2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

出資馬一覧

最近のコメント

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

予定通りに函館競馬場へ移動☆シルクオールディー

20097_3

シルクオールディー(牡2・昆)父マンハッタンカフェ 母クインオブオールディー

北海道・フロンティアスタッドでキャンター2,400mの調教をつけられると、牧場長は「強めの調教を継続しても、ソエが出なかったのは何よりです。仕上がった体つきをしていますし、先ずは良い状態で送り出せたと思います」と話しており、確認した調教師の指示で26日に栗東・昆厩舎(函館競馬場)へ入厩しています。(7/27近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シルクオールディーは、早くから7月下旬頃の移動を目指していましたが、予定を頓挫することなく無事にフロンティアSから移動となりました。

丹念に乗り込まれているので、ゲートを合格すればデビューは早いかと思いますが、良いところを見せて欲しいと思います。

2009年7月30日 (木)

31日帰厩決定☆シルクメビウス

Photo_9

シルクメビウス(牡3・領家厩舎)父ステイゴールド 母チャンネルワン

京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動60分行った後、乗り運動の調教をつけられています。牧場長は「予定通り乗り出しましたが、引き続き馬体の回復を目的に軽めのところを乗っています。本格的な調教再開については、もう少し様子を見たいと思っています」と話しています。(7/27近況)

31日に栗東へ帰厩する予定になりました。(7/30最新情報)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

メビウスは、前走の疲れを心配しましたが、明日、帰厩予定となりました。この時期に戻ってくるのですから、やはりレパードS(G3・ダ1800)が目標になってくるかと思います。トランセンドはかなり強敵ですが、何とか良い状態で臨めるように調整して欲しいと思います。

※本日、上記の写真のパネルが届きました。

シルクなお馬さん(3歳・入厩組)

20097_2

シルクジェミニ(牡3・本田厩舎)父シンボリクリスエス 母シルクセレブレイト

坂路コースでキャンターの調整で、ゲート練習も行っています。調教助手は「乗り込みながらゲートも行っていますが、今のところ順調に進んでいると思います。時間もないことだし、ゲート中心に進めて試験を受けないといけないので、しっかりやっていきたいと思います」と話すと、29日にゲート試験を受けて合格しています。(7/27近況)

29日にゲート試験を受けて合格しました。(7/29最新情報)

29栗E良 12.9- 12.0- 12.8- 14.7 ゲート合格

Photo_8

サリール(牝3・藤岡健)父スペシャルウィーク 母ファーストセーラ

CWコースでキャンターの調整で、23日に併せて時計を出すと、26日にも追い切られています。調教助手は「仕上がりを見ながら予定を立てていこうと思っていますが、もう一つ状態が上がってこなかったので無理はさせていません。疲れから両トモが腫れ気味になったりと、体調面がもう一つ良くないようで、それが影響していたのかもしれないね。ここに来て徐々に良くなっているので、追い切りの動き次第ですが、今週の予定で進めていこうと思っています」と話しており、動きや状態次第で今週の出走を検討しています。(7/27近況)

29CW稍 85.9- 70.7- 56.0- 41.0- 12.4 一杯外先0.2秒遅れ

土曜小倉2R 3歳未勝利(牝)(芝2,000m・18頭) 53kg 藤岡康Jで出走決定(7/29最新情報)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ジェミニは、入厩してまもないですが、まずは第一関門のゲートを合格してくれました。まずまずの出足だと思いますし、脚部不安を抱えながらも、能力は秘めていると思います。

サリールは、ようやく出走態勢が整いましたが、今回は苦戦必至でしょうね。何とか次に繋がる競馬をして欲しいと思います。

シルクなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo_7   

シルクフォーチュン(牡3・藤沢則厩舎)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

天栄ホースパークで休養中です。右後脚第三足根骨々折の為、引き続き馬房で安静にしており、状態は特に変わりなく、このまま経過を確認していくことになっています。(7/27近況)

Photo_6   

シルクナトゥール(牡3・伊藤大厩舎)父ネオユニヴァース 母エンジェルインザモーニング

茨城県・サーストン牧場で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と本馬場でダク2,000m、キャンター3,000mの調教をつけられています。確認した調教師は「もう普通に乗っていますし、トモは大丈夫そうです。来週ぐらいに入れたいと思っています」と話しています。尚、予定通り、美浦・伊藤大士厩舎へ転厩することとなり、24日に転厩の手続きが取られています。(7/27近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

フォーチュンは、毎度の療養中です。なかなか良化が見えてこないですが、辛抱しないと仕方ないですね。

ナトゥールは、正式に美浦・伊藤大士厩舎に転厩となってようです。使えるレース数は限られてきますが、頑張って欲しいと思います。

シルクなお馬さん(2歳・牧場組)

Photo_5

シルクタイムレス(牡2・山内)父クロフネ 母ジュウニヒトエ

北海道・ヤマダステーブルで調整中です。午前と午後のウォーキングマシン60分、ミニトラックでダク4,000m乗った後、坂路コースでキャンター2本の調教をつけられています。牧場長は「連日2ハロン15-15を乗りながら、加減せずに進めています。元々気持ちの前向きな馬ですが、ここへきてだいぶ走る気が出てきた様ですよ」と話しています。(7/27近況)

Photo

シルクアーネスト(牡2・池添)父グラスワンダー 母ティアドロップス  

滋賀県・グリーンファーム甲南で調整中です。本馬場中心に常歩とダク3,000mの調教をつけられています。牧場長は「調教と併行しながらですが、先週も焼烙治療を行いました。これで合計4回焼いたことになります。今後は坂路に入れて軽いキャンターを乗っていきたいと思います」と話しています。(7/27近況)

Photo_3

シルクケーニッヒ(牡2・本田)父ストラヴィンスキー 母ブリッツケーニギン

北海道・フロンティアスタッドで調整中です。ウォーキングマシン60分、屋内トラックでダク1,200mとキャンター2,000m乗った後、坂路コースでキャンター1本の調教をつけられています。牧場長は「普段は普通キャンターを乗って、週末に3ハロンから強めをビシッとやるパターンを継続しています。体も徐々に絞れてきましたので、動きにキレが加わってきました」と話しています。(7/27近況)

20096

シルクルーパス(牡2・河野)父ステイゴールド 母ピアルピナス 

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路でキャンターの調教を付けられており、牧場長は「続けて乗っているので、脚元さえ固まってしまえば、問題無く進められるんですが、ここはもう少し我慢することになると思います」と、話しています。(7/27近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

タイムレスは、山田Sで再調整中です。動き自体は上々のようです。少し絞って、気性面でピリッとしてくればデビュー2戦のようなことはないかと思っています。

アーネストは、ソエは小康状態かと思いますが、乗り運動を開始しました。まずは無理をせず、乗り込んで欲しいと思います。

ケーニッヒは、乗り出してからは順調に稽古を積むことが出来ています。動きも確実に良化してきているようですね。この調子で秋の入厩に向けて、進めて欲しいです。

ルーパスは、我慢の日々が続きます。まだ脚元は落ち着いていない印象です。もう1ヶ月くらいはこの調子かな。稽古は休んではいないのは良いのですが…。

ロードなお馬さん(入厩組)

Photo_4 

ロードオブザリング(牡2・笹田厩舎)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、8月8日(土)札幌・2歳未勝利・混合・芝1800mに予定しています。

○笹田調教師 「一旦は放牧も考えました。でも、全力を出し切っていない状況。恐らくダメージは少ないでしょう。このまま調整を続けて中1週での出走を目指そうと思います。レース後は函館競馬場へ。直前にサッと時計を出した後に改めて札幌へ移動させる方針です」

Photo 

ロードギャラクシー(牡2・河野厩舎)父ネオユニヴァース 母ユニオンワラダー

7月29日(水)良の美浦・坂路コースで2本目に54.1-38.9-25.4-12.3 馬なりに乗っています。併せ馬では一杯の相手に0秒7先行して同時入線。短評は「脚いろで勝る」でした。8月9日(日)新潟・2歳新馬・混合・芝1600mに三浦騎手で予定しています。

○高梨調教助手 「7月29日(水)は坂路で。どちらかと言うと今まではテンに行き過ぎて最後に止まり気味でした。しかし、今朝はラストを伸ばす内容。もう少し前半にピッチを上げても・・・と思ったものの、なかなか良い手応えでコース頂上へ達しましたよ」

≪調教時計≫

09.07.29 助手 美南坂良2回 54.1 38.9 25.4 12.3  馬なり余力 脚いろで勝る
 ミツワバラード(古馬500万)一杯に0秒7先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ロードオブザリングは、デビュー戦は馬場を回ってきただけの印象は強いですが、まだまだ前向きさに欠け、若さが目立ったのも事実です。無理せず立て直しほしい願望はありますが、レースを経験してどう変わるかですね。

ロードギャラクシーは、今週の稽古は上がり重点ですが、悪くない動きかと思います。芝の実戦に行った方が良いタイプかと思うので、デビュー戦から楽しめる…かな。

デビューに向けて札幌競馬場へ移動☆ロードホーリー

20096

ロードホーリー(牡2・笹田厩舎)父シックスセンス 母アミティエ

7月25日(土)に札幌競馬場へ入厩しました。初めて経験する環境に慣れさせながら当面は1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。ひとまずはゲート試験の合格を目標に調整を行ないます。

