2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.111

(東京11R)根岸S(G3)

◎オーロマイスター、○ワイルドワンダー、▲サマーウインド、△セイクリムズン、×ワンダーポデリオ、×スーニ、×ミリオンディスク

前走の内容を見る限り、これくらいのベストのオーロマイスター。左回りに替わるのも好材料ですし、勢いを重視して。前走は忙しかったワイルドワンダー。乗り慣れた蛯名Jに戻りますし、府中替わりも○。8歳馬ですが力を信頼して。サマーウインドがどういうレースをするか注目。距離も鍵ですが、初の左回りが不安。ここをクリアするなら先々まで楽しみは増すのですが。グロリアスノアはやはり完調前という感じでやはり叩いてからかと。今回は評価を落として。セイクリムズンはこの距離は安定した取り口。前走からOPでも通用するし、混戦になれば面白そう。後はこの条件ベストのワンダーポデリオ。G1馬のスーニは、さすがにこの相手でこの斤量は酷かなと。スピードを生かすのにはこれくらいがベストだと思いますが…。それならミリオンディスクに妙味があるかな。

(京都11R)京都牝馬S(G3)

◎ヒカルアマランサス、○ザレマ、▲レインダンス、△ブラボーデイジー、×マイネレーツェル、×レジネッタ、×クラウンプリンセス

格下も前走の内容から、ここでも通用する力を秘めるヒカルアマランサス。マイルの方がレースはしやすそうですし、52キロはやはり恵量。ここは重賞制覇のチャンス。牝馬同士なら力が上のザレマ。馬場も不問で大崩れはなさそう。前走だけで復調とは言い難いも、この相手なら力は上のレインダンス。牝馬同士でひと押し利けば。◎○▲の3頭の争いも、人気薄の差し脚には警戒

2010年1月30日 (土)

桜に繋がる競馬を期待。馬体減なければ…☆レディアルバローザ

Photo

レディアルバローザ(牝・池江郎)父キングカメハメハ 母ワンフォーローズ

1月31日(日)京都6R・3歳500万下・混合・芝1400mにルメール騎手54kgで出走します。1月27日(水)良の栗東・ニューポリトラックコースで6ハロン86.8-70.1-54.6-39.2-11.5 9分所を馬なりに乗っています。短評は「馬体淋しく見え」でした。発走は12時50分です。


2010年 1月31日(日) 2回京都2日 6R 発走 12:50
サラ系3歳 3歳500万円以下 (混合)(特指) 芝1400m
本賞金: 700、 280、 180、 110、 70万円


  アーモンドケーキ  牝3 54kg 川原 正一  
  アーリーデイズ 牡3 56kg 岩田 康誠
  オメガブルーハワイ 牝3 54kg M.デムーロ
  クロワラモー    牝3 54kg 太宰 啓介  
  シシノテイオー   牡3 56kg 渡辺 薫彦  
  ジョーモカ     牡3 56kg 藤岡 康太  
  ブイコナン     牡3 56kg 池添 謙一  
  ボンジュールメロン 牝3 54kg 藤岡 佑介  
  ルクソールシチー  牡3 56kg 佐藤 哲三  
  レディアルバローザ 牝3 54kg C.ルメール

前走は道中フワフワしてモタついたが、ラストはいい脚。自己条件なら楽しみ(村本助手)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走は、差す競馬で結果を出したように学習能力が高いアルバローザ。今回は最内枠に入りましたが、ゲートは良い馬なので、ポンと出てある程度、流れに乗る競馬をしてくれるかと思います。前走で見せた若さを覗かせると、何か差されるかもしれませんが、良い内容のレースを期待しています。

昨日もポリトラックで最後脚を伸ばす調整と、陣営の意気込みは感じられますね。

焼魚定食のコロコロ予想 vol.99

(京都7R)◎ペプチドソロモン

デビュー戦が強い内容だった同馬。なかなかの能力の持ち主です。今回は乗り替わりと距離延長が鍵ですが、外枠に入ったのは好都合。ここを勝って、次はアーリントンCも視野に入っているようですし、負けられない1戦。

(京都8R)◎カイシュウボナンザ

ひと叩きしたダノンヨーヨーが断然人気になりそうですが、格上の前走でも差のない競馬をした同馬を見直し。京都コースも合うかと思います。

(京都9R)◎ミッキードリーム

人気だと思いますが、メンバーを見渡すとやはり同馬かと。1ハロン短縮も良いほうに向くかと思います。ここは負けられない1戦。相手には、こちらも距離短縮が良さそうなタムロスカイを主力視。

(京都11R)◎ディアプリンシパル

非常に難解な1戦。ここはちょっと穴目にディアプリンシパルを狙いたいです。積極策を試みた前走がコンマ3秒の6着。勝ち馬が平安S2着のダイシンオレンジですし、ここでも展開次第。攻めも強化されていますし、3キロ減でひと押しを大いに期待です。

焼魚定食のまんぷく予想 vol.110

(東京11R)東京新聞杯(G3)

◎トライアンフマーチ、○アブソリュート、▲スマイルジャック、△キャプテンベガ、×レッドスパーダ、×ライブコンサート、★グッドキララ

2ヵ月ぶりになりますが、キャピタルSが強い内容だったトライアンフマーチを信頼。マイルの距離なら、やはりG1級の底力を秘めると思います。ここでも強い内容を見せてくれると本物か。相手は昨年の覇者でこの条件ベストのアブソリュート。前走のマイルCSも悪い内容ではないですし、地力を警戒。スマイルジャックは、案外な内容が続きますが、この相手ならもう1度見直しは必要か。◎○▲の3頭が少しだけリードしているように思います。後は、この条件は堅実のキャプテンベガ。相手が揃って、人気の盲点になるかも。後藤Jの松田博厩舎への留学効果を期待。個人的にはニューイヤーS組は軽視しようかなと思いましたが、鞍上絶好調のレッドスパーダはさすがに押さえときます。穴は、終いに徹してグッドキララ。脚質転換が板についてきたし、デキは絶好調。四位Jが東京に乗りに行く意気込みにも期待。

2010年1月29日 (金)

何はともあれゲートを決めて☆ロードホーリー

Photo_3

ロードホーリー(牡・笹田)父シックスセンス 母アミティエ

1月30日(土)京都5R・3歳未勝利・混合・芝1800mにデムーロ騎手56kgで出走します。1月27日(水)良の栗東・ニューポリトラックコースで6ハロン83.5-65.6-51.4-38.5-11.9 9分所を馬なりに乗っています。併せ馬では一杯の相手の外を先行して同時入線。短評は「手応え十分」でした。発走は12時20分です。


2010年 1月30日(土) 2回京都1日 5R 発走 12:20
サラ系3歳 未勝利 (混合)[指定] 馬齢 1800m 芝・右
本賞金: 500、 200、 130、 75、 50万円


  エルキャンディー  牝3 54kg 武 英智   
  カネトシパサージュ 牡3 56kg 藤岡 佑介  
  シンコープリンス  牡3 56kg 幸 英明   
  ステージプレゼンス 牡3 56kg 安藤 勝己  
  スピリットワン   牡3 56kg 浜中 俊   
  テイエムブユウデン 牡3 56kg 和田 竜二  
  トップミノル    牡3 56kg 池添 謙一  
  ナイスミーチュー 牡3 56kg 川田 将雅     
  パントクラトール 牡3 56kg 角田 晃一  
  フェリシダージ  牝3 54kg 武 豊  
  マコトダイダロス  牡3 56kg 安部 幸夫  
  マリアダンス    牝3 54kg 渡辺 薫彦  
  マルカボルト    牡3 56kg 福永 祐一  
  メイショウウラヌス 牡3 56kg 武 幸四郎  
  メイショウナイル  牡3 56kg 高橋 亮   
  ロードホーリー   牡3 56kg M.デムーロ

気合が乗るようにコースで調整。ここ2走が物足りないけど、効果があれば(笹田師)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

何とか無事にゲートインに辿り着いたホーリー。京都の芝1800だけに有力馬が揃っています。久々になるも力のあるステージプレゼンス、京都コースは堅実のカネトシパサージュ、堅実駆けのマルカボルトが前に立ちはだかるかなと見ています。

ホーリー自身のデキはかなり良さそうです。デビュー戦で外から渋太く伸びて2着になった条件だけに力の入るところ。ただ、何といっても課題はゲートです。いつもゲートで膠着して、立ち遅れるので、うまくスタートを決めて欲しいところ。そして、流れに乗って、競馬を進めて欲しいです。デムーロJ騎乗で新味を見せてくれることを期待しています。

(追記)今回は馬に気合が乗るように、併せ馬で入念に乗り込まれています。この稽古の効果に期待したいです。何とか馬券圏内に来て欲しいところ。

様子見なお馬さん vol.3

(シルク馬)

201001

シルク8-56(牡・庄野)父ネオユニヴァース 母エーピーソワレ

福島県・佐藤牧場在厩。本場馬でダク2,400m、キャンター2,400mの調教。牧場長は「調教師から早い時期に入厩させたいと言われているので、4月には速い調教ができるよう、この時期からしっかり進めている」とコメント。

福島県・佐藤牧場在厩。成長力のある血統で「ネオらしいバネを感じる」と騎乗者も好感触。師も「この時期はこれで良い。非常に楽しみにしている」と笑顔。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

(ロード馬)

Photo_6

サッカーマムの08(牡・笹田)父シンボリクリスエス

○当地スタッフ 「元気一杯。時折ヤンチャな素振りを覗かせるものの、今の時期に大人し過ぎるよりは良いでしょう。体調面に関して何ら不安は覚えず、スケジュール通りに進んでいるのが何より。将来は半姉レディルージュを超える活躍を見せて欲しいですね」

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。乗り始めた当初に比べて現在の調教に慣れて来ました。馬体重が増えたのも嬉しい材料。だいぶ逞しさが出たと思います。このまま鍛錬を積み重ねれば土台はキッチリ作れるはず。相変わらず順調です」

○当地スタッフ 今までのサッカーマムの仔とは違って脚捌き等の硬さが現状では気に掛かりません。フットワークは軽快。背中の感触も上々です。楽しみな素質を秘めるのは確か。冬場は同様のパターンを繰り返して春のペースアップに備えたいと思います」 

続きを読む "様子見なお馬さん vol.3" »

2010年1月28日 (木)

今週は外国人騎手とのコンビで

今週末は、ホーリーとアルバローザが出走となりました。アルバローザは来週のエルフィンSも視野に入っていましたが、相手関係を見て、使ってきました。今回は内回りに変わるのがポイントかな。

Photo_2

ホーリーはデムーロ、アルバローザはルメールの外国人Jとのコンビです。デムーロJが愛馬に乗るのは初めてです。ホーリーはいつもゲートが悪いので、スタートを決めて欲しいです。ルメールJは、私の愛馬初勝利となったシルクフォーチュンの未勝利勝ち時以来かな。何とか2勝目を挙げて、トライアルに進んで欲しいところです。

2010年1月27日 (水)

ロードなお馬さん(3歳・入厩組)

Photo_2

ロードオブザリング(牡・笹田)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、2月6日(土)京都・3歳500万下・混合・芝2400mに池添騎手で予定しています。

○笹田調教師 「栗東トレセンへ無事に着きましたよ。脚元を含めて特に変わらぬ状態。1月27日(水)は厩舎周辺で軽い運動を行なっており、明日28日(木)より馬場へ向かわせる予定です。今後は中1週のローテーションで芝2400m戦へ。前走と同じ鞍上で臨めるでしょう」

