 坂路コースで入念

Photo_5

ロードギャラクシー(牡・河野)父ネオユニヴァース 母ユニオンワラダー

3月31日(水)良の美浦・ダートDコースで6ハロン84.3-69.0-54.4-39.7-12.0 6分所を一杯に追っています。併せ馬では馬なりの相手の内を追走して同時入線。短評は「一息入り重目残り」でした。4月10日(土)福島・3歳未勝利・混合・芝1800mもしくは4月10日(土)福島・3歳未勝利・芝2000mに中舘騎手で予定しています。

○小笠原調教助手 「3月31日(水)は坂路1本を駆け登った後にダートで時計を出しました。併せた相手のインを通り、最後は馬体を並べての入線。着実に仕上がって来たと言えるでしょう。気配は上々。このまま行けば休み明け初戦でも面白いのでは・・・と感じています」

≪調教時計≫
10.03.31 加藤士 美南D良 84.3 69.0 54.4 39.7 12.0(6) 一杯
キングオブチャド(古馬500万)馬なりの内追走同入

3

レディアルバローザ(牝・池江郎)父キングカメハメハ 母ワンフォーローズ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。レース出走へ向けて態勢は段々と整っており、この調子を維持しながら更に調整を進めます。4月1日(木)に追い切りを行ない、4月11日(日)阪神・桜花賞(GⅠ)・国際・牝馬限定・芝1600mに和田竜二騎手で予定しています。

○池江調教師 「前走後に幾らか楽をさせた効果も手伝い、馬体は着実に回復を遂げたと言えるでしょう。飼い葉もキッチリ食べていますよ。なかなか良い雰囲気。このまま次週を迎えたいですね。3月31日(水)は軽い調整。4月1日(木)に多少ペースを速めて乗る予定」

Photo_6

ロードホーリー(牡・笹田)父シックスセンス 母アミティエ

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、4月24日(土)京都・3歳未勝利・芝2200mに岩田騎手で予定しています。

○笹田調教師 「栗東トレセンへ戻った後も脚元を含めて問題は見当たりませんね。目標は3回京都の初日。芝2200m戦です。次も岩田騎手が手綱を取れるでしょう。3月31日(水)までは厩舎周辺の歩行運動。明日4月1日(木)より再び馬場へ出そうと思います」 

続きを読む "ロードなお馬さん(3歳馬)" »

1発アル☆バローザ・日刊スポーツの桜花賞特集

Photo_3

レディアルバローザ(牝・池江郎)父キングカメハメハ 母ワンフォーローズ

「競馬の“模範”のようなレースをする。センスがいいね。安定して走れるのがいいところ。距離も2000ぐらいまでは対応してくれそう。前走後、5日間だけ短期放牧に出してリフレッシュさせた。デキは変わりないよ」(池江郎師)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

日刊スポーツの桜花賞特集号が発売されていたので、記念に購入しました。ただ、愛馬のアルバローザの記事は小さく、注目してくれている記者も少なかったです。ちょっと寂しかったです(笑)。まあ、今年は目移りするメンバー構成だから仕方ないかな。今日か明日には1週前追い切りで時計を出すかと思います。どういう時計をマークするか早く確かめてみたいと思います。

ロードなお馬さん(2歳馬)

201003_4

ロードエアフォース(牡・笹田)父エアエミネム 母レディスターライト

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。3月28日(日)測定の馬体重は490kg。

○当地スタッフ 「元気一杯。いつも軽快なフットワークで駆けています。もっと稽古が進まないと適性は分からぬものの、背中の感触からも楽しみな素質を秘めるのは確か。同じ父を持つロードニュースターのような活躍を見せて欲しいですね。この調子で更なる向上に励む方針」

20103_3

ロードランパート(牡・池江寿)父ディープインパクト 母ジャズキャット

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。3月28日(日)測定の馬体重は469kg。

○当地スタッフ 「さすがに週単位での変化には乏しいですね。しかし、徐々に落ち着きが出始めたのは明るい材料。現在のパターンに慣れると共に体力的にも余裕が出ているのでしょう。脚元に関して不安は覚えぬ状態。今のところ概ね順調だと思います」

201003_5

ロードハリアー(牡・浅見)父ジャングルポケット 母オーブリエチア

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。3月28日(日)測定の馬体重は468kg。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。いつも軽快なフットワークで駆けており、基礎体力が段々と備わって来たと思います。馬場コンディション等を踏まえながらペースを上げる予定。もう少し背丈が伸びて欲しい印象ながら、今のところ概ね順調と言えるでしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

カナロアが小休止となりましたが、他の出資馬3頭は順調に乗り込み中です。

特にエアフォースは頗る順調です。まだまだペース的に物足りないと言わんばかりに、余力十分です。馬体重も490キロまでシェイプアップされても来ましたし、楽しみが増すばかりです。

ランパートも稽古に慣れてきたようです。落ち着きというか集中力も出てきたのかな。この調子でコツコツと下地を作って欲しいと思います。

ハリアーは、一息入りましたが、動きは引き続き良好です。やはり良いモノを秘めている感じです。うまく成長を促しながら、乗り込みを続けて欲しいです。

早期入厩へ黄信号★ロードカナロア

骨瘤発覚でひと休み★ロードカナロア

ロードカナロア(牡・安田隆)父キングカメハメハ 母レディブラッサム

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。3月28日(日)測定の馬体重は480kg。

○当地スタッフ 「右前脚に骨瘤が出掛かっています。とは言え、症状は本当に僅か。身のこなし等に影響は表われておらず、箇所に触れても熱感は無い状態です。ただ、強引に進めれば良からぬ方向へ行く可能性も。一旦ウォーキングマシンの調整に切り替えました」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

入厩予定も示され、いざこれから仕上げにという段階だったカナロア。大事に至る前に発見してくれたのは幸いです。熱感もないとのことなので、脚部が落ち着くまで無理は控えて欲しいです。他馬と同じようにカナロアにもリフレッシュ期間が与えられたと思って、前向きに考えたいと思います。

武藤調教師視察。なかなか期待できる!?☆シルクプレイヤー

北の大地で頑張っています★シルクプレイヤー

シルクプレイヤー(牡・武藤)父ジャングルポケット 母プレギエーラ

北海道・ノーザンファーム空港牧場で調整中です。ウォーキングマシン40分、1,000m周回ダートコースと屋内坂路コースを併用して、ダク500mとキャンター2,500mの調教をつけられています。確認した調教師は「先週見て来ましたが、まとまった良い馬ですね。今490kg近くあると聞きましたし、内容の濃い調教を進めながら、尚かつ体が増えているのは、とても頼もしいですね」と話しています。(3/29近況)

*~*~*~*~*~*ね。~*~*~*~*

シルクプレイヤーのもとに、武藤調教師が視察に来ていただきました。まあ、他の社台関連の馬も見に来たのでしょう。先週は疲れが出て、坂路の本数を減らしていましたが、与えられたメニューはしっかりこなしてくれています。調教をしつつ、身体を増やしてきているのは良い傾向ですね。コメントから、天栄は中味が薄いといわれている気もしますが…。プレイヤーには、離脱することなく空港牧場のメニューをしっかりこなしてくれることを願っています。

シルクなお馬さん(2歳馬)

20103

シルクレイノルズ(牡・斎藤)父スペシャルウィーク 母ウイングオブラック

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で17-17の調教を付けられており、牧場長は「気合乗りも上々ですし、調教の具合としては悪くありません。現時点ではトモの強化に重点を置いたメニューですが、これが実を結んで、良い方向に変わってくればと思います」と話しています。(3/29近況)

20102

シルクレグルス(牡・藤沢則)父アドマイヤドン 母アフリカンスカイ

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で20秒程度の調教を付けられています。牧場長は「乗り込んで馬体が減るようなことも無く、少しずつパワーアップしている感じですが、先々を考えると、やはり今はジックリ乗っていった方が良いでしょう」と話しています。(3/29近況)

Photo_2

シルクプラズマ(牡・領家)父ステイゴールド 母ビービープレジャー

北海道・坂東牧場で調整中です。パドック放牧と、ウォーキングマシンの運動を60分進めています。牧場長は「休ませている間に、体がやや細くなりましたので、徐々に飼い葉の量を増やしてフックラさせています」と話しています。(3/29近況)

201003_2

エタニティリング(牝・野中)父シンボリクリスエス 母ウェディングシルク

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で17-17の調教を付けられており、牧場長は「気合乗りは良いのですが、まだ気持ちだけが先行して、フォームに安定しないところがあるので、もう少しリラックスして走れるようになると良いですね」と話しています。(3/29近況)

201003_3

ファインステラ(牝・岡田)父ゼンノロブロイ 母サンシャインステラ

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「体力強化を目的に、引き続き長め中心を乗っています。動き自体もまずまずですし、この調教がいずれ実を結んでくれると思います」と話しています。(3/29近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シルクプレイヤーは改めて、ピックアップ記事と言う感じで別枠で案内したいと思います。

怪我をしていたプラズマは遅れてはいますが、それまでにある程度の乗り込みはしているので、乗り出せれば遅れは取り戻せるかなと思います。

クラシック路線へと期待するレイノルズは、もう少しゆっくりめで乗り込んでもと思うのですが、動きは良いものを秘めてそうです。SS系の父ということで、今の時点では緩さも残っていると思うので、しっかり下地づくりをお願いしたいです。

レグルスは、出資したてですが、今の時期の調整としたら、これくらいがちょうど良いと思います。

牝馬の2頭は、体力面で力が付き切っていない現状ですので、無理は絶対控えて欲しいです。エタニティリングは前向きに取り組んでくれているのは嬉しいです。素質開花に向けて、じっくりじっくり進めて欲しいです。

もうすぐ帰厩へ。徐々にパワーアップ☆ロードアビリティ

徐々にパワーアップ☆ロードアビリティ

ロードアビリティ(牡・北出)父レギュラーメンバー 母ナチュラルカラー

滋賀・信楽牧場在厩。ウォーキングマシン50分、ダートコース・ダク2000m→キャンター4000m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「フットワークに安定感が備わった印象。心身共にコンディションは確実に上向きです。現在も整体治療は継続。でも、もう腰に関して大きな心配は不要だと思います。先週末には北出調教師が視察に。新たな指示に備えつつ更に仕上げましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ロードの3歳馬では、アビリティだけが牧場暮らしです。ただ、アビリティも徐々に復調し、弱かった腰~トモにかけて、力もついてきた様子です。疲れを残さないように整体治療も継続して行われているようです。有り難いです。北出調教師もこの馬に関しては、よく様子を見にきてくれています。この調子で乗り込めたら、遅くても4月2週目には栗東に戻れるのではと思っています。

2010年3月30日 (火)

2010年PROG開幕

マタさん主宰の3歳・古馬対象の、『2010年PROG』が先週からスタートしました。今回は1年を通してのロングラン開催。だんだん成績が芳しくなくなってきたので、少し奮起したいと思います。そこで私、焼魚定食の指名馬を報告します。

【自由獲得枠】

1 シルクメビウス(牡4 領家)
2 ドリームジャーニー(牡6 池江寿)
3 ソリタリーキング(牡3 石坂)
4 レーヴドリアン(牡3 松田博)

<一般獲得枠>

5 ルーラーシップ(牡3 角居)
6 ペルーサ(牡3 藤澤和)
7 メイショウベルーガ(牝5 池添)
8 オウケンサクラ(牝3 音無)
9 リーチザクラウン(牡4 橋口)
10 ナムラタイタン(牡4 大橋)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

ブエナビスタ、レッドディザイア、エスポワールシチーと確実にポイント獲得を見込めそうな馬を1頭入れておくべきだったかなと思いますが、ある程度、バランスに気にしながらの指名となりました。3歳馬が5頭は多いかな…。

自由獲得枠では、ソリタリーキングが芝を使ったことによるダメージもあって、リフレッシュ放牧に出されました。ユニコーンSを目標に調整されるようで、これはちょっと誤算かな。ダートのオープン戦でしっかり勝利を重ねて、ユニコーンSとジャパンダートダービーへの出走を確実にして欲しかったので。まあ、力はあると思うので、長い目で見たいと思います。

レーヴドリアンは将来性を評価して。きさらぎ賞は負けて強しの内容でしたし、これから1戦1戦力をつけていってくれるかと思います。ダービー、菊花賞を視野に入れての指名です。兄アプレザンレーヴの無念を晴らして欲しいです。

一般枠では、毎日杯は残念な結果となりましたが力を秘めるルーラーシップと無敗のペルーサを補強。ペルーサは単独指名だったようです。ペルーサは青葉賞からダービーへ。秋には菊花賞よりも天皇賞・秋⇒ジャパンカップへ進むだろうと見越しての指名です。この馬の活躍によって、順位が大きく左右されるかと思います。

3歳牝馬は、サンテミリオンを考えていましたが、フラワーCで収得賞金を加算できなかったので回避。桜花賞は強行軍も、オークスでも楽しみなオウケンサクラを指名しました。

その他では、リーチザクラウンは、芝のマイル戦で素質を開花してくれることを祈って。武豊Jの怪我は残念ですが…。新パートナーは安藤勝Jかなと思いますが、個人的には横山典Jとのコンビはないのかなと。まずは、マイラーズCでの走りに注目です。メイショウベルーガは牡馬相手では厳しいですが、大崩れがなくなってきましたし、レース数も使ってくれそうに思ったので。ダート馬ではトランセンドの補強を考えたのですが、メビウスと路線が重なり合うので回避。未知の魅力とダートの短いところ仕様のお馬さんがいなかったので、ナムラタイタンに白羽の矢を立てました。

桜花賞最終登録発表☆レディアルバローザ

2010年 4月11日  [2回阪神6日目]  28 頭 登録
【10R】 第70回桜花賞
3歳・オープン・G1(定量)(牝)(国際)(指定)   
芝1600m・外 (B)
------------------------------------
【優先出走権】
ショウリュウムーン
アパパネ
エーシンリターンズ
ギンザボナンザ
アニメイトバイオ
サウンドバリアー
ラナンキュラス
レディアルバローザ
------------------------------------
【収得賞金順】
アプリコットフィズ
コスモネモシン  
オウケンサクラ
ジュエルオブナイル
シンメイフジ
ステラリード
プリンセスメモリー
タガノエリザベート
ワイルドラズベリー
モトヒメ               以上18頭
------------------------------------
(次点)
ベストクルーズ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走後も順調です。権利を取ったので出走します。ここまでは競馬の仕方がいい。正攻法で来ているし乗りやすい馬。自在性があるのも良いですね。(池江郎調教師)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

桜花賞の最終登録が発表されました。勿論、アルバローザも名前を連ねています。日曜日に軽めでも時計を出して欲しかったかなとは思いますが、1週前の追い切りでどんな動きを見せてくれるか注目したいと思います。

今年は大混戦だと思いますが、アプリコットフィズ、オウケンサクラ、アパパネが少しリードしているかなと見ています。鞍上も横山典J、安藤勝J、蛯名Jという頼もしいパートナーも心強いですね。

桜花賞に向けて、徐々に気分を盛り上げて行きたいと思います。

初めてゲートを五分に。渋太く伸びて2着☆ロードホーリー

外から渋太く伸びて2着☆ロードホーリー

ロードホーリー(牡・笹田)父シックスセンス 母アミティエ

3月28日(日)中京4R・3歳未勝利・混合・芝2000mに岩田騎手56kgで出走。18頭立て6番人気で4枠7番から平均ペースの道中を12、13、11、11番手と進み、直線では中央を通って0秒8差の2着でした。馬場は良。タイム2分02秒9、上がり36秒1。馬体重は2kg増加の472kgでした。

○笹田調教師 「何とかゲートで我慢が利き、今回は無難なスタートでした。道中も概ねスムーズに運べたと思います。ただ、勝った馬が強かったですね。しかし、最後に2着まで押し上げたのは評価できる部分。すぐにチャンスは訪れるはず・・・と言う感想を岩田騎手も述べていましたよ。特に問題が無ければ今後も続戦の方向で。厩舎へ戻った後の様子を見ながら新たなプランを考えましょう」

≪2010年3月28日 中京4R 3歳未勝利(混) 芝2000m 良 18頭≫
1着クレバーロッシー  53丸 山 2.02.1    (1・1・1・1)36.1 
2着ロードホーリー   56岩 田 2.02.9 5  (12・13・11・11)36.1
3着フェアリーレイ   54秋 山 2.02.9 首  (6・2・3・3)36.6

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

五分に出たものの無理していかず。スタンド前で寄られてもうひとつポジションを下げたが、なだめて折り合いはついていた。道中は馬込みでジッと我慢していたが、3~4角では身動きが取れぬ位置。バラけた直線では手応え通りに伸びてきた。(B誌)

前半は中団の馬込みで我慢。4コーナーで外へ出し、最後の熾烈な2着争いで渋太く伸びて競り勝った。(G誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レースは見ることが出来ていないのですが、6戦目で初めてゲートを五分に出てくれたようです。ただ、道中は中団より後ろでの競馬ぶり。勝負どころでも動けない位置取りだったとのこと。それを考えると直線の短い中京コースで2着まで上がってきてくれたのは、ホーリーを褒めたいと思います。テン乗りだったから仕方ないかもしれませんが、もう少し積極的に前につけてくれて、レースを進めて欲しかったなあとも思います。

この後は、状態を見てからになりそうですが、続戦の予定。出来れば、引き続き岩田Jに乗ってもらいたいです。良い感触は掴んでもらったかと思うので、次は攻めの騎乗をお願いしたいと思います。

2010年3月28日 (日)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.127

(中山11R)マーチS(G3)