○当地スタッフ 「状態は高いレベルで安定。先週末に札幌競馬場へ向かいました。同じ北海道への移動ならば気温差も小さく、輸送も相当に短い時間で済むでしょう。今、栗東トレセンへ連れて行くよりメリットは多いと思いますよ。是非とも頑張って欲しいですね」

札幌競馬場で1ハロン18秒前後のキャンターを消化。心身共にコンディションに特に異常は認められず、もう少しの間は馬自身の状態に応じて調整を行ないます。ゲート試験の合格が当面の目標です。

○笹田調教師 「先週末に札幌競馬場へ入りました。環境への戸惑いは無さそう。飼い葉の食いを含めて特に問題は見られません。とは言え、厩舎に来るのは今回が初めて。じっくり進めるのが良いでしょう。7月29日(水)は普通キャンターの調整です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

7月末に移動予定だったロードホーリーですが、先日、無事に札幌競馬場へ移動しました。デビュー予定などは全く決まっていないようですが、札幌開催の後半でのデビューとなるのかな。動きが良くなってきての入厩なので、どんな動きをしてくれるか楽しみにしています。

2009年7月29日 (水)

ロードなお馬さん(牧場組)

20096_2

ロードアビリティ(牡2・北出厩舎)父レギュラーメンバー 母ナチュラルカラー

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「馬体が一段と逞しい感じに。フットワークにも安定感が備わりました。しかし、もう8月。当面は北海道で調整を続けた方が体力の消耗を避ける意味でも良いかも知れません。今のうちにパワーを蓄え、夏後半もしくは秋の入厩を目指すのでは・・・」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アビリティは、丹念に乗り込まれています。涼しい北海道でもうしばらく調整されて、入厩に備えて欲しいと思います。今の馬体を見てみたいですね。

2009年7月27日 (月)

競走馬登録されて、さあこれから☆シルクジェミニ

Photo_2

シルクジェミニ(牡3・本田厩舎)父シンボリクリスエス 母シルクセレブレイト

15日に栗東・本田厩舎に入厩していたシルクジェミニですが、正式にJRAの競走馬登録が完了しました。これからゲート試験を受けて、本格的な調教となるかと思いますが、順調に進めて行って欲しいと願っています。

2番人気に支持されるも11着★ロードオブザリング

Photo   

ロードオブザリング(牡2・笹田厩舎)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

レースはJRAのHPで確認したのですが、最終的には2番人気に支持されたんですね。ただ、レースでは内で何もしないまま終わってしまった感じですね。若さも残る現状ですが、腰がまだまだ甘い馬だけに、小雨で滑る馬場で無理に追って、バランスを崩さないように、横山Jは乗ったようにも思います。現状では軽い芝の方が良いのかもしれませんし。じっくり立て直した方がいいかもしれません。

また、詳細が分かれば、追記したいと思います。競馬ブックのサイトに出ていた笹田師のコメントは下記のような感じです。

⇒「まだ腰に緩いところがあるので、今日のような力のいる馬場は良くないね。ただ、それ以上に内々の苦しい位置になってしまったから。今日は参考外だよ」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

7月26日(日)札幌4R・2歳新馬・混合・芝1800mに横山典弘騎手54kgで出走。13頭立て2番人気で3枠3番から平均ペースの道中を7、7、8、12番手と進み、直線では最内を通って1秒5差の11着でした。馬場は良。タイム1分53秒5、上がり37秒2。馬体重は498kgでした。

○笹田調教師 「序盤はソコソコの位置取りで運べたと思います。しかし、途中から他馬に被され続けて動けぬ格好に。結果的にポジションを段々と下げてしまい、そのまま最後まで回って来ただけの内容でした。非常に残念。全く競馬に参加できずに終わった感じです。今後に関して現段階では未定。馬自身のコンディション等も踏まえた上で決めましょう」

馬   名 性年 斤量 騎手 タイム 着差 後3F 厩 舎
1 7 11 スペースアーク 牡2 54.0 三浦 1.52.0   35.9
2 5 6 ビレッジブライト 牡2 54.0 四位 1.52.0 アタマ 35.8 藤原辰
3 4 4 アクアブルーフライ 牡2 54.0 長谷川 1.52.2 1 1/2 35.7 西浦
7 8 13 スクーデリアピサ 牡2 54.0 岩田 1.52.9 クビ 37.3 白井
11 3 3 ロードオブザリング 牡2 54.0 横山典 1.53.5 3/4 37.2 笹田

【次走へのメモ】

幾分、余裕残しも好馬体。中団の内目で道中は流れに乗れていたが、勝負どころで動くに動けない位置で後方まで下がってしまう。とはいえ、ラストも脚を使っていないし、自身も速い脚に欠ける感じ。(B誌)

パドックからボーっとしていた(G誌)

2009年7月26日 (日)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.71

(札幌9R)函館記念(G3)

◎ゼンノグッドウッド、○インティライミ、▲サクラオリオン、△レジネッタ、×マンハッタンスカイ、×マイネルチャールズ

距離の長かった天皇賞・春を度外視して、再度、この距離でゼンノグッドウッドを見直したいです。力のいる洋芝は合うタイプですし、そう恥ずかしい競馬はしないかと。相手には年齢的な衰えもあるかもしれませんが、実績を評価してインティライミを最上位に。サクラオリオンも札幌の芝で4着以下なしの堅実さは魅力。G1馬のレジネッタは、滞在競馬で本来の力を発揮してくれるかと。あとは、実績を評価して×の馬にも少々流したいです。

焼魚定食のコロコロ予想 vol.51

(新潟5R)◎エイシンナナツボシ

大混戦の1戦。積極的に2歳馬を下ろしている坂口則厩舎。叩きつつ良くなるタイプかと思いますが、ジワジワ伸びるタイプだけに新潟は合いそう。

(新潟7R)◎ダノンエクスプレス

未勝利を快勝しての昇級戦となりますが、前走だけ走ればココでも楽に通用する能力の持ち主。先手を奪えればアッサリのシーンも。かなり人気を集めるでしょうね。

(札幌7R)◎ワンモアマイウエイ

こちらも未勝利戦で快走した馬。未勝利でダート1200で11秒台はかなり優秀です。ここも最内枠から行き切って、スピードの違いを見せつけるかと。

(札幌8R)◎フレジェール

芝1800で3着続き。血統的に芝1200への距離短縮は必ず好材料かと。前進必至の1戦かと。

(小倉9R)◎ミリオンウェーブ

クラスが下がって2戦目で馬券に絡んできた同馬。小倉にも良績がありますし、ここも引き続きチャンス。

(新潟10R)◎トランセンド

初の古馬相手となりますが、ダートではとにかく底を見せていない同馬。時計が速くなっても大丈夫ですし、先々を睨んでここでどんなレースをするか注目です。

(小倉10R)◎タガノサイクロン

札幌から栗東へ、栗東から小倉へと移動は大変かと思いますが、長期休養明けを叩いて、状態は確実に上向き。ズブいところがあるので、追える川田Jとのコンビも魅力。最内枠を克服できれば。

(新潟12R)◎ダノンプログラマー

一息入って臨んだ未勝利戦が圧勝。まだまだ若さを覗かせる走りですが、やはり非凡な能力の持ち主。左回りで戸惑わなければ、昇級戦でも引き続き、勝ち負けできるかと。

2009年7月25日 (土)

焼魚定食のコロコロ予想 vol.50

(小倉4R)◎カルテブランシェ

丹念に乗り込まれ、先週は坂路で51秒台。非凡なセンスが感じられ、断然人気でも。

(新潟5R)◎クリスマドンナ

牝馬限定戦で18頭立てと大混戦。前評判はラッキーダイスですが、人気に応えられるかどうか…。ここは少し疑って、直前の動きが良くて、人気馬の影に隠れている同馬を。POGのボンドガールにも頑張って欲しいが、強調できる動きではなく厳しいかな。

(札幌4R)◎アマファソン

人気はスクーデリアピサに追い切りで先着したネレイスかと思いますが、今週の追い切りで岩田Jが手綱を取って、ビシッと仕上げてきたアマファソンを上位に。初戦から動ける仕上げかと。

(小倉5R)◎フレンチシチー

今一歩の内容が続きますが、ダートで変わりそうな同馬。同厩舎のエスポワールシチーも芝で勝ち切れなくて、小倉戦でダートを使って快進撃が始まりました。この馬も先輩に続けるか!?