Photo_3

レディアルバローザ(牝・池江郎)父キングカメハメハ 母ワンフォーローズ

1月31日(日)京都・3歳500万下・混合・芝1400mに予定しています。同レースはフルゲート16頭。現段階では優先順位2番目、同順位8頭です。体調、条件、出走状況等を踏まえて回避する可能性もあります。なお、騎手は未定です。1月27日(水)良の栗東・ニューポリトラックコースで6ハロン86.8-70.1-54.6-39.2-11.5 9分所を馬なりに乗っています。短評は「馬体淋しく見え」でした。

○池江調教師 「1月27日(水)はポリトラック馬場で乗りました。サッと流す程度ながら、及第点と言える動き。引き続き良いコンディションを保っていますよ。一応、今週も視野に。でも、次週のエルフィンS(OP)でも良いでしょう。諸々の条件を踏まえつつ判断を下す意向です」

≪調教時計≫
10.01.27 助手 栗東P良 86.8 70.1 54.6 39.2 11.5(9) 馬なり余力

1月24日(日)良の栗東・ニューポリトラックコースで4ハロン59.8-43.2-13.5 9分所を馬なりに乗っています。

≪調教時計≫
10.01.24 助手 栗東P良 59.8 43.2 13.5(9)馬なり余力

Photo_4

ロードホーリー(牡・笹田)父シックスセンス 母アミティエ

1月30日(土)京都・3歳未勝利・混合・芝1800mにデムーロ騎手56kgで予定しています。同レースはフルゲート16頭。現段階では4/3の抽選対象です。1月27日(水)良の栗東・ニューポリトラックコースで6ハロン83.5-65.6-51.4-38.5-11.9 9分所を馬なりに乗っています。併せ馬では一杯の相手の外を先行して同時入線。短評は「手応え十分」でした。

○笹田調教師 「1月27日(水)はポリトラックを馬なりで。及第点と言える動きでしたよ。相変わらず順調。予定通り今週のレースへ向かいましょう。過去3戦の内容からも能力は秘めるはず。馬群を上手く捌ければチャンスは十分だと思います。鞍上にも期待」

≪調教時計≫
10.01.27 助手 栗東P良 83.5 65.6 51.4 38.5 11.9(9)馬なり余力
マストハブ(3歳500万)一杯の外先行3F付同入

1月24日(日)良の栗東・坂路コースで1本目に59.3-43.9-29.4-14.9 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。

≪調教時計≫
10.01.24 助手 栗東坂良1回 59.3 43.9 29.4 14.9 馬なり余力 

続きを読む "ロードなお馬さん(3歳・入厩組)" »

シルクなお馬さん(4歳馬)

201001

シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール母シルクエスペランサ

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で17-17から終い15秒に伸ばす調教を付けられており、牧場長は「本来の動きに比べると、まだ物足りない感じですが、調教は前向きにこなしています。このまま続けていけばピリッとしてくると思います」と話しています。(1/25近況)

Photo

シルクナトゥール(牡・伊藤大)父ネオユニヴァース母エンジェルインザモーニング

栃木県・那須トレーニングファームで調整中です。角馬場でダク1,600m、ハッキング1,600mを乗った後、本馬場でキャンター3,000mと障害練習の調教をつけられています。牧場長は「だいぶ立ち直ってきたようですので、週1日は走路障害も取り入れています。飛越に関しては問題無いので、あとは体調だけですね。このまま徐々に進めていければと思います」と話しています。(1/25近況)

Photo

シルクメビウス(牡・領家)父ステイゴールド母チャンネルワン

北海道・坂東牧場で調整中です。ウォーキングマシン50分×2回、屋内ダートコースでダク1,200m、キャンター3,000mの調教をつけられています。牧場長は「まだペースは軽めですが、特に不安な点も見当たらず、順調に調教を進めています。トモにも張りが出てきました」と話しています。(1/25近況)

続きを読む "シルクなお馬さん(4歳馬)" »

2010年1月26日 (火)

ロードなお馬さん(2歳馬)

200912

ジャズキャットの08(牡・池江寿)父ディープインパクト

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはウッドチップ坂路コース・ダク1200m×1本→キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「まだ遊びながらの走り。現在のペースでは余裕を持ててしまうのかも知れません。しかし、いざピッチを上げたら変わるはず。前へ前へ・・・と言う意欲は十分に伝わって来ますからね。馬体重が示す通り外見的にも逞しさを増した印象です」

200912_2

レディブラッサムの08(牡・安田隆)父キングカメハメハ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはウッドチップ坂路コース・ダク1200m×1本→キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。馬場コンディション等に応じて坂路、ポリトラックを使い分け乗り込んでいます。時折チャカ付くとは言え、基本的には落ち着いた性格。前向きな姿勢は評価すべきポイントの1つに挙げられるでしょう」

200912_3

オーブリエチアの08(牡・浅見)父ジャングルポケット

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはウッドチップ坂路コース・ダク1200m×1本→キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「全体的に一回りスケールアップ。着実に増え続ける馬体重が示す通りですね。でも、今後もっと成長を遂げるはず。外見的なバランスも整っており、将来が楽しみな1頭だと思います。しばらくの間は同様のパターンを繰り返す方針」

200912_4

レディスターライトの08(牡・笹田)父エアエミネム

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはウッドチップ坂路コース・ダク1200m×1本→キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「緩やかなペースで乗り続けて今後へ向けて下地を作っている段階です。体調面に何ら不安は無し。飼い葉もキッチリ食べていますよ。馬体に関しては今ぐらいが理想的な数字。調教メニュー、摂取カロリー等を考えつつ管理を行ないたいと思います」

続きを読む "ロードなお馬さん(2歳馬)" »

シルクなお馬さん(3歳馬)

Photo_3

シルクタイムレス(牡・山内)父クロフネ 母ジュウニヒトエ

北海道・ヤマダステーブルで療養中です。先週よりパドック放牧を開始しており、牧場長は「患部に熱感はありませんし、来月からウォーキングマシンの運動を始められると思います」と話しています。(1/25近況)

201001

シルクルーパス(牡・河野)父ステイゴールド 母ピアルピナス

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで3,800mの調整です。本馬場中心に軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「まだ全体的に緩い感じですが、脚元も落ち着いていて、しっかり長めを乗れていますので、このまま続けていけば変わってくると思います」と話しています。(1/25近況)

Photo_4

シルクアーネスト(牡・池添)父グラスワンダー 母ティアドロップス

滋賀県・グリーンファーム甲南で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と本馬場でダク1,200m、キャンター1,600mと坂路1本の調教をつけられています。牧場長は「馬場で乗り込んでから、坂路をサッと登っています。変わりなく順調ですし、ペース的にも徐々に速い調教へ進めます」と話しています。(1/25近況)

Photo_9

シルクオールディー(牡・昆)父マンハッタンカフェ 母クインオブオールディー

北海道・フロンティアスタッドで調整中です。ウォーキングマシン60分、屋外坂路をじっくり歩かせてから、屋内トラックでダク1,200mとキャンター4,200mの調教をつけられています。牧場長は「引き続き毛艶も良好で、いつ声がかかっても良い状態にしてあります。この馬は休み明けからというよりは、レースを使いつつ良くなって行くタイプかもしれませんね」と話しています。(1/25近況)

Photo_6

シルクケーニッヒ(牡・本田)父ストラヴィンスキー 母ブリッツケーニギン

滋賀県・アカデミー育成場で調整中です。ウォーキングマシンの運動40分と本馬場中心にダク1,200m、キャンター3,000mの調教をつけられています。牧場長は「先週は念のため調教師に確認してもらいました。ツメが問題無ければ、歩様が硬いのはやむを得ないので、緩めずに進めて行くように指示を受けています。先週末には16秒程度までペースアップしていますので、これで大丈夫ならば、進めていきたいと思います」と話しています。(1/25近況)

続きを読む "シルクなお馬さん(3歳馬)" »

ロードなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo_2

ロードアビリティ(牡・北出)父レギュラーメンバー 母ナチュラルカラー

滋賀・宇多村牧場在厩。ウォーキングマシン40分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→ハッキング1200~1600m。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。フットワーク等に段々と躍動感が出ていますね。心身共にコンディションは確実に上向き。今のところ概ね順調と言えるでしょう。先日、状態チェックに訪れた北出調教師にも良い報告を伝えました」

5

ロードギャラクシー(牡・河野)父ネオユニヴァース 母ユニオンワラダー

茨城・ミッドウェイファーム在厩。ウォーキングマシン30分、角馬場でダク15分、ウッドチップコース・キャンター1700m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター800m×1本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「現在は坂路でキャンターを課すように。まだハロン20秒ぐらいのペースながら、着実なステップアップは評価に値するでしょう。急激に変わった印象は受けぬものの、力強さも段々と備わっているはず。しっかり乗り込むのが大切だと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

牧場で調整中のアビリティとギャラクシーですが、順調に乗り込めているようです。

特にレース中にトモを滑らせたアビリティの順調な回復ぶりは嬉しいですね。一度、宇治田原優駿STを経由してからの帰厩かもしれませんが、コツコツと下地を作って欲しいです。

ギャラクシーも、乗り込みペースが上がりました。気性面の成長は?ですが、パワーアップに努めて欲しいと思います。

レースを振り返って☆ロードオブザリング

Photo

ロードオブザリング(牡・笹田)父ホワイトマズル 母レディフィーチャー

1月24日(日)京都5R・3歳未勝利・混合・芝2200mに池添騎手56kgで出走。15頭立て5番人気で2枠4番から平均ペースの道中を2、3、3、3番手と進み、直線では中央を通って0秒2差で優勝。初勝利を飾りました。馬場は良。タイム2分15秒9、上がり34秒6。馬体重は10kg増加の498kgでした。

○池添騎手 「他馬の後方に付けたらキッチリ折り合い、道中はスムーズに運べたと言えるでしょう。ただ、直線で抜け出すとフラフラと。全体的に緩さが残る現状ですね。それだけに今後に変わる余地は十分。やはり長い距離が合うと思います。ひとまずは勝利を飾れて何より」

○黒田調教助手 「実戦に使うのは久しぶり。また、あまり切れる脚は使えぬタイプです。前々でレースを進めるのは予定通り。息遣い等を含めて次に繋がれば・・・と思いながら送り出しました。しかし、強い勝ちっぷり。本当に頑張ったと言えるでしょう。まだまだ成長途上です。もっとトモに力強さが備われば更に良化を遂げるはず」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

馬   名 性年 斤量 騎手 タイム 着差 後3F 厩 舎
1 2 4 ロードオブザリング 牡3 56.0 池添 2.15.9   34.6 笹田
2 8 15 ヤマニンエルブ 牡3 56.0 武幸 2.16.1 1 1/4 35.2 村山
3 4 8 ラフォルジュルネ 牝3 54.0 安藤勝 2.16.4 2 34.4 松田博
4 8 16 ハードダダンダン 牡3 56.0 武豊 2.16.5 クビ 34.7 西橋
5 1 2 ニシノオフェンス 牡3 56.0 岩田 2.17.1 3 1/2 35.1 浅見

【次走へのメモ】

好仕上がり。先行するスナークの直後でスムーズに追走。直線で早めに先頭に立ったヤマニンエルブを残り1ハロン地点で交わし、そのままゴール。(B誌)

スッと前につけて、道中は好位のインでロスのない立ち回り。直線は右からステッキが入ると外へ逃げて少し若さを見せたが、最後まで集中力を持続させて差し切る。久々で馬体に余裕があったことを考えれば上々の内容。昇級後も注目。(G誌)

G誌の未勝利診断 ★★★★

夏以来の実戦ながら好位追走から上がりの速い攻防にも対応。まだ成長の余地を感じさせつつも、はっきりと進境を示す。今後が楽しみ。

続きを読む "レースを振り返って☆ロードオブザリング" »