◎モンテクリスエス、○クリールパッション、▲ナニハトモアレ、△マコトスパルビエロ、×フサイチピージェイ、×シビルウォー

流れはかなり早くなりそうで、縦長の展開が予測されます。距離短縮がどうかなと思いますが、大外枠に入ったのは却って好都合のモンテクリスエスを本命。後は追える内田Jの手腕に期待して。相手にも差し馬を上位に。ヒザ不安で一息入るも着実に力をつけてきているクリールパッションをまずは1番手に。掴み所の無いお馬さんですが、前走が圧巻の内容だったナニワトモアレ。ここも展開が向きそうですし、勢いは無視できません。あとは、展開厳しいも力があるマコトスパルビエロの粘りこみを警戒。フサイチピージェイは使いたかった名古屋大賞典を除外になった影響がどうか。後は、前走でモンテクリスエスと差のない競馬をしたシビルウォーの堅実差しも注意。

(中京11R)高松宮記念(G1)

◎プレミアムボックス、○キンシャサノキセキ、▲トウショウカレッジ、△アルティマトゥーレ、×エイシンタイガー、×エーシンフォワード

外枠の差し馬と距離経験を重視して。エーシンフォワードは初距離がどうかな?ということで評価を手控え気味に。却って距離が向いたら…、すみません。サンカルロも距離未経験も気になりますが、小回り+左回り。NHKマイルCで降着となったことから、コース相性が怪しいかなという見立てです。

そこで本命は、前半速い流れになると、堅実に差し込んできているプレミアムボックス。この条件で重賞勝ちという実績もあるので。一番、大崩れはないかなと思うのですが…。相手にはキンシャサノキセキ。ここに来ての3連勝は素晴らしいですが、4連勝まであるのかなと…。叩き3走目となる大型馬トウショウカレッジ。担当助手さんがアーネストと同じ人らしいので応援もこめて。中京コース2戦2勝のアルティマトゥーレ。アッサリ勝たれても仕方ないですが、速い流れに惑わされず自分の競馬ができるかどうか。一息入ったエイシンタイガーは、距離実績は上位。ただ、稽古が地味なのがどうなのかな…。重賞未勝利馬でもありますし、強気には狙いづらいところでもあります。

2010年3月27日 (土)

岩田Jとの初コンビ。ゲートでの立ち遅れを最小限にとどめて☆ロードホーリー

5

ロードホーリー(牡・笹田)父シックスセンス 母アミティエ

3月28日(日)中京4R・3歳未勝利・混合・芝2000mに岩田騎手56kgで出走します。併せ馬では一杯の相手の外を先行して首遅れ。短評は「余裕ある手応え」でした。発走は11時30分です。


2010年 3月28日(日) 2回中京8日 4R 発走 11:30
サラ系3歳 未勝利 (混合)[指定] 馬齢 2000m 芝・左
本賞金: 500、 200、 130、 75、 50万円


  アポロダイバー   牡3 56kg 丹内 祐次  
  キタサンボルケーノ 牡3 56kg 小牧 太   
  クレバーロッシー  牡3 53kg ▲丸山 元気 
  サベラージュ    牡3 53kg ▲西村 太一 
  サマーパステル   牝3 54kg 勝浦 正樹  
  ジューダ     牡3 56kg 幸 英明
  ジョリーロジャー  牡3 56kg 古川 吉洋  
  セイルオンザグラス 牡3 56kg 川田 将雅  
  セブンライターズ  牡3 56kg 柴田 善臣  
  タガノアブシンベル 牡3 56kg 池添 謙一  
  ビッグラジャー   牝3 54kg 酒井 学   
  ファーストグロース 牡3 56kg 吉田 豊   
  フェアリーレイ   牝3 54kg 藤岡 康太  
  ホッコーブリット  牡3 53kg ▲川須 栄彦 
  ユウターエール   牡3 56kg 岩崎 祐己  
  リヴィアローズ  牝3 54kg 武 豊    
  リュウシンドラゴン 牡3 56kg 大野 拓弥  
  ロードホーリー   牡3 56kg 岩田 康誠

続きを読む "岩田Jとの初コンビ。ゲートでの立ち遅れを最小限にとどめて☆ロードホーリー" »

焼魚定食のまんぷく予想 vol.126

(中山11R)日経賞(G2)

◎ナムラクレセント、○トリビュートソング、▲ネヴァブション、△マイネルキッツ、×ロジユニヴァース、×メイショウドンタク

ダービー馬ロジユニヴァースの復帰は楽しみですが、鮮やかに復活劇を飾るか、そこらへんにいないかの両極端な結果かなと見ます。今の中山の馬場が合うかもしれませんが、評価を手控えて。ここは◎○▲の3頭が少しだけリードしているかなという見立て。小牧Jが先週の悔しさを晴らすことができるか注目です。トリビュートソングは前走この条件を勝ち上がっているし、相手なりに走れそうなタイプ。ネヴァブションは今の中山も合うかと思います。7歳馬で重賞連覇は容易ではありませんが、この相手なら。

(阪神10R)毎日杯(G3)

◎リルダヴァル、○ルーラーシップ、▲ミッキードリーム、△ダノンシャンティ、×ザタイキ

クラシックに向けて楽しみな1戦。使われてきている強みを考えるとルーラシップでしょうが、ここはリルダヴァルの潜在能力に期待したいです。まあ、休み明けでこの相手に勝つようならクラシックの主役の座に舞い戻ってくるかと思います。前走、直線で不利を受けながら、再度伸びて抜け出したルーラーシップ。このレースぶりにただならぬ素質を感じます。今回は順調に来たし、稽古の動きも凄いですね。ルーラーシップもここでのレース振り次第では、クラシックの主役へと躍り出ます。腰に疲れが出て弥生賞を回避したミッキードリーム。この距離はベストですし、戦ってきた相手を振り返ると十分通用する力あり。ダノンシャンティは、個人的にはやや力を計りかねる存在。アンカツJで侮れませんが、どこまでやれるか、力を見極める意味でも試金石の1戦かな。ザタイキも素質は十分。マイルCを見据えるのなら差しの競馬でしょうが、内枠ですし、さっと先手を握る競馬に持ち込むシーンも。リルダヴァルとルーラーシップのがっぷり四つのレースが今から楽しみです。

2010年3月26日 (金)

久々に1頭出資しました☆シルクレグルス(シルク8-37)

20102_3

シルクレグルス(牡・藤沢則)父アドマイヤドン 母アフリカンスカイ

馬名が「シルクレグルス」Silk Regulus(冠名+小さな王)に決定しました。

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で20秒程度の調教を付けられています。牧場長は「状態そのものは悪く無いんですが、これから力が付いてくる段階なので、今は無理をしてはいけないと思います。暫くはこの感じでじっくり乗っていきます」と話しています。(3/22近況)

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で20秒程度の調教を付けられています。牧場長は「この時期の2歳としては馬体の張りが素晴らしいですね。走りは、まだ頭の高いところあって、トモに力が付いていないと思います。そのあたりは課題ですが、まだこの時期ですし、しっかり乗り込みを進めていきます」と話しています。(3/15近況)

【会報より】

天栄HP在厩。本場馬でキャンター2,400mもしくは坂路1本の調教。牧場長は「まだトモに力がついていないので、馬場中心の内容ですが、乗り味が良く、高い素質を感じさせます。これからしっかり鍛えていきます」とコメント。462キロ。

続きを読む "久々に1頭出資しました☆シルクレグルス(シルク8-37)" »

シルクなお馬さん(4歳馬)

Photo_2

シルクメビウス(牡・領家)父ステイゴールド 母チャンネルワン

CWコースでキャンターの調整で、18日と25日に時計を出しています。調教師は「追い切りはほぼ終いだけ馬なりでサッとやりましたが、なかなか反応も良かったし、道中折り合って走っていたのは良かったね。徐々に体も戻ってきているし、競馬には良い状態で復帰出来ると思うよ」と話しています。(3/24近況)

助 手25栗P良  71.1- 55.8- 41.8- 13.1 馬なり楽走

Photo

シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

CWコースでキャンターの調整で、21日と25日に時計を出しています。調教師は「念のために21日に追い切りを延ばして今週に備えましたが、もう状態も心配ないので、今週は25日に追い切りをかけました。雨のためかなり馬場が悪かったけど、なかなか時計も良かったし、動きも徐々に良くなっているので、あと2本ぐらいやれば仕上がりそうです。1,400m~1,700mあたりで競馬を使いたいし、番組を見ると福島のD1,700mが復帰戦にちょうど良いんじゃないかと思うので、それを目標にしていきます」と話しています。(3/24近況)

田島裕25CW不 82.1- 67.6- 54.2- 40.9- 13.5 稍一杯追う

Photo_3

シルクナトゥール(牡・伊藤大)父ネオユニヴァース 母エンジェルインザモーニング

引き続き障害練習を進めると、24日に障害試験を受けたものの、不合格となりました。調教師は「練習も兼ねて試験を受けてみましたが、不合格でした。飛越自体は良くても踏み切りが不安定ですね。自分のペースで走れる内は良いんですが、少し出していったり、他馬と併せたりすると、小脚が使えないので躓きそうになります」と話しています。尚、試験後にトモに反動が出て歩様が悪くなり、経過を観察しておりますが、立て直しが必要な状態である為、一旦25日に茨城県・サーストン牧場へ移動する予定になりました。これを受けて今後について検討を行っておりますが、現状では、再度長期の休養が必要となる可能性が高く、またここまでの調教過程を考慮しても、障害戦への出走が難しくなる可能性が高く、このまま現役を続けても出資会員の皆様にはご心配とご負担だけが増すばかりであるため、誠に残念ではございますが、このまま引退させる方向で検討に入っています。(3/24近況)

誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。25日に抹消の手続きが取られています。(3/25最新情報)

続きを読む "シルクなお馬さん(4歳馬)" »

セ・リーグ開幕

ひと足先にパ・リーグが開幕しましたが、いよいよ本日、セ・リーグが開幕します。

まあ、普通に行けば、ジャイアンツの優勝は動かざるところですね。高橋由の復帰は大きいです。先発が整わなければ、ペナントは面白くなるのでしょうが、それでも戦力がやはり違いますね。

ドラゴンズが少し抜けているかと思いますが、5球団は1長1短ですね。ドラゴンズの伊藤投手がどこまでやるのかも注目です。

我がタイガースですが、城島が加入して、打線の厚みが増しました。鳥谷、桜井が力をつけてきましたので、本番でもしっかり成長したところを見せて欲しいと思います。あとはマートンがどうかですね…。投手も岩田が今季絶望というのは非常に痛いです。ここ1番の試合に弱い安藤が奮起してくれないと…。小島あたりが化けてくれれば。

とりあえず、巨人の開幕ダッシュは避けて欲しいです。

2010年3月25日 (木)

エタニティリング(シルク8-8)の近況

201003_3

エタニティリング(牝・野中)父シンボリクリスエス 母ウェディングシルク

馬名が「エタニティリング」Eternity Ring(永遠の指輪)に決定しました。

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で17-17の調教を付けられており、牧場長は「馬体は成長途上でも、気持ちは前向きですし、この時期にこれだけやれれば十分でしょう。このまま乗り込んでパワーアップを図っていきます」と話しています。(3/22近況)

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で17-17の調教を付けられています。牧場長は「まだ中身が伴っていないので、無理する段階ではありませんが、だいぶ良い具合になってきました。ハミ受けもしっかりしてきたし、奥のありそうな馬ですよ」と話しています。(3/22近況)

【会報より】

天栄HP在厩。本場馬でキャンター2,400mと坂路1本の調教。牧場長は「坂路で17-17の段階まで進めています。まだ細身に映る馬体で、これから実が入ってきますが、それでこれだけ乗れるのですから、大したものです」とコメント。447キロ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シルクの当歳募集馬でおそらく1番売れ残っているかと思うのが、エタニティリングです。いまだにブログとかで他の人が出資しているのを確認したことがありません。それゆえに、命名のチャンスかと思っていたのですが、力及ばず残念でした。

同馬は当歳時のDVDの活気ある雰囲気に魅力を感じて、出資した1頭です。ずっと細身で来ていますが、無駄肉がつきにくい配合ということもあるかなと思います。ここまで馬体が崩れた時期もありながら成長力を感じる成長過程を踏んでいます。また、天栄HPに移動するのは遅かったですが、調教は追いついて、標準的な育成過程だと思います。動き自体は体力がつききっていない状況ながら、悪くないようです。密かに密かに期待しているお馬さんなのです。最新の画像も細いながらもバランスは悪くないですし、ちょっと目つきもピリッとしてきたのは、大人しかったエタニティリングには好傾向かと思います。

リング君(ロードオブザリング)に続く、リングちゃん(エタニティリング)の活躍を願っています。

2010年3月24日 (水)

予定を延ばして、じっくり乗り込むことに☆シルクオールディー

2010_3

シルクオールディー(牡・昆)父マンハッタンカフェ 母クインオブオールディー

CWと坂路コースでキャンターの調整で、17日に併せて時計を出すと、21日にも追い切られています。調教師は「先週は四位騎手に乗ってもらって、どんな感じか確認してもらいましたが、『北海道の時より成長も見られるし、もう少し追い切りをこなせば良くなる』とのことで、良い感触を持ってくれたようです。ここまできたら、中途半端に使うより、万全の態勢で使いたいので、あと2週間ぐらいしっかり調教をこなして、阪神か福島で復帰させようと思います。落ち着きも出てきたし、体ももっと良くなってくると思います」と話しています。(3/22近況)

福 永24CW不 82.5- 67.4- 52.7- 38.8- 12.7 馬なり余力
リキサンスパーク(三未勝)稍一杯の内を追走0.5秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

久々にオールディーにクローズアップして。栗東に入った当初は熱発になってしまいましたが、そこから立ち直り、順調に調整されています。先週のテレサから今週の復帰かなと見ていましたが、もう少し乗り込むことになりました。昆厩舎にしたら意外な感じですね。

本日の追い切りは福永Jが手綱を取ってくれました。力の要るCWでこの時計を馬なりでマークするのですから、やはり脚力は秘めていますね。あとはレースで気難しさを出さないか…。この1点につきるかなと思います。オールディーが走ってきてくれたら、3歳勢はホント層が厚くなります。復帰初戦から大いに期待できるように調整していってほしいです。

障害試験不合格。そしてトモに反動★シルクナトゥール

Photo_7

シルクナトゥール(牡・伊藤大)父ネオユニヴァース 母エンジェルインザモーニング

24日に障害試験を受けましたが、不合格でした。調教後、トモに反動が出たことから歩様が悪くなり、現在経過を観察しております。現状では、一旦放牧に出して立て直しが必要な状態であり、今後についても検討を行っています。

24北障試 金子光 124.1-   55.8- 41.0- 13.6 末強目追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

なんか予測できた結果ですが、ナトゥールは障害試験に挑戦して、不合格。そして、トモに反動が出てしまいました。稽古でも頻繁に躓きかけていたようですし、障害の衝撃にさすがにトモが耐えられなかったようですね。さすがに「今後について検討する」とのことで、ここで線が引かれることを願います。

レース後のアーネスト☆近況

20102

シルクアーネスト(牡・池添)父グラスワンダー 母ティアドロップス

先週優勝しました。出脚良く前を窺いますが、無理せず7番手でレースを進めると、3コーナーすぎから外めを徐々に押し上げて、4番手で4コーナーを回りました。そして直線では、早々に前を捕えて先頭に立つと、後続の追撃も余裕で振り切る強い内容で、勝利を飾っています。レース後、特に不安は無い様で、次走については今のところ、阪神3週目・芝1,600mを予定しています。(3/22近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

9戦目で初勝利を手にしたアーネスト。今週の近況では次走の予定は“未定”かと思っていましたが、次走の予定が示されました。阪神3週目の芝1600というと、4月10日です。同日、中山ではニュージーランドトロフィー(G2)が開催されます。レース後のテレサを考えると、こちらにも登録するかと思います。阪神だと引き続き池添Jだと思いますが、中山遠征となると乗り替わりかなと。。関東の騎手か松山Jに戻るのかな。何はともあれ、レース後不安はないようなので、良い状態で次走を迎えて欲しいです。

シルクなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo_5

シルクタイムレス(牡・山内)父クロフネ 母ジュウニヒトエ

北海道・ヤマダステーブルで調整中です。ウォーキングマシン60分、ミニトラックでダクとハッキング2,000mの調教をつけられています。牧場長は「今週からハッキング中心に進めています。乗り出してからも、脚元に変化は見られませんので、徐々に調教量を増やしたいと思います」と話しています。(3/22近況)

20103_2

シルクルーパス(牡・河野)父ステイゴールド 母ピアルピナス

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,800mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で17-17の調教を付けられており、牧場長は「長めのところを積極的に乗っています。だいぶ乗り込み量もこなしてきましたし、動きに余裕が出てきました。着実に良い方向に向かっていると思います」と話しています。(3/22近況)

Photo_6

シルクケーニッヒ(牡・本田)父ストラヴィンスキー 母ブリッツケーニギン

滋賀県・アカデミー育成場で療養中です。右前脚種子骨々折のため馬房で休養させています。牧場長は「馬は落ち着いていて、体調の変化もありません。当面は舎飼で経過を観察します」と話しています。(3/22近況)

続きを読む "シルクなお馬さん(3歳・牧場組)" »

ロードなお馬さん(3歳・入厩組/2勝馬)

Photo_3

ロードオブザリング(牡・笹田)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。心身共にコンディションは段々と上向いており、もう少しの間は入念に乗り込みます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、5月1日(土)東京・青葉賞(GⅡ)・国際・芝2400mに池添騎手で予定しています。

○笹田調教師 「飼い葉の量を少しずつ増加。着実に復調を遂げている印象です。現在はポリトラック馬場を軽く1周。今週一杯は同じ内容で様子を探ろうと思います。目標の青葉賞(GⅡ)まで1ヶ月ちょっと。徐々にピッチを上げても十分に間に合うでしょう」

Photo_4

レディアルバローザ(牝・池江郎)父キングカメハメハ 母ワンフォーローズ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。心身共にコンディションに特に異常は認められず、もう少しの間は入念に乗り込みます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、4月11日(日)阪神・桜花賞(GⅠ)・国際・牝馬限定・芝1600mに和田竜二騎手で予定しています。