(小倉7R)◎トランソニック

2戦目のダートで一変した同馬。元々は素質を評価されていた馬ですし、前走の内容から昇級しても通じないかと。

(小倉10R)◎コパノオーシャンズ

大混戦のメンバーですが、安定した差しが魅力の同馬から。時計がないのは気にはなりますが、短いところでより良さが出そうに思います。前走で息の合った騎乗した川田Jと引き続きコンビなのも魅力

(小倉11R)◎シーポラリス

昇級初戦でいきなり2着に頑張った前走を評価。負けた相手は1600万で好走していて、降級になった馬(ボクノタイヨウ)でしたし、走破時計も優秀です。今回も大崩れはないかと思います。

2009年7月24日 (金)

ロードなお馬さんの初出走☆ロードオブザリング

Photo 

ロードオブザリング(牡2・笹田厩舎)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

7月17日(金)に札幌競馬場へ移動。7月26日(日)札幌4R・2歳新馬・混合・芝1800mに横山典弘騎手54kgで出走します。7月22日(水)稍重の札幌・芝コースで5ハロン70.5-54.9-39.7-11.9 3分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の内を通って同時入線。短評は「万全の態勢整う」でした。発走は12時30分です。


2009年 7月26日(日) 1回札幌12日 4R 発走 12:30
サラ系2歳 新馬 (混合)[指定] 馬齢 1800m 芝・右
本賞金: 700、 280、 180、 110、 70万円


アクアブルーフライ 牡2 54kg 長谷川 浩大 
ガルボ       牡2 53kg ☆丸田 恭介 
キサキタ      牡2 54kg 藤田 伸二  
スクーデリアピサ 牡2 54kg 岩田 康誠 
スピリットワン   牡2 54kg 菊沢 隆徳  
スペースアーク 牡2 54kg 三浦 皇成  
テイエムタフネス  牡2 54kg 小林 徹弥  
ニシキホマレ    牡2 54kg 小牧 太   
バシュペリーゴ   牡2 54kg 柴山 雄一  
ビレッジブライト  牡2 54kg 四位 洋文  
ヤマノトップラン  牝2 54kg 秋山 真一郎 
ライジングタイド  牡2 54kg 松岡 正海 

ロードオブザリング牡2 54kg 横山 典弘

(追い切り)

横山典 札幌芝稍 70.5 54.9 39.7 11.9(3)   馬なり余力 万全の態勢整う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

人気はスクーデリアピサ、スペースアークが集めるのかなと思います。おそらくその次くらいの人気になるのかなと思います。ただ、先週はCWで80秒を切ってきて、今週は横山典Jを背に、サラッと流すような追い切り。それでいて、動きは軽快だったようで、競馬ブックの追い切りでは今週もの印が。さてどれくらいの評価をされているんでしょうか!? (7月23日)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

好素材がそろった日曜の札幌4Rではロードオブザリング(牡=笹田、父ホワイトマズル)の前評判がいい。栗東で入念に乗り込んで、先週末に札幌に移動。笹田師は「体形的にも血統的にも距離が延びて良さそうだし、1800メートルが始まるのを待って、当初からここを狙っていた。ここをクリアしてくれれば先々が楽しみ」と期待も熱い。【スポニチより】

手元で育てたいと早めに入厩して、じっくり調整された効果が大きいようですね。最終追いきりも、切れのある動きをしていたとか。デビュー戦から楽しみになってきました。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

(コメント)

◎笹田師「緩さがあったので、ここまでじっくり乗り込んできた。仕上がりはいいし、走法、血統からも長い距離が合う」

ロードオブザリングは3枠3番になりました。人気もどうやら3番人気での出走となりそうです。乗り込み量は豊富ですし、今週の追い切りを見ると、芝で更に良さが出るかと。まだトモがしっかりしていないので、直線の平坦も良いでしょう。ここはダービーJの手腕に期待!

2009年7月23日 (木)

募集馬DVDが到着しました

本日は休みだったので、ちょうど本日届いたDVDを目を皿のようにして見ていました。まずは昨年から出資している8-8、8-10と既に投函した8-41の動きをチェック。8-41は小柄ですが、覇気があって前向きそうな気性も好感です。8-8、8-10はそれぞれ順調に育っていると思います。

さらっとひと通り見て、気になったのが、シルク8-16でした。この馬を選んで画像を再生すると、見終わるとまた勝手にリピートされます。これは何かのサインなんでしょうか!?

Photo_7

まあ、それはさておき、皮膚に厚ぼったさがなく て、しっかりした馬格は魅力です。引かれている時の足の運びというか足の返しがよく利いていて、非常に好感が持てました。馬相、立ち姿にも品があるので、関東馬ではありますが、勢いで1口本日投函してしまいました(笑)

これでしばらくは、大人しくじっくり様子見したいと思っています。

ロードなお馬さん(入厩組)

Photo 

ロードオブザリング(牡2・笹田厩舎)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

7月17日(金)に札幌競馬場へ移動。7月26日(日)札幌・2歳新馬・混合・芝1800mに横山典弘騎手54kgで予定しています。同レースはフルゲート14頭。現段階では15/14の抽選対象です。7月22日(水)稍重の札幌・芝コースで5ハロン70.5-54.9-39.7-11.9 3分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の内を通って同時入線。短評は「万全の態勢整う」でした。

○笹田調教師 「先週末に到着。7月22日(水)は横山典弘騎手を背に芝コースで追い切り、もう十分に仕上がっていますね・・・と言う感想が聞かれましたよ。入厩から約3ヶ月。じっくり乗り込んで予定通りデビューを迎えられそう。是非とも頑張って欲しいですね」

≪調教時計≫

09.07.22 横山典 札幌芝稍 70.5 54.9 39.7 11.9(3)馬なり余力 万全の態勢整う レディミステリー(3歳未勝利)馬なりの内同入

Photo 

ロードギャラクシー(牡2・河野厩舎)父ネオユニヴァース 母ユニオンワラダー

7月22日(水)良の美浦・ニューポリトラックコースで5ハロン69.2-54.0-39.0-12.7 6分所を一杯に追っています。併せ馬では末強目の相手の内を先行して0秒4遅れ。短評は「伸び物足りず」でした。当初のプランを変更して8月9日(日)新潟・2歳新馬・混合・芝1600mに三浦騎手で予定しています。

○高梨調教助手 「7月22日(水)はポリトラックへ。3頭併せの形で追い切りました。そして、全体68秒9、終い12秒8をマーク。着実に仕上がって来たと言えるでしょう。最終週だと三浦騎手が乗れると思います。当初のプランを改めて芝1600m戦を目指す方針です」

≪調教時計≫

09.07.22 助手 美南P良 69.2 54.0 39.0 12.7(6)一杯に追う 伸び物足りず メダイヨン(古馬500万)末強目の内先行3F付0秒4遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

オブザリングはついては、いよいよデビューです。また別の記事で。

ギャラクシーは、相変わらず稽古ではピリッとしてきません。力をつけていないので、芝に行って変わってくれるかな。三浦Jとのコンビでデビューです。

ロードなお馬さん(牧場組)

20096_2

ロードアビリティ(牡2・北出厩舎)父レギュラーメンバー 母ナチュラルカラー

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。週単位で大きな変化こそ窺えぬものの、スケジュール通りに乗り込めているのが何よりだと思います。脚元はスッキリ。現状でコレと言った課題は見当たらず、この調子で全体のレベルアップを求めましょう」

20096

ロードホーリー(牡2・笹田厩舎)父シックスセンス 母アミティエ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。7月下旬に札幌もしくは函館競馬場へ入厩の予定です。

○当地スタッフ 「前向きな姿勢で稽古に取り組む一方、普段は十分な落ち着きを有しています。気持ちのコントロールが利くのは強味でしょう。7月17日(金)に笹田調教師が視察に訪れました。早ければ今週末にも入厩スケジュールが決まるかも知れません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アビリティは、今までのテレサを寄せ集めたようなコメントですが、頗る順調です。まだまだ良化が見込めるようなので、乗り込むようですが、脚部のケアはしっかりしてほしいです。

締め切り直前に飛び込んだホーリーは、まもなく移動です。気性面でヤンチャなところもだいぶ解消されてきたようです。息の長い活躍を期待しています。

シルクなお馬さん(2歳・牧場組)

20095

シルクアーネスト(牡2・池添)父グラスワンダー 母ティアドロップス  

滋賀県・グリーンファーム甲南で調整中です。本馬場中心に常歩とダク3,000mの調教をつけられています。牧場長は「ソエの部分が少しチクチク気になるので、先週は調教師とも相談して焼烙治療を行いました。すぐに固まるという感じではありませんので、何度か焼く必要があると思います。調教は軽めのところで様子を見ていきたいと思います」と話しています。(7/20近況)

20096

シルクケーニッヒ(牡2・本田)父ストラヴィンスキー 母ブリッツケーニギン

北海道・フロンティアスタッドで調整中です。ウォーキングマシン60分、屋内トラックでダク1,200mとキャンター2,000m乗った後、坂路コースでキャンター1本の調教をつけられています。牧場長は「少し距離を延ばし、先週土曜日は3ハロンから13-13を進めました。まだ若干緩さはありますが、相変わらず乗り味は良いので、ソエを出さないよう注意しながら進めて行きたいと思います」と話しています。(7/20近況)

20096_2

シルクオールディー(牡2・昆)父マンハッタンカフェ 母クインオブオールディー

北海道・フロンティアスタッドで調整中です。ウォーキングマシン60分、坂路コースでダク2,400mとキャンター2,400mの調教をつけられています。確認した調教師は「札幌でダートの調整だとソエが心配なので、ウッドで調整出来る函館へ、今週末に入れる事にしました。札幌の2開催目から芝1,800mの番組がありますから、順調ならその辺を目標にしたいと思います」と話しています。(7/20近況)

Photo   

シルクタイムレス(牡2・山内)父クロフネ 母ジュウニヒトエ

北海道・ヤマダステーブルで調整中です。午前と午後のウォーキングマシン60分、ミニトラックでダク4,000m乗った後、坂路コースでキャンター2本の調教をつけられています。牧場長は「調教師と打ち合わせを行い、ビシビシ攻めて460kg台まで絞ろうと思っています。確かに、距離が短かった事もありますが、まだ馬体が太かったことと、気合いが物足りない面もありましたからね。絞れて気合いが乗ってくれば、今度は動けると思います」と話しています。(7/20近況)