2010年1月25日 (月)

今年の初勝利☆ロードオブザリング1着

詳しくはまた、改めて記事にしたいと思いますが、夏以来5ヶ月ぶりのレースとなったロードオブザリングが未勝利を快勝してくれました。じっくり乗り込まれていたとは言え、笹田調教師のコメントも弱気でしたので、いきなりは厳しいかなという見立てでした。

しかしながら、いざレースとなると、好スタートから3番手を追走。少し行きたがるところもありましたが、折り合いよく追走できました。そして、直線は外めに持ち出して抜け出しを。右ムチに反応して、外へヨれるところもありましたが、余裕十分なレース運びだったように思います。何はともあれ、夏からの成長を感じとれたのは、嬉しいのひと言です。

2010年1月24日 (日)

焼魚定食のコロコロ予想 vol.98

(京都6R)◎ヴィクトリーマーチ

タキオン産駒らしく少し硬いところがあるようですが、稽古で抜群の動きを見せている同馬を。気性もピリッとしているようで、初戦向きだと思います。どういうレースをするか注目したいと思います。ちなみに同馬の下はディープインパクト産駒で池江郎厩舎に入る期待の牡馬です。同レースのもう1頭のブルーモーメント。こちらも丹念に乗り込みを消化。アンカツJも高く評価していたようですし、芝の実戦で更に良さを見せるかも。ここを勝った牝馬は桜花賞路線で台頭してくる筈です。

(京都7R)◎リープオブフェイス

前走は芝で突っ張って走っていたという同馬。血統的にもダート替わりは大歓迎の筈。ただ、ちょっと調整が手緩いのがどうかも。デビュー戦の内容が強いタガノディーバと2頭軸でちょっと手広く流したいと思います。

焼魚定食のまんぷく予想 vol.109

(中山11R)アメリカJCC(G2)

◎キャプテントゥーレ、○マイネルキッツ、▲デルフォイ、△ネヴァブション、×トウショウシロッコ、×アドマイヤコマンド

1ハロンが課題でしょうが、ルメールJでひと押しを期待してキャプテントゥーレを本命に。今年、G1を使っていく上で、重賞勝ちしたいところ。59キロが課題もこちらもG1馬のマイネルキッツ。有馬記念で5着に頑張ったように力は認めるところ。この相手なら底力を見せてくれるか。デルフォイはひと叩きしてのレース振りに注目。ここでも大崩れはないかなと思いますが、兄同様に詰めの甘さが心配も。同馬の先々を占い意味で試金石の1戦かなと思います。あとは、積極策もあるのかなと思う昨年の覇者ネヴァブション。叩き3走目で変わり身を期待したいところですが、7歳馬だけに…。トウショウシロッコは、前5走で2着4回と堅実性が増してきました。ただ、今回は相手が強化されて、1ハロン延長。弟をひっこめてこの馬にかけてきた陣営。結果はいかに。アドマイヤコマンドは脚部不安明けだけに厳しいと思いますが、レース振りに注目したいと思います。

(京都11R)平安S(G3)

◎ダイシンオレンジ、○ダイショウジェット、▲アドバンスウェイ、△ネイキッド、×ウォータクティクス、×ロールオブザダイス

非常に難解な1戦。ハナを切る馬によっても流れがガラッと変わるかなと。ウォータクティクスは、「2番手でも大丈夫」とコメントしていますが、行き切ってこそだと思います。私はアドバンスウェイが先手を奪うと見て、予想を見立てましたが…。阪神で1度崩れていますが、復帰後、力をつけてきているダイシンオレンジの勢いを買って。流れによって、ひと押しできれば。ダイショウジェットもこの相手なら地力上位。京都コースも好相性。速い流れで上がりがかかれば、突き抜けも十分。あと、印をつけた馬も要は展開次第で、優劣はホント難しいです。

2010年1月23日 (土)

じっくり乗り込んでいよいよ復帰☆ロードオブザリング

Photo_5

ロードオブザリング(牡・笹田)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

1月24日(日)京都5R・3歳未勝利・混合・芝2200mに池添騎手56kgで出走します。1月20日(水)良の栗東・ニューポリトラックコースで6ハロン80.7-65.0-51.5-37.8-11.6 8分所を一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手の内を追走して0秒6先着。短評は「ひと追い毎に良化」でした。

○笹田調教師 「1月20日(水)はレースで跨る池添騎手を背に時計を出しています。ジョッキーも感触を掴んだ様子。これで準備は整ったと言えるでしょう。帰厩から約2ヶ月。じっくり乗り込んで来ました。一瞬の切れ味だと分が悪いものの、良い脚を長く使えるタイプです。距離が延びるのはプラスに働くはず」

≪調教時計≫
10.01.20 池 添 栗東P良 80.7 65.0 51.5 37.8 11.6(8) 一杯
マストハブ(3歳500万)一杯の内追走0秒6先着

笹田師「成長を促す意味で放牧。思ったほど変わってこないが、仕上がりは悪くない」【競馬ブックより】

続きを読む "じっくり乗り込んでいよいよ復帰☆ロードオブザリング" »

シルクなお馬さん(2歳馬)

Photo

シルク8-1(牡・斎藤誠)父スペシャルウィーク 母ウイングオブラック

天栄HP在厩。本場馬でダク1,600m、キャンター2,400mと坂路1本の調教。ここまで至って順調。坂路にも入れて徐々に調教を進めている段階で、フォームもこれからしっかりしてくる。何より馬体の成長が理想的だ。470キロ。

201001

シルク8-16(牡・武藤)父ジャングルポケット 母プレギエーラ

北海道・ノーザンファーム空港牧場在厩。周回コースで、キャンター2,000mの調教。スタッフは、「乗り始めの頃は、多感な面が見られましたが、調教を進めるうちに、だいぶドッシリ構えるようになってきました」とコメント。

Photo_2

シルク8-41(牡・領家)父ステイゴールド 母ビービープレジャー

北海道・坂東牧場在厩。ウォーキングマシン60分の調整。スタッフは「もう15-15までやりました。馬体も徐々にどっしりして良くなって来ましたが、熱発の影響もあり、年内は無理せず軽めの運動にしています」とコメント。

Photo_3

シルク8-8(牝・野中)父シンボリクリスエス 母ウェディングシルク

天栄HP在厩。本場馬でダク1,600m、キャンター2,400mと坂路1本の調教。年末には坂路で20秒の調整を始めている。血統的にも、これから大きく成長してくる馬だけに、ここまでの調整過程は先々に期待を持たせる内容だ。416キロ。

Photo_4

シルク8-10(牝・岡田)父ゼンノロブロイ 母サンシャインステラ

天栄HP在厩。本場馬でダク1,600m、キャンター1,600mと坂路1本の調教。馬体はこれからの印象を受けるが、調教はここまで問題なく進めている。年明けからは、坂路で20秒程度のところも入れていく予定。432キロ。

続きを読む "シルクなお馬さん(2歳馬)" »

焼魚定食のコロコロ予想 vol.97

(京都9R)◎ロードニュースター

昇級戦となりますが、素材的にはもっと上で通用する同馬。なかなか曲者が揃った1戦ですが、京都は3戦3勝と好相性なだけに大崩れはないかと。サバース、アルーリングムーン、メジロラフィキが相手に面白そう。手堅く4頭のボックスも少々。

(京都10R)◎ヒルノダムール

ルーラーシップとゴールスキーという厩舎の期待馬が出てきますが、ここはキャリアを重視してヒルノダムール。前走はスムーズさを欠きましたが、ゴール前は目立つ伸びで差を詰めてきました。外のヴィクトワールピサを先に行かせず、突けるスペースがあれば、もっと面白かったかと思います。ここはゲートも入念に取組み、上がり重点ながら追い切りの動きも抜群。陣営の意気込みが感じられます。負けられない1戦かと。このヒルノダムールをキャリア1戦で負かすならルーラーシップ、ゴールスキーはクラシックで主役を張る馬になると思います。春に向けて注目の1戦です。

(京都11R)◎ナムラタイタン

準オープンの壁はあるかもしれませんが、底知れない強さを誇る同馬の素質に期待。外めの枠に入ったのも好都合です。ここでも今までのような能力の高さを見せつける競馬をしてくれれば、OPや重賞での活躍も約束されたものだと。

(京都12R)◎ピースキーパー

芝では決め手不足なところが目立ちましたが、ダートならまだまだ上を目指せる同馬。併せる形になると良い根性を発揮してくれますし、昇級戦でも競り合いになれば。前走、少し太かったですし、状態面の上詰めも見込めます。相手には、ナニワトモアレ、ウインペンタゴン、エナージバイオを。

2010年1月21日 (木)

徐々に回復モード☆シルクメビウス

Photo_4

シルクメビウス(牡・領家)父ステイゴールド 母チャンネルワン

北海道・坂東牧場で調整中です。ウォーキングマシン60分、屋内ダートコースでダク2,000m、キャンター3,000mの調教をつけられています。牧場長は「フェブラリーSという大目標に何とか間に合わせたかったのですが、前走の疲れがなかなか取れなくで、思ったより時間が掛かってしまいました。でもここに来て、だいぶこの馬本来の姿に戻りつつある様です。馬体重に大きな変動はないのですが、飼い葉の内容を工夫しながら、もう少し体をふっくらさせたいと思います」と話しています。(1/18近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

フェブラリーSを回避したメビウスですが、乗り込みながら徐々に本来の姿を取り戻してきているようです。故障での回避ではないだけに、そう心配はしていませんが…。坂東牧場で稽古をつけている人は、2歳時からずっと乗っていたそうですし、メビウスについて良く分かっているかと思います。メビウスの状態に合わせて、ゆっくりと調整して欲しいですね。

ロードなお馬さん(アルバローザ&ホーリー)

Photo_2

レディアルバローザ(牝・池江郎)父キングカメハメハ 母ワンフォーローズ

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○池江調教師 「無事に栗東トレセンへ。脚元を含めて特に問題は見当たらず、1月20日(水)も軽い運動を行ないました。今後も厩舎に置き続ける予定。しかし、もう少し馬体にボリュームが備わって欲しい印象です。まだ目標に関してはハッキリ決めていません」

Photo_3

ロードホーリー(牡・笹田)父シックスセンス 母アミティエ

1月19日(火)良の栗東・坂路コースで1本目に61.6-45.2-29.9-14.8 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、1月20日(水)良の栗東・ニューポリトラックコースで6ハロン83.2-65.4-51.1-37.8-12.6 9分所を一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手の外を先行して0秒5遅れ。短評は「先行遅れで今一息」でした。1月30日(土)京都・3歳未勝利・混合・芝1800mにデムーロ騎手で予定しています。

○笹田調教師 「先週末は時計を出しませんでした。1月20日(水)も軽く気合いを付けた程度。もう殆んど態勢は整っていますからね。デキ落ちも無し。あとは直前の一追いでキッチリ仕上がるでしょう。今週より中京が始まって3場開催に。恐らく次週は出走が叶うでしょう」

≪調教時計≫
10.01.19 助手 栗東坂良1回  61.6 45.2 29.9 14.8  馬なり余力 
10.01.20 助手 栗東P良 83.2 65.4 51.1 37.8 12.6(9)  一杯に追う
シエラネヴァダ(3歳新馬)一杯の外先行0秒5遅れ

続きを読む "ロードなお馬さん(アルバローザ&ホーリー)" »

シルクなお馬さん(フォーチュン&ナトゥール)