○池江調教師 「外見的な印象は殆んど同じ。栗東トレセンを離れたのは数日間ですからね。いずれにせよ元気に過ごしているのは何より。3月24日(水)は坂路1本を緩やかなペースで駆け登りました。今のところ順調。徐々にピッチを上げて行こうと思います」

続きを読む "ロードなお馬さん(3歳・入厩組/2勝馬)" »

ロードなお馬さん(3歳・入厩組/未勝利)

5

ロードホーリー(牡・笹田)父シックスセンス 母アミティエ

3月28日(日)中京・3歳未勝利・混合・芝2000mに岩田騎手56kgで予定しています。同レースはフルゲート18頭。現段階では優先順位1番目、同順位6頭で出走可能です。3月24日(水)良の栗東・ニューポリトラックコースで6ハロン85.2-67.8-53.8-39.9-11.8 9分所を馬なりに乗っています。併せ馬では一杯の相手の外を先行して首遅れ。短評は「余裕ある手応え」でした。

○笹田調教師 「3月24日(水)は馬自身の行く気に任せた内容でした。でも、これは予定通り。今回も良い雰囲気でレースへ向かえるでしょう。スタートさえ決めれば差は無いはず。鞍上も含めて改めて期待を寄せたいと思います。ゲートで長く待たされぬ偶数番が欲しいですね」

≪調教時計≫
10.03.24 助手 栗東P良 85.2 67.8 53.8 39.9 11.8(9)馬なり余力 ピューター(3歳未勝利)一杯の外先行首遅れ

Photo_2

ロードギャラクシー(牡・河野)父ネオユニヴァース 母ユニオンワラダー

3月24日(水)良の美浦・ニューポリトラックコースで5ハロン67.1-51.4-37.5-13.3 5分所を一杯に追っています。併せ馬では末強目の相手の外を先行して同時入線。短評は「この一追いで良化」でした。当初のプランを変更して4月10日(土)福島・3歳未勝利・混合・芝1800mもしくは4月10日(土)福島・3歳未勝利・芝2000mに中舘騎手で予定しています。

○小笠原調教助手 「3月24日(水)はポリトラックで乗りました。道中は終始リラックス。適度に気持ちが抜けた状態なのは良い材料でしょう。追い切り内容を考えても以前に比べて脚力が付いた印象。ただ、どちらかと言うと平坦コースの方が走れそう。福島の開幕週を狙おうと思います」

≪調教時計≫
10.03.24 加藤士 美南P良 67.1 51.4 37.5 13.3(5)一杯に追う アサクサゼットキ(古馬1000万)末強目の外先行4F付同入

続きを読む "ロードなお馬さん(3歳・入厩組/未勝利)" »

シルクプレイヤー(シルク8-16)の近況

201003_2

シルクプレイヤー(牡・武藤)父ジャングルポケット 母プレギエーラ

馬名が「シルクプレイヤー」Silk Prayer(冠名+祈る人)に決定しています。

北海道・ノーザンファーム空港牧場で調整中です。ウォーキングマシン40分、1,000m周回ダートコースと屋内坂路コースを併用して、ダク500mとキャンター2,500mの調教をつけられています。牧場スタッフは「やや疲れが見えたため、先週は坂路1本にセーブしました。様子を見て2本に戻したいと思います」と話しています。(3/22近況) 

北海道・ノーザンファーム空港牧場で調整中です。ウォーキングマシン40分、1,000m周回ダートコースと屋内坂路コースを併用して、ダク500mとキャンター2,500mの調教をつけられています。牧場長は「坂路での調教回数を増やし、週4日はハロン16〜17秒くらいのペースを2本、元気に駆け上がっています」と話しています。(3/15近況)

【会報より】

北海道・ノーザンF空港牧場在厩。屋内ダートと坂路併用で、キャンター2,500mの調教。「定期的にハロン18秒で坂路を2本上げています。馬体重が示すとおり、馬が成長して、中身がしっかりしてきました」とスタッフ。490キロ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

社台の生産馬での募集馬はほとんど白老F産ですが、同馬は唯一、追分Fの牡馬となります。募集DVDの活気ある歩様に惹かれて出資したお馬さんです。

育成に関しても天栄ではなくノーザンF空港牧場で続けられています。この点については、厩舎か牧場サイドのリクエストだと思うので、期待のできる1頭だと思います。また、シルクプラズマ同様に動画が更新されていないのが難点なのですが、ジャングルポケット産駒らしく少し頭は高いのかなと想像します。馬体は立派になってきましたが、少し前が勝っている印象でしょうか。育成はさほど早いということはないようですが、ひとまずは順調に乗り込まれているようです。

実績ある配合でもありますし、父が活躍した府中の舞台で躍動感ある走りを今から想像しています。

シルクプラズマ(シルク8-41)の近況

Photo

シルクプラズマ(牡・領家)父ステイゴールド 母ビービープレジャー

馬名が「シルクプラズマ」Silk Plasma(冠名+プラズマ)に決定しました。

北海道・坂東牧場で調整中です。パドック放牧と、ウォーキングマシンの運動を40分進めています。牧場長は「マシンの運動時間を徐々に延ばしています。左肩はもう心配ありませんので、月末か来月早々には騎乗運動を再開出来ると思います」と話しています。(3/22近況)

北海道・坂東牧場で調整中です。ウォーキングマシンの運動を30分進めています。牧場長は「左肩の鞘液を抜く外科治療を行った後、中が化膿してしまったため、社台クリニックで洗浄を行いながら獣医の経過確認を受けました。ご心配掛けましたが、傷口はもう完全に乾きましたので、今週からウォーキングマシンの運動を再開しています」と話しています。(3/15近況)

【会報より】

北海道・坂東牧場在厩。引き運動の調整。「先月治療した箇所(左肩)が化膿したため、一旦社台クリニックで洗浄を行っています。歩様には、さほど影響はありませんが、獣医の許可が出るまで様子を見ます」と牧場長。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

坂東牧場=領家厩舎、そしてステイゴールド牡馬のシルクプラズマ。2匹目のドジョウは期待しにくいですが、メビウスの活躍への御礼も兼ねて、会員優先時に出資しています。

年末までは順調に来ていましたが、熱発、そして左肩の不安発症と、順調さを欠いている現況です。ただ、左肩の不安も解消したようなので、これから乗り運動を再開。まだまだ線が細いところもあるので、じっくりじっくり長い距離を乗り込んで欲しいと思います。

メビウス、ルーパスとステイゴールド産駒を毎年出資しています。プラズマは、馬体・気性に関しては、一番ステイゴールド譲りかと思います。将来性を秘めていると思うので、ケーニッヒの爪のように、左肩の不安が悪影響を及ぼさないことを願っています。

ファインステラ(シルク8-10)の近況

201003

ファインステラ(牝・岡田)父ゼンノロブロイ 母サンシャインステラ

馬名が「ファインステラ」Fine Stellar(見事な+母名の一部)に決定しました。

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「この馬なりに順調ですが、もう暫く今の感じで進めていきます。まだ成長途上の牝馬ですから、しっかり体力を付けて、素質開花に備えたいと思います」と話しています。(3/22近況)

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「基礎体力の強化を目的に、長め長めを乗っています。全体的にしっかりするのはまだ先ですが、この馬なりに成長は見られますし、このままじっくり乗り込んでいけば、良い方向に変わってくる筈です」と話しています。(3/15近況)

【会報より】

天栄HP在厩。本場馬で軽めのキャンター2,400m。牧場長は「馬体重は順調に増えていますが、馬が変わってきている時期。先生からも『成長時期には無理させないで』と言われています。先々良くなりますよ」とコメント。454キロ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

サンプレイスの半妹ことファインステラ。ちょっと馬体の成長が遅れているのは気になりますが、馬体は着実に大きくなってきています。力強さには欠けますが、だいぶ前後のバランスは良くなってきたかと思います。これは好材料ですね。気性はピリッとした前向きな馬なので、仕上げに掛かれば早いかなとは思います。後は、すぐに外厩に出される厩舎と上手くコミュニケーションが取れるかですね。早期デビューはないかと思いますが、じっくりじっくり進めて欲しいです。血統的な期待は大きいです。

シルクレイノルズ(シルク8-1)の近況

20103

シルクレイノルズ(牡・斎藤)父スペシャルウィーク 母ウイングオブラック

馬名が「シルクレイノルズ」Silk Reynolds(冠名+レイノルズ数より)に決定しました。

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で17-17の調教を付けられており、牧場長は「ここまで休み無く乗れています。気持ちも前向きですね。動きを見ると、多少前に負担が掛かっている感じですが、今後はトモに力が付いてくれば、全体的なバランスで走れて良くなってくると思います」と話しています。(3/22近況)

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で17-17の調教を付けられており、牧場長は「これからの馬ですから、まだ緩い感じにも映りますが、今のところ不安はありません。見た目以上に動きもしっかりしているし、この時期にこれだけ乗れれば十分だと思います」と話しています。(3/15近況)

【会報より】

天栄HP在厩。本場馬でキャンター2,400mと坂路1本の調教。牧場長は「状態を見て17-16も入れています。馬格は十分だけど、弱い面もあるし、キ甲の感じではまだ成長しそう。むしろこれからの馬だと思います」とコメント。495キロ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ロードに続き、シルクの2歳馬の競走馬名が決定しましたので、紹介を兼ねて、1頭ずつ紹介して行きたいと思います。

シルクの2歳馬では、エースとして期待のかかる長距離砲がシルクレイノルズです。まだまだ馬体に緩さが残る現状だけに、じっくりじっくり乗り込んで欲しいです。今でもやや前肢に負担が掛かっているようなので、オーバーワークは避けて欲しいです。「深管がチクチクという」テレサは御免です。

2010年3月23日 (火)

アーネスト追記

2_2

シルクアーネスト(牡・池添)父グラスワンダー 母ティアドロップス

POGの情報収集で参考にさせていただいているブログ報知の「現場発POGブログ」で、“先週のピカイチ”ということで、アーネストが取り上げられていました。

助手さんによると、昨年の暮れに放牧に出して、ハリをされたことが良かったよう。ひ弱なところや腰の甘さもだいぶ解消されて、しっかりしてきたようです。「上のクラスでもいきなりやれると思っている」と力強いコメントがありました。

同助手さんは、今週の高松宮記念に出走するトウショウカレッジも担当されているとの事。こちらもちょこっと応援したいと思います。

ロードなお馬さん(2歳馬)

20103_2

ロードカナロア(牡・安田隆)父キングカメハメハ 母レディブラッサム

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。相変わらず順調と言えるでしょう。先日、安田調教師が来場。改めて今後のプランを話し合いました。その結果、ゴールデンウィーク前後には栗東トレセンへ向かうかも。残り約1ヶ月半で準備を整えたいと思います」

201003_3

ロードハリアー(牡・浅見)父ジャングルポケット 母オーブリエチア

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「相変わらず元気一杯。まだ幾らか小柄に映るとは言え、バランス自体は良いタイプです。このまま全体のスケールアップを果たすのが理想だと思います。現在は坂路コースでの稽古も始めました。今後も着実に進めて行きましょう」

20103_3

ロードランパート(牡・池江寿)父ディープインパクト 母ジャズキャット

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「まだコース状態が今一つ。ペースアップは見合わせています。でも、初期馴致からスムーズに進んでいる1頭。焦りは不要でしょう。今までのジャズキャットの仔に比べると柔軟な身のこなし。父ディープインパクトの長所を受け継いだのかも知れませんね」

201003_4

ロードエアフォース(牡・笹田)父エアエミネム 母レディスターライト

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。脚元を含めて不安を覚える箇所は見当たらず、いつペースを上げても大丈夫だと思いますよ。ただ、まだ坂路コースの状態が今一つ。馬場に敷き詰められたチップが乾くのを待ってゴーサインを発しましょう」

続きを読む "ロードなお馬さん(2歳馬)" »

桜花賞へ向けてリフレッシュ完了。本日栗東に帰厩☆レディアルバローザ

3

レディアルバローザ(牝・池江郎)父キングカメハメハ 母ワンフォーローズ

3月23日(火)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、4月11日(日)阪神・桜花賞(GⅠ)・国際・牝馬限定・芝1600mに予定しています。

○当地スタッフ 「レースを走り終えたばかり。到着後は心身のリラックスを最優先に考えました。でも、すぐに落ち着いた雰囲気に。ウチへ来るのは3回目ですからね。もう慣れたのでしょう。3月23日(火)に再び栗東トレセンへ。本当にアッと言う間でしたね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

金曜日にグリーンウッドにリフレッシュに出されたアルバローザですが、早くも本日、池江郎厩舎に戻ったようです。これだけ早くに戻されるとは思っていなかったのですが、それだけ池江先生もヤル気で期待してくれているのだと思います。桜花賞まであと僅か。とにかく良い状態で桜花賞当日を迎えて欲しいと願っています。頑張れ、レディアルバローザ。

じんわり良化中☆ロードアビリティ

201003_2

ロードアビリティ(牡・北出)父レギュラーメンバー 母ナチュラルカラー

滋賀・信楽牧場在厩。ウォーキングマシン50分、ダートコース・ダク2000m→キャンター4000m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「先週にペースを上げる形で乗りました。まだ幾らか重い動き。しかし、身のこなし等に違和感が無いのは何よりですね。以前に比べて馬自身は随分しっかり。この調子で良化を遂げれば思った以上に早くゴーサインを出せるかも知れません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2戦目でタイムオーバーとなってしまい立て直し中のアビリティですが、しっかりトモのケアがされ、じっくり調整されていることで、だいぶしっかりしてきたようです。

寒い時期に無理をすることなく、腰を据えて立て直してくれたのは、ホント有り難いのひと言です。栗東での坂路でもしっかり動いていたお馬さんですし、私の3歳未勝利の出資馬では、一番勝ち上がれる非凡な能力を秘めていると思っています。慌てず騒がず、帰厩の知らせを待ちたいと思います。

シルクなお馬さん(1歳馬)

201003

シルク9-2(牡・松田博)父アドマイヤムーン 母ブリアンダ

坂東牧場第5分場で放牧中。スタッフは「この馬の良い所は、何と言ってもカイバ食いが落ちない事です。冬毛の影響も多少あるのでしょうが、馬体にはボリューム感がありますし、健康優良児そのものです」とコメント。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

お腹がボテッと明らかに食べすぎ(笑)かなと思いますが、すくすくと成長を遂げてくれています。大人しいお馬さんですが、多少、目つきが鋭く?なったかな。何といっても丈夫が一番。この良い感じで成長していって欲しいです。

2010年3月22日 (月)

シルクでの芝初勝利☆アーネスト1着

20103

シルクアーネスト(牡・池添)父グラスワンダー 母ティアドロップス

阪神5R 3歳未勝利(混) [芝1,800m・16頭]優勝[2人気]

池添騎手「良い位置で競馬が出来たし、勝負所でスッと反応してくれたのでとても良い勝ち方でした」

池添師「このメンバーで楽な勝ち方が出来た様に、確実に力も付けているし、今日の内容なら十分上でも通用すると思います。状態を見て、条件戦かトライアルのどちらへ向かうか考えたいと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

馬   名 性年 斤量 騎手 タイム 着差 後3F 厩 舎
1 6 11 シルクアーネスト 牡3 56.0 池添 1.49.2   36.0 池添
2 8 16 スマートフォーカス 牡3 56.0 岩田 1.49.5 1 3/4 35.5
3 8 15 マイネルガヴロシュ 牡3 56.0 三浦 1.49.5 ハナ 35.8 五十嵐
4 2 3 メジロジェニファー 牝3 54.0 石橋守 1.49.9 2 1/2 36.1 北出
5 3 5 バトルドンジョン 牡3 56.0 太宰 1.50.0 1/2 36.5 本田

【次走へのメモ】

マサノブルースが大逃げを打つが、2番手以下は控える展開。前半から好位で流れに乗る。勝負所はモマれない外で手応えは良好。直線に向いて追い出すと力強く伸びる。(G誌)

シャドーロール。舌を括る。ジワッと行かせて中団から。道中の行きっぷりも良かった。4角手前から外めを通って手応え良く進出。直線に向いて早々と抜け出す形になったが、そのまま危なげなく押し切った。完勝。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

常に善戦を繰り広げてくれていたアーネストですが、漸く1勝を挙げてくれました。スマートフォーカスの末脚が脅威でしたが、手応え良く直線を向いて、追い出しにかかるとスゥーッと後続を引き離し、最後は余力たっぷりに押し切りました。思いのほか、強い勝ちっぷりで、これなら上のクラスでも頑張ってくれるかと思います。

“シルクに入会したならグラスワンダー産駒を持ちたい”と言うことで、母父サンデーサイレンスという血統的な魅力もあって、早々に出資していたアーネスト。ダートでデビューした時はあまり人気もなかったので、厳しいかなとも思いましたが、次に芝に転じてからは、ずっと掲示板を確保する走りを見せてくれていました。この未勝利勝ちのレース運びは、確かな成長を感じさせてくれるもので嬉しい限りです。

この後は、状態を見て、続戦とのこと。テレサで出ているトライアルとは、ニュージーランドトロフィーなのかな? それともダービーに向けてでしょうか。個人的には前者のように思っているのですが、マイル戦でタフな流れになれば、アーネストにはG1に出走するチャンスも出てくるかも。使って欲しいものです。

2010年3月21日 (日)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.126

(中山11R)スプリングS(G2)

◎ローズキングダム、○サンディエゴシチー、▲アリゼオ、△ソリタリーキング、×バーディバーディ、×ゲシュタルト、×バシレウス、★ジョーヴァリアント

良馬場ならサンライズプリンスを狙いたいなと思っていましたが、ちょっと風向きが怪しいのですし、右回りで直線坂の中山コースにも変わるのもどうかと思うので、軽視したいと思います。そうなると、やはり主役(本命)はローズキングダムかなと。中山に替ってアリゼオの巻き返しには注意しながら、ローズキングダムが少し人気薄を連れてきてくれないかなというヒモ穴予想です。控えて末脚を生かす競馬が出来れば、サンディエゴシチーが巻き返して不思議ない力の持ち主と思っています。