20096

シルクルーパス(牡2・河野)父ステイゴールド 母ピアルピナス 

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路でキャンターの調教を付けられており、牧場長は「軽く乗る分には問題ありませんが、脚元がしっかり固まるまでは、無理しない方が良いと思います。やり出せば早そうなタイプですし、じっくり進めていきます」と話しています。(7/20近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アーネストは、ソエの焼烙治療をしたとのことで、時間はかかりそうですね。こればかりは仕方ないので、じっくり再調整して欲しいと思います。

ケーニッヒ、オールディーのフロンティアS組は、アーネストの影響か「ソエ」の文言が目立ちますね。ケーニッヒの預託先の本田厩舎は、今年の2歳は粒が揃っているので、級社内の競争は厳しいですが、秋頃の入厩を目指して、体力づくりに務めて欲しいです。

オールディーは、いよいよ函館競馬場へ移動です。そして、デビューを目指すようです。どれだけやれるか未知数なところがありますが、楽しみにしておきたいと思います。

タイムレスは、ビシビシ鍛え直されている現状です。ピリッとして前向きさが出て来て欲しいです。

ルーパスは、我慢の日々です。しばらくはこのペースで、慎重を期して欲しいと思います。

シルクなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo   

シルクフォーチュン(牡3・藤沢則厩舎)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

天栄ホースパークで休養中です。右後脚第三足根骨々折の為、引き続き馬房で安静にしており、牧場長は「状態に大きな変化は見られません。思ったよりも長引いていますが、まだまだ走れる馬ですし、慌てず回復を待ちたいと思います」と話しています。(7/20近況)

Photo_2 

シルクメビウス(牡3・領家厩舎)父ステイゴールド 母チャンネルワン

京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。到着後はマシンの運動で連戦の疲れを癒しており、牧場長は「レースの疲れがあるようで、運動だけで様子を見ています。今週から乗り運動は始めようと思っていますが、本格的な調教再開については、もう少し状態を見てからです」と話しています。(7/20近況)

Photo_4 

シルクナトゥール(牡3・山内厩舎)父ネオユニヴァース 母エンジェルインザモーニング

茨城県・サーストン牧場で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と本馬場でダク2,000m、キャンター3,000mの調教をつけられています。調教師は「調整程度ですが、軽めのキャンターを長めに乗っています。使い込んでいる馬ですし、リフレッシュさせることを目的に乗っています」と話しています。(7/20近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

フォーチュンは、まだまだ時間がかかりそうです。2歳からずっと使い詰めで、疲れていたところもあるんでしょうね。

メビウスも交流重賞G1の劇走の疲れがあるようですね。まあ、乗り運動は再開するようなので、無理なく進めて欲しいと思います。

ナトゥールは、まだ関西馬の並びにありますが、関東への転厩は確定したということで良いのかな? まあ、できるだけ早く厩舎に戻って欲しいと思います。

シルクなお馬さん(3歳・入厩組)

Photo_3   

サリール(牝3・藤岡健)父スペシャルウィーク 母ファーストセーラ

CWコースでキャンターの調整で、15日に併せて時計を出すと、19日にも追い切られています。調教師は「先々週の追い切りでは、背中の使い方がもう一つで、動きも一息だったので、予定を延ばしました。先週の追い切りでは遅れはしましたが、状態は良くなってきています」と話して、今週の出走を予定していましたが、検討の結果、今週の登録は見送る方向です。(7/20近況)

Photo_2

シルクジェミニ(牡3・本田厩舎)父シンボリクリスエス 母シルクセレブレイト

予定通り15日に栗東・本田厩舎へ入厩すると、坂路コースでキャンターの調整です。調教師は「脚元に不安のある馬だから、気を付けてやっていきます。あまり時間もないので、まずはゲート試験に向けて進めていきます」と話しています。(7/20近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今週は先に3歳馬の近況報告を。入厩している2頭は未勝利ですので、何とか1勝を上げて欲しいです。

サリールは、動きというか状態がピリッとしてこないので、出走予定がここまでズレてきています。今週も結局は自重することになりました。脚を腫らした影響があるのかな。

ジェミニは、新しい環境に戸惑うことなく順調に行っているのかな。本田調教師も足元には留意してくれているようなので、状況を見ながら進めて行ってくれるかと思います。

シルクの1歳馬の近況です!

001      

シルク8-8(牝・野中)(父シンボリクリスエス 母ウェディングシルク)

ヤナガワ分場で放牧中。

「背丈に大きな変化は見られませんが、幅は出てきました。力が付いて、ややチャカチャカしてきましたが、サンデー肌だし、これ位の方がいいかも」とスタッフ。

Photo   

シルク8-10(牝・岡田)(父ゼンノロブロイ 母サンシャインステラ)

坂東牧場で放牧中。

「夜間放牧を継続中ですが、徐々にピリピリした面がなくなり、大人になってきました。この馬も担当者を決め、引き運動中心の初期馴致を行っています」とスタッフ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シルクの1歳馬の募集を見ると、シンボリクリスエス産駒、ゼンノロブロイ産駒はそれぞれ愛馬1頭だけですね。貴重な産駒として頑張って欲しいと思います。

8-8はやや煩いところが出てきたようですが、覇気が出てきたともいえるので、それをレースで良い方に出てくれればと思います。

8-10は初期馴致も開始され、順調ですね。コンパクトな馬体には、確かな能力が凝縮されていると思っていますので、脚部には慎重を期して欲しいと思います。

2009年7月21日 (火)

とりあえず優先期間に

Photo_2

シルク8-41 (牡・領家)父ステイゴールド 母ビービープレジャー

募集DVDがまだ届かないですが、当初から宣言していたように、同馬に出資申し込みすることにしました。小柄の馬で少し右前脚がスラッとはしていませんが、全体のシルエットは良い馬ですし、力強さを感じます。シルクのステイゴールド産駒は3年連続出資(メビウス、ルーパス、同馬)となりますが、この馬が一番ステイゴールドらしいかと思います。遅生まれですし、これからの成長の余地も多いかと見ています。

あとの出資馬は、募集DVDが届いてから再考したいと思います。次の出資の最有力候補はやはりシルク8-1かなと思っています。その後は、関西の牡馬を中心になるかなと。

2009年7月19日 (日)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.70

(新潟11R)アイビスサマーダッシュ(G3)

◎コスモベル、○シャウトライン、▲アルティマトゥーレ、△エイシンタイガー、×カノヤザクラ、×アポロドルチェ

2頭出しの人気薄ではないですが、高松宮記念5着の実績が光るコスモベルを本命に。久々になりますが、牧場で丹念に乗り込まれてきたようですし、1週前には坂路で49秒4の好時計をマーク。外めの枠が当りましたし、初の直線競馬が良い方に出ないかな。対抗は2走前にこの条件で圧勝しているシャウトライン。1600万下を連勝してきた勢いも魅力。ただ、前走より馬体が増えているようだと割引かも。アルティマトゥーレは、1200ではスピードの違いを見せて、圧勝しているのは魅力。ここでもスピードは最上位かなと思います。この条件でよりこの馬の良さが出るかどうか。馬場も多少心配。エイシンタイガーは1400以下を使うようになって成績が安定。初の古馬相手の重賞で2着に頑張るのだから力もつけてきている証拠だと思います。斤量も魅力ですし、ここでも大崩れはなさそう。あとは、昨年の覇者カノヤザクラ、少し時計がかかるようなら侮れないアポロドルチェを。

矢野復帰するも…。

緒戦の良い試合内容で臨んだ昨日のジャイアンツ戦。ヒジの手術の影響で2軍で調整され、ようやく1軍に上がってきた矢野が先発復帰と、「さあ、これから」という意気込みを感じる1戦でしたが…。

こういう大事な試合に登板して、昨シーズンは背信を続けた安藤。昨日も先制点を取られ、追いついた途端にまた点を取られる展開。まあ、お粗末な守備に足を引っ張られたとは思いますが…。ある意味、今年の阪神を象徴する試合なのかなとも思いました。

焼魚定食のコロコロ予想 vol.49

(小倉4R)◎オーロラナイト

丹念に乗り込まれていて、芝で更に良さが出そうな感じ。いきなりから注目。

(小倉9R)◎プロフェッショナル

人気はスタッドジェルランかと思いますが、やや右回りに不安を感じるところ。叩いて良くなるタイプかなと思いますが、昇級戦の1600万下のレースでも2着に頑張ったようにダートでは底を見せていないプロフェッショナルの地力を信頼。降級となるここでは恥ずかしい競馬はしない筈。

(小倉10R)◎フライングメリッサ

斤量と今の充実したデキを信頼してフライングメリッサを。直線平坦の小倉コースも向くかと思います。滞在競馬の小倉では大崩れしていないシゲルフセルトも不気味。

(札幌9R)◎フリートアドミラル

前走でアドマイヤスバルと差のない競馬をしたフリートアドミラル。滞在競馬もこの馬には好材料なのでしょう。ここも主導権を握れる展開。大崩れはなさそう。マチカネニホンバレは4連勝中。それで55キロの斤量は何とも有利ですが、広いコース向きかと。ここでもノンストップで勝利するようだとホント秋が楽しみになってくるのですが。