201001

シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で17-17の調教を付けられており、牧場長は「まだ速いところをやる前段階なので、多少ズブい感じはありますが、だいぶしっかり乗れるようになってきました。脚元も変わりなくきていますし、今週はペースを上げることも考えています」と話しています。(1/18近況)

Photo

シルクナトゥール(牡・伊藤大)父ネオユニヴァース 母エンジェルインザモーニング

栃木県・那須トレーニングファームで調整中です。角馬場でダク1,600m、ハッキング1,600mを乗った後、本馬場でキャンター3,000mの調教をつけられています。牧場長は「馬場でキャンター中心のメニューを続けています。状態は悪くないので、あとは腰がシャキっとしてくれば良いのですが」と話しています。(1/18近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

フォーチュンは、そろそろ15-15のところも乗り出せるところまで段階を踏んできているようです。もう少しコンスタントに乗り込んだら、栗東へ移動という話も出てくるかと思います。

ナトゥールは、相変わらずの調整。様子見をしても、腰、トモがシャキっとしてくることはないと思うのですが…。そろそろ障害馬として動きが欲しいところです。

2010年1月20日 (水)

ロードなお馬さん(2歳馬)

200912

ジャズキャットの08(牡・池江寿)父ディープインパクト

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはウッドチップ坂路コース・ダク1200m×1本→キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。1月10日(日)測定の馬体重は464kg。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。脚元を含めて何ら問題は生じておらず、引き続き基礎体力を養って行こうと思います。やはり非凡な素質を秘めていそう。池江調教師も大きな期待を寄せて下さっており、良い形でバトンを渡せるよう努めたいですね」

200912_2

レディブラッサムの08(牡・安田隆)父キングカメハメハ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはウッドチップ坂路コース・ダク1200m×1本→キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。1月10日(日)測定の馬体重は478kg。

○当地スタッフ 「元気一杯です。飼い葉の食いも旺盛。脚元を含めて今のところ気に掛かる部分は見当たりませんね。しばらくの間は同様のパターンを繰り返して体力レベルの底上げを図る方針。まだまだ成長が見込める時期だけに負担を掛け過ぎぬよう気を付けたいと思います」

200912_3

オーブリエチアの08(牡・浅見)父ジャングルポケット

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはウッドチップ坂路コース・ダク1200m×1本→キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。1月10日(日)測定の馬体重は471kg。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。なかなか良い行きっぷりを見せています。気性面で幾らか難しい印象を受けるジャングルポケット産駒。しかし、それがレースでの爆発力に繋がっているとも言えるでしょう。上手く育てたいですね」

200912_4

レディスターライトの08(牡・笹田)父エアエミネム

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはウッドチップ坂路コース・ダク1200m×1本→キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。1月10日(日)測定の馬体重は510kg。

○当地スタッフ 「相変わらず元気一杯。この調子で体力レベルの向上に努める方針です。先日、同じ父を持つロードニュースターが3勝目を挙げました。外見、性格と言った部分で本馬も非常に似た面を持っています。跨った感触も然り。心強い材料でしょう」

続きを読む "ロードなお馬さん(2歳馬)" »

2010年1月19日 (火)

シルクなお馬さん(2歳馬)

今週中には、1月号の会報が届きます。地方馬の募集も載っているかと思いますが、今のところは地方馬に出資する予定はないですね。今年は地方馬全体の出資もガクッと落ち込むのかな、やはり。

会報のギャラリーが既に更新されていました。表紙はさすがにメビウスのようです。出資している2歳馬では、シルク8-16のみでした。ちょっと残念です。

201001_3

シルク8-16(牡・武藤)父ジャングルポケット 母プレギエーラ

出資していない馬では、シルク8-7はグングン良くなってきているように見えました。今の時期にすれば、毛ヅヤの良さも目立ちます。ただ、料金が高いのと前肢の姿勢がちょっと気になるので、リスクを考えると、見送りの公算が高いかな、やはり。今のところは、やはりシルク8-35が追加候補の1番手かな。コツコツ頑張ってくれそうな馬を見つけたいと思います。

201001_4

シルク8-7(牡・鮫島)父ブライアンズタイム 母シルキーグランス

201001_5

シルク8-35(牡・須貝尚)父アグネスデジタル 母エポレット

シルクなお馬さん(3歳馬)

Photo_8

シルクアーネスト(牡・池添)父グラスワンダー 母ティアドロップス

滋賀県・グリーンファーム甲南で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と本馬場でダク1,200m、キャンター1,600mと坂路1本の調教をつけられています。牧場長は「予定通り坂路も併用してピッチを上げています。状態も良くなっていますし、このまま進めていきたいと思います」と話しています。(1/18近況)

Photo_9

シルクオールディー(牡・昆)父マンハッタンカフェ 母クインオブオールディー

北海道・フロンティアスタッドで調整中です。ウォーキングマシン60分、屋外坂路をじっくり歩かせてから、屋内トラックでダク1,200mとキャンター3,600mの調教をつけられています。牧場長は「小回りのトラックなので、時計は出せませんが、その分距離を乗りながら息を整えています。栗東までの輸送を考慮して、当然お釣りのある状態にしてあります」と話しています。(1/18近況)

201001_2

シルクルーパス(牡・河野)父ステイゴールド 母ピアルピナス

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,800mの調整です。本馬場中心に軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「乗り出した後も脚元は問題無いので、先週から長めを乗る意味で、本馬場中心の調教に切り替えています。ひと息入れて多少馬体が緩んでいますし、もう暫くじっくりやっていきます」と話しています。(1/18近況)

Photo_10

シルクケーニッヒ(牡・本田)父ストラヴィンスキー 母ブリッツケーニギン

滋賀県・アカデミー育成場で調整中です。ウォーキングマシンの運動40分と本馬場中心にダク1,200m、キャンター3,000mの調教をつけられています。牧場長は「先週は少し前の出が硬かったので、注意して見ていました。装蹄師にも念のためツメを見て貰いましたが、特に問題は無かったようです。まだ速いところをやる一つ前の段階ですので、調教のレベルは変えませんが、もう少し様子を見ながら進めていきます」と話しています。(1/18近況)

3_2

シルクタイムレス(牡・山内)父クロフネ 母ジュウニヒトエ

北海道・ヤマダステーブルで休養中です。左前脚屈腱炎のため、引き続き馬房で休養させています。牧場長は「洗い場で手入れをしていても、裏スジのかさぶたが、ポロポロと剥がれてきました。ブリスター治療は一応これで終了です」と話しています。(1/18近況)

続きを読む "シルクなお馬さん(3歳馬)" »

ロードなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo_2

ロードアビリティ(牡・北出)父レギュラーメンバー 母ナチュラルカラー

滋賀・宇多村牧場在厩。ウォーキングマシン40分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→ハッキング1200~1600m。

○当地スタッフ 「ここに来て馬場でのトレーニング再開に至りました。その後もスムーズな身のこなし。狭いコースだけに速いペースでは行けませんが、次のステップへ進めたのが何よりだと思います。ある程度のレベルに達した段階で別の施設へ移るのでは・・・」

5_2

ロードギャラクシー(牡・河野)父ネオユニヴァース 母ユニオンワラダー

茨城・ミッドウェイファーム在厩。ウォーキングマシン30分、角馬場でダク15分、ウッドチップコース・ダク2000m→キャンター2000m(1ハロン22~25秒ペース)。

○当地スタッフ 「ちょっと気性的に煩い面を覗かせる時も。特に目立つと言う訳でも無く、元気な証拠と思えるレベルですけどね。ウチへ来て1ヶ月が経過。ここ最近は飼い葉も食べており、体調に関しては良いと思います。トモの強化を図るべく今後も鍛錬を積み重ねましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

休養中の2頭の近況です。アビリティは、ウォーキングマシンのみの調整から、馬場での軽い乗り込みも開始しました。順調な回復ぶりでひと安心です。このままじっくりと体力をつけていって欲しいと思います。

ギャラクシーも、体調に関しては大丈夫なようです。あとは、しっかり乗り込んで、お声が掛かるのを待ちましょうか。気性面も変わってきて欲しいところです。

紅梅Sを振り返って☆4着レディアルバローザ

Photo

レディアルバローザ(牝・池江郎)父キングカメハメハ 母ワンフォーローズ

1月17日(日)京都9R・紅梅S(OP)・混合・牝馬限定・芝1400mに熊沢騎手54kgで出走。12頭立て9番人気で8枠13番から平均ペースの道中を8、9、9番手と進み、直線では外を通って0秒2差の4着でした。馬場は良。タイム1分22秒7、上がり34秒2。馬体重は増減無しの466kgでした。

○熊沢騎手 「大外枠からの発走。道中のポジション等はゲートを出た雰囲気で・・・と先生より事前に話を頂きました。そして、今回は控える形に。行く気を起こせば前々に付けられたと思うものの、後方で我慢を教えれば今後に必ずや役立つでしょう。全体の流れが落ち着いたのが誤算。とは言え、最後は頑張って差を詰めて来ています。もう少し積極的に進めたら更に際どい結果だったかも知れません。直線でフラ付いたように若さが残るのは確か。でも、実戦を重ねる毎に着実に良化を遂げている印象です」

○池江調教師 「ちょっと枠順が響いた感じ。終いは良い脚で追い込んだとは言え、ずっと外目を回らされました。惜しいレースでしたね。しかし、今までと違って差す競馬を見せられたのは収穫。今後の見通しが十分に立つ内容だったと思います。馬自身の具合、番組等を踏まえた上で次走のプランを決める意向です。1400mの距離は幾らか忙しそう。マイル戦の方がスムーズに運べるのでは・・・」

馬   名 性年 斤量 騎手 タイム 着差 後3F 厩 舎
1 4 4 ワイルドラズベリー 牝3 54.0 浜中 1.22.5   34.6 中尾秀
2 5 7 アイアムルビー 牝3 54.0 1.22.7 1 1/4 35.0 長浜
3 6 8 ジュエルオブナイル 牝3 55.0 蛯名 1.22.7 クビ 35.3 荒川
4 8 13 レディアルバローザ 牝3 54.0 熊沢 1.22.7 ハナ 34.2 池江郎
5 3 3 メイショウスズラン 牝3 54.0 池添 1.22.8 1/2 34.5 池添

続きを読む "紅梅Sを振り返って☆4着レディアルバローザ" »

2010年1月18日 (月)

レディアルバローザ 速報

紅梅Sに出走したレディアルバローザですが、最後差し込んできて、4着に頑張ってくれました。競馬新聞の短評には「同型強力」という文字が出ていましたが、やはり今回は控える競馬を試みました。相変わらずゲートは良かったので、無理せず先手を取れそうではありましたが。道中はフワフワした面を覗かせ、フラつく場面がありましたが、最後グイグイと伸びてくれました。稽古で末を伸ばすようにしっかり調整されていたのもあるでしょうが、実戦で結果を残すのですから、センスの良さはさすが良血なんでしょうね。結果的にはあと1ハロンあればなあという内容でしたが、次に繋がる競馬を見せてくれたのは何よりです。ちょっと楽しみになってきました。

2010年1月17日 (日)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.108

(中山11R)京成杯(G3)

◎エイシンフラッシュ、○アドマイヤテンクウ、▲レッドスパークル、△ログ、×フラガラッハ

ここはさすがに上位3頭の争いかと思います。中山向きの自在性を考えると、やはりエイシンフラッシュが少しリードかと。今週の稽古も、軽い鮫島Jが乗ってのものではありますが、CWでラスト11秒6は立派。脚力のあるところを見せつけてくれました。折り合いさえつけば、不様な競馬はしないと思います。勝ち切るまでの迫力を感じませんでしたが、前走でもしっかり1歩1歩詰め寄ったアドマイヤテンクウ。もう少し前向きさが出てくればと思いますが、追い上げは確実ですし、展開で助けがあれば。レッドスパークルは、前走の東スポ杯2歳Sでローズキングダムとトーセンファントムにつづく3着。力のあるところを見せてくれました。それまでは2000メートルで良いレースを見せてくれていたので、今回の方がより動けるかと。藤田Jとも手が合いそうです。未勝利戦で敗れたエイシンフラッシュへの雪辱の場面も。あとは、渋太い走りが身上のログ。アドマイヤテンクウと差のないレースをしていますし、前走の時計も優秀なので、侮れない1頭かと。フラガラッハは厩舎期待の1頭ですが、この距離がどうでしょうか?