(阪神11R)阪神大賞典(G2)

◎ジャミール、○メイショウベルーガ、▲アサクサキングス、△ホクトスルタン、×イコピコ、×トウカイトリック

個人的に好きなステイーゴールド産駒ジャミールを応援したいと思います。前走は中山コースでしたが、強い勝ちっぷりを見せてくれました。元々は相手なりに走るお馬さんですし、ここでも十二分にやれるかと思います。メイショウベルーガは前走の日経新聞杯が圧巻の内容。その内容もあって、少し人気しずぎの感もありますが…。牝馬で勝ち馬がいないようにタフな条件。56キロも楽な材料ではないように思います。ここで勝ち負けできれば、本番でも無視できないかとは思います。アサクサキングスは前年の覇者。長距離戦では無類の安定感を誇ります。どれだけ立ち直ってきているか見てみたい1戦です。ホクトスルタンは武豊Jがどのように御すか面白そうです。叩いて粘りも出てくるでしょうし、内回りでどこまでやれるか。イコピコは本番を見据えた1戦かと思います。力は認めるところですが…。トウカイトリックはタフな競馬となれば、無視できない存在です。

焼魚定食のコロコロ予想 vol.109

(中山6R)◎フラガラッハ

マイル路線を進むことになるのかなと思うフラガラッハ。ここはしっかり2勝目を挙げて、重賞への土台をしっかり築きたいところ。福永Jとも手が合いそうです。

(阪神7R)◎エーシンウェズン

持ち前のスピードを生かすにはこれぐらいの距離がベストに思えるエーシンウェズン。まだまだ内面に弱さが残りますが、素材自体はもっと上で活躍できる馬だと思います。ここは小細工せずに、逃げの手でスピード全開の走りを見せて欲しいところ。

(阪神10R)◎ファリダット

久々のレースとなるファリダット。この休養で内面から完成されてきたとコメントされていますし、どれくらい成長があるのか見てみたい1戦です。馬券的には妙味はないのですが…。

藤澤和厩舎悲願のダービー制覇に向けて☆ペルーサ

昨日、皐月賞へのトライアル、若葉Sが行われました。個人的には高く評価しているヒルノダムールが快勝するかと思っていましたが、連勝中だったペルーサがひと捲くりに、飲み込みました。成長を促しながら、これから馬を作っていこうという段階でこれですから、底知れぬ能力を感じました。レース振りにはまだまだ余力もありましたし。まあ、その反面、もう少し、ヒルノダムールが弾けるのかなとも思いましたが…。

これで3連勝となったペルーサは、皐月賞をパスして、ダービーに照準を合わせるとのこと。私の愛馬ロードオブザリングも出走を予定している青葉賞を使って、本番・東京優駿へ向かうとのこと。今年の3歳牡馬には主役級が揃っていますが、新星として大きく取り扱わなければいけないでしょうね。父の雪辱、藤澤和厩舎の悲願を果たせるか、動向が楽しみです。

マコトヴォイジャーの走りにもビックリしました。レースに集中できるようになったのが大きいかもしれませんが、兵庫の木村Jの手綱捌きも光りますね。こちらも楽しみな存在です。

2010年3月20日 (土)

そろそろ勝ち上がりの番☆シルクアーネスト

3_2

シルクアーネスト(牡・池添)父グラスワンダー 母ティアドロップス

阪神5R 3歳未勝利(芝1,800m) 池添J
休み明けを好走した後も変わりなく、ここを目標に順調に調整されており、調教師は「追い切りは坂路でビッシリやりましたが、時計もなかなか出たし、変わりなくここまで来ています。前走は、あのメンバーであれだけやれたし、確実に力を付けてきていると思います。以前は追い出してから頭が高くなっていたけど、それが少しずつ良くなった分、最後までしっかり伸びているんだと思います。何とかここで勝ってくれれば良いね」と話しています。


2010年 3月21日(日) 1回阪神8日 5R 発走 12:20
サラ系3歳 未勝利 (混合)[指定] 馬齢 1800m
本賞金: 500、 200、 130、 75、 50万円


  グランデリファール せん3 56kg 北野 真弘  
  ケイエスアイアイ  牝3 54kg 秋山 真一郎 
  ジェンティール   牝3 54kg 吉田 稔   
  ジョーカーホーマン 牡3 56kg 酒井 学   
  シルクアーネスト  牡3 56kg 池添 謙一  
  スマートフォーカス 牡3 56kg 岩田 康誠  
  ドリームセーリング 牡3 56kg 藤田 伸二
  バトルドンジョン  牡3 56kg 太宰 啓介  
  バンコジーロ  牡3 56kg 武 豊
  マイネルガヴロシュ 牡3 56kg 三浦 皇成  
  マサノブルース   牡3 53kg ▲高倉 稜  
  マルカゴクウ    牡3 56kg 四位 洋文  
  メジロジェニファー 牝3 54kg 石橋 守   
  ユメノカケハシ   牝3 54kg 藤岡 佑介  
  ランドゴーカイ   牡3 54kg △国分 恭介 
  ローブブランシュ  牝3 54kg 小林 徹弥

【池添助手】立ち回りが上手ですね。二走目のポカよりも前進を期待。

続きを読む "そろそろ勝ち上がりの番☆シルクアーネスト" »

焼魚定食のまんぷく予想 vol.125

(中京11R)ファルコンステークス(G3)

◎サリエル、○ダッシャーゴーゴー、▲ドリームフォワード、△エイシンダックマン、×ジュエルオブナイル、×キョウエイアシュラ

(中山11R)フラワーC(G3)

◎サンテミリオン、○オウケンサクラ、▲ベストクルーズ、△シンメイフジ、×ダノンプリマドンナ、×ディアアレトゥーサ

ファルコンステークスは非常に難解なレースです。サリエルの休み明け緒戦が妙味かなと思いましたが、さてどうでしょうか。久々も仕上がり良さそうなドリームフォワードの差し脚が活きるかも。

フラワーカップは、サンテミリオンの力を素直に信頼。打倒・サンテミリオンの1番手は、強行軍もオウケンサクラ。スムーズに立ち回ってどこまで迫れるか。叩いたベストクルーズも見直したいです。

焼魚定食のコロコロ予想 vol.108

(阪神5R)◎アンコールワット

早くから内田Jを確保して、ここを目標にしていた同馬。530キロを越える大型馬だけに、デビュー戦からとなると半信半疑も、ここは素質に期待して。

(阪神6R)◎メイショウエバモア

前走不利があって敗れるも、走りは悪くなかったアドマイヤテンバを見直す手もありますが、人気なので、少しひねってメイショウエバモアを。昇級戦も相手なりに走れるタイプですし、ダートなら大崩れはないかと。上がりのかかる阪神の方が合いそうにも思います。

(中山7R)◎プレファシオ

1戦後にレース慣れしたきたプレファシオをダートで再見直し。スムーズに走れば、力を秘めているので、あまり人気がないような今回は絶好の狙い目かと。

(阪神7R)◎タイトルパート

膝骨折で1年半ぶりのレースとなる同馬。休む前の未勝利戦は非常に強かったので、桜花賞戦線に台頭してくるかと期待もしました。潜在能力はここでは明らかに上位。心配はブランクだけです。叩けば人気になる馬なので、休養明けの今回が妙味かと。

(阪神12R)◎サクラキングオー

人気のアドマイヤシャトルは、もっと上で活躍できる馬ですが、気難しさが同居。それでも着実にこのクラスでのメドを立ててはいます。ただ、レース振りは多少他力本願。1歩前で自在に立ち回れそうなサクラキングオーを昇級戦でも狙いたいです。前走も着差以上に強かったですし、相手なりにも走れる筈です。堅実性でこちらを信頼。

2010年3月19日 (金)

桜花賞へ向けて短期リフレッシュ☆レディアルバローザ

3

レディアルバローザ(牝・池江郎)父キングカメハメハ 母ワンフォーローズ

現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。今後は3月19日(金)に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動して4月11日(日)阪神・桜花賞(GⅠ)・国際・牝馬限定・芝1600mへ向けて態勢を整えます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

激戦が続いてピリピリしたところがあるようで、外厩でリフレッシュさせることになったようです。遅くても来週の金曜日くらいには戻ってくるのかなと思います。アルバローザには良い気分転換になることを願っています。

シルクなお馬さん(4歳馬)

Photo

シルクメビウス(牡・領家)父ステイゴールド 母チャンネルワン

12日に栗東へ帰厩すると、CWコースでキャンターの調整です。厩務員は「輸送で馬体が少し減っていましたが、こちらに来てからは食いも良いし、覇気もあるのですぐ戻ると思います」と話し、調教師は「体が戻るまでは馬場で軽く乗って調整しておきます。軽く乗っていても抑えられないぐらいの手応えで、馬もこちらで何をやるのかわかっているらしく、走る気十分です。アンタレスSまでは時間もあるし、早めに戻して正解だったね」と話しています。(3/15近況)

201001

シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

CWコースでキャンターの調整で、12日に時計を出しています。調教師は「先週までは馬場で普通に乗って体を作って、週末から速い所をやり出し、今週もやる予定でしたが、キャンターで右トモを自分でぶつけて擦り傷を作ってしまったので、追い切りは金曜にやります。大した事はないので1日延びた程度で済みました」と話しています。(3/15近況)

Photo_2

シルクナトゥール(牡・伊藤大)父ネオユニヴァース 母エンジェルインザモーニング

北馬場で障害練習の調整です。調教師は「先週から障害ダートコースを1周飛ばしていますが、飛びはまずまずです。あまり急に進めると腰に反動が出てしまうので、慎重に進めています。トモが緩い分、前に頼りすぎていて、自分のペースで走っている内は良いんですが、踏み切りが合わないと躓きそうになりますね。もう少し時間が掛かりそうです」と話しています。(3/15近況)

続きを読む "シルクなお馬さん(4歳馬)" »

2010年3月18日 (木)

シルクの2歳馬の競走馬名決定

まだかまだかと待ちくたびれたシルクの2歳馬の競走馬名が決定しました。私が出資しているお馬さんの馬名は下記のとおりです。

シルク8-1⇒シルクレイノルズ Silk Reynolds 冠名+レイノルズ数

シルク8-16⇒シルクプレイヤー Silk Prayer 冠名+(英)祈る人

シルク8-41⇒シルクプラズマ Silk Plasma 冠名+(英)プラズマ

シルク8-8⇒エタニティリング Eternity Ring (英)永遠の指輪

シルク8-10⇒ファインステラ Fine Stellar (英)見事な+母名の一部

残念ながら私の応募した馬名は今回も不採用となりました。牝馬の2頭は、響きが良く、良い名前がついたのではないかなと思います。牡馬3頭は、繋がりが分からないお馬さんもいますが、走ってくればしっくりしてくることでしょう(笑)

2歳馬情報も始まり、競走馬名も決まりましたので、本格的に追加候補を見極めて行きたいと思います。

ロードなお馬さん(3歳・入厩組)

Photo_8

ロードオブザリング(牡・笹田)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

栗東トレセンで厩舎周辺等の歩行運動を消化。ここに来て疝痛の症状が認められるも、現在は段々と良化の傾向を窺わせています。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、5月1日(土)東京・青葉賞(GⅡ)・国際・芝2400mに予定しています。

○笹田調教師 「軽い疝痛を起こしました。便秘が原因でしょう。その後はトレセン内の診療所に入院。獣医師の意見を参考に点滴を打ち、数日間は経過を窺い続けています。しかし、3月16日(火)に回復の兆し。17日(水)午後には厩舎へ連れて帰る予定です」

3月12日(金)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、5月1日(土)東京・青葉賞(GⅡ)・国際・芝2400mに予定しています。

○当地スタッフ 「先週末に厩舎へ行きましたよ。ウチへ来て約1ヶ月。脚元を含めて無事に送り出せたのが何よりだと思います。どうやら青葉賞(GⅡ)が目標と言う話。ここで良い結果を残せば楽しみは広がるでしょう。素質は十分。是非とも頑張って欲しいですね」

3

レディアルバローザ(牝・池江郎)父キングカメハメハ 母ワンフォーローズ

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。

○池江調教師 「厩舎へ戻った後も特に変わり無し。飼い葉も普通に食べていますよ。ただ、厳しいローテーションで来たのも確か。精神的に張り詰めた状態でしょう。桜花賞(GⅠ)を見据えてトレセン近くの牧場へ移し、1週間ほど気分転換の時間を与えるかも知れません」

5

ロードホーリー(牡・笹田)父シックスセンス 母アミティエ

3月17日(水)良の栗東・ニューポリトラックコースで6ハロン84.1-66.0-51.7-38.6-12.0 8分所を馬なりに乗っています。短評は「前走以上の動き」でした。3月28日(日)中京・3歳未勝利・混合・芝2000mに岩田騎手で予定しています。

○笹田調教師 「3月17日(水)はポリトラックを単走で。ラストまで手綱を抑えた状態で走らせました。しかし、フットワークは軽快。前走のダメージが残らずに済んだと言うのは今朝の様子からも窺い知れますね。相変わらず順調。次走は岩田騎手とのコンビで臨む方針です」

≪調教時計≫
10.03.17 助手 栗東P良 84.1 66.0 51.7 38.6 12.0(8) 馬なり余力

Photo_9

ロードギャラクシー(牡・河野)父ネオユニヴァース 母ユニオンワラダー

3月17日(水)良の美浦・ダートDコースで5ハロン68.5-53.6-39.0-12.6 6分所をゴール前仕掛けています。併せ馬では一杯の相手の内を先行して0秒2先着。短評は「追い不足の感じ」でした。4月10日(土)中山・3歳未勝利・混合・芝2000mに予定しています。

○小笠原調教助手 「3月17日(水)は坂路1本をサッと駆け登った後にウッド馬場で併せ馬を消化。ちょっと前から厩舎の調教を手伝っている加藤士津八騎手を背に時計を出しました。この調子で進める方針。3回中山3週目に組まれた芝2000m戦へ向かいましょう」

≪調教時計≫
10.03.17 加藤士 美南D良 68.5 53.6 39.0 12.6(6)G前仕掛け
ソールデスタン(3歳未勝利)一杯の内先行0秒2先着

続きを読む "ロードなお馬さん(3歳・入厩組)" »

シルクなお馬さん(3歳馬)

Photo_4

シルクオールディー(牡・昆)父マンハッタンカフェ 母クインオブオールディー

CWと坂路コースでキャンターの調整で、10日に併せて時計を出すと、14日にも追い切られています。調教師は「体は太め感もなく、見た目ではもう使っても良いぐらいだけど、まだ追い切りを始めて日も浅いので、あと3本ぐらいで使える状態になると思います。少し気の煩いところはあるけど、先週の併せ馬では集中して良い走りをしていたし、以前に比べて成長は見られるので、あとは競馬に行ってこの気性が良い方に出れば良いんだけどね」と話しています。(3/15近況)

四 位 17CW重 84.1- 68.2- 52.8- 38.7- 12.4 一杯に追う
レッドクリスタル(新馬)一杯の外を追走3F併0.2秒先着

Photo_5

シルクタイムレス(牡・山内)父クロフネ 母ジュウニヒトエ

北海道・ヤマダステーブルで調整中です。ウォーキングマシン60分、ミニトラックで常歩とダク中心に軽めの調教をつけられています。牧場長は「獣医と相談した結果、ゴーサインが出ましたので、予定を早め今週から騎乗運動を再開しました。状態を見ながら進めて行きます」と話しています。(3/15近況)

201001

シルクルーパス(牡・河野)父ステイゴールド 母ピアルピナス

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,800mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で17-17の調教を付けられており、牧場長は「調教に関しては順調ですが、漸くトモに力が付いてきたところなので、もう少し時間を掛けた方が良いかもしれません」と話しています。(3/15近況)

Photo_6

シルクアーネスト(牡・池添)父グラスワンダー 母ティアドロップス

坂路コースでキャンターの調整で、14日に時計を出しています。調教助手は「使った後も変わりないので、坂路でしっかり乗り込んで息を作っています。前走でも相手なりに走ってくれたし、もう少しなんだけどね。以前に比べて、追い出してから頭が高くなる部分も良くなって、最後までしっかり走れる様になっているし、いつ勝ってもおかしくない所まで来ていると思います。今週の予定なので、確実に決めて欲しいですね」と話しており、今週日曜日の阪神・芝1,800mに出走を予定しています。(3/15近況)

助 手17栗坂重 52.8- 38.7- 25.0- 12.5 叩き一杯

日曜日の阪神・芝1,800mを池添Jで出走予定です。(3/17最新情報)

Photo_7

シルクケーニッヒ(牡・本田)父ストラヴィンスキー 母ブリッツケーニギン

滋賀県・アカデミー育成場で療養中です。右前脚種子骨々折のため馬房で休養させています。牧場長は「バリバリ調教をやっていた馬なので、急に休むことになった後の体調の変化には十分注意しています。間隔を空けて、再検査を行っていきます」と話しています。(3/15近況)

続きを読む "シルクなお馬さん(3歳馬)" »

2010年3月17日 (水)

ロードなお馬さん(2歳馬)

20103

ロードカナロア(牡・安田隆)父キングカメハメハ 母レディブラッサム

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「普段は大人しい性格。でも、いざコースへ入れると本当に一生懸命な姿勢を見せてくれます。馬場コンディション等にも左右されるとは言え、そう遠からずにペースアップを図れるでしょう。本馬に関しては中間に休憩を入れずに仕上げる予定です」

