2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« POG指名馬情報 ~ティルス&ダイヤモンドムーン&サクシード | トップページ | シルクなお馬さん(3歳馬) »

2009年10月 2日 (金)

ロードなお馬さん(2歳馬)

(入厩組)

Photo_2

ロードアビリティ(牡2・北出厩舎)父レギュラーメンバー 母ナチュラルカラー

ここに来て体温の上昇が認められます。現在は栗東トレセンで一切の運動を控えて休養に専念。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。ゲート試験の合格が当面の目標です。

○北出調教師 「9月30日(水)朝に体温が上昇。降雨による馬場コンディションの悪化も踏まえ、現在は一切の運動を控えて様子を見守っています。一応、診療所で注射を打ちました。しかし、恐らく一時的な疲れが原因。飼い葉は普通に食べており、大きな心配に及ばないでしょう」

Photo_6

ロードホーリー(牡2・笹田厩舎)父シックスセンス 母アミティエ

9月30日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に55.6-40.5-26.5-13.5 一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手に0秒7先行して0秒4遅れ。短評は「坂路コースで入念」でした。10月10日(土)京都・2歳新馬・混合・芝1800mもしくは10月18日(日)京都・2歳新馬・混合・芝1600mに藤岡佑介騎手で予定しています。

○笹田調教師 9月30日(水)も併せ馬を消化。坂路コースでは多少フワフワ走る印象ですね。しかし、足腰に十分なパワーが付けば変わって来るはず。それを叶えるためには早い段階で実戦の舞台を踏ませるのも1つの方法でしょう。デビュー予定を繰り上げるかも知れません」

≪調教時計≫
09.09.30 騎手  栗東坂良1回 55.6 40.5 26.5 13.5  一杯に追う 坂路コースで入念 コルドバ(2歳オープン)一杯に0秒7先行0秒4遅れ

Photo

レディアルバローザ(牝2・池江郎)父キングカメハメハ 母ワンフォーローズ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターとゲート練習を消化。心身共にコンディションに特に異常は認められず、もう少しの間は同様のパターンで調整を行ないます。ゲート試験の合格が当面の目標です。

○池江調教師 「9月30日(水)はゲート中心の内容です。進入、駐立は至ってスムーズ。現在は前扉を手で開けた後に枠内から出て行く練習を課しており、これから少しずつダッシュの訓練に取り掛かろうと思います。概ね順調。この調子で進めましょう」

Photo

ロードギャラクシー(牡2・河野厩舎)父ネオユニヴァース 母ユニオンワラダー

9月30日(水)稍重の美浦・ウッドチップコースで5ハロン66.2-52.2-39.7-13.6 8分所を直線一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手の外を通って0秒1遅れ。短評は「攻め意欲的も」でした。10月11日(日)東京・2歳未勝利・混合・芝1400mに三浦騎手で予定しています。

○安瀬調教厩務員 「9月30日(水)はウッドで追い切りました。ただ、ラストは脚色を鈍らせる形に。ちょっとテンに引っ掛かった分かも知れません。また、最近チップを入れ替えたばかり。馬力を要するコース状態も不向きなのでしょう。来週は坂路でサッと乗る予定」

≪調教時計≫
09.09.30 助手 美南W稍 66.2 52.2 39.7 13.6(8)直一杯追う 攻め意欲的も エターナルロマンス(古馬500万)一杯の外0秒1遅れ

(牧場組)

2

ロードオブザリング(牡2・笹田厩舎)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「ウチへ戻って約1ヶ月が経過。だいぶリフレッシュが図れました。馬体にも良い意味での余裕が出た感じ。今のところは予定通りと言えるでしょう。ちょっと瞬発力には欠ける印象ながら、その分だけ長く脚を使えるタイプです。距離が延びて面白いかも」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アビリティですが、「さあ、これから」というところで、体温が上がってしまったようです。環境も違って、ちょっと疲れが出たのかな。北出師も注射を施すなど、大事に取り扱ってくれているのは有り難いです。

ホーリーは、坂路では動きが地味ですね。前向きに欠けるというかズブさが残るのかな。おそらく予定を繰り上げて、10月10日の芝1800でデビューでしょうね。各厩舎の素質馬が揃いそうで…。レースを使いつつ、力をつけていって欲しいです。

アルバローザは、トゥザグローリー、ゴールスキーあたりと一緒にゲートに取り組んでいるようです。ただ、牝馬で馬格のあるタイプだけに慎重に調整されているようです。

ギャラクシーは、もう少し若さが抜けて、折り合いがつくようになって欲しいですね。順調に調整出来ているのは有り難いですが。

オブザリングは、順調にリフレッシュ中。稽古も動くタイプだけに、案外ダートが向くタイプなのかな。ゆとりある胴の造りから距離延長は間違いなく好材料かと。

« POG指名馬情報 ~ティルス&ダイヤモンドムーン&サクシード | トップページ | シルクなお馬さん(3歳馬) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードオブザリング」カテゴリの記事

(引退)ロードギャラクシー」カテゴリの記事

(引退)ロードホーリー」カテゴリの記事

(引退)ロードアビリティ」カテゴリの記事

(引退)レディアルバローザ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« POG指名馬情報 ~ティルス&ダイヤモンドムーン&サクシード | トップページ | シルクなお馬さん(3歳馬) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