(京都11R)日経新春杯(G2)

◎トップカミング、○ベストメンバー、▲メイショウベルーガ、△サンライズマックス、×ゴールデンメイン

ここ数走の充実ぶりを信頼してトップカミングを本命に。前走、シャドーロールを着用しましたが、その効果か抜け出してからも、遊ぶことなくしっかり伸びてくれました。今までは、ちょっと勝ちみに遅いところがあり、京都コースでの成績は今イチですが、今なら大丈夫かと思います。早めに抜け出しての押し切りを期待。ただ、目標にされてしまい、キレ負けの場面も一考。骨折明けとなりますが、実績十分のベストメンバー。休養を挟んで、線の細さが解消されて、馬自体は本物になってきているようです。速い時計も出ていますし、この動きなら力の違いを見せ付ける場面も。ほぼ一騎打ちかな…。あとは、展開面での助けがあれば、侮れない末脚の持ち主のメイショウベルーガ、サンライズマックス。

焼魚定食のコロコロ予想 vol.96

昨日は、京都の全レースを挙げてみましたが、今日は少し絞って狙い馬を。

(京都5R)◎インペリアルマーチ

コードゼットに期待したいところですが、稽古の動きがやはり地味。芝の実戦でガラッと変わる可能性がありそうですが、デビュー戦からはどうでしょうか。ここは素直に、音無厩舎の期待馬を。少し、太め残りのようですが、動きの良さはさすがと思わせるもの。芝でさらにキレが活きるように思います。どういうレースをしてくれるか注目の1戦。

(中山7R)◎ナムラロアー

素材は確かなトーセンアレスは、ドン産駒として上のクラスで頑張って欲しい1頭ですが、昇級戦で力のいる中山の馬場はいささか疑問符がつきます。ここは少し捻って、芝の新馬戦を快勝した同馬を。新馬戦後、疲れが出てしまったようで、重めが残らなければ良いのですが、稽古の動きは上々。母系からダート替わりも悪くないはず。

(京都10R)◎アドマイヤスワット

大型馬の久々になりますが、丹念に乗り込まれた同馬の力を信頼。有力馬に先行馬が多く、流れも向きそうだし、レースもしやすい筈。上のクラスでも印を集める素材なので、休み明けの緒戦が妙味。

(京都12R)◎ワールドワイド

力のある馬が揃っていますが、前走、包まれて脚を余してしまった同馬を見直し。稽古は自己ベストをマークするほどだし、デキの良さは明らか。普通に回ってくれば、まず勝ち負けかと思います。相手本線にはケイアイプラウドを。

紅梅Sに出走決定。格上挑戦でどこまで…。☆レディアルバローザ

Photo_2

レディアルバローザ(牝・池江郎)父キングカメハメハ 母ワンフォーローズ

1月17日(日)京都9R・紅梅S(OP)・混合・牝馬限定・芝1400mに熊沢騎手54kgで出走します。


2010年 1月17日(日) 1回京都6日 9R 紅梅ステークス
サラ系3歳 オープン (混合)牝(特指) 別定 1400m 芝・右 外
本賞金: 1900、 760、 480、 290、 190万円  発走 14:35


  アイアムルビー  牝3 54kg 幸 英明   
  エトピリカ    牝3 54kg 武 幸四郎  
  ジュエルオブナイル 牝3 55kg 蛯名 正義  
  ステラリード  牝3 55kg 岩田 康誠  
  トーホウシンバル  牝3 54kg 和田 竜二  
  フライトオブスワン 牝3 54kg 武 豊    
  マシュケナーダ 牝3 54kg 四位 洋文 
  マストバイアイテム 牝3 54kg 川島 信二  
  メイショウスズラン 牝3 54kg 池添 謙一  
  メイショウデイム 牝3 54kg 藤岡 佑介
    メイショウヘミング 牝3 54kg 佐藤 哲三  
  レディアルバローザ 牝3 54kg 熊沢 重文  
  ワイルドラズベリー 牝3 54kg 浜中 俊

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1月14日(木)良の栗東・ニューポリトラックコースで6ハロン80.8-63.6-48.8-35.9-11.6 8分所を強目に追っています。併せ馬では一杯の相手の内を通って0秒6先着。短評は「順調に乗り込む」でした。発走は14時35分です。

○池江調教師 「1月14日(木)はポリトラックへ。ラストだけ気合いを付ける内容です。終いの伸びは十分。とても良い動きでしたよ。今回も頑張ってくれるでしょう」

≪調教時計≫
10.01.14 助手 栗東P良 80.8 63.6 48.8 35.9 11.6(8) 強目に追う
クヴァルダ(古馬500万)一杯の内0秒6先着

レース後のダメージが小さかったし、馬体減りもなく、好調キープ。確実に力をつけているから、ここでもそう差は感じない。【村本助手】

続きを読む "紅梅Sに出走決定。格上挑戦でどこまで…。☆レディアルバローザ" »

2010年1月16日 (土)

様子見なお馬さん vol.2

(ロード馬)

200912_5

レーシングハートの08(牡・梅田智)父スズカマンボ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはウッドチップ坂路コース・ダク1200m×1本→キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「時折ヤンチャな面を覗かせるのは現在の調教メニューが本馬にとって楽だから。パワーが有り余っているのでしょう。父スズカマンボは長距離レースで活躍を演じました。ただ、本馬は幾らか胴が詰まり気味。将来どんな適性を示すのか、興味深い1頭だと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはウッドチップ坂路コース・ダク1200m×1本→キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。当面は同様のパターンを繰り返して下地作りに励もうと思います。どちらかと言うと芝で持ち味が生きそうなタイプ。ただ、もう少し速いペースで行かないと細かな部分に関して判断を下すのは難しいですね」

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

(シルク馬)

200912_6

シルク8-37(牡・藤沢則)父アドマイヤドン 母アフリカンスカイ

体高 156 胸囲 178 管囲 20.0 馬体重 433

天栄ホースパーク在厩。筋肉の付き方が理想的で「柔軟性とパワーを兼備した馬」と牧場の評価は高い。首が沈むようになると走りのフォームも安定してくる。

続きを読む "様子見なお馬さん vol.2" »

2010年1月15日 (金)

焼魚定食のコロコロ予想 vol.95

(京都1R)◎オウケンドラゴン

まだまだ若さが残るようですが、小崎厩舎の期待馬。砂を被って、前に進まない可能性もありますが、力的に一変しても不思議なし。

(京都2R)◎カレンチャン

ここは人気でしょうが、外枠で3キロ減とあれば、悪くても連は外さないかと。

(京都3R)◎オースミイレブン

「芝で楽しみ」と期待されていた同馬ですが、緒戦は血統通り、ダート戦を使ってきました。ヒラボクソング、スピルオーバー、ワイルドウルフなど力のありそうな馬が揃っていますが、父譲りの推進力のある走りで押し切りを期待。

(京都4R)◎ペガサスヒルズ

少し間隔が空いているだけに重めが残っていれば心配ですが、ダートの1200なら巻き返して必至。京都コースもプラスの筈。

(京都5R)◎セイルラージ

セイクリッドセブン、カネトシパサージュと三つ巴の印象も、稽古は動いているので、前走、降着の鬱憤を晴らしてくれるかと。藤田J騎乗で確実に勝ち上がりたいところ。

(京都6R)◎エリモマドンナ

芝のマイル戦ということで、桜花賞を目指して各厩舎の期待馬が顔をそろえました。あまりビシビシとやられていませんが、今週は牡馬の期待馬ザタイキに喰らい付く動き。やはり秘めたる力は相当かと。良くなるのはもう少し先かも知れませんが、素質に期待。

(京都7R)◎オーシャンカレント

転入緒戦となりますが、このクラスならいきなり通用しないかな。陣営は慎重も、稽古は悪くない動き。緒戦が妙味だと思いますが、果たして。

(京都8R)◎トーワベガ

距離短縮と京都へのコース替わりで、前走の逆転は十分かと。伏兵多いも、きっちり差し切りたいところ。

(京都9R)◎スカイリューホー

案外、低調なメンバー構成。印がついている馬もムラのあるタイプが多いだけに、波乱模様の1戦です。面白そうなのが、叩き3走目で直線平坦の京都へ替わるのが良さそうな同馬。前走は、4角で外へ振られたのも響きました。乗り慣れた浜中Jに戻るのもプラスかと。

(京都10R)◎スピリタス

3戦連続2着中の同馬。一つ歯車が噛み合っていれば、昨年のうちにOPを勝っていても不思議ない力の持ち主だと思います。今年の飛躍の為にも、ここはスッキリ勝ち上がりたいところ。安藤勝Jに戻るのも心強い材料。

(京都11R)◎オーロマイスター

初の京都では崩れましたが、即次走で2着と巻き返したように力は十分です。この距離は未経験ですが、これは却って良いほうに向くかと思います。時計が早くなった時がどうかですが、前に有力馬を見据え、レースはしやすいと思います。

(京都12R)◎ゴッドエンブレム

使い詰めができない弱さがありますが、叩いて一変して不思議ない力の持ち主。もう1頭の有力馬ドリームライナーを見ながら、競馬もしやすいかと。力的にはアドマイヤシャトルも侮れないですが、以前よりも口向きの悪さが出てきたのも心配。

ロードなお馬さん(2歳馬)

200912

ジャズキャットの08(牡・池江寿)父ディープインパクト

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはウッドチップ坂路コース・ダク1200m×1本→キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「相変わらず元気一杯。飼い葉もキッチリ食べるなど体調面の不安は特に窺えません。この調子でコツコツ乗り込めればOK。高い注目を集めるディープインパクトの初年度産駒です。今後どのような成長を遂げるか今から本当に楽しみ」

200912_2

レディブラッサムの08(牡・安田隆)父キングカメハメハ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはウッドチップ坂路コース・ダク1200m×1本→キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「柔軟性に富んだ身のこなし。今の時期としては力強さも十分です。今後クリアすべき関門が幾つも待ち受けるのは確か。しかし、このまま順調に進めば早期始動が視野に入って来るでしょう。半兄ロードバリオス同様にスピードを生かした活躍が望めそう」

200912_3

オーブリエチアの08(牡・浅見)父ジャングルポケット

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはウッドチップ坂路コース・ダク1200m×1本→キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「飼い葉の食いを含めて特に問題は無し。現在のリズムを崩さぬよう心掛けたいと思います。今のうちに基礎を固めるのが大事。ペースを上げた際に必ずや生きて来るでしょう。引き続きポリトラック、坂路の両コースで鍛錬を積み重ねる予定」

200912_4

レディスターライトの08(牡・笹田)父エアエミネム

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはウッドチップ坂路コース・ダク1200m×1本→キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「バランスの良い体型ですね。もちろん中身の充実を図るためには更なる乗り込みが必要でしょう。でも、外見的には殆んどデキているのでは・・・と感じるぐらい。本格的にピッチを上げた後もスムーズに進めば早期デビューが視野に入ると思います」