201003_2

ロードエアフォース(牡・笹田)父エアエミネム 母レディスターライト

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「心身共にコンディションは安定。精神面のコントロールも十分に利いており、今のところ特に注文を付ける部分は無いですね。現在のリズムを崩さぬよう心掛けつつ全体のレベルアップを求めればOK。先日、笹田先生が視察に訪れました」

20103_2

ロードランパート(牡・池江寿)父ディープインパクト 母ジャズキャット

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「心身共にコンディションは安定。スケジュール通りに乗り込めているのが何よりでしょう。調教後も疲れた素振りは窺えず、飼い葉はキッチリ食べています。ただ、骨格を考えると今後に馬体重が大幅に増える可能性は薄いのでは・・・」

201003_3

ロードハリアー(牡・浅見)父ジャングルポケット 母オーブリエチア

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m。

○当地スタッフ 「3月15日(月)より騎乗トレーニングを再開。ひとまずはポリトラック馬場でダクを踏んでいます。脚元を含めて特に問題は無し。今まで以上に前向きな姿勢で取り組んでいるのは約2週間のリフレッシュ効果と言えるかも知れませんね」

続きを読む "ロードなお馬さん(2歳馬)" »

2010年3月16日 (火)

様子見なお馬さん vol.5

Photo_2

シルク8-31(牝・上原)父ディープインパクト 母タガノアイリス

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で17-17の調教を付けられており、牧場長は「まだトモが甘い分、ハミに頼っている感じですが、動き自体に柔らか味があって、能力の高さを感じさせる馬です。これからの変わり身が期待できますね」と話しています。(3/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シルクで現在募集中のディープインパクト産駒(牝)です。価格・関東馬から出資の可能性は半々くらいですが、1発長打を秘めるというのはこの馬でしょうね。あとは、もう少し全体的にパワーアップしてくれればと思います。成長振りを見守りたいと思います。

今年の牝馬戦線で

桜花賞は賞金のボーダーが高くなっていますが、チューリップ賞とフィリーズレヴューで1勝馬が勝利するなど、本番を前に大混戦が予測されます。今のところ、アプリコットフィズが頭一つ抜け出しているかなと個人的には思っています。ただ、関東馬で栗東に輸送もあるだけに…。

その中で、今週のフラワーCに、2戦2勝のサンテミリオンが出走してきます。厳しいレースの経験はないですが、2走の内容が秀逸。横山典Jも「ロブロイに似ている」と評価する1頭。今週のフラワーカップの走り次第では、牝馬クラシック戦線の中心に躍り出てくるかもしれません。

シルクなお馬さん(2歳馬)

201002

シルク8-1(牡・斎藤)父スペシャルウィーク 母ウイングオブラック

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で17-17の調教を付けられており、牧場長は「これからの馬ですから、まだ緩い感じにも映りますが、今のところ不安はありません。見た目以上に動きもしっかりしているし、この時期にこれだけ乗れれば十分だと思います」と話しています。(3/15近況)

201002_5

シルク8-16(牡・武藤)父ジャングルポケット 母プレギエーラ

北海道・ノーザンファーム空港牧場で調整中です。ウォーキングマシン40分、1,000m周回ダートコースと屋内坂路コースを併用して、ダク500mとキャンター2,500mの調教をつけられています。牧場長は「坂路での調教回数を増やし、週4日はハロン16〜17秒くらいのペースを2本、元気に駆け上がっています」と話しています。(3/15近況)

Photo

シルク8-41(牡・領家)父ステイゴールド 母ビービープレジャー

北海道・坂東牧場で調整中です。ウォーキングマシンの運動を30分進めています。牧場長は「左肩の鞘液を抜く外科治療を行った後、中が化膿してしまったため、社台クリニックで洗浄を行いながら獣医の経過確認を受けました。ご心配掛けましたが、傷口はもう完全に乾きましたので、今週からウォーキングマシンの運動を再開しています」と話しています。(3/15近況)

201002_3

シルク8-8(牝・野中)父シンボリクリスエス 母ウェディングシルク

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で17-17の調教を付けられています。牧場長は「まだ中身が伴っていないので、無理する段階ではありませんが、だいぶ良い具合になってきました。ハミ受けもしっかりしてきたし、奥のありそうな馬ですよ」と話しています。(3/15近況)

201002_4

シルク8-10(牝・岡田)父ゼンノロブロイ 母サンシャインステラ

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「基礎体力の強化を目的に、長め長めを乗っています。全体的にしっかりするのはまだ先ですが、この馬なりに成長は見られますし、このままじっくり乗り込んでいけば、良い方向に変わってくる筈です」と話しています。(3/15近況)

続きを読む "シルクなお馬さん(2歳馬)" »

ロードなお馬さん(3歳・牧場組)

201003

ロードアビリティ(牡・北出)父レギュラーメンバー 母ナチュラルカラー

滋賀・信楽牧場在厩。ウォーキングマシン50分、ダートコース・ダク2000m→キャンター4000m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「先週半ば以降はトレーニング内容の強化に踏み切っています。今のところ概ね順調。徐々に態勢が整って来ましたね。そろそろ帰厩を念頭に置いた仕上げに取り掛かれそう。タイミングを見計らって15-15の稽古も課しましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ロードで唯一、牧場生活のアビリティですが、本格的な乗り込みを開始しました。まだまだ緩いところがある同馬ですが、背中からトモにかけてしっかり強化していって欲しいです。4月はじめには栗東に戻れるかな。

オブザリングの強敵現る★ハートビートソング2連勝

先週の3歳戦を振り返って、仕上がり途上で外から差し切ったトゥザグローリーも強かったですが、個人的に印象に残ったのがハートビートソングでした。直線、抜け出してくるフットワークは大きくて、良い走りをするお馬ですね。この後は、青葉賞へ向かうようで、この内容なら青葉賞で上位人気を集めるのは必至でしょう。スタミナもありそうで、オブザリングが歩んでいく路線で大きく立ちはだかることになりそうです。

桜花賞の出走18頭に名前を連ねることができます。良い状態で本番へ☆レディアルバローザ3着

500

レディアルバローザ(牝・池江郎)父キングカメハメハ 母ワンフォーローズ

3月14日(日)阪神11R・フィリーズレビュー(GⅡ)・国際・牝馬限定・芝1400mに和田竜二騎手54kgで出走。16頭立て5番人気で2枠3番から平均ペースの道中を4、3、4番手と進み、直線では最内を通ってタイム差無しの3着でした。馬場は良。タイム1分22秒8、上がり35秒5。馬体重は増減無しの466kgでした。

○和田騎手 「内枠からのスタート。他馬に被されて後手に回るのを避けるべく、ある程度のポジションを取りに行きました。ただ、思った以上に落ち着いた流れに。序盤に急かせた分も相まって道中は幾らか掛かり気味でした。ラストの坂で甘さを覗かせたように完全には力強さが備わり切らぬ現状。にも関わらず、際どい勝負に持ち込んでいます。直線では狭いスペースを抜けて来る根性を見せており、もう少しペースが速まって外目をスムーズに運べれば違ったはず。距離が延びても対応できるでしょう。僅かな着差だけに悔しさが募る一方、本番へ向けて期待は膨らんだのでは・・・」

○池江調教師 「一戦毎に地力を付けている印象。最後は交わされたものの、頑張ったと言えるでしょう。中1週での参戦ながら、稽古をキッチリ消化。仕上がり自体は良かったと思います。これで桜花賞(GⅠ)の出走権が獲れました。ここまで辿り着けたのは嬉しい限り。ゲートインを果たせるのは本当に限られた頭数な訳ですからね」

≪2010年3月14日 阪神11R フィリーズレビュー(GⅡ)(国際)(牝) 芝1400m 良 16頭≫
1着サウンドバリアー  54渡辺薫 1.22.8    (13・13・12)34.8
2着ラナンキュラス   54四 位 1.22.8 鼻  ( 6・6・4)35.2 
3着レディアルバローザ 54和田竜 1.22.8 首  (4・3・4)35.5 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ&記事】

中1週の競馬でも馬体減りせず、落ち着きも合格。ダッシュ良く3番手にへ。3コーナーから内でロスのない競馬。直線は馬群がバラけてから、しぶとく踏ん張る(G誌)

仕掛けて先行。好位の内で流れに乗って手応え良く追走。バラけてからしっかり伸びたが、着差を考えると直線で少し待たされたのが痛かった(B誌)

キンカメ産駒のレディアルバローザが3着で桜出走権をゲットした。和田騎手は「苦しい展開だったけど、それでも最後に伸びてくれた。現状では力強さに欠けるだけに、まだ良くなると思う」と、さらなる進化にお墨付きを与えた。定年を控え今年が最後のクラシック参戦になる池江泰郎師は宣言通り出走を確定させた。(日刊スポーツ)

続きを読む "桜花賞の出走18頭に名前を連ねることができます。良い状態で本番へ☆レディアルバローザ3着" »

今日から

シルクの2歳馬情報が始まるようです。昨年は競走馬名が決まってから、情報がスタートしましたが、馬名発表はもう少し先送りにされるのかな…。

とりあえず最初のテレサなので、軒並み良いコメントが並ぶかと思いますが、なかなか近況を分かり得なかったので、今の状態を知りたいと思います。そして、次の出資候補をしっかり絞って行きたいと思います。

2010年3月14日 (日)

焼魚定食のコロコロ予想 vol.107

(中京4R)◎ジャポニズム

幼い精神面を鍛えるために放牧に出されていた同馬。持っている能力はかなりのものですし、1つ歯車が噛みあえば、トントンと行くはず。ここは立て直し効果に期待。

(阪神5R)◎サクラシュプール

トゥザグローリーの走りっぷりに注目ですが、稽古時計を見る限り、素軽そうなイメージがするサクラにも注目。スケールの差は歴然も仕上がりの良さを活かして、どのまでやれるかな。

(阪神7R)◎シルクドニミオン

ファンドリカップの安定感が光るも、全体的には低調なメンバー。叩き3走目で距離短縮と今回は面白そうですが。外めの枠も好材料かと。

(中山9R)◎ウインキングストン

まともに引っ掛かってしまった時は惨敗していますが、力はある馬。中山の芝1200なら流れも遅くはならないでしょうし、うまくタメができれば。

(阪神9R)◎トパンガ

ここに来て本格化してきている同馬を。切れ味よりも先行力を生かす馬だけに、阪神も悪くはないはず。昇級戦でも人気も集めることでしょうが、素直に勢いを信頼。

(阪神10R)◎キングスエンブレム

脚部不安で休養に入っていましたが、とにかく前走が強かったです。完調手前でもこのクラスなら何とかならないかな…。馬券的な妙味はないですが、相手1番手にはボクノタイヨウを挙げときます。

ロードカナロア(レディブラッサム08)の近況

20103

ロードカナロア(牡・安田隆)父キングカメハメハ 母レディブラッサム

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。競走馬名は「ロードカナロア:Lord Kanaloa 冠名+(英語)ハワイに伝わる海の神」に決定しました。

○当地スタッフ 「時期を考えれば完成度は高いですね。でも、今後に更なる成長が望めると思いますよ。キングカメハメハ産駒は先日のチューリップ賞(GⅢ)で上位を独占。半兄ロードバリオスの若い頃に似た雰囲気を持っており、そんな意味でも期待を寄せたい1頭と言えるでしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

出資馬のトリを務めるのが、レディブラッサム08改めロードカナロアです。父と半兄ロードバリオスから連想した良い名前かと思います。他のクラブ馬でもカナロアとついた馬は、今のところいないですし。

出資しているロードの2歳馬では、ロードランパート以上に堅実に早い段階から活躍してくれるお馬さんだと思います。最初に気に入ったお馬さんですし、エアフォースと同馬には思い入れもあります。

一見、ひょろっとした印象もありますが、繋ぎの角度、長さもありますので、芝で切れ味のある走りが期待しています。少し腰高なところもありましたが、全体的に実が詰まってきてバランスも良くなってきました。あとは、気性面で成長して、マイル以上の距離もこなせるようになってくれればと。安田隆厩舎も年々、勝ち星を伸ばしていますし、ロードの相性の良い厩舎です。レディルージュ、ロードヴィオレットに続き、そして出来れば上回る活躍をしてくれればと願っています。

ロードエスティーム(レディプラウド08)近況

20103_3

ロードエスティーム(牡・角居)父ロックオブジブラルタル 母レディプラウド

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。競走馬名は「ロードエスティーム:Lord Esteem 冠名+(英語)尊敬」に決定しました。

○当地スタッフ 「エネルギーが有り余っている感じ。段々と気持ちを表に出し始めたのも嬉しい傾向だと思います。でも、鞍上の指示に対しては従順。あまり手の掛からぬタイプと言えるかも知れません。今のリズムを崩さぬよう心掛けるのが大事でしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

出資はまだしていませんが、最有力候補なのが同馬です。競走馬名はロードエスティームに決まりました。募集当初は初仔ということもあり、小柄な印象でしたが、順調な成長振りを見せています。ちょっと繋ぎは立ち気味で硬い印象はありますが、前後のバランスが良化してきたと思います。馬相からも利口そうに思います。

厩舎はディープインパクトの有力馬が揃っているようなので、うまく出番が回ってくるのかなという不安は確かにあります。ただ、ケイアイファームの期待馬レディハピネスの牡馬(父ディープインパクト)も入りますし、最初のクラブ預託馬ですが、池江郎厩舎が来春で勇退なので、その空いた枠が角居厩舎に回ってきているのかなとも思います。

もうすぐ調整のピッチが上がってくるので、そこでの動きを確かめてみて、出資したいと思っています。

2010年3月13日 (土)

何はともあれ桜花賞の権利を手に☆レディアルバローザ

Photo_2

レディアルバローザ(牝・池江郎)父キングカメハメハ 母ワンフォーローズ

3月14日(日)阪神11R・フィリーズレビュー(GⅡ)・国際・牝馬限定・芝1400mに和田竜二騎手54kgで出走します。3月10日(水)良の栗東・ニューポリトラックコースで6ハロン81.8-65.1-50.8-37.3-12.0 9分所を一杯に追っています。短評は「馬体細化なし」でした。発走は15時35分です。


2010年 3月14日(日) 1回阪神6日 11R
第44回 報知杯フィリーズレビュー(GII) 発走 15:35
サラ系3歳 オープン (国際)牝(指定) 馬齢 1400m 芝・右
本賞金: 5200、 2100、 1300、 780、 520万円


  アマファソン   牝3 54kg 石橋 守
  エリモエポナ    牝3 54kg 池添 謙一  
  カレンチャン    牝3 54kg 鮫島 良太  
  ケイアイデイジー  牝3 54kg 幸 英明   
  サウンドバリアー  牝3 54kg 渡辺 薫彦  
  ステラリード  牝3 54kg 川田 将雅  
  ソムニア    牝3 54kg 川原 正一  
  テイラーバートン  牝3 54kg 藤岡 佑介 
  ニシノモレッタ   牝3 54kg 浜中 俊   
  ハニーメロンチャン 牝3 54kg 武 豊    
  パリスドール    牝3 54kg 熊沢 重文  
  モトヒメ    牝3 54kg 大野 拓弥  
  ラナンキュラス 牝3 54kg 四位 洋文 
  ラブミーチャン  牝3 54kg 浜口 楠彦  
  レディアルバローザ  牝3 54kg 和田 竜二  
  ロジフェローズ 牝3 54kg 横山 典弘

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

間隔は詰まっているが、テンションが上がらず、落ち着きがあっていい雰囲気。控えるレースで結果を出した前走の収穫は大きかったし、ここに入っても楽しみ(村本助手)

続きを読む "何はともあれ桜花賞の権利を手に☆レディアルバローザ" »

骨折休養から戻ってきて初時計☆シルクフォーチュン

Photo

シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

田島裕 12CW稍 89.2- 72.5- 57.3- 42.3- 13.5 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

角馬場でキャンター調整だったフォーチュンですが、昨日に復帰後の初時計をマークしました。デビュー戦からしばらく手綱を取ってくれた田島裕Jが、休養前同様に熱心に稽古をつけてくれているようです。

骨折でほぼ1年の休養となりますが、強行軍で使っていたのでリフレッシュを図る意味で良かったのかなと思います。馬体も成長しているようですし、好勝負をしていた馬たちが1000万下で人気になるところに位置する馬が多いので、500万下なら十分に通用するかと思います。特別レースで大崩れしましたが、それ以外はずっと掲示板を確保していたように馬主孝行だった同馬。一口初勝利の愛馬ですし、もうひと頑張りを期待しています。

焼魚定食のまんぷく予想 vol.124

(中京11R)中京記念(G3)

◎ホワイトピルグリム、○マイネルスターリー、▲トウショウシロッコ、△エアシャトゥーシュ、×サンライズベガ、×サクラオリオン

この条件なら金鯱賞3着の実績を重視して、ホワイトピルグリムを本命に。前走は強力メンバーで7着に敗れましたが、さほど悲観する内容でもないかと。引き続き、アンカツJとのコンビで見直したいところ。前走は痛恨の降着となったマイネルスターリー。充実ぶりは著しいですし、ひと叩きして。マイネルの主戦、松岡Jを乗せてきているので意気込みも変えます。京都記念組では、トウショウシロッコも巻き返して不思議ないところ。現に本命のホワイトピルグリムにも先着していますし。あとは、岩田Jが乗りに行っているエアシャトゥーシャは中京との相性が良いのが魅力。混戦になれば侮れないところ。後は、久々になるもサンライズベガ。陣営はひと叩きしてからということを匂わせていますが、仕上がりも悪くないので、無視はできないかなと思います。

焼魚定食のコロコロ予想 vol.106

(阪神1R)◎エリモマドンナ

ダート替わりで負けて強しの内容だったPOG馬ダイヤモンドムーンが一日の長があるかなと思いますが、素質に期待して、エリモマドンナに期待。本質的には芝でこそかもしれませんが、距離延長はプラスですし、目標を前にしながらレースはしやすい筈。最内枠なのですんなり好位置につけられれば。