(小倉12R)◎サワノパンサー

素質的にはまだまだ上を目指せる同馬。多少、この距離に不安を覚えますが、武豊Jを配して必勝体制。弱いところを残しますが素直に力を信頼して。

2009年7月18日 (土)

焼魚定食のコロコロ予想 vol.48

(新潟6R)◎ヴィーヴァギブソン

芝1800ということで、各厩舎の期待馬がスタンバイしているようですが、関西から唯一、ここに乗り込んできたのが同馬です。先週はCWで良い動きをしていた馬ですが、今週は坂路で上がり重点ながら、ラスト1F12秒2をマーク。厩舎でも“久々の大物”ということで期待はかなり高いようです。レースぶりに注目です。

(小倉9R)◎シルクナデシコ

年上のシルクシャンゼリゼが人気を集めるレースですが、久々を叩いて初勝利を挙げた小倉で変わりそうなシルクナデシコにより注目したいと思います。稽古は馬なりで51秒台をマークするんですから能力は秘めています。

(新潟10R)◎スピリタス

持っている能力はOPでも十二分にやれるくらいのものを秘めている同馬。体質が弱くてリズムを崩してしまっていますが、準オープンから降級となる1000万下なら断然かと思います。中間、爪を痛めたようですが、このクラスで不様なレースはさすがにしないかと思います。

(札幌9R)◎レッドシャガーラ

なかなか相手が揃っていますが、これからまだまだ伸びていく存在レッドシャガーラに期待したいと思います。スッと好位に取り付ける器用さあり、それでいて最後もしっかりした脚を使える同馬。直前の追いきりも更に上昇を思わせる動きです。ココを勝って秋の菊花賞トライアルに備えたいところ。

(小倉10R)◎アグネスサクラ

開幕週の馬場ならロードロックスターに向くかなと思いますが、52キロで武豊Jが乗ってくる意欲を考えるとこちらかなと。前走も4角早々に先頭に立ち、しっかりした末脚で後続を突き放した内容は秀逸。ロードロックスターをマークの競馬に徹して。

(新潟11R)◎トシナギサ

ザ石の影響が気になりますが、大外枠で揉まれない競馬が出来そうなのは魅力。ここ2走はホント強い内容ですし、自分のレースに持ち込んで。上位人気の馬はそれぞれに力を秘めているので、容易ではないですが、ここでどういうレースをするか注目です。

2009年7月17日 (金)

当歳募集で購入していたお馬さん2頭の馬体コメント

001      

シルク8-8(牝・野中)(父シンボリクリスエス 母ウェディングシルク)

(馬体)

本馬は一見して垢抜けた馬体の持ち主。当歳時と比較しても、牝馬らしい柔らか味が増し、馬体にも伸びが出てきて、ここまで良い形で成長が見られます。がっしりとした造りで、バランス良く筋肉も成長し、より一層、垢抜けた雰囲気を醸し出すようになりました。全体的にも素軽さも出てきて、父の産駒特有の重苦しさもなく、母の父サンデーサイレンスの影響が強く出ているように思います。放牧地でも軽やかな動きを見せていて、いかにも瞬発力がありそうですし、牝馬特有の切れ味を武器に活躍してくれることでしょう。

○体高 151cm ○胸囲 168cm ○管囲 18.5cm ○予想体重 460~480キロ 

Photo_6   

シルク8-10(牝・岡田)(父ゼンノロブロイ 母サンシャインステラ)

(馬体)

首さしが良くスラッとした体型の持ち主で、品のある柔らかい馬体をしています。両親ともに気が強く闘志を表に出すタイプでしたが、本馬もかなりの根性を持っているようです。この牝系らしくサイズは小ぶりですが、その分しっかり凝縮された馬体は、兄サンプレイスに通じるものがあります。放牧地でも精力的に動き回り、運動量の多さが際立っています。兄や姉と同様に芝で切れる脚を武器に活躍しそうですが、父の産駒はダートも得意としており、距離面も含めて、その適性はかなり幅広いものと思われます。

○体高 149cm ○胸囲 169cm ○管囲 18.5cm ○予想体重 430~450キロ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

両馬ともに小ぶりですが、良い雰囲気のまま成長してくれていると思います。早くDVDで動きを確認してみたいですね。

8-8は、成長の段階でまだ少し体型を崩していますが、それだけまだ馬体面でも成長が見込めますし、良化の余地があるかと。

8-10は頭が軽く、独特の首さしの良さで、雰囲気を感じさせる馬体です。小柄ながら良くまとまっていると思います。これで落ち着きが出てきたら、ふっくらもしてくるでしょうし、楽しみなのですが。

牝馬には楽しみな募集馬がいますが、今のところはこの2頭で我慢しとこかなっと思っています。

久しぶりに野球の話題を

借金13ながら、早々と真弓監督の留任が決まった我が阪神タイガース。選手もファンもこの状況ならなかなかテンションが上がらないのですが、何とか良い兆しを見せて欲しいところ。

本日の試合は、ゴンザレスと金村のテンポの良い投手戦。亀井のホームランが重くのしかかっていました。唯一のチャンスかと思われた7回表の攻撃。無死1、2塁で代打桧山の打球をセンター松本選手に好捕され、続いて代打に出てきた葛城が注文どおりの併殺に終わった時は、今年何度も見た展開でした。

ただ、この後、リリーフ陣が踏ん張ったのが、最後の最後で運が向いてきました。ジャイアンツの完膚なきままのリリーフ投入で、9回ブラゼルが打ち取られたところでお手上げかと思っていました。山口が続投していたら、とは結果論ですが、原監督は計算どおりの投手起用にちょっと酔ってしまったかもしれませんね。

打撃の不振のためにも1塁に戻してあげればと思う新井が、難しいフォークボールを良いところに打ち返してくれました。そして、“上手く打ったなあ”と思った瞬間に、鳥谷の一発。その後は勢いに乗っての一挙5点となりましたが、久々にスッキリする1勝でした。

これが明日に続かないのが今年の阪神タイガースですが、明日、あさっても意地を見せて欲しいと思います!

ロードなお馬さん(入厩組)

Photo 

ロードオブザリング(牡2・笹田厩舎)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

7月12日(日)良の栗東・坂路コースで1本目に59.5-44.2-29.8-15.0 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。

≪調教時計≫
09.07.12 助手  栗東坂良1回 59.5 44.2 29.8 15.0  馬なり余力 坂路コースで入念

7月15日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン79.7-64.7-50.6-38.1-13.2 6分所を追って一杯になっています。併せ馬ではバテるの相手の外を先行して1秒1先着。短評は「好時計マーク」でした。7月17日(金)に札幌競馬場へ移動して7月26日(日)札幌・2歳新馬・混合・芝1800mに横山典弘騎手で予定しています。

○笹田調教師 「7月15日(水)はCウッド馬場で。ジェニュイン産駒の新馬と一緒に行きました。最後は稍一杯と言った手応え。でも、動きを含めて問題は見当たりません。午後に馬体チェックを済ませた上で明日16日(木)には札幌へ向かおうと思います」

≪調教時計≫
09.07.15 助手 栗CW良 79.7 64.7 50.6 38.1 13.2(6)追って一杯 好時計マーク

テーオーケンシン(2歳新馬)バテるの外先行3F付1秒1先着

Photo 

ロードギャラクシー(牡2・河野厩舎)父ネオユニヴァース 母ユニオンワラダー

7月12日(日)良の美浦・坂路コースで1本目に60.2-44.3-29.2-14.4 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。

≪調教時計≫
09.07.12 助手 美南坂良1回 60.2 44.3 29.2 14.4  馬なり余力 坂路コースで入念

7月15日(水)良の美浦・坂路コースで2本目に50.5-37.2-25.4-13.3 強目に追っています。併せ馬では一杯の相手を0秒2追走して同時入線。短評は「脚いろで勝る」でした。8月2日(日)新潟・2歳新馬・混合・芝1800mに予定しています

○安瀬調教厩務員 「7月15日(水)は坂路で。ハロー明け直後に時計を出しました。最後に多少モタ付いたのは2ハロン目に行き過ぎたのが原因。でも、だいぶ素軽い動きに変わったと思います。厩舎へ入った当初に比べてトモも随分しっかり。新潟3週目にデビューの予定です」

≪調教時計≫
09.07.15 助手 美南坂良2回 50.5 37.2 25.4 13.3  強目に追う 脚いろで勝る

ローグランド(2歳未勝利)一杯を0秒2追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ピリッとしてこなかったロードの2頭ですが、デビューを間近にして変わってきました。

まず、ロードオブザリングは、CWでビシッと追って、6分どころと内めながら、CWで80秒割れの時計をマークしました。これは古馬を含めても7番目の好時計です。途中、熱発を起こしましたが、じっくり乗り込まれてきてピリッとしてきました。横山典Jを確保してくれた陣営に感謝していましたが、この感じだと初戦から期待できるかな。俄然、楽しみになってきました。

ロードギャラクシーは、遅れが目立っていましたが、追走して良い感じで調教が出来ました。鞍上未定ですが、ようやくデビューの予定も出ましたね。美浦の坂路なので、ラストをもう少しまとめられたら、言うことないです。ひと追い毎に良くなって来てるかと思います。

