2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.84 | トップページ | 勝ち馬はモノが違うも、2着争いに顔を覗かす☆4着シルクアーネスト »

2009年12月 1日 (火)

ヴィクトワールピサとペルーサ

危うくレース不成立になりそうだった京都2歳S。その要因となったヴィクトワールピサは、着差以上の完勝でした。3コーナー辺りからアドマイヤプリンスと一騎打ちの様相でしたが、他の2歳馬は勝負どころから追っ付けたり、鞍上の手が動いていましたが、そこを馬なりで加速して行くのだから、能力が違いすぎですね。フットワークも相変わらず豪快です。“気性がまともなブルーイレヴン”は、このまま無事に使えれば、まあ、来春の主役となりそうです。

一方、東京の新馬では、ペルーサが完勝劇を見せました。府中の芝2000ということで、各厩舎の期待馬も使われていましたが、それをモノともしないレース振り。レース運びも憎いものでした。スタートをポンと出るも、内で控えて追走。直線も横にいた馬たちを先に行かせて、外めに進路をシフト。そこから追われると瞬く間に前を捕らえきりました。この内容には、横山典Jも手放しで絶賛していましたし、藤澤和厩舎の中でも、“本物”かと思います。

春先に社台スタリオンステーションの今年デビューの新種牡馬の広告について、記事にしたのですが、ゼンノロブロイ産駒ではイの一番に取り上げられていたのが同馬でもありました。まあ、セレクトセールでロブロイ産駒で1番高値で取引されたからかもしれませんがね。この後は、年内に1走するのか、年明けからの再始動になるのか注目です。年内に1走するのならホープフルSかなと思いますが、強気にラジオNIKKEI2歳Sに使ってきて、ヴィクトワールピサとの対決となれば、盛り上がるのですが。今後の動向に注目したいお馬さんです。

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.84 | トップページ | 勝ち馬はモノが違うも、2着争いに顔を覗かす☆4着シルクアーネスト »

競馬(POG)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.84 | トップページ | 勝ち馬はモノが違うも、2着争いに顔を覗かす☆4着シルクアーネスト »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