続きを読む "ロードなお馬さん(2歳馬)" »

ロードなお馬さん(ホーリー&アビリティ&ギャラクシー)

Photo_2

ロードホーリー(牡・笹田)父シックスセンス 母アミティエ

体調、条件、出走状況等を踏まえた上で今週の出走を回避しました。1月14日(木)良の栗東・ニューポリトラックコースで6ハロン83.7-64.9-50.4-37.4-11.5 9分所を強目に乗っています。併せ馬では強目の相手の外を先行して0秒1遅れ。短評は「遅れも余裕残し」でした。目標を切り替えて1月30日(土)京都・3歳未勝利・混合・芝1800mにデムーロ騎手で予定しています。

○笹田調教師 「やはりゲートインは難しい感じ。2回京都1週目に目標を切り替えましょう。ポリトラック馬場へ入れた1月14日(木)は多少セーブ気味に。終い重点で行きました。どうやらデムーロ騎手が再び来る見込み。早速、依頼を掛けています」

≪調教時計≫
10.01.14 助手 栗東P良 83.7 64.9 50.4 37.4 11.5(9) 強目余力
シエラネヴァダ(3歳新馬)強目の外先行0秒1遅れ

Photo_5

ロードアビリティ(牡・北出)父レギュラーメンバー 母ナチュラルカラー

滋賀・宇多村牧場在厩。ウォーキングマシン40分。

○当地スタッフ 「1月9日(土)に再び獣医師のチェックを受けました。復調の兆し。トモ等に多少の緩みが生じているものの、近日中に乗り運動を始めるでしょう。とは言え、ここで焦りは禁物です。今後も慎重なスタンスで取り組もうと思います」

Photo_6

ロードギャラクシー(牡・河野)父ネオユニヴァース 母ユニオンワラダー

茨城・ミッドウェイファーム在厩。ウォーキングマシン30分、角馬場でダク15分、ウッドチップコース・ダク2000m→キャンター2000m(1ハロン22~25秒ペース)。

○当地スタッフ 「稽古レベルを徐々に高めている状況です。もう少しの間は丹念に乗り込む方針。地力アップを叶えるにはトレーニングの反復が不可欠でしょう。もう皮膚炎は大丈夫。身のこなし等にも違和感は覚えません。この調子で取り組もうと思います」

続きを読む "ロードなお馬さん(ホーリー&アビリティ&ギャラクシー)" »

順調に調整中も復帰戦の鞍上変更★ロードオブザリング

Photo

ロードオブザリング(牡・笹田)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

1月14日(木)良の栗東・ニューポリトラックコースで6ハロン82.0-64.8-50.1-37.1-11.8 7分所を一杯に追っています。併せ馬では強目の相手の内を追走して0秒4遅れ。短評は「末の粘りひと息」でした。1月24日(日)京都・3歳未勝利・混合・芝2200mに池添騎手で予定しています。

○笹田調教師 「1月14日(木)はポリトラック馬場でロードホーリー等と。終い重点で追い切りました。まだ馬体の迫力が物足りぬ印象です。でも、稽古では段々と動けるように。この調子で更に仕上げを進めて次週の京都に組まれた芝2200m戦へ向かいましょう」

≪調教時計≫
10.01.14 助手 栗東P良 82.0 64.8 50.1 37.1 11.8(7) 一杯に追う
シエラネヴァダ(3歳新馬)強目の内追走0秒4遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

復帰戦の態勢が整いつつあるオブザリング。しかし、サラッと鞍上が変更となっていました。ポリトラックの動きがそのまま実戦へは評価しづらいところがありますが、ちょっと終いが頼りない印象。まだまだ緩さが残るということかなと思います。叩きつつ動けるようになってくれればと思います。良いように言えば、暖かくなってくれば変わってくるのかな。池添Jもよく乗れているので悲観せずに楽しみにしたいと思います。

シルクなお馬さん(フォーチュン&ナトゥール)

Photo_9

シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で17-17の調教を付けられており、牧場長は「調教ではまずまずの動きを見せていますし、状態も良くなっています。ただ、速いところへ進めるには、ここでしっかり体力を付ける必要がありますから、もう少し時間を掛けた方が良いと思います」と話しています。(1/11近況)

Photo_3

シルクナトゥール(牡・伊藤大)父ネオユニヴァース 母エンジェルインザモーニング

栃木県・那須トレーニングファームで調整中です。角馬場でダク1,600m、ハッキング1,600m乗った後、本馬場でキャンター2,000mの調教をつけられています。牧場長は「ひと息入れて立ち直ってきました。障害練習は一通り終わっているので、そのあたりの心配はありませんが、あとは馬の状態だけです。馬場で長めを乗りながら体調をアップさせていきたいと思います。もう少し腰がしっかりしてくると良いのですが」と話しています。(1/11近況)

続きを読む "シルクなお馬さん(フォーチュン&ナトゥール)" »

2010年1月14日 (木)

馬体回復に遅れ。フェブラリーS回避へ★シルクメビウス

Photo_8

シルクメビウス(牡・領家)父ステイゴールド 母チャンネルワン

北海道・坂東牧場で調整中です。ウォーキングマシン60分、屋内ダートコースでダク2,000m、キャンター2,400mの調教をつけられています。牧場長は「すぐにでも競馬を使えそうな体つきをしていますので、もう少しフックラさせたいと思います。一昨年入厩するまで、ずっと調教をつけていた乗り役に今回も任せていますし、連絡を密に取りながら、慎重に進めて行きたいと思います」と話すと、確認した調教師は「思ったより馬体が戻っていないね。疝痛は心配無いんだけど、昨年はハードなレースを続けたこともあるからね。先々のある馬だけに、ここで無理するよりは、目標を決めずに、しっかり馬体を調整した方が良いね。将来のためにも、馬の状態を最優先に考えてレースを選んでいきたいので、楽しみに待ってもらっている会員さんには、本当に申し訳ないけど、フェブラリーSは回避することにします」と話しています。(1/11近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

疝痛の影響は回復したようですが、馬体自体がフックラしてこない現状とのこと。さすがにこの近況を考えると、無謀にG1に挑戦するのもさすがにどうかなと思います。ちょっと残念ではありますが、陣営の賢明な判断だと思います。早く決断してくれたのも有り難いです。ここで無理したツケはどこかで出てくるでしょうし。

普通に乗り込みは出来ているので、しっかり馬体回復に努めながら、1年を乗り切る下地を作って欲しいと思います。復帰戦は未定ですが、京都コースと相性が良いので、春のアンタレスSからの再始動が有力かなあと個人的には考えています。

シルクなお馬さん(3歳馬)

200911

シルクアーネスト(牡・池添)父グラスワンダー 母ティアドロップス

滋賀県・グリーンファーム甲南で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と本馬場でダク1,200mとキャンター2,400mの調教をつけられています。牧場長は「意識的に時間を掛けてやってきましたが、馬体はリフレッシュできて状態は良くなっています。今週から坂路にも入れて進めていきます」と話しています。(1/11近況)

Photo_4

シルクオールディー(牡・昆)父マンハッタンカフェ 母クインオブオールディー

北海道・フロンティアスタッドで調整中です。ウォーキングマシン60分、屋外坂路をじっくり歩かせてから、屋内トラックでダク1,200mとキャンター3,600mの調教をつけられています。牧場長は「調教師と打ち合わせを行い、馬房の都合がつき次第、帰厩させる方向で話しをしました。まだ検疫の日取りはハッキリしていませんが、今月中には目処が立つと思います」と話しています。(1/11近況)

200910

シルクルーパス(牡・河野)父ステイゴールド 母ピアルピナス

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路1本の調整です。坂路中心に軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「まずまずの感じで進めています。我慢してやってきたおかげで、脚元はしっかりしてきましたが、もう少し乗り込み量を増やしてから、ペースを上げていきたいと思います」と話しています。(1/11近況)

Photo_5

シルクケーニッヒ(牡・本田)父ストラヴィンスキー 母ブリッツケーニギン

滋賀県・アカデミー育成場で調整中です。ウォーキングマシンの運動40分と本馬場中心にダク1,200m、キャンター3,000mの調教をつけられています。牧場長は「引き続きキャンター中心のメニューですが、先週末は終いだけ少し伸ばしています。歩様も変わりないですし、今週も終い伸ばすように乗ってみて、徐々に進めていきます」と話しています。(1/11近況)

Photo_6

シルクタイムレス(牡・山内)父クロフネ 母ジュウニヒトエ

北海道・ヤマダステーブルで休養中です。左前脚屈腱炎のため、引き続き馬房で休養させています。牧場長は「先週からそれ程変化はありません。脚元が落ち着くまで、もう少し舎飼いで様子を見たいと思います」と話しています。(1/11近況)

続きを読む "シルクなお馬さん(3歳馬)" »

今週は除外濃厚も…☆ロードホーリー

Photo_3

ロードホーリー(牡・笹田)父シックスセンス母アミティエ

1月16日(土)京都・3歳未勝利・混合・芝1800mに予定しています。同レースはフルゲート16頭。現段階では優先順位25番目、同順位6頭で除外対象です。なお、騎手は未定です。1月13日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に60.5-44.6-29.3-14.7 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。1月14日(木)に追い切りを行なう予定です。

○笹田調教師 「今週は変則スケジュール。1月12日(火)が全休でした。よって、13日(水)は15-15のキャンターを消化。そして、明日14日(木)に時計を出そうと思います。想定メンバー表で出走の可能性を探った上で追い切り内容を決めましょう」

≪調教時計≫
10.01.13 助手 栗東坂良1回 60.5 44.6 29.3 14.7 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1月11日(月)良の栗東・ニューポリトラックコースで4ハロン61.3-45.8-14.6 8分所を馬なりに乗っています。

≪調教時計≫
10.01.11 助手 栗東P良 61.3 45.8 14.6(8) 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1月7日(木)良の栗東・坂路コースで1本目に52.9-38.6-25.5-13.0 強目に追っています。短評は「坂路コースで入念」でした。1月16日(土)京都・3歳未勝利・混合・芝1800mに藤岡佑介騎手で予定しています。

○笹田調教師 「1月7日(木)は坂路コースを単走で。ある程度しっかり行かせて52秒台で登って来ました。タイム的にも十分でしょう。あとは来週にゲートインを果たせるか・・・。どうも微妙な状況と言えそうです。一応、藤岡佑介騎手に声を掛けています」

≪調教時計≫
10.01.07 助手 栗東坂良1回 52.9 38.6 25.5 13.0  強目に追う 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。レース出走へ向けて態勢は段々と整っており、この調子を維持しながら更に調整を進めます。1月7日(木)に追い切りを行ない、1月16日(土)京都・3歳未勝利・混合・芝1800mに予定しています。

○笹田調教師 「1月6日(水)は軽い調整です。中間も順調。脚元を含めて何ら不安は見当たらず、明日7日(木)に追い切ろうと思います。いつでもゴーサインを出せる態勢を整えておくのが大切。今週の想定メンバー表も参考に見当を付けましょう」

続きを読む "今週は除外濃厚も…☆ロードホーリー" »

今週出走予定。どこまで通用するか!?☆レディアルバローザ

Photo_2

レディアルバローザ(牝・池江郎)父キングカメハメハ母ワンフォーローズ

1月17日(日)京都・3歳500万下・混合・芝1600mもしくは1月17日(日)京都・紅梅S(OP)・混合・牝馬限定・芝1400mに熊沢騎手54kgで予定しています。体調、条件、出走状況等を踏まえながら最終的なレース選択を行ないます。現在は栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。1月14日(木)に追い切りを行なう予定です。