デビューへまずは1歩☆シルクジェミニ

Photo_4

シルクジェミニ(牡3・本田厩舎)父シンボリクリスエス 母シルクセレブレイト

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路3本の調整です。先週は坂路中心に13-13の調教を付けられており、牧場長は「先週も順調に乗ることができました。状態は良い意味で平行線で、いつ声が掛かっても大丈夫です」と話すと、確認した調教師の指示で、15日に栗東の本田厩舎へ入厩する予定になりました。(7/14近況)

15日に栗東・本田厩舎へ入厩しています。(7/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

軽度の屈腱炎で調整が遅れていたシルクジェミニ。天栄の3歳のトリを務める感じで、ようやく先日、栗東・本田厩舎へ入厩となりました。残された時間は短いですが、ポテンシャルの高い馬だと思うので、栗東でも順調に稽古を積んでもらって、競馬での勇姿を見たいですね。

※写真はまめごまさんが先日、天栄でお撮りいただいたものを使用させていただきました。ありがとうございます。

シルクなお馬さん(3歳・入厩組)

Photo_3 

サリール(牝3・藤岡健)父スペシャルウィーク 母ファーストセーラ

CWと坂路コースでキャンターの調整で、8日と12日に時計を出しています。調教師は「先週使うつもりで追い切りをかけたけど、馬場が悪かったにしても、もう一つ思ったような動きではなかったので、無理に使わず1週待つことにしました。今週は小倉に牝馬限定戦もあるので、追い切りの動きを見て使うかどうか決めたいと思います」と話しており、今週土曜日の小倉・芝1,800m(牝)に出走を予定しています。(7/14近況)

検討の結果、今週の登録は見送り、来週の出走予定となりました。(7/16近況)

12栗坂良 58.9- 43.5- 28.9- ---  馬也単走

15CW良 82.7- 67.0- 52.6- 39.3- 13.2 一杯追走0.4秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

サリールは、また今週も出走を控えることとなりました。以前は稽古でも動いていましたが、戻ってきてからは追い切りでピリッとしたところがまだまだですね。まあ、順調に乗り込めているので、変わってくることを願っています。

お疲れ様でした☆シルクユーロスター

Photo_5      

シルクユーロスター(牡3・五十嵐厩舎)父ミラクルアドマイヤ 母ユーロカレンシー

前走後に脚元の不安を発症し、状態を確認しておりましたが、現状では再度長期休養に入る可能性が高い為、協議を行った結果、誠に残念ながらこのまま引退させる事が決まり、11日に抹消の手続きが取られています。尚、出資会員の皆様には後日書面にてご報告致します。(7/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

細胞注入手術をして、レースに復帰することは出来ましたが、さすがに2歳戦で見せた行きっぷりなど力を発揮するのは難しかったですね。連闘で無理使いとも言えますが、使って良くしていくくらいしか手がなかったかと思います。募集取り消しはありましたが、出資馬で引退は初めてとなりました。お疲れ様でした。

シルクなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo   

シルクフォーチュン(牡3・藤沢則厩舎)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

天栄ホースパークで休養中です。右後脚第三足根骨々折の為、引き続き馬房で安静にしており、牧場長は「楽をさせているので、見た目は落ち着いていますが、今はゆっくり休ませるしかありません。今後も状態を注意深く確認していきます」と話しています。(7/14近況)

Photo_2 

シルクメビウス(牡3・領家厩舎)父ステイゴールド 母チャンネルワン

8日の大井、ジャパンダートダービーに出走して、2着でした。道中は5番手でレースを進めると、3コーナーすぎも好位の外を流れに乗って追走し、5番手で4コーナーを回りました。そして直線では懸命に追われると、勝ち馬には追い比べで及ばなかったものの、最後まで渋太い伸び脚を見せて、2着に押し上げています。調教助手は「9日の朝5時に厩舎に戻りましたが、さすがに疲れがあるみたいですね。調教師とも相談して、この後は一旦放牧に出す予定です」と話し、調教師は「前2頭をマークするようにと指示していたので、早めの競馬になりましたが、結果的にはもう少し遅く仕掛けた方が良かったね。それでも乗り役も上手く乗ってくれたし、内容は良かったと思います。この後は1,2週間宇治に出して疲れを取ってもらい、その後の状態を見てからだけど、新潟の新設重賞・レパードSへ向かえればと思っています」と話して、11日に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ移動しています。(7/14近況)

Photo_2

シルクナトゥール(牡3・山内厩舎)父ネオユニヴァース 母エンジェルインザモーニング

茨城県・サーストン牧場で調整中です。本馬場中心にキャンター3,000mの調教をつけられており、確認した伊藤大士調教師は「連闘してきたせいか、左トモが疲れているので、少し治療しました。状態次第ですが、馬房の増える来週を目処に入れたいと思っています」と話しています。(7/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

フォーチュンは、ここ暫く同じようなテレサです。患部の良化をじっくり待つしかないですね。

メビウスは、残念でしたが2着と大舞台でもしっかり力を出してくれました。さすがにレース後は疲れが出たようですが、まずはゆっくり静養して欲しいと思います。

ナトゥールは、まだ正式発表はないですが、関東の伊藤大厩舎へ転厩となるようです。後、何回レースを使うのか分かりませんが、少しでも上位に来れるように頑張って欲しいと思います。

シルクなお馬さん(2歳・牧場組)

20096

シルクケーニッヒ(牡2・本田)父ストラヴィンスキー 母ブリッツケーニギン

北海道・フロンティアスタッドで調整中です。ウォーキングマシン60分、屋内トラックでダク1,200mとキャンター2,000m乗った後、坂路コースでキャンター1本の調教をつけられています。牧場長は「先週も2ハロン13-13のペースで行かせました。首をグッと下げて、馬が走る気になってきました。このまま順調に行って欲しいですね」と話しています。(7/14近況)

20096_2

シルクオールディー(牡2・昆)父マンハッタンカフェ 母クインオブオールディー

北海道・フロンティアスタッドで調整中です。ウォーキングマシン60分、坂路コースでダク2,400mとキャンター2,400mの調教をつけられています。牧場長は「強めの調教をコンスタントに進めていますが、調教が終わったあと、入念に脚元をケアしていますので、現段階ではソエの心配もありません。体も絞れて来ましたし、今週と来週であと2本追って態勢を整えたいと思います」と話しています。(7/14近況)

Photo   

シルクタイムレス(牡2・山内)父クロフネ 母ジュウニヒトエ

7日に北海道・ヤマダステーブルへ放牧となると、到着後はウォーキングマシン60分、ミニトラックでダク4,000m乗った後、坂路コースでキャンター1本の調教をつけられています。牧場長は「レースのダメージも全く見られませんので、到着した翌日から早速乗り出しています。あんなに走らない馬ではない筈ですから、長い距離の番組が増える札幌の2開催目で戻すと言われても良い様に、しっかり乗り込みたいと思います」と話しています。(7/14近況)

20096_3   

シルクルーパス(牡2・河野)父ステイゴールド 母ピアルピナス 

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路でキャンターの調教を付けられており、牧場長は「脚元の状態はまずまずですが、これからの馬ですし、しっかり固める意味でも、もう少し我慢したいと思います」と話しています。(7/14近況)

20095

シルクアーネスト(牡2・池添)父グラスワンダー 母ティアドロップス  

滋賀県・グリーンファーム甲南で調整中です。到着後はマシンの運動でソエの状態を確認しています。牧場長は「休みなく来ていたようなので、一息入れる意味も含めて、運動だけで楽をさせていました。ソエはしっかり冷やして抑えてありますので、今のところは大丈夫です。様子を見て乗り出したいと思います」と話しています。(7/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ケーニッヒは、この馬なりに順調です。募集時のDVDでも感じたのですが、前向きさがあるのは好感です。秋の入厩を目指して、今はじっくり力をつけて行ってほしいと思います。

オールディーは、いよいよ移動が迫ってきました。良い感じです。このまま無理をせずに入厩に備えてくださいな。

タイムレスは、疲れなく乗り込むを開始しているようです。意外と復帰は早いかもしれませんが、走ることに前向きさが出るように調整してほしいです。

ルーパスはゆっくりと乗り込めているので、もうしばらく我慢です。

アーネストも一服中です。この休養を今後の成長へ生かして欲しいですね。

ロードなお馬さん(牧場組)

20096

ロードアビリティ(牡2・北出厩舎)父レギュラーメンバー 母ナチュラルカラー

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。7月12日(日)測定の馬体重は498kg。

○当地スタッフ 「一時期に比べて素軽い動きに。稽古を積み重ねる毎に着実な良化が窺えます。馬自身に疲れた素振りは無し。与えた飼い葉はキッチリ食べており、体調面に関して特に不安は覚えません。指示が届けばスムーズに仕上げられる状態と言えるでしょう」

20096

ロードホーリー(牡2・笹田厩舎)父シックスセンス 母アミティエ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。7月下旬に札幌もしくは函館競馬場へ入厩の予定です。7月12日(日)測定の馬体重は480kg。

○当地スタッフ 「7月下旬に函館もしくは札幌へ行くプランが示されました。産地馬体検査を受けるか、一旦トレセンを経ないと従来は認められぬケースでした。しかし、昨年より頭数を限定する形で試験的に導入。それを利用すれば馬自身に余計な負担を与えずに道内の競馬場へ移れるでしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~

アビリティは、順調に稽古を積んで、良化を遂げているようです。ただ、ダートの中距離戦でのデビューとなるかと思うので、番組が増える秋以降を目指してもう少し乗り込むのかな。市場でも評価を集めた馬で、命名馬でもあるので、非常に楽しみにしています。

最近、良くなっていると言われているのがロードホーリーです。7月下旬頃に札幌か函館に移動予定ということで、募集が締め切られました。そこでポチッと1口出資してしまいました。SS系に母父サドラーズウェルズ。アンライバルドを彷彿させます(笑)。アイルランドに輸出された貴重なシックスセンス産駒でもありますし。気がつけばロードも4頭になってしまいました。

POGの期待の星☆スマートドラゴンとそれ以上の大物!?

