2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« いよいよ戻ってきます☆シルクメビウス | トップページ | 焼魚定食のコロコロ予想 vol.103 »

2010年2月26日 (金)

熱発の影響は如何ほどか…☆レディアルバローザ

Photo

レディアルバローザ(牝・池江郎)父キングカメハメハ 母ワンフォーローズ

2月27日(土)阪神6R・3歳500万下・混合・芝1400mにデムーロ騎手54kgで出走します。発走は12時45分です。

2月24日(水)良の栗東・ニューポリトラックコースで6ハロン80.4-64.7-50.3-36.6-11.8 9分所を強目に追っています。短評は「変わりなく順調」でした。

○池江調教師 「先週末より再び時計を出し始めました。そして、2月24日(水)もポリトラック馬場で追い切りを消化。まずまずの内容だったと言えるでしょう。どうやらデムーロ騎手が乗れそう。今週の阪神に組まれた芝1400m戦へ向かおうと思います」

≪調教時計≫
10.02.24 助手 栗東P良 80.4 64.7 50.3 36.6 11.8(9)強目に追う 変わりなく順調

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


2010年 2月27日(土) 1回阪神1日 6R 発走 12:45
サラ系3歳 3歳500万円以下 (混合)(特指) 馬齢 1400m 芝・右
本賞金: 700、 280、 180、 110、 70万円


  アイビーフォールド 牡3 56kg 秋山 真一郎 
  インタレスティング 牝3 54kg 酒井 学   
  ギガビット     牡3 56kg 北村 友一  
  グレナディーン  牝3 54kg 小牧 太   
  スズカジェネラル  牡3 54kg △松山 弘平 
  ソムニア    牝3 54kg 安藤 勝己  
  ディオメデス   牡3 56kg 藤田 伸二  
  トシザマキ     牝3 54kg 浜中 俊   
  フラムドール  牝3 52kg △国分 恭介 
  メイショウカンパク 牡3 56kg 武 豊    
  ヤマニングルノイユ 牝3 54kg 池添 謙一  
  ラブキーセキ  牝3 54kg 岩田 康誠  
  ラブグランデー   牝3 54kg 渡辺 薫彦  
  リバーハイランド  牡3 56kg 幸 英明   
  ルクソールシチー  牡3 56kg 佐藤 哲三  
  レディアルバローザ 牝3 54kg M.デムーロ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

間隔が詰まっているので終い重点の稽古で十分。デキはキープ。勝ち鞍を挙げたコースならひと押しが利かないかな。【村本助手】

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

中間に熱発で予定が狂ってしまったアルバローザ。稽古の動きなどは悪くないので、大丈夫かなと思いますが、実戦でどう影響が出るかですね。期待も大きいですが、不安も大きいです。

そして今回は、前走よりも相手が揃っているような感じがします。重賞3着のグレナディーン、ソムニアに、メイショウカンパク、ディオメデス、ルクソールシチーあたりが強敵です。アルバローザは思いのほか人気を集めそうですが…。

ゲートの良い馬なので、自然とハナに立ってしまうかもしれませんが、できれば何頭か行かせて好位からレースを進めたらなあと思います。デムーロJの手綱捌きに期待したいです。

« いよいよ戻ってきます☆シルクメビウス | トップページ | 焼魚定食のコロコロ予想 vol.103 »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)レディアルバローザ」カテゴリの記事

コメント

焼魚定食さん、こんばんは☆
レディアルバローザの優勝おめでとうございます!
どうどうの1番人気を外から完勝でしたね。
強い勝ち方でしたし、桜が射程圏内に入りましたね。
現地応援行っていましたが、パドック写真は彼女歩くのが早くて上手く撮れませんでしたが、
ウイナーズサークルでの写真撮ってきました。
逆光でイマイチですが、また明日以降写真館のほうへアップさせてもらいますね^^

目の前で見て強いのを再確認。
めーっちゃ羨ましいっす(笑)

ぼんちゃんさん、こんにちは
レディアルバローザの応援、お祝いのお言葉ありがとうございます。
結構、メンバーが揃っている印象が合ったので、1番人気に支持されたのもちょっとビックリしましたが、非常に強い勝ち方だったと思います。デムーロJにも感謝ですし、さすがに池江郎厩舎ですね。
また、写真も撮っていただいたとのことで、ありがとうございます。また、拝見させていただきます。
この後は、桜花賞を目指して進んでいくかと思いますが、血統的には成長力もあると思うので、あまり無理はして欲しくないのが本音です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いよいよ戻ってきます☆シルクメビウス | トップページ | 焼魚定食のコロコロ予想 vol.103 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