○池江調教師 「3日間に渡って競馬が開催された関係で変則スケジュールに。全休明けに当たる1月13日(水)は軽い調整で終えています。体調は変わり無し。明日14日(木)に追い切って今週のレースへ向かう方針です。牝馬限定のオープン特別へ行くつもり」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1月17日(日)京都・紅梅S(OP)・混合・牝馬限定・芝1400mに特別登録を行なっています。1月11日(月)良の栗東・ニューポリトラックコースで6ハロン87.2-71.2-55.6-40.8-13.3 8分所を馬なりに乗っています。

≪調教時計≫
10.01.11 助手 栗東P良 87.2 71.2 55.6 40.8 13.3(8) 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1月7日(木)良の栗東・ニューポリトラックコースで6ハロン87.3-70.7-55.6-41.9-14.3 6分所を馬なりに乗っています。1月17日(日)京都・3歳500万下・混合・芝1600mもしくは1月17日(日)京都・紅梅S(OP)・混合・牝馬限定・芝1400mもしくは1月23日(土)中山・菜の花賞・牝馬限定・芝1600mに予定しています。

≪調教時計≫
10.01.07 助手 栗東P良 87.3 70.7 55.6 41.9 14.3(6)馬なり楽走

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。心身共にコンディションに特に異常は認められず、もう少しの間は入念に乗り込みます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、1月17日(日)京都・3歳500万下・混合・芝1600mもしくは1月17日(日)京都・紅梅S(OP)・混合・牝馬限定・芝1400mもしくは1月23日(土)中山・菜の花賞・牝馬限定・芝1600mに予定しています。

○池江調教師 「1月4日(月)に厩舎へ戻っていますよ。当初は中山に組まれた自己条件を考えました。しかし、ちょっとスリムに映る体型。輸送による負担が幾らか心配です。よって、次週の京都も視野に。メンバー等も踏まえながら最終的な判断を下しましょう」

続きを読む "今週出走予定。どこまで通用するか!?☆レディアルバローザ" »

2010年1月11日 (月)

焼魚定食のコロコロ予想 vol.94

(京都2R)◎タマモアルプス

久々になりますが、力を秘める同馬。京都のダートコースは合いそうに思うので、休み明け緒戦が妙味かと。

(京都6R)◎プレファシオ

ソリタリーキングで仕方ない感もありますが、同馬の能力もなかなかのモノ。前走は若さを見せましたが、メンバーが揃った相手の中、大外から一歩一歩挽回してきました。前回の経験が今回活きる筈。

(京都7R)◎ロードニュースター

力はもっと上のクラスのモノを持っているかと思います。鞍上も2走目でしっかり乗ってくれるかと。ロードで同じエアエミネム産駒を出資している者として応援したい1頭です。

(中山10R)◎ジャミール

とにかく堅実な同馬。安藤勝Jの予定に合わせて、ここに使ってきたのかな。中山の最後の坂が多少不安も、大崩れは考えにくいです。

(京都10R)◎ケイアイガーベラ

京都のダート1400がベストの同馬ですが、非凡なスピードを秘める馬だけに、距離短縮は悪くないかと。外枠に入ったのも好材料かと。また、当面の相手が前にいるので、レースはしやすいかと。

(京都11R)◎シルクダイナスティ

京都コースがどう出るかですが、稽古の動きからデキの良さを感じます。あとは展開次第。ここでも好走すれば、ホンモノなのでしょうが。

焼魚定食のまんぷく予想 vol.107

(中山11R)フェアリーS(G3)

◎テイラーバートン、○アドマイヤテンバ、▲アプリコットフィズ、△ロジフェローズ、×メジロオードリー、×ナリタブルースター

有力馬が外枠に集まりましたが、上位3頭はやはり先々が楽しみな素材の馬かと思います。本命には、牡馬の強いところと走って、3戦2勝のテイラーバートン。少し器用さに欠けるので、中山マイル戦の大外は気になりますが、力はやはり上位かと。アドマイヤテンバは、まだまだ覚えることが多そうな感じ。それでも力があると思うし、安藤勝Jも乗りに行ったので、立ち回り次第かな。アプリコットフィズはここでいきなり好勝負なら、クラシックへ向けて非常に楽しみになってくるかと思います。ただ、中山よりは広いコースの東京向きかと。あとは、新馬勝ち後、厩舎できっちり乗り込んできたロジフェローズ。稽古の動きも上々で、上位3頭を脅かすのなら、やはりこの馬かと。×印も入れましたが、実質4頭の勝負かと。

シルクなお馬さん(4歳馬)

Photo_8

シルクメビウス(牡・領家)父ステイゴールド 母チャンネルワン

北海道・坂東牧場で調整中です。ウォーキングマシン60分、屋内ダートコースでダク2,000m、キャンター2,000mの調教をつけられています。牧場長は「ご心配をおかけしました。体調面も持ち直し、先週火曜日から調教を再開しています。先週一杯はダクだけのメニューでしたが、年末年始も休まず調教を続け、今週からまたキャンターを入れています」と話しています。(1/4近況)

Photo_9

シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「じっくり乗り込んでいる効果もあって、徐々に体力を取り戻している感じです。脚元も安定していますし、今週は少し進めるつもりです」と話しています。(1/4近況)

Photo_3

シルクナトゥール(牡・伊藤大)父ネオユニヴァース 母エンジェルインザモーニング

栃木県・那須トレーニングファームで調整中です。角馬場でダク2,000mの調教をつけられています。牧場長は「お正月休みが挟まったので、年末年始は少し楽をさせてあげました。これで腰もリフレッシュしてくるでしょうし、また今週から馬場で普通に乗っていきたいと思います」と話しています。(1/4近況)

続きを読む "シルクなお馬さん(4歳馬)" »

2010年1月 9日 (土)

焼魚定食のコロコロ予想 vol.93

(京都5R)◎ラフェクレール

なかなか好素材が揃ったレースです。前走、私の愛馬レディアルバローザを捕らえ切れなかったですが、これは展開のアヤも。京都に替わるのも良いでしょうし、今回はきっちり勝ち上がりそうです。

(京都8R)◎ピースキーパー

デビュー当初は、クラシック候補として、期待の高かった同馬。京都2歳S後に骨折してしまって、少し歯車が狂ってしまいました。ただ、力のあるのは認めるところ。気性難のところがあるので、揉まれると心配も、外枠だから大丈夫でしょう。稽古も動くので初ダートの今回が妙味かと。

(京都9R)◎ミッキードリーム

将来性、大物感ではレーヴドリアンかなと思いますが、好位から競馬が出来るミッキードリームを今回は上位に。前走、ネオヴァンドームを捕らえた内容は強かったですし、今回も同様の走りができれば、ここでも十分勝ち負け。

(京都11R)◎ロードバリオス

昇級戦でトップハンデは厳しいですが、ここは応援の意味も込めて。スピードを生かすには京都の方が良いと思いますし、うまく折り合って脚を矯め、早めスパートで押し切りを期待。

復帰戦は武豊Jとのコンビで☆ロードオブザリング

Photo

ロードオブザリング(牡・笹田)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

1月7日(木)良の栗東・坂路コースで1本目に55.2-39.7-25.6-13.0 一杯に追っています。併せ馬では叩一杯の相手に0秒7先行して同時入線。短評は「坂路コースで入念」でした。1月24日(日)京都・3歳未勝利・混合・芝2200mに武豊騎手で予定しています。

○笹田調教師 「1月7日(木)は坂路コースで併せ馬を消化。軽く気合いを付ける内容でした。ちょっと時計を要した印象も受けるとは言え、本格的な追い切りを課したのは今回が初めて。それを考えれば及第点でしょう。次走の鞍上は武豊騎手に頼んでいます」

≪調教時計≫
10.01.07 助手 栗東坂良1回 55.2 39.7 25.6 13.0 一杯に追う
テールコート(3歳未勝利)叩一杯に0秒7先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。レース出走へ向けて態勢は段々と整っており、この調子を維持しながら更に調整を進めます。1月7日(木)に追い切りを行ない、1月24日(日)京都・3歳未勝利・混合・芝2200mに予定しています。

○笹田調教師 「帰厩から1ヶ月半。じっくり仕上げて徐々に態勢が整って来ました。脚元を含めて特に問題は無し。再来週の京都に組まれた芝2200m戦に使えるでしょう。1月6日(水)は軽いキャンターでの調整。明日7日(木)に時計を出す予定です」

続きを読む "復帰戦は武豊Jとのコンビで☆ロードオブザリング" »

2010年1月 6日 (水)

ロードなお馬さん(2歳馬)

200912_6

レディブラッサムの08(牡・安田隆)父キングカメハメハ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはウッドチップ坂路コース・ダク1200m×1本→キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「大人しくて従順なタイプ。本馬に関しては素材の良さを損なわぬよう育て上げるのが1つのテーマと捉えています。これも優れた資質を感じればこそ、でしょう。アパパネ、ローズキングダムのGⅠ制覇で期待は高まるばかり。非常に楽しみな1頭です」

200912_7

レディスターライトの08(牡・笹田)父エアエミネム

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはウッドチップ坂路コース・ダク1200m×1本→キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。しばらくの間は同様のパターンを繰り返し、春のペースアップに備えたいと思います。恵まれた馬体。十分なパワーを秘める印象です。このまま順調に行けば楽しみな存在に成長を遂げるのでは・・・」

200912_8

オーブリエチアの08(牡・浅見)父ジャングルポケット

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはウッドチップ坂路コース・ダク1200m×1本→キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「スラリと胴が伸びた体型。性格も落ち着いています。そのような面を踏まえても距離の融通が利くのでは・・・。ちょっと脚捌きに硬さが窺えるものの、それも許容範囲と言える程度です。全体のレベルアップを目指して当面はコツコツ乗り込む方針」 

200912_9

ジャズキャットの08(牡・池江寿)父ディープインパクト

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはウッドチップ坂路コース・ダク1200m×1本→キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「まだ周囲を気に掛ける素振り。随所に若さを覗かせる現状です。とは言え、明け2歳。ある程度は当然だと思います。冬場は同様のパターンを基本に据えて下地作りに励む方針。ペースアップを図るに連れて細かな適性も見えて来るでしょう」 

続きを読む "ロードなお馬さん(2歳馬)" »

2010年1月 5日 (火)

シルクなお馬さん(3歳馬)

Photo_5

シルクタイムレス(牡・山内)父クロフネ 母ジュウニヒトエ

北海道・ヤマダステーブルで休養中です。左前脚屈腱炎のため、引き続き馬房で休養させています。牧場長は「まだ若干腫れています。荒れた皮膚にかさぶたが出来ている段階で、その内かさぶたが剥がれ始めると思います」と話しています。(1/4近況)

3_3

シルクアーネスト(牡・池添)父グラスワンダー 母ティアドロップス

滋賀県・グリーンファーム甲南で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と本馬場でダク1,200mの調教をつけられています。牧場長は「ハリ明けだったことと、年末年始が挟まったことで、変則日程になりましたが、年明けは普通に乗り込んでいます。このままピッチを上げていきます」と話しています。(1/4近況)

200910_2

シルクルーパス(牡・河野)父ステイゴールド 母ピアルピナス 

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路1本の調整です。坂路中心に軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「続けて乗れているので、問題無く進められると思いますが、休み明けの分ここはもう少し時間を掛けてやっていきます」と話しています。(1/4近況)