スマートドラゴン(父アグネスタキオン 母エレガントフライ)牡・大久保龍

第2回シルク応援隊杯POGでアグネスタキオン産駒で指名しているのが同馬です。育成先のノルマンディーファームの育成馬では1番の動きを見せていると評価を集め、軽く追っても12秒台をマークするなど動きの確かさを推奨されていました。当初は秋頃の入厩かと思っていましたが、既に栗東で調教がつけられています。

追い切り時計を見ると、ゲート試験は受かったみたいで、坂路で乗り込みを開始しています。この水曜日は最後、強めに追われて、0秒1差遅れてしまっています。

その私のシルク応援隊杯の期待の星、スマートドラゴンを馬也の手応えであおって、先着をしたのが、スマートジェネシス(父マンハッタンカフェ 母フロムファースト)です。

POG情報のお気に入りに入っているのですが、ブログ報知の現場発POG情報で取り上げられているように、どうやらスマートジェネシスは大久保龍厩舎の2歳では1番の期待馬のようです。マンハッタンカフェ産駒で青鹿毛の馬体。想像ですがかなり見栄えする馬体なんだろうなと思います。大久保龍厩舎のマンハッタンカフェ産駒というと、シルクオールディーが最初の預託先でした。それを断った要因になる!?マンハッタンカフェ産駒がコイツだったのかと勝手に思っています。

また、昨年、同馬の姉スマートウェーブをS-POGさんで指名していました。ネオユニヴァース産駒だったのですが、ネオユニヴァースの種牡馬広告の1頭に取り上げられるほどのお馬さんでした。ただ、体質が弱くて、入厩はしたのですが、デビューすることなく繁殖に入ってしまいました。実際に厩舎でも期待は高かったようです。

S-POGさんで何とかスマートジェネシスを指名できました。順調にデビューできれば、必ず話題を集める馬となりそうです。今から動向が注目の1頭ですよ!

2009年7月14日 (火)

パンフレットが到着しました!

昨日、私のところにもパンフレットが到着しました。シルク8-41はちょっと小さくて気の悪さも垣間見えますが、良い意味で父ステイゴールドの血を引いていると思いますし、全体のシルエットは良いと思うので、同馬はまず確定です。パンフレットの坂東牧場の表記が間違っているのも気になりました(笑)

あと気になったのは、高いですがシルク8-31ですね。動いているところを見て、肩の硬さを感じなければ、食指が動くところです。シルク8-51は悪くないと思いますが、牝馬は2頭既に出資しているので、どちらかですね。

あと気になった牡馬を列挙しておきます。

○シルク8-1(良い感じで成長しています)

○シルク8-16(関東馬なのが残念ですが、馬はやはり良いデキかと)

○シルク8-22(ダート馬かと思いますが、逞しい馬体は魅力)

○シルク8-37(母親の2戦の負けっぷりが気になりますが、父アドマイヤドンの血をよく引いているかと思います。様子見の1頭です)

○シルク8-43(バニーホップがお世話になっている大作ステーブル。DVDの動きを見てみたい馬です)

○シルク8-44(父フジキセキに良く見ているかと思います。人気になりそうですね)

焼魚定食厩舎の台所事情

20096

○シルクジェミニ 

15日に栗東・本田厩舎へ入厩する予定になりました。

○シルクメビウス 

11日に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ放牧されています。

○シルクユーロスター

中央競馬の登録を抹消

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

3歳世代では最後まで天栄にいたジェミニが、ようやく栗東へ移動するようです。まずは一安心です。時間は限られてきますが、その中で何とかチャンスをモノにして欲しいと思います。

メビウスは短期放牧かと思います。田中博Jはやはり前のスーニ、ゴールデンチケットを負かせばという思いが強く、テスタマッタの存在を少し軽視していたようなところがあったようですね。まあ、仕方ないかな。

次走は、レパードSを予定しているようです。フサイチセブン、エーシンモアオバー、スタッドジェルラン、トランセンドが新たな強敵になってくるかなと思います。

ユーロスターは、シルクからの情報はないのですが、中央競馬の登録を抹消されました。やはり屈腱炎の再発ということでしょうね。うーん、残念ですが、ご苦労様でした。

3歳世代はナトゥールも先が厳しいので、もう1頭、2歳を出資することにしました。ロードオブザリングと同厩舎のロードホーリーです。ここに来て、よくなってきているようですし、希少なシックスセンス産駒なので、ポチッと行きました。

2009年7月11日 (土)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.69

(阪神10R)プロキオンステークス(G3)

◎トーホウドルチェ、○バンブーエール、▲サンライズバッカス、△カルナバリート、×タマモホットプレイ、×オフィサー

(福島11R)七夕賞(G3)

◎アルコセニョーラ、○レオマイスター、▲ミヤビランベリ、△シルバーブレイズ、×ホッコーパドゥシャ、×ミストラルクルーズ

シルクの新規募集馬

パンフレットはまだ到着はしていませんが、ネットの情報などを見ると、ビービープレジャーは予想通り、領家厩舎でメビウスと同金額のようですね。あとは、トレイシズオブゴールドが河内厩舎らしいので、気になる馬です。月曜日には届くかと思うので、じっくり検討したいと思います。

焼魚定食のコロコロ予想 vol.47

(阪神8R)◎サンデーヒストリー

(阪神9R)◎アドマイヤメジャー

(阪神10R)◎レディルージュ

(阪神11R)◎マイネトゥインクル

(阪神12R)◎メイショウボンハオ

4連勝でG1制覇に待った!☆シルクメビウス2着

Photo_4

シルクメビウス(牡3・領家厩舎)父ステイゴールド 母チャンネルワン

大井11R ジャパンダートダービー (G1) ダ2,000m・13頭 2着

レース当日は仕事だったので、結果を知るだけでしたが、2着に敗れました。そう簡単には行かないですね。

レースはスタート良く飛び出して、流れに乗って、折り合いもついていたかと思います。そして、3角辺りから良い手応えで押し上げていきました。田中博Jも前を交わせばという思いがあったかと思います。しかし、すぐ後方でもう1頭折り合いがついて、虎視眈々と狙っている馬がいましたが…。4コーナーを回って、前を捕らえて、抜け出したかと思ったところに、馬群を割って、追い出しを我慢していた岩田J騎乗のテスタマッタが一気に脚を使いました。なんとか喰らいつこうとはしましたが、仕掛けのタイミング、道中のコース取りも影響あったか、最後は少し突き放されての2着でした。

勝ったテスタマッタには、最高の競馬をされてしまいましたが、この馬はダートで強い内容を2戦見せていたので、走られてみれば納得ではあります。セールで買ってきたときはスーニよりも期待されていた馬でしたし。岩田Jには、端午Sで2着馬のアドマイヤシャトルに乗っていたので、メビウスの強さも分かっていたのも最後に響いたかな(笑)

田中博Jも大舞台で正攻法の横綱競馬で挑んでくれました。悪くない騎乗かと思いますが、岩田Jとは大舞台での経験の差が出てしまったとも言えるかと思います。重賞の2戦は慎重なレース運びになっていると思います。くすのき賞、端午Sのように脚を矯めながら、馬群を切り裂くような競馬が闘争心旺盛なこの馬に合うかと。これもまあ経験ですが。人馬共にもうワンランク成長してくれたら、ホント言うことないです。お疲れ様でした。

次走はレパードS(G3 新潟ダ・1800)に出走予定です。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

田中博騎手「前だけ捕まえれば勝てると思ってたんですが・・。結果的には早仕掛けだったかもしれません。距離は問題無かったですが、もう少し流れてくれれば競馬しやすかったと思います。初めてのコースでナイター競馬でしたが、むしろ馬はいつもより落ち着いていました。まだこれから良くなる馬だと思います」

シルクなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo 

シルクフォーチュン(牡3・藤沢則厩舎)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

天栄ホースパークで休養中です。右後脚第三足根骨々折の為、引き続き馬房で安静にしており、牧場長は「体調は特に問題ありませんが、獣医から放牧の許可が下りるまでは、このまま舎飼にして療養を続けることになります」と話しています。(7/6近況)

20096

シルクジェミニ(牡3・本田厩舎)父シンボリクリスエス 母シルクセレブレイト

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路3本の調整です。先週は、坂路で4ハロン48.7秒の調教を付けられており、牧場長は「ハードな調教をキッチリこなしています。乗り込むにつれて反応も良くなり、素軽い動きを見せるようになってきました。調教師にもデキの良さを伝えてありますので、入厩までにそれ程時間は掛からないと思います」と話しています。(7/6近況)