(中京2R)◎ブルーモーメント

力は秘めているも実戦で案外な同馬。トランセンドの妹だけにダート替わりで一変も。ここは先手を主張して、押し切り濃厚。

(阪神4R)◎ランリョウオー

デビュー戦でもセンスの良さを見せてくれた同馬。最後は止まってしまったので、ひと叩きして距離短縮は好感。南半球産ですが、なかなか素質を秘めた馬だと思います。

(阪神9R)◎ハートビートソング

キャリアの浅さだけが心配も、非凡な才能を秘めるハートビートソングを本命に。前走はマッチレースを制しましたし、追って確かなのがこの馬の良さ。ここを勝って、ダービー戦線に顔を覗かせたいところ。

(阪神11R)◎セイクリムズン

いきなり重賞では荷が重かった印象も、OPに戻れば、即見直しが必要な同馬を。京都のダ1400なら狙いたかったケイアイガーベラの走りにもちょっと注目しています。

2010年3月12日 (金)

ロードエアフォース(レディスターライト08)の近況

201003

ロードエアフォース(牡・笹田)父エアエミネム 母レディスターライト

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。競走馬名は「ロードエアフォース: Lord Air Force 冠名+(英語)空軍」に決定しました。

○当地スタッフ 「着実に成長を遂げています。ここ最近は今まで以上のペースで行く時も。でも、まだ遊びながら走っている印象です。この様子ならば更にピッチを上げても大丈夫。今後が非常に楽しみな1頭と言えるでしょう。調教後も元気たっぷり」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ロード募集馬で1番安いお馬さんのレディスターライト08は、ロードエアフォースと競走馬名が決まりました。また、昨日、募集馬の画像も更新されましたので併せて、紹介させて頂きます。

私が出資しているロードの2歳馬では、レディブラッサム08が一番、堅実に活躍してくれるかと思っていますが、期待度というかお気に入り度では、やはり同馬です。まだ、速いところは乗っていませんが、馬っぷりの良さは抜群かと思います。冬毛が目立っても不思議ではないですが、毛ヅヤも良く、皮膚も厚ぼったさがないのも好感です。とにかく無事に進めて欲しいですし、できればオブザリング同様に、早めに栗東に連れて行って欲しいです。

不安だらけの新外国人

久しぶりに野球の話題を。

キャンプを終えて、オープン戦が始まっています。今年は例年よりも早い開幕となりますが、我が阪神タイガースはこれまで2勝5敗と、早くも暗雲が立ち込めています。

特に昨日の試合は、不安だらけでした。特に新外国人の3人がこぞってダメでした。マートンは久々にヒットが出たようですが、守備で大きくハンブルしてしまいました。マジメな外国人選手なようですが、せめて守備だけはしっかりして欲しいです。

フォッサム、メッセンジャーもピリッとしません。フォッサムは、一回りまでは抑えていましたが、二回りから捕まってしまいました。スタミナ不足を露呈しました。スピードも130キロ台しかマークできなかったようですし…。メッセンジャーは、メジャーの実績はありますが、スピードはあるもののストレートで空振りを取れないのが…。大きい上背にもかかわらず、迫力不足なのかな。投げ急ぐようなところもランナーが出て、揺さぶられると…。シーズンが始まってすぐに外国に選手を見つけに行かなくてはいけないシーンが早くも予想されます。

シーズンまでオープン戦も限られてきます。勝負にこだわって欲しいですし、ここからどんな成績を残して、シーズンを迎えるか注目したいと思います。

記事より☆レディアルバローザ vol.2

500

レディアルバローザ(牝・池江郎)父キングカメハメハ 母ワンフォーローズ

桜花賞トライアルのフィリーズレビュー(G2、芝1400メートル、14日=阪神、3着までに優先出走権)もキングカメハメハ産駒に注目だ。牡牝の2歳王者を出し、先週のチューリップ賞も上位を独占して猛威を振るっている。10日の追い切りで軽快に動いたレディアルバローザ(牝3、栗東・池江泰郎)が急浮上した。

キンカメ旋風が止まらない。ローズキングダムとアパパネが牡牝の2歳王者に輝き、チューリップ賞は3着まで独占。良血ルーラーシップやアーリントンCのコスモセンサーもブレークした。前走の阪神で2勝目を挙げたレディアルバローザは名門厩舎の秘蔵っ子。雨上がりのポリトラックをさっそうと駆け抜けた。6ハロン81秒8-12秒0でフィニッシュ。池江泰郎師は「中1週なのでサッとだが、いい動きだった。無理して出した時計じゃないし、具合がいいんだろうね。変わりなくきている」と合格点を出した。

デビューからの5戦で掲示板を外したことがない堅実派。前走は好位から抜け出して快勝したが、ペースに応じて柔軟に立ち回れる自在性が武器だ。重賞初挑戦になるが「距離も経験してるし、どんな競馬にも対応できる。派手さもないけどムラもない。乗りやすい馬だから行ってもいいし、控えてもいい」と師。すべて466キロで出走していて「カイバも食べるし体も変わらない。牝馬だけど、調教をしっかりとやっていける」と、精神面の強さも持ち合わせている。

来年2月で定年を迎えるトレーナーにとって、今年がラストクラシック。牡馬はリルダヴァル、バーディバーディがいるが、牝馬ではこの馬が看板娘になる。「どこまでやれるかだけど、権利を取ってほしいね」と、まずは桜行きの切符獲得を願う。アルバローザは若い女性向けのファッションブランド。クラシック戦線に新風を吹き込む。(日刊スポーツ)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今年が最後のクラシックだから、1頭でも多く出走させたい。名伯楽の執念を乗せて、レディアルバローザが桜花賞の権利取りに挑む。

「もう残された時間が少ないからな」

来年2月で定年を迎える池江郎調教師はさびしさどころか、むしろ燃えている、と言わんばかりに言葉に力を込めた。これまでにメジロマックイーンや無敗3冠馬ディープインパクトなど、数々の名馬を手がけてきた。だが、牝馬クラシックはまだ手にしていない。アルバローザにかかる期待は大きい。

「馬体重の変動がなくて、牝馬なのに調教を加減する必要がないのがいいね。一戦ごとに力を付けているし、今回の相手でどこまでやれるか。最後の桜花賞だからね、何とか(3着以内で)権利を取りたい」

阪神コースは2戦2勝のうえ、前走で今回と同じ舞台を勝っているのも強調材料。控える競馬で勝てたことも収穫があっった。キンカメ産駒が大活躍している波に乗って、桜戦線に乗りたい。(サンスポより)

続きを読む "記事より☆レディアルバローザ vol.2" »

美浦に戻って初時計。芝の中距離戦を視野に☆ロードギャラクシー

5

ロードギャラクシー(牡・河野)父ネオユニヴァース 母ユニオンワラダー

3月11日(木)良の美浦・ニューポリトラックコースで6ハロン87.0-70.2-54.2-39.7-13.2 6分所を直線強目に追っています。短評は「単走だけに上々」でした。3回中山に組まれた芝の中距離戦を視野に体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○小笠原調教助手 「いずれは他馬を前方に置く形での稽古を課そうと思っています。しかし、3月11日(木)は厩舎へ戻って初めての追い切り。単走で5ハロン約70秒と言った内容です。ひとまずは順調。中山の芝1800m、芝2000mを目標に更に仕上げて行きましょう」

≪調教時計≫
10.03.11 助手  美南P良 87.0 70.2 54.2 39.7 13.2(6)直強目追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

坂路中心だった稽古を、コースへとシフトチェンジしてきたギャラクシー。昨日、美浦に戻ってからの初時計をマークしました。とりあえず単走での追い切りだったようですが、実戦で馬込みでレースを進めて、抜け出してくるイメージで取り組まれている感じです。気性面で成長してくれば、もう少しは変わってくると思うので、じっくり取り組んで欲しいと思います。

本日、いよいよ栗東へ戻ってきます☆シルクメビウス

Photo_5

シルクメビウス(牡・領家)父ステイゴールド 母チャンネルワン

北海道・坂東牧場で調整中です。ウォーキングマシン50分×2回、屋内トラックと坂路コースを併用し、ダク1,200mとキャンター3,600mの調教をつけられています。牧場長は「調教時間を長めにとり、入念に乗っています。ほぼ息も出来てきましたし、この馬本来の煩い仕草も見せるようになりました。この状態を維持しながら、先生からの連絡を待ちたいと思います」と話しており、調教師の指示で、12日に栗東へ帰厩する予定になりました。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ジャパンカップダートの疲れとセン痛もあって、目標にしていたフェブラリーSを回避していたシルクメビウス。ただ、早めに目標を切り替え、無理をしなかったので、思いのほか早く回復し、本日、栗東に戻ってくることとなりました。まずは、ひと安心です。

この後は、アンタレスSでの復帰を目指して調整されます。その後は、東海S⇒帝王賞と春は進んでいくことになるでしょう。圧倒的な強さを誇るエスポワールシチー、トランセンド、フサイチセブンというところもこれから台頭して来る筈ですし、ライバルは強力ですが、切磋琢磨できるように、メビウスももっと力をつけて行って欲しいと思います。今年も1年、無事に頑張ってくれることを願っています。

2010年3月11日 (木)

ロードランパート(ジャズキャット08)の近況

20103_2

ロードランパート(牡・池江寿)父ディープインパクト 母ジャズキャット

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。競走馬名は「ロードランパート:Lord Rampart 冠名+(英語)城壁」に決定しました。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。現在は時折ハロン20秒を切るペースで坂路を駆け登っています。もう少し気持ちに余裕が欲しい印象ながら、普段から活気に溢れた状態なのは明るい材料。脚元に関しても不安は覚えませんよ。そう遠からずピッチを上げる予定」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ロードの期待馬 ジャズキャットの08は、ロードランパートに馬名が決まりました。個人的にはサッカー選手の印象が強いですが、こちらも徐々に慣れて行きたいと思います。

冬場ということでまだピッチが上がっていないので、どうこう判断は難しいですが、とにかく順調に来ているのは何よりです。ちょっと前向き過ぎるところがあるのかもしれません。そうなると距離はやや短めに適性があるのかな。でも、矯めれば、最後切れるような印象を馬体から持ちます。始動は2歳秋以降だと思うので、しっかりコツコツと下地を作って欲しいと思います。また、足元のケアもしっかりお願いしたいです。

シルクなお馬さん(4歳馬)

Photo_3

シルクナトゥール(牡・伊藤大)父ネオユニヴァース 母エンジェルインザモーニング

北障害コースで障害練習の調整です。調教師は「順調に障害練習を進めています。飛越は上手ですよ。ただ、このまま進めていって、体がガタっと来なければ良いんですけどね」と話し、金子騎手は「ジャンプは大丈夫です。まだ障害をスピードで飛ぶことに慣れていませんが、基礎は出来ているので大丈夫でしょう。着地で前が伸びてるので、躓きそうになります。トモが緩いから前に頼って、普段でも躓きそうになるんですよ。でもトモは今のところ、言われていたほどではないですし、なんとかなると思います。気を付けてやっていきます」と話しています。

201002

シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

3日に栗東へ帰厩すると、角馬場でキャンターの調整です。調教師は「体がかなり立派になって、良い感じで戻ってきたね。骨折で休養していたから、気を付けてやっていこうと思います。馬場でしっかり乗り込んでから、仕上げに入っていきます」と話しています。

続きを読む "シルクなお馬さん(4歳馬)" »

桜花賞の権利取りへ順調に調整☆レディアルバローザ

Photo_4

レディアルバローザ(牝・池江郎)父キングカメハメハ 母ワンフォーローズ

3月14日(日)阪神・フィリーズレビュー(GⅡ)・国際・牝馬限定・芝1400mに和田竜二騎手54kgで予定しています。同レースはフルゲート16頭。現段階では優先順位5番目、同順位8頭で出走可能です。3月10日(水)良の栗東・ニューポリトラックコースで6ハロン81.8-65.1-50.8-37.3-12.0 9分所を一杯に追っています。短評は「馬体細化なし」でした。

○池江調教師 「3月10日(水)はポリトラックを単走で。予定より幾らか速いタイムが出ました。でも、これだけ動けるのは具合が良い証拠。今週の出馬投票へ向かいましょう。馬体も何とかキープ。ここを乗り切れば本番まで多少ゆとりが持てるでしょう。是非とも頑張って欲しいですね」

≪調教時計≫
10.03.10 助手 栗東P良 81.8 65.1 50.8 37.3 12.0(9) 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ポリトラックコースで単走追い。ゴール前軽く仕掛けられると、鋭い反応を見せた。「間隔が詰まっているし、それほどやらなくても大丈夫。桜花賞出走の権利を取りたいね」(池江郎調教師) *大スポより

続きを読む "桜花賞の権利取りへ順調に調整☆レディアルバローザ" »

リルダヴァルVSルーラーシップ

先週のアルメリア賞を快勝したルーラーシップの次走が、毎日杯に決まったようです。そうなると、クラシックを前に、リルダヴァルとルーラーシップの両雄の対決が実現します。非常に興味深い1戦となりそうですね。また、リルダヴァルの鞍上も内田博Jに決定したようです。リルダヴァルは当初は新潟デビューでしたが、息子さんとこのジャポニズムが同レースに使うので、対決を避ける意味で小倉デビューとなりました。その新潟デビューを考えていた時に確保していた騎手が、内田博Jなので、ようやくコンビ結成が叶ったというところでしょうか。

ルーラーシップのポテンシャルは高いですが、栗東に戻ってきてからのリルダヴァルの動きも凄いのひと言です。今から直接対決が楽しみです。そして、ローズキングダム、ヴィクトワールピサ、リルダヴァル、ルーラーシップがクラシックで激突となると、今年の牡馬クラシックはかなり盛り上がることでしょう。

ロードなお馬さん(3歳・入厩組)

5

ロードホーリー(牡・笹田)父シックスセンス 母アミティエ

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、3月28日(日)中京・3歳未勝利・混合・芝2000mに予定しています。

○笹田調教師 「またしてもゲート先入れの奇数番。やはり出遅れ気味でしたね。栗東トレセンへ戻った後も特に問題は無し。中2週のローテーションで再び中京を目指す予定です。当日は高松宮記念(GⅠ)が行なわれます。リーディング上位の乗り役を探せるでしょう」

Photo_2

ロードギャラクシー(牡・河野)父ネオユニヴァース 母ユニオンワラダー

美浦トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。心身共にコンディションは段々と上向いており、この調子を維持しながら更に調整を進めます。3月11日(木)に追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○小笠原調教助手 「以前は坂路へも入れていたとは言え、ここ最近は周回コース中心の乗り込み。3月10日(水)、もダート馬場を軽く回って来ました。明日11日(木)にポリトラックで軽く時計を出す予定。その時には自分が跨ろうと考えています」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ホーリーは、レース後も変わりなく、中2週で中京を目指すとの事です。今度は上位Jにこだわるようです。先週は純粋に確保できる騎手だったのかな…。ちょっと、この馬に関しては、笹田調教師も迷走気味かもしれません。まあ、それよりもこのゲートの悪さをどうにかしないとですね。

ギャラクシーは、順調に乗り込んでいるようで、本日、戻ってきてから初めての時計を出すとの事です。コース調教に切り替えているようなので、メリハリのある走りができるようになることを願っています。

2010年3月10日 (水)

ロードハリアー(オーブリエチア08)の近況

20103_3

ロードハリアー(牡・浅見)父ジャングルポケット 母オーブリエチア

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。競走馬名は「ロードハリアー:Lord Harrier 冠名+(英語)略奪者」に決定しました。

○当地スタッフ 「引き続きリラックス重視の内容。もう少しの間は同様のパターンを繰り返す可能性が高いでしょう。状態を見ながら進めて下さい・・・と言う話を視察に訪れた浅見調教師も述べていました。でも、初期馴致から現在まで非常にスムーズだった1頭。この先も順調に育って欲しいですね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

競走馬名が決まりましたので、今週の近況は1頭ずつ、記事にしたいと思います。

ハリアーは、ここ2週は一旦リフレッシュということで、ウォーキングマシンのみの調教に止められています。浅見調教師も様子を見に来てくれたようで、案外、慎重に進めて欲しいようですね。

少し硬いところは血統からだと思いますが、全体的に良い感じで馬体が成長してきているかと思います。長めの距離で頑張って欲しいですが、マイル~2000あたりが良いのかなという印象も持っています。

母親の名前から、ロードスラッガーでも良かったような(笑)

シルクなお馬さん(3歳馬)

Photo_2

シルクタイムレス(牡・山内)父クロフネ 母ジュウニヒトエ

北海道・ヤマダステーブルで調整中です。パドック放牧と、ウォーキングマシンの運動を60分進めています。牧場長は「運動が終わった後、洗い場で脚元を冷やしています。患部は落ち着いた状態を保っていますので、来月には乗り出せるかもしれません」と話しています。(3/8近況)

Photo_3

シルクケーニッヒ(牡・本田)父ストラヴィンスキー 母ブリッツケーニギン

滋賀県・アカデミー育成場で休養中です。右前脚の歩様が悪くなった為、馬房で休養させておりますが、先週に詳しい検査を行ったところ、右前脚種子骨に骨折を発症していることが判明しました。牧場長は「ツメの不安では無く、骨折ということでした。歩様が良くなってこなかったので、肩からツメまで入念に検査を行った結果、種子骨部分に骨折線が確認できました。右前のツメを無意識に庇っていたのかもしれません。全治については、暫く経過を見てから再検査を行った後になりますが、程度が軽くても患部が患部だけに、ある程度の休養は必要になると思います。会員の皆さんにはご心配お掛けして申し訳ありません」と話しています。(3/8近況)