Photo_7

シルクオールディー(牡・昆)父マンハッタンカフェ 母クインオブオールディー

北海道・フロンティアスタッドで調整中です。ウォーキングマシン60分、屋外坂路をじっくり歩かせてから、屋内トラックでダク1,200mとキャンター3,600mの調教をつけられています。牧場長は「通常の日曜日と元旦は、ウォーキングマシンの運動だけにしましたが、今週から通常のメニューに戻しています。体がフックラしてきたのも良い傾向だと思います」と話しています。(1/4近況)

Photo_4

シルクケーニッヒ(牡・本田)父ストラヴィンスキー 母ブリッツケーニギン

滋賀県・アカデミー育成場で調整中です。ウォーキングマシンの運動40分と本馬場中心にダク1,200m、キャンター3,000mの調教をつけられています。牧場長は「長め中心に乗り込み量を確保しています。年末年始の休みがあったこともあって、ペース的にはキャンター中心ですが、状態を見てペースアップを図っていきます」と話しています。(1/4近況)

続きを読む "シルクなお馬さん(3歳馬)" »

ロードなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo_9

レディアルバローザ(牝・池江郎)父キングカメハメハ母ワンフォーローズ

1月4日(月)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、1月23日(土)中山・菜の花賞・牝馬限定・芝1600mに予定しています。

○当地スタッフ 「ペース自体は控え目ながら、坂路コースでの稽古も消化。調子の良さそうな動きを見せていましたよ。そして、予定通り1月4日(月)に厩舎へ向けて出発。前回と同じ雰囲気で送り出せたと思います。また頑張ってくれるでしょう」

Photo

ロードアビリティ(牡・北出)父レギュラーメンバー母ナチュラルカラー

滋賀・宇多村牧場在厩。ウォーキングマシン40分。

○当地スタッフ 「年末よりウォーキングマシンへ。控え目なメニューに徹する状況も手伝い、段々と元気を取り戻している印象です。与えた飼い葉もキッチリ食べていますよ。12月30日(水)に北出調教師が視察に訪れました。徐々にピッチを上げられれば・・・でしょう」

5_4

ロードギャラクシー(牡・河野)父ネオユニヴァース母ユニオンワラダー

茨城・ミッドウェイファーム在厩。ウォーキングマシン30分、角馬場でダク15分、ウッドチップコース・ダク2000m→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)。

○当地スタッフ 「若干ピッチを上げました。とは言え、軽いキャンター程度。足腰のパワー増強を果たすべく1歩1歩を十分に踏み込ませる内容です。脚元は依然スッキリ。来た当初に比べて随分と穏やかな雰囲気に変わりました。良い方向へ着実に進んでいるのでは・・・」

続きを読む "ロードなお馬さん(3歳・牧場組)" »

焼魚定食のまんぷく予想 vol.106

(中山11R)中山金杯(G1)

◎デルフォイ、○アクシオン、▲ゴールデンダリア、△トウショウシロッコ、×ヒカルカザブエ

立て直したデルフォイを緒戦から狙いたいです。相手は二ノ宮厩舎の2頭。上がりがかかって、トウショウシロッコの突込みを。

(京都11R)京都金杯(G1)

◎スマートギア、○クラウンプリンセス、▲ヤマニンエマイユ、△フィールドベアー、×マイネルファルケ、×ライブコンサート

スマートギアの末脚を信頼。相手には軽量の牝馬の突込みを警戒。先行馬は苦しいかな…。

焼魚定食のコロコロ予想 vol.92

(京都2R)◎フラガラッハ

リーディングを奪われた武豊Jの今年、最初のレース。デビュー戦はゴールスキーには敵いませんでしたが、それでも最後目立つ脚で伸びてきました。一度レースを使って、稽古の動きもピリッとしてきました。この相手ならダートでも負けられないところ。

(京都5R)◎サクラルーセント

陣営の期待の大きい同馬。まだまだ荒削りなレース振りですが、それでも能力のあるところを伺い知れます。直前の稽古も抜群だったようで、ここはしっかり決めたいところ。

(京都8R)◎オオトリオウジャ

骨折明けで関西への転厩後の緒戦。それでも休養前のレース振りから力のあるところは認めるところ。今回は初ダートとなりますが、父ゴールドアリュール×母父ジェイドロバリーの血統。ひょっとしたら、ここから快進撃が始まるかも!?

(京都10R)◎サンデーヒストリー

非常に難解なレースですが、ここは昇級緒戦となるも力を秘めるサンデーヒストリーを狙いたいです。叩き3走目でデキは上々。流れも緩くなりそうですし、直線でひと脚利けば。

(京都12R)◎シンゼンオオジ

終いを生かす競馬で徐々に結果が出てきた同馬。やや頼りないメンバー構成なので、思い切って同馬から手広く行きたいと思います。内々でうまく立ち回って、脚を伸ばして欲しいところ。1400も良さそうです。

今年は優勝争いを

昨年は早い段階で、結果が見えてしまって萎えてしまいましたが、真弓阪神タイガース。

リードオフマンの赤星の引退は、計り知れないほどの痛手ですが、何人かの選手でその穴を少しでも埋めて欲しい思います。

今年からチームの要として、城島がチームに加入しました。多少、自由奔放な性格が気になりますが、守備面での底上げにはかなり貢献してくれると思います。

チームの浮沈を握るのが、何といっても外国人選手。昨年のメンチは、移籍前のシーズンがホームラン0本と、嫌な信号が出ていましたが。マートンは今までの外国人野手とは違い、1発長打というよりもリードオフマンとして打率、出塁率を稼げそうなタイプです。守備も定評があるようなので、センターラインをがっちり固めて欲しいですね。

ドラフトでは大学生を4名獲得しました。それぞれに魅力のある選手なので、1年目からしっかり実戦で使って欲しいです。ドラフト2位の藤原は、左のセットアッパーとして面白そうです。

あとは、真弓監督の手腕の成長を願っています。

2010年1月 4日 (月)

ロードなお馬さん(3歳・入厩組)

Photo_2

ロードホーリー(牡・笹田)父シックスセンス 母アミティエ

レース後も特に異常は認められません。1月2日(土)良の栗東・坂路コースで1本目に61.2-44.8-29.6-14.7 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、1月3日(日)良の栗東・坂路コースで1本目に58.1-42.1-27.9-14.2 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。1月16日(土)京都・3歳未勝利・混合・芝1800mに予定しています。

○笹田調教師 「前回はラストで2度ほど立て直す不利が響きましたね。幸い、その後もダメージ等は特に窺えません。再び15-15程度のペースで乗り始めていますよ。再来週の京都に組まれた芝1800m戦を目指す予定。あとは出走間隔との兼ね合いが問題でしょう」

≪調教時計≫
10.01.02 助手 栗東坂良1回 61.2 44.8 29.6 14.7  馬なり余力 坂路コースで入念
10.01.03 助手 栗東坂良1回 58.1 42.1 27.9 14.2  馬なり余力 坂路コースで入念

200910_2

ロードオブザリング(牡・笹田)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

12月31日(木)良の栗東・坂路コースで1本目に53.3-39.2-25.8-13.0 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、1月3日(日)良の栗東・坂路コースで1本目に57.3-41.4-27.5-13.6 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。1月24日(日)京都・3歳未勝利・混合・芝2200mに予定しています。

○笹田調教師 「1月3日(日)も坂路で追い切りました。まだセーブ気味の内容。しかし、飼い葉はキッチリ食べています。概ね順調と言えるでしょう。この調子をキープしながら乗り込み強化を図る方針。良い形で戦列復帰を迎えたいですね」

≪調教時計≫
09.12.31 助手 栗東坂良1回 53.3 39.2 25.8 13.0  馬なり余力 坂路コースで入念
10.01.03 助手 栗東坂良1回 57.3 41.4 27.5 13.6  馬なり余力 坂路コースで入念

続きを読む "ロードなお馬さん(3歳・入厩組)" »

2010年1月 2日 (土)

今年のクラシックを予想しておきます

まずは新年第一弾として、今年のクラシックを予想したいと思います。それぞれ2頭ずつ上げておきたいと思います。

(桜花賞)◎アパパネ、○アドマイヤテンバ

(皐月賞)◎ローズキングダム、○ヴィクトワールピサ

(オークス)◎エリモマドンナ、○アドマイヤテンバ

(日本ダービー)◎ルーラーシップ、○ヴィクトワールピサ

牝馬は、ディープデザイアが故障してしまい、大混戦。桜花賞はとりあえず、2歳女王を。アドマイヤテンバは未勝利勝ちが地味でしたが、1戦毎に良くなってくれればと思います。オークスは未出走ですが、オークス馬エリモエクセルの娘、エリモマドンナを。藤原英厩舎で素材はかなりの馬みたいなので。未出走組では、クリスティロマンス、ヤマニンティアモにも注目。

牡馬は、皐月賞は器用さと勝負根性でローズキングダムが無事に出走できれば、勝つ確率は高いかなと。ヴィクトワールピサは、強さは認めるところですが、スパッと切れない感じがするので。ラジオNIKKEI杯の勝ち方が、着差以上に強かったと言えるかもしれませんが、ちょっと地味にも見えました。ルーラーシップは、やはりダービー向きでしょう。皐月賞よりもダービーに向けて、じっくり育てて欲しい逸材です。あとは、ゴールスキーもどれだけやれるか注目ですし、リルダヴァルが戻ってきて、どんなパフォーマンスをしてくれるか。未出走組みでは昆厩舎の期待馬オースミイレブンに注目しています。

本年もどうぞよろしくお願いいたします

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年1発目ということで、今年の目標を軽く発表しておきたいと思います。まずは、現在、出資している現役馬は下記のとおりです。

(4歳馬)

シルクメビウス
シルクフォーチュン
シルクナトゥール

(3歳馬)

シルクアーネスト
シルクタイムレス
シルクオールディー
シルクルーパス
シルクケーニッヒ

ロードアビリティ
ロードオブザリング
ロードギャラクシー
ロードホーリー
レディアルバローザ

(2歳馬)

シルク8-1
シルク8-16
シルク8-41
シルク8-8
シルク8-10

ジャズキャットの08
レディブラッサムの08
オーブリエチアの08
レディスターライトの08

(1歳馬)

シルク9-2

昨年は6勝を挙げましたが、シルクメビウス1頭の稼ぎが大きかったので、今年はまずは6勝を目指したいと思います。2ケタに手が伸びればと思いますが、それは少し欲目かなあ。

メビウスについては、まずは無事に1年を乗り切って欲しいと思います。それに結果がついて来てくれれば…、ですね。フォーチュンも戻ってくれば、悪くても1勝はしてくれる筈です。

成績の浮沈を握るのが、明け3歳馬です。アーネストは1勝が手の届くところまで来ていますし、クラスが上がっても相手なりに走りそう。2勝はしてくれないかな。オールディーが昨年・夏からどれだけ成長してくれているかも鍵を握ります。

ロードは、ギャラクシーはちょっと厳しいかもしれませんが、それぞれ1勝の上積みは期待できるかと。オブザリングは、気性面で成長していれば、面白そうなのですが…。アビリティも前走はレース中にトモを痛めた感じですし、暖かくなってくれば。

2歳馬は現在9頭出資しています。何頭になるかは分かりませんが、追加を検討中。シルク8-35、8-37、8-56、8-26、8-31が候補です。基本は関西の牡馬を考えていますが。8-31は高いですが、さすがにちょっと素材が違うかも。

ロードは、シンコウエトワールの08、サッカーマムの08が有力かな。レーシングハートの08にも興味はあります。

今、出資している2歳馬は、シルク8-1、ジャズキャットの08、レディブラッサムの08と期待の大きな馬が揃っています。その中からクラシックへ歩めそうな馬が、出てきてくれているかな?

それでは今年1年も、どうぞよろしくお願いいたします。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