Photo_4

シルクオールディー(牡・昆)父マンハッタンカフェ 母クインオブオールディー

坂路コースでキャンターの調整で、3日に時計を出しています。調教助手は「馬にも元気が出てきて、すぐに普通に乗り出せたのが良かったですね。体は出来ていたので、先週から速い所を開始しましたが、まずまずの動きをしていました。これならすぐ仕上がると思うので、調教師と相談して予定を立てていきます」と話しています。(3/8近況)

4

シルクアーネスト(牡・池添)父グラスワンダー 母ティアドロップス

レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。調教師は「少し体が細くなって帰厩してきたけど、厩舎でも食いは良かったので、気にはしていませんでした。休み明けで、あのメンバーであれだけやれるんだから、確実に力をつけてきているね。使った後もすぐに坂路に入っているぐらいだから、反動も全くないみたいです。中1週で使うよりは、中2週で同じ芝1,800mの方が良いと思うので、来週の阪神を予定して進めていきます」と話しています。(3/8近況)

200910

シルクルーパス(牡・河野)父ステイゴールド 母ピアルピナス

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,800mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で17-17の調教を付けられており、牧場長は「脚元も変わりなく、徐々にペースを上げています。じっくり乗り込んできましたから、だいぶしっかりしてきたし、気配も良くなっている感じです。この調子で進めていければと思います」と話しています。(3/8近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ここに来て、残念ながらケーニッヒの骨折が判明しました。場所が種子骨ということで、競走能力に関係があるところで、全治まで結構かかるかと思います。どういう判断がされるかは分かりませんが…。

オールディーは、3日に時計を坂路で時計を出しています。まだ、ピリッとした感じがしないので乗り込んで欲しいですが…。来週あたりに復帰戦ということも考えられそうです。

アーネストは、中1週ではなく中2週で芝1800へ使うとの事。レースを使って、少し細くなったか疲れがあったのかな…。まあ、状態を見ての判断かと思うので、良い状態でレースへ臨んで欲しいです。

ルーパスは、徐々に上向いてきました。ただ、一度、脚部に不安を生じただけに、まだまだ安心は出来ません。力を秘めているお馬さんだと思っているので、しっかりケアしながら、進めて欲しいです。

※出資していない馬も含めて、シルクの3歳馬は入厩してレースに使うも、天栄に出戻りが目立ちますね。シルクランスロットなんかは、栗東に入った途端に、体力不足を告げられていましたし。入厩前のコメントと照らし合わせると、「どうしたもんかな…」とさすがに思ってしまいます。

ロードなお馬さん(3歳・牧場組)

20093_3

ロードオブザリング(牡・笹田)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

滋賀・栗東ホース具楽部在厩。ウォーキングマシン40分、ダートコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター500m×4~5本(1ハロン18~20秒ペース)。3月12日(金)に栗東トレセンへ帰厩の予定です。

○当地スタッフ 「ペースは控え目ながら、これは当初の考え通り。心身のリフレッシュを図るのが目的ですからね。普段から落ち着いて走れるタイプ。長い距離が合いそうなのは稽古の様子を見ても感じます。数日後には栗東トレセンへ戻るでしょう」

20093_2

ロードアビリティ(牡・北出)父レギュラーメンバー 母ナチュラルカラー

滋賀・信楽牧場在厩。ウォーキングマシン50分、ダートコース・ダク2000m→キャンター2600m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「着実に上昇カーブを描いているのは確か。背腰に本当の意味でのパワーが付き切らぬ印象ながら、現在の調教レベルを続ける限りでは問題も無いと思います。近日中に次のステップへ進む予定です。そこでの頑張り次第で今後の見通しが立つのでは・・・」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

短期放牧に出されていたオブザリングですが、この金曜日に栗東に戻ってくることが決まりました。リフレッシュが第一の目的ということもあり、軽めにとどめられていましたが、頓挫なくここまで来たのはホッとひと安心です。戻ってからも青葉賞まで1ヶ月ちょっとありますので、じっくり鍛えて欲しいと思います。

アビリティは、順調に乗り込み中です。次のステップということなので、早めを乗り込むのか、宇治田原優駿STへ移動するのかは分かりませんが、じっくり弱いところを鍛えてもらっているのは有り難いです。まあ、急激には良くならないとは思うので、暖かくなるまで今のペースで慎重に進めて欲しいです。

※画像は昨年の3月時のものです。

ロードなお馬さん(2歳馬)の競走馬名決定

No.1ジャズキャット'08(父ディープインパクト)
ロードランパート Lord Rampart 冠名+(英語)城壁
 
No.2レディミューズ'08(父スペシャルウィーク)
ロードエルドール Lord Aile d'Or 冠名+(フランス語)黄金の翼
 
No.3サッカーマム'08(父シンボリクリスエス)
ロードアルディ Lord Hardi 冠名+(フランス語)勇敢な
 
No.4レディブラッサム'08(父キングカメハメハ)
ロードカナロア Lord Kanaloa 冠名+(英語)ハワイに伝わる海の神
 
No.5レディプラウド'08(父ロックオブジブラルタル)
ロードエスティーム Lord Esteem 冠名+(英語)尊敬
 
No.6シンコウエトワール'08(父アグネスタキオン)
スターコレクション Star Collection (英語)星の収集
 
No.7レディマーメイド'08(父アグネスタキオン)
ダズリングワールド Dazzling World (英語)眩しい世界
 
No.8オーブリエチア'08(父ジャングルポケット)
ロードハリアー Lord Harrier 冠名+(英語)略奪者
 
No.9レディカプチーノ'08(父ネオユニヴァース)
クラシフィカドール Classificador (ポルトガル語)コーヒー鑑定士より
 
No.10シャドウエルフ'08(父ゴールドアリュール)
ロードエフォール Lord Effort 冠名+(フランス語)努力
 
No.11レディチャーム'08(父ジャングルポケット)
チャーミングダンス Charming Dance (英語)魅力的な踊り
 
No.12レディフューチャー'08(父ジャングルポケット)
ミライポケット Mirai Pocket (日本語)未来+(英語)ポケット
 

No.13センターライジング'08(父ゼンノロブロイ)
バレンシア Valencia (英語)オレンジの品種名
 

No.14レッドグラス'08(父グラスワンダー)
ロードクリスタル Lord Crystal 冠名+(英語)水晶
 

No.15レディアドバンス'08(父キングヘイロー)
アルメティーダ Arremetida (スペイン語)攻撃
 

No.16レーシングハート'08(父スズカマンボ)
ロードスラッガー Lord Slugger 冠名+(英語)野球の強打者
 

No.17カルメンジョオー'08(父タニノギムレット)
シェリーパーティー Sherry Party (英語)シェリー酒パーティー
 

No.18レディスターライト'08(父エアエミネム)
ロードエアフォース Lord Air Force 冠名+(英語)空軍

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

昨年より1週間ほど早く、ロードで募集中の2歳馬の競走馬名が決定しました。今年は残念ながら、命名馬はいませんでした。緑字が私の出資しているお馬さんです。まあ、とにかく早く慣れたいと思います。

今年から「レディ」の冠名がなくなって、牝馬はロードのお馬さんか分かりにくくなりましたが、それぞれ考えられた馬名だと思います。ただ、あまり血統に関係ない名前のような気もしますが…。ロードオブザリング、レディアルバローザに続く、活躍馬が出てきて欲しいです。

記事より☆レディアルバローザ

Photo

レディアルバローザ(牝・池江郎)父キングカメハメハ 母ワンフォーローズ

前走の500万下を先行策からアッサリと抜け出した。今回と同条件で結果を残せたことは、自信になるはず。「前回でいい勝ち方ができた。調教はきっちりとやれているし、調子は変わりないよ。毎回、堅実に走るからね」と三浦厩務員は説明する。ペース次第で自在の立ち回りが可能なタイプ。侮れない存在だ。(サンスポより)

前走を快勝して挑むのがレディアルバローザ。「中1週でも状態はしっかりキープできている」と池江郎調教師。「牝馬なので体重を気にしてやってきているが、この馬はデビューから5戦とも同じ馬体重。こんな馬は珍しいんじゃないか。どんな競馬でもできるという強みがある。今回もいいレースができるんじゃないかな」(大スポより)

キングカメハメハ産駒の勢いが止まらない。先週はチューリップ賞での1~3着独占をはじめ、3場で7勝の固め打ち。桜の開花に合わせるように、ここに来てグンと調子を上げている。今週の注目は、池江郎厩舎期待の素質馬レディアルバローザ。今の充実ぶりなら重賞Vも不可能ではない。

2勝目を挙げるまでに5戦を要したものの、これまで一度も掲示板を外したことがない堅実派。レースぶりにも着実な進歩がうかがえる。また、前走は好位から抜け出す味のある勝ち方を披露した。池江郎師は「どんな競馬でもできる。距離も経験しているからね」と好走に手応え。混戦になればなるほど、豊富なキャリアが生きてくる。

中1週のローテだが、調整は順調そのものだ。「体調は維持しています」と指揮官は好調をアピールする。デビューからの5戦、馬体重は全て466キロで出走している。今時季の牝馬にしては珍しくメンタル面でも強い。タフな戦いほど力を発揮するキングカメハメハ産駒。今週も目が離せない。(デイリースポーツより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アルバローザの記事も徐々に出てきました。同舞台の前走の内容が良かっただけに、同じくらい走れれば、権利は取れるんじゃないかなと思うのですが…。陣営のコメントからも、ある程度はやれるんじゃないかなという手応えは感じます。とにかく良いデキで今週末を迎えて欲しいと思います。

2010年3月 8日 (月)

桜の舞台を目指して、アルバローザ出走★フィリーズレビュー

第44回フィリーズレビュー(G2、3歳牝馬、芝1400m、フルゲート16頭)の登録馬は以下の通り。

ステラリード
パリスドール
モトヒメ
イイデサンドラ
カレンチャン
ケイアイデイジー
テイラーバートン
ナイトオブザオペラ
ニシノモレッタ
ハニーメロンチャン
ラナンキュラス
レディアルバローザ
ロジフェローズ
アマファソン
エリモエポナ
カスクドール
カネトシマイコサン
カリビアンペガサス
クリスマスキャロル
グレナディーン
サウンドバリアー
ジョディーズライン
スプリングサンダー
ソムニア
トゥニーポート
トロンプルイユ
ネバークイン
フラムドール
マイネアロマ
マンゴプディング
ユメノキラメキ
ラブグランデー
ワシリーサ

【地方馬:1頭】
ラブミーチャン

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

桜花賞への出走を目指して、34頭が出走登録してきました。「○○○○○チャン」が勢ぞろいですが、テイラーバートン、ラナンキュラスが有望かと思います。ただ、やはり先週のチューリップ賞に比べると、低調な感は否めないですね。

続きを読む "桜の舞台を目指して、アルバローザ出走★フィリーズレビュー" »

1コーナーであの位置では…。★ロードホーリー5着

Photo

ロードホーリー(牡・笹田)父シックスセンス 母アミティエ

3月7日(日)中京4R・3歳未勝利・芝2000mに小野寺騎手53kgで出走。18頭立て3番人気で8枠17番から平均ペースの道中を17、17、15、12番手と進み、直線では最内を通って0秒9差の5着でした。馬場は不良。タイム2分07秒3、上がり36秒9。馬体重は6kg減少の470kgでした。

○黒田調教助手 「終始インを追走。道中はロス無く回って来られました。ただ、コース内側は荒れ気味。今までに比べればスタートを普通に出ており、もう少し積極的に運んでも良かったかも知れません。その方が先々にも繋がるでしょう。しかし、何とか5着に入っています。特に問題が無ければ今後もレースを使って行くのでは・・・。ラストは差を詰めた通り渋った馬場でも大丈夫ですね」

≪2010年3月7日 中京4R 3歳未勝利 芝2000m 不良 18頭≫
1着トーセンアドミラル 56上 村 2.06.4   (2・2・2・2) 
2着フェアリーレイ   54藤岡康 2.06.7 1.3/4(3・3・3・3) 
3着サベラージュ    53西 村 2.07.2 3 (1・1・1・1) 
5着ロードホーリー   53小野寺 2.07.3  (17・17・15・12)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

スタート後手。無理せず控えて後方から。4角手前から内に進路をとって、直線では他馬が嫌がる最内を突いて、脚を伸ばしてきた。(B誌)

小野寺J「終いはいい脚を使ってくれましたが、ゲートに難のある馬ですからね。スタートが鍵になるでしょう」

続きを読む "1コーナーであの位置では…。★ロードホーリー5着" »

2010年3月 7日 (日)

焼魚定食のコロコロ予想 vol.105

(阪神5R)◎メモリーセイバー

人気を集めるジューダは、先々は走ってくるかと思いますが、馬場も悪いですし、デビュー戦から無理はしないかと思います。そこで狙いは、同馬を。本数もこなしていますし、仕上がりは悪くないかと思います。力のいる馬場も向きそうなので、同馬から手広く。

(阪神9R)◎プレファシオ

サンデーレーシングの他2頭が人気を集めそうですが、馬券的に面白そうなのが同馬。初芝ですが、母親は芝で重賞を勝っている馬ですし、本日の力のいる馬場は向くかなと思います。勝負どころでの反応が悪い馬なので、早め早めに立ち回って欲しいです。後、穴でもう1頭挙げるなら、タムロスカイを。

(阪神10R)◎ロードニュースター

馬場状態がどう出るかが全てです。当初は、馬場を心配して自重しようかと検討されていた訳ですので。京都以外で勝ち星を挙げていないのは、巡り合せだと思います。岩田Jが熱心に稽古をつけてくれているようなので、ここを勝って小休止させてあげたいところ。

(阪神11R)◎キャプテンベガ

もどかしい競馬が続きますが、この相手なら同馬でなんとかならないかなと。57キロで崩れているのは気になりますが…。福永Jとは手が合うので、もうひと押しを。

焼魚定食のまんぷく予想 vol.123

(中山11R)弥生賞(G2)

◎アドマイヤテンクウ、○ヴィクトワールピサ、▲エイシンアポロン、△ダイワファルコン、×トーセンアレス、×ミッションモード、★マコトヴォイジャー

馬場の悪化は避けられない今年の弥生賞。力はヴィクトワールピサが断然かと思いますが、跳びの大きい馬で、再内枠というのは、やはり気になるところ。差し届かないケースも一考。外枠で自在性のあるアドマイヤテンクウを本命に。ここに来て、馬がしっかりしてきていますし、勢いに乗るキングカメハメハ産駒に一票を。エイシンアポロンはピッチ走法だけに、悪い馬場は歓迎かと思います。問題はやはりこの距離。好位で脚を矯めて、もうひと押しが利くか。面白そうなのが、ダイワファルコン。相手なりに走るタイプだと思いますし、母系からも道悪はプラスに向くはずです。距離延長も大丈夫だと思います。良馬場では上位馬と切れ味で分が悪いも、パワーのいる馬場で浮上してくるトーセンアレス、ミッションモード。混戦で浮上のシーンも。マコトヴォイジャーは1つ勝って、勢いが出てきました。まあ、通用しないかと思いますが、デキの良さと悪い馬場でどこまで。

2010年3月 6日 (土)

目先を変えてどう出るかも、まずはゲートをクリアして★ロードホーリー

Photo

ロードホーリー(牡・笹田)父シックスセンス 母アミティエ

3月7日(日)中京4R・3歳未勝利・芝2000mに小野寺騎手53kgで出走します。3月3日(水)良の栗東・ニューポリトラックコースで5ハロン66.2-51.6-38.3-12.6 6分所を強目に乗っています。併せ馬では強目の相手の内を追走して0秒1先着。短評は「先着で脚色に余裕」でした。


2010年 3月7日(日) 2回中京2日 4R 発走 11:20
サラ系3歳 未勝利 [指定] 馬齢 2000m 芝・左
本賞金: 500、 200、 130、 75、 50万円


  アスカシンノウ   牡3 56kg 西田 雄一郎 
  ウインベルカント  牡3 56kg 吉田 稔   
  グランドチャペル 牡3 56kg 村田 一誠 
  ケイエスショークン 牝3 54kg 芹沢 純一  
  コスモマリースター 牝3 54kg 川島 信二  
  サベラージュ    牡3 53kg ▲西村 太一 
  シルクウェッジ   牡3 56kg 秋山 真一郎 
  スカイフォレスト 牡3 56kg 中舘 英二
  ダンシングムーン  牡3 56kg 丸田 恭介  
  ダンツペリオッド  牡3 56kg 小林 徹弥  
  ツルマルホクト   牡3 56kg 酒井 学   
  テルミーホワイ   牡3 56kg 梶 晃啓   
  トーセンアドミラル 牡3 56kg 上村 洋行  
  バンダムローレル  牝3 54kg 古川 吉洋  
  ヒカルトップガン  牝3 54kg 大野 拓弥  
  フェアリーレイ   牝3 54kg 藤岡 康太  
  ヤマニンエルブ   牡3 56kg 鮫島 良太  
  ロードホーリー   牡3 53kg ▲小野寺 祐太

続きを読む "目先を変えてどう出るかも、まずはゲートをクリアして★ロードホーリー" »

焼魚定食のまんぷく予想 vol.122

(阪神11R)チューリップ賞(G3)

◎オウケンサクラ、○ワイルドラズベリー、▲アパパネ、△ヴィクトリーマーチ、×ラフォルジュルネ、×ベストクルーズ

悪い馬場でのレースは避けられない一戦となりそうですが、なかなか粒の揃ったメンバーとなりました。本命は使われている強みでオウケンサクラを。1戦毎に良くなっていますし、ここ2走の勝ちっぷりは上々のもの。切れ味を生かすタイプだけに悪い馬場は心配も。悪い馬場の適性も考えると、安定感ではワイルドラズベリー。スッと好位から競馬が出来るし、そこからもうひと伸びができる馬。馬場が回復しないようなら、この馬からが妙味かも。2歳女王のアパパネ。栗東に入厩し、ここに向けて、しっかり乗り込まれてきました。ここでも恥ずかしい競馬をしないかと思いますが、陣営が馬場を心配しているのがどうか。目標は次ですし、少し評価を控えました。ヴィクトリーマーチは、新馬を勝ってのOP戦で2着に入るように力は認めるところ。更にデキが上向いている感じですし、前めで競馬ができますし、上位馬との切れ味勝負で分が悪いところをこの馬場で相殺できないかと。とりあえず、この4頭のボックス勝負で。松田博厩舎の2頭もデキの良い前者と実績上位の後者。どちらも十分、楽しみはあるかと思います。オメガブルーハワイ、グリューネワルト、ショウリュウムーン、ストレンジラブあたりも魅力的も、そこまでは手を広げにくいところです。

(中山11R)オーシャンS(G3)

◎プレミアムボックス、○ショウナンカザン、▲アーバニティ、△ランチボックス、×エーシンビーセルズ、×シンボリグラン、×キンシャサノキセキ

時計が掛かるようなら十分出番がありそうなプレミアムボックスを本命に。馬場状態がどう出るかですが、この距離なら大威張りのショウナンカザン。次の大一番に向けて、弾みをつけたいところです。穴っぽいところでは、相手なりに走るランチボックス、エーシンビーセルズも面白そうです。

2010年3月 5日 (金)

レッドディザイア快勝!

レッドディザイアのレースを見ましたが、完全な前残りのレースを、大外からグイグイと伸びて差し切りました。届かないかなとも思いましたが、あそこからもうひと伸びするところは、さすがですね。天晴れです。

これでこの後は、悩ましい選択になるかと思います。ただ、どちらに行ってもチャンスは大きいと思うので、まずはしっかり調子を整えて欲しいと思います。

ウオッカは、好位から全く伸びがなく8着でした。馬場の適性か年齢か…。大きく変わってくるのは難しいかな。

2010年3月 4日 (木)

シルクなお馬さん(4歳馬)

Photo_5

シルクメビウス(牡・領家)父ステイゴールド 母チャンネルワン

北海道・坂東牧場で調整中です。ウォーキングマシン50分×2回、屋内トラックと坂路コースを併用し、ダク1,200mとキャンター3,600mの調教をつけられています。牧場長は「週3回は坂路で終いだけ16〜17秒くらいの所を乗っています。体も回復して500kg近くまでなりましたし、領家先生の話では、今のところ来週か再来週の帰厩を考えているようです」と話しています。(3/1現在)

201002

シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で15-15から終い13秒に伸ばす調教を付けられており、牧場長は「変わらず動きは良いですね。乗り込み量も十分ですし、良い状態で送り出せます。こちらに来た当初に比べると、馬体重も30kg以上増えていますが、太いという感じはありませんので、これは成長分と見て良いでしょう」と話すと、確認した調教師の指示で、3日に栗東へ帰厩する予定になっています。(3/1近況)

Photo_6

シルクナトゥール(牡・伊藤大)父ネオユニヴァース 母エンジェルインザモーニング

栃木県・那須トレーニングファームでキャンターと障害練習を進めると、確認した調教師の指示で、25日に美浦へ帰厩しています。到着後も特に変わりは無い様で、これから障害練習中心に進めていく予定となっています。(3/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

メビウスもまもなく栗東入りということで、4歳馬が戦力として、整ってきました。メビウスは右肩上がりで、状態面もアップしてきてくれていると思います。長めをじっくり乗って、体力づくりに励んでくださいな。

フォーチュンは線が細かったので、骨折の休養ながら、30キロほど増えているのは好感です。本日、栗東に戻ったようなので、天栄での良い状態を維持して、復帰戦を迎えて欲しいと思います。

ナトゥールは、戻ったばかりですが、もう少し情報が欲しいところです…。

2010年3月 3日 (水)

中1週でフィリーズレビューへ☆レディアルバローザ

Photo_4

レディアルバローザ(牝・池江郎)父キングカメハメハ 母ワンフォーローズ

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、3月14日(日)阪神・フィリーズレビュー(GⅡ)・国際・牝馬限定・芝1400mに和田竜二騎手で予定しています。

○池江調教師 「無事に栗東トレセンへ。脚元を含めて特に問題は見当たらず、3月3日(水)も軽く跨りましたよ。次週のフィリーズレビュー(GⅡ)を目標に調整を続ける方針。中1週での参戦だけに中間はコンディション維持がポイントかも知れません」

*画像はお友達のぼんちゃんさんより頂きました。ありがとうございます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後の反動が心配されたアルバローザは、ひとまずは不安なく、乗り出しを開始したようです。鞍上も和田Jを確保できたようですし、何とか良い状態をキープして、レースに臨めればと思います。相手は、ラブミーチャン、テイラーバートン、ラナンキュラスあたりが強敵になってくるのかなと思います。何とか、桜の切符を確保して欲しいです。

(追記)ブログ報知のPOG情報に、レディアルバローザが紹介されていました。池江郎調教師も期待してくれているようで、有り難いです。

ロードなお馬さん(ホーリー&ギャラクシー)

Photo_2

ロードホーリー(牡・笹田)父シックスセンス 母アミティエ

3月7日(日)中京・3歳未勝利・芝2000mに小野寺騎手53kgで予定しています。同レースはフルゲート18頭。現段階では7/6の抽選対象です。3月3日(水)良の栗東・ニューポリトラックコースで5ハロン66.2-51.6-38.3-12.6 6分所を強目に乗っています。併せ馬では強目の相手の内を追走して0秒1先着。短評は「先着で脚色に余裕」でした。

フルゲート18頭:抽選対象(7/6)

○笹田調教師 「3月3日(水)はポリトラックで3頭併せを消化。最内を進んでラストまで楽な手応えで回って来ました。状態はキープ。改めて今週の出馬投票へ向かいましょう。スムーズに運べればチャンスは見出せるはず。その意味でもスタートが重要だと思います」

≪調教時計≫
10.03.03 助手栗東P良 66.2 51.6 38.3 12.6(6)強目余力
マストハブ(3歳500万)強目の内追走0秒1先着

Photo_3

ロードギャラクシー(牡・河野)父ネオユニヴァース 母ユニオンワラダー

美浦トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。心身共にコンディションに特に異常は認められず、もう少しの間は入念に乗り込みます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○河野調教師 「先週末に戻ったばかり。3月3日(水)はウッドで普通キャンターの調整です。さすがにガラッと変わったとは言えぬものの、立て直した効果も手伝って良化の跡が窺えます。脚元に関しても不安は無し。徐々にピッチを上げて行けるでしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ホーリーは、今週の中京・芝2000に出走予定です。抽選になるようですが、動きは引き続き、悪くないようです。問題はやはりスタートですね。毎回、出遅れて、後ろからの競馬になるので、小回りの中京でもありますし、前めで立ち回りできれば。

ギャラクシーは、さすがにガラッとは変わってないようです。多少なりともしっかりしてくれば。復帰後は少し長めの距離を使って欲しいところ。

ロードなお馬さん(2歳馬)

20102

ジャズキャットの08(牡・池江寿)父ディープインパクト

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「とても乗り味の良いタイプ。期待の大きな1頭と言えるでしょう。母ジャズキャットの仔で夏デビューを目指した2頭は途中で頓挫。一方、じっくり乗り込んだロードマジェスティ、ロードパンサーは順調に行きました。今までの傾向も踏まえつつ進める方針です」

20102_2

レディブラッサムの08(牡・安田隆)父キングカメハメハ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「心身共にコンディションは安定。飼い葉をキッチリ食べるなど体調面に何ら不安は覚えませんね。今のところ至って順調。もう少しの間は同様のパターンを繰り返す方針ながら、もっと高いレベルの稽古を課しても大丈夫だと思います」

20102_3

オーブリエチアの08(牡・浅見)父ジャングルポケット

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「ウォーキングマシンの調整に。しかし、いずれ全馬が小休止を挟む予定です。脚元を含めて馬自身に何らかの問題が生じた訳では無く、ここでパワーを蓄えて次の段階へ行こうと考えています。馬体の成長を叶える意味でも良いでしょう」

20102_4

レディスターライトの08(牡・笹田)父エアエミネム

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。先週と比べて大きく変わった印象は受けぬものの、スケジュール通りに乗り込めているのが何よりでしょう。飼い葉の食いは十分。体調も良いですよ。もう少しの間は同様のパターンを繰り返そうと思います」

続きを読む "ロードなお馬さん(2歳馬)" »

2010年3月 2日 (火)

今週からトライアル戦★弥生賞&チューリップ賞

今週から3歳クラシック路線のトライアル戦が本格化します。特に牡馬は層が厚いので、非常に楽しみです。

まず、土曜日には、桜花賞トライアルのチューリップ賞が行われます。ここには、2歳王女のアパパネが出走してきます。栗東に滞在しての調整で、万全を期していますが、まずはレース振りに注目です。個人的には、オウケンサクラ、ショウリュウムーン、ラフォルジュルネが馬券的には面白いかなと思います。

日曜日の弥生賞には、ヴィクトワールピサが出走します。ローズキングダムがスプリングSに回ったので、ここでは負けられない1戦です。相手関係よりも中山芝2000をどう乗りこなすかに注目です。エイシンアポロンとの力差はどれくらいかも、先々に向けて興味深いところです。個人的には、ヴィクトワールピサの相手候補としては、トーセンアレス・セイルラージに触手が動きます。

ロードなお馬さん(3歳・牧場組)

3500

ロードオブザリング(牡・笹田)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

滋賀・栗東ホース具楽部在厩。ウォーキングマシン40分、ダートコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター500m×4~5本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。飼い葉を十分に食べるなど相変わらず順調と言えるでしょう。まだ具体的な帰厩スケジュールは届かぬ状況。しかし、いつ声が掛かっても送り出せる雰囲気です。厩舎スタッフも定期的に訪れていますよ」

Photo_7

ロードアビリティ(牡・北出)父レギュラーメンバー 母ナチュラルカラー

滋賀・信楽牧場在厩。ウォーキングマシン50分、ダートコース・ダク2000m→キャンター2600m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「まだ今一息な感じ。引き続き入念に乗り込んで体調アップに努める方針です。でも、飼い葉の食いは十分。ウチへ来た当初に感じられた馬体の緩みも徐々に解消へ向かっていると思います。先日、北出調教師が視察に訪れました」

Photo_8

ロードギャラクシー(牡・河野)父ネオユニヴァース 母ユニオンワラダー

2月27日(土)に美浦トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○当地スタッフ 「2月26日(金)に15-15の稽古を消化。なかなか良い動きでしたよ。そして、その様子を報告。翌27日(土)に美浦トレセンへ帰りました。一時期に比べて毛艶は冴えた感じ。トモ等の緩さも多少は改善が図れたと思います。トレーニングの成果を実戦で示して欲しいですね」

続きを読む "ロードなお馬さん(3歳・牧場組)" »

シルクなお馬さん(3歳馬)

200911

シルクアーネスト(牡・池添)父グラスワンダー 母ティアドロップス

先週2着でした。好スタートから、道中は5番手でレースを進めると、3コーナーすぎも好位で流れに乗り、4番手で4コーナーを回りました。そして直線では、最後まで渋太く伸び脚を見せると、勝ち馬を捕える事は出来ませんでしたが、接線となった2着争いをクビ差制しています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。(3/1近況)

Photo_4

シルクタイムレス(牡・山内)父クロフネ 母ジュウニヒトエ

北海道・ヤマダステーブルで調整中です。パドック放牧と、ウォーキングマシンの運動を60分進めています。牧場長は「今週からマシンで1時間運動させています。徐々に運動量を増やしてはいるのですが、最近は元気が出て、少々煩くなってきました」と話しています。(3/1近況)

Photo_5

シルクオールディー(牡・昆)父マンハッタンカフェ 母クインオブオールディー

坂路コースでキャンターの調整です。調教助手は「輸送の疲れからか、熱発してしまい、帰厩した夜に40度近くまで上がりました。すぐに治まったので運動で様子を見て、24日から馬場で乗り出しているので、もう心配はないと思います。担当者が変わったので前との比較は出来ないけど、見た感じだと体の幅が出て、かなり馬が良くなっていると思います。様子を見て徐々にペースアップして、仕上げに入っていこうと思っています」と話しています。(3/1近況)

201001

シルクルーパス(牡・河野)父ステイゴールド 母ピアルピナス

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,800mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「まずまずの感じで進めています。脚元の状態も変わりありませんし、動き自体も問題無いので良い方向に変ってくると思います。時期的にも積極的に進めたいと思っています」と話しています。(3/1近況)

Photo_6

シルクケーニッヒ(牡・本田)父ストラヴィンスキー 母ブリッツケーニギン

滋賀県・アカデミー育成場で休養中です。順調に調教を続けておりましたが、今週に入って右前脚の歩様が悪くなった為、大事を取って馬房で休養させています。牧場長は「元々右前脚のツメに不安があり、今回も同じ箇所だと思い、すぐに装蹄師に診てもらいましたが、確かにツメを気にしている部分もあるのですが、跛行の様子がそれだけの原因では無いようです。不安を発症した直後だけに、何とも言えない部分もありますが、球節部分も気にしている様子なので、今週中にトレセンのいつも診てもらっている獣医に来てもらい、詳しい検査を行います。状態が良くなってきた段階でのアクシデントで申し訳ありません」と話しています。(3/1近況)

続きを読む "シルクなお馬さん(3歳馬)" »

ぼちぼち戻ってきました☆ナトゥール&ギャラクシー&フォーチュン

Photo_3

シルクナトゥール(牡・伊藤大)父ネオユニヴァース 母エンジェルインザモーニング

25日(木)に美浦へ帰厩しています。

ロードギャラクシー(牡・河野)父ネオユニヴァース 母ユニオンワラダー

27日(土)に美浦へ帰厩⇒坂路で乗り込み開始

シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

3日に栗東へ帰厩する予定になりました。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ネオ産駒2頭は問題児ではありますが、放牧先からようやく戻ってきました。どれくらい変わっているかは疑問ですが、しっかり鍛錬してもらいたいと思います。

私の1口初勝利馬のフォーチュンも、骨折から1年ちょっとの休養を経て、戻ってきます。脚にボルトが入ったままかと思いますが、特別レースで大きく崩れた以外は、すべて掲示板という成績の持ち主。コツコツ愛馬の長男として、これからも頑張って欲しいです。一緒に走っていたワールドワイドなどの成績から、復調すれば、もう1つ上のクラスでも通用するのではないかなと思っています。1口人生序盤の貴重な活躍を果たしてくれたお馬さんですし、もう一花咲かして欲しいです。

レース回顧(テレサ&競馬専門誌より)

Photo

レディアルバローザ(牝・池江郎)父キングカメハメハ 母ワンフォーローズ

2月27日(土)阪神6R・3歳500万下・混合・芝1400mにデムーロ騎手54kgで出走。16頭立て1番人気で7枠14番から平均ペースの道中を5、5、3番手と進み、直線では外を通って0秒1差で優勝。2勝目を飾りました。馬場は良。タイム1分22秒1、上がり35秒2。馬体重は増減無しの466kgでした。

≪2010年2月27日 阪神6R 3歳500万下(混) 芝1400m≫

1着レディアルバローザ 54デムーロ1.22.1 (5・5・3)35.2 466kg
2着リバーハイランド  56 幸  1.22.2 3/4  (8・8・7)35.1
3着メイショウカンパク 56武 豊 1.22.4 1.1/4(16・16・16)34.6

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

スタート良く、行こうと思えば行けそうだったが、無理せず中団から。道中はスムーズに折り合って、手応え良く追走。4角手前から外を回って進出。直線は右手前のままだったが、それでも難なく抜け出した。着差以上の強さで完勝(B誌)

好位集団の外めを追走し、4コーナー手前から手応えよく進出する。直線の入口で先頭に立ち、最後までスピードを持続。快勝!(G誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

専門誌でも、アルバローザのレース振りは評価されたものでした。スッと抜け出してきた脚は先々に楽しみが持てました。まだまだ弱いところがあるので、反動が出てなければよいのですが。無事をとにかく願っています。

*画像はお友達のぼんちゃんさんより頂きました。ありがとうございます。

2010年3月 1日 (月)

久々の1戦で、あと1歩の2着。次こそは☆シルクアーネスト

Photo

シルクアーネスト(牡・池添)父グラスワンダー 母ティアドロップス

池添師「休み明けで少しテンションが高かったけど、内容も良かったし、もう少しだったんだけどね。このメンバーでこの内容だし、すぐに何とかなると思うよ」

池添騎手「良い感じで行けたので、行けると思ったけど、最後は瞬発力の差かな。それでも競馬の内容が安定しているし、すぐ目処はつくと思います」(テレサより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

スッと好位へ。勝負所でも好位集団で抜群の手応え。直線に向いて馬場の中ほどに持ち出してスパート。ジワジワとシャイニーナイトに詰め寄ったが、あと一歩及ばない。(G誌)

シャドーロール。体はできていた。勝ち馬の直後。追われると少し頭が上がるが、時計のかかる馬場が幸いし、手応え以上に渋太かった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~* 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今年のシルク初出走となったアーネストの復帰戦。戻ってきてすぐの出走でしたし、相手も揃っていたので、いきなりは厳しいかなと思っていました。

それでも実戦向きらしく、スタート良く飛び出して、手応え良く好位からの競馬。直線は少し外めに持ち出して、追い出しに掛かりました。突き抜けそうで最後はジリジリになってのは少しもどかしいですが、それでも頑張って2着に来てくれました。休養を挟んで一歩前進してくれたのは素直に嬉しい限りです。デビュー戦は掲示板を外しましたが、それ以降はずっと頑張ってくれて、馬主孝行ぶりに頭が下がります。

この後は、これまでの使われ方を見ると、中1週での競馬かと思います。そうなるとやはりマイル戦が本線かなと。中京遠征も視野にあるのかな。池添調教師には、メンバーを見渡して、チャンスのあるところに使って欲しいと思います。何とか次で1勝を挙げて欲しいです。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