Photo_2

シルクナトゥール(牡3・山内厩舎)父ネオユニヴァース 母エンジェルインザモーニング

予定通り一旦放牧に出すことになり、4日に茨城県・サーストン牧場へ移動しています。到着後はマシンの運動で連戦の疲れを癒しており、今週から調教を再開する予定です。尚、関東へ転厩させることとなり、美浦・伊藤大士調教師へ打診を行っております。(7/6近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

フォーチュンは、患部の良化待ちというところですね。もう暫くの辛抱です。

ジェミニは、しっかり鍛えられているようです。3歳馬で天栄を出ていないのは、この馬だけですよね。早く、本田厩舎に移動させて欲しいです。来週あたり、良い話が出てくることを期待しています。

ナトゥールは、関東へ飛び立ちました。引き続き、元気一杯な様子です。開業したばかりの調教師さんに打診しているようですね。まだ、承諾は得られていないようですが。さすがに調教師さんも困りますよね…。

シルクなお馬さん(3歳・入厩組)

Photo_5      

シルクユーロスター(牡3・五十嵐厩舎)父ミラクルアドマイヤ 母ユーロカレンシー

阪神6R 3歳未勝利 (ダ1,800m・13頭) 12着[6人気]

五十嵐師「馬体重が-24kgだったけど、ガレた感じは無く、絞れたものと見て良いと思います。ただ、ペースが遅かった割には終いの止まり方が酷かったね。上がりの歩様は特に気になる感じでも無いし、まだ良化途上なのかな。タイムオーバーになったので、このまま厩舎で調整するか一旦出すかは、この後の様子を見て考えたいと思います」(テレサより)

先週12着でした。道中は4番手でレースを進めると、3コーナーから差を詰めに掛かりましたが、勝負処で流れに乗れず、6番手に後退して4コーナーを回りました。そして直線に向いても巻き返せず、最後は完全に息切れした格好で、後方に敗れています。尚、タイムオーバーの為、1ヶ月の出走停止となっています。レース後、脚元の状態が気なった為、様子を見ています。(7/6近況)

Photo_2

サリール(牝3・藤岡健)父スペシャルウィーク 母ファーストセーラ

坂路コースでキャンターの調整で、1日と5日に時計を出しています。調教師は「追い切りは馬なりで併せてやりましたが、馬場も悪かったので時計は大した事はないけど、状態に関してはマズマズで、良い感じで仕上がってきています。今週の阪神を浜中騎手で予定していますが、追い切りの動き次第で決めます」と話して、今週の出走を予定していましたが、今のところ来週土曜日の小倉・芝1,800m(牝)に回る方向です。(7/6近況)

8CW良 86.7- 69.3- 54.2- 40.0- 12.3 一杯単走

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ユーロスターは、連闘で走りましたが、久々を使った反動は大きかったようですね。正式な発表はまだですが、どうやらまた脚を故障してしまった感じです。

サリールは、開幕週の小倉に回るのは好感です。騎手も浜中Jになるのかな。来週、ビシッと追って、万全の体勢に持って行って欲しいと思います。

ロードなお馬さん(入厩組)

Photo 

ロードオブザリング(牡2・笹田厩舎)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

7月5日(日)良の栗東・坂路コースで1本目に59.7-44.5-30.1-15.2 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。

≪調教時計≫
09.07.05 助手 栗東坂良1回 59.7 44.5 30.1 15.2 馬なり余力 坂路コースで入念

7月8日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に54.1-39.2-25.4-12.8 一杯に追っています。併せ馬では末強目の相手に0秒2先行して0秒2遅れ。短評は「坂路コースで入念」でした。7月26日(日)札幌・2歳新馬・混合・芝1800mに横山典弘騎手で予定しています。

○笹田調教師 「7月8日(水)は坂路で併せ馬を消化。着実に良化を遂げている印象です。じっくり乗り込んで来た成果と言えるでしょう。今のところ概ね順調。この調子で更に仕上げを進めたいと思います。来週、追い切った後に栗東トレセンを発つ予定です」

≪調教時計≫
09.07.08 助手 栗東坂良1回 54.1 39.2 25.4 12.8  一杯に追う 坂路コースで入念  テーオーケンシン(2歳新馬)末強目に0秒2先行0秒2遅れ

Photo 

ロードギャラクシー(牡2・河野厩舎)父ネオユニヴァース 母ユニオンワラダー

7月8日(水)重の美浦・坂路コースで2本目に52.2-37.8-25.0-12.8 一杯に追っています。併せ馬では馬なりの相手に0秒1先行して同時入線。短評は「まだ少し重目」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○高梨調教助手 「7月8日(水)は坂路コースで併せ馬を消化。ソエを含めて脚元に問題が生じぬよう色々なパターンを組み合わせて調整を施しています。タイムは全体52秒台、終い1ハロン12秒8。ちょっと前向きさに欠ける面も窺え、もう少しの間は攻め馬を積み重ねましょう」

≪調教時計≫
09.07.08 助手 美南坂重2回 52.2 37.8 25.0 12.8  一杯に追う まだ少し重目 セイウンシェンロン(2歳新馬)馬なりに0秒1先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ロードオブザリングは、稽古では遅れていますが、この馬なりには悪くない坂路時計をマークしました。ジワジワ力をつけていくタイプだと思うので、長い目で見たいと思います。来週、追い切って、北海道へ移動するようですね。結果はどうあれ、横山典Jが手綱を取ってくれるのは嬉しいです。

ロードギャラクシーは、入厩してからは厳しいジャッジが多いですが、まだ少し重いのかな? もう少し鍛えこんでからの良化待ちかな。変わってきて欲しいです。

2009年7月10日 (金)

第2回シルク応援隊杯POGの近況です。

じっくりスタートを切った第2回シルク応援隊杯POGの近況を報告したいと思います。徐々に動きが出てきているかな!?

1.シルクタイムレス(父クロフネ・シルク枠)牡・山内

早速2戦して着外でした。まだまだ気性が子供で、これからですね。一息入れて、変わってきて欲しいです。

2.オリエンタルアート07(父ネオユニヴァース)牡・池江寿

馬名はジャポニズム。現在はグリーンウッドで調整中です。池江寿調教師は、“バネが凄い”“ジャーニーぐらいは見込める”と期待はかなり大きいようです。担当する助手さんも、兄と同じ山下助手だそうです。

3.エレガントフライの07(父アグネスタキオン)牡・大久保龍

今週、スマートドラゴンと競走馬登録されています。そして既に、先月末に栗東に入厩しているようです。どこで始動するかはまだ決まっていないようですが、これは楽しみです。

4.タイキダイヤ07(父スペシャルウィーク)牡・池江寿

ジャポニズムと並ぶ池江寿厩舎の期待馬。こちらもグリーンウッドで調整中とのことです。

5.ヘヴンリーロマンス07(父キングカメハメハ)牡・松永幹

特に情報はなし。走ってもらわないと困る馬。

6.ビリーヴ07(父キングマンボ)牡・松元茂

7月下旬から8月上旬には栗東入りとのこと。ここに来て、ファリダットよりも良いかも!?とのこと。

7.サーベルダンス(父デュランダル)牡・坂口大

特に情報はなし。他のデュランダル産駒よりも距離の融通性はあるかなと思っています。

8.タックスシェルター07(父シンボリクリスエス)牡・橋口

今年の橋口厩舎の期待馬。どこまでの力を秘めているのかな…。

9.アドマイヤゲーム(父クロフネ)牝・橋田

牝馬で初仔が活躍する牝系だし期待大。アドマイヤの期待馬らしく秋の京都くらいからの始動かな。

10.ダイワエルモーサ(父ブライアンズタイム)牝・松田国

ゆっくり目の始動になるかと思いますが、高い能力は秘めてそうな雰囲気を感じます。

2009年7月 8日 (水)

いよいよ大一番迫る!☆シルクメビウス

Photo_2 

シルクメビウス(牡3・領家厩舎)父ステイゴールド 母チャンネルワン

さてさて、いよいよ明日、大井競馬場で交流重賞(G1)ジャパンダートダービーが行われます。頭数は13頭と落ち着きましたが、スーニとゴールデンチケットなど強敵が揃いました。枠順が発表されていますので、載せておきます。

1-01 キタサンアース       (牡3、佐  賀・倉富隆一郎)
2-02 アラベスクシーズ.     (牡3、北海道・宮崎光行)
3-03 テスタマッタ         (牡3、栗  東・岩田康誠)
4-04 スーニ           (牡3、栗  東・内田博幸)
4-05 ワンダーアキュート   (牡3、栗  東・小牧太)
5-06 グロリアスノア       (牡3、栗  東・小林慎一郎)
5-07 ロマ             (牝3、大  井・張田京)
6-08 シルクメビウス     (牡3、栗  東・田中博康)
6-09 ダイナマイトボディ   (牝3、愛  知・倉地学)
7-10 サイレントスタメン   (牡3、川  崎・金子正彦)
7-11 カゲワフマセナイ.     (牡3、佐  賀・新原健伸)
8-12 ゴールデンチケット   (牡3、栗  東・武豊)
8-13 トウホクビジン.     (牝3、笠  松・吉井友彦)

《追い切り》  4CW稍 81.3- 66.1- 51.3- 38.0- 12.9 一杯単走

東京シティ競馬のウェブサイトで出走馬の追い切りを見ることができます。ナイター競馬と2000メートルということでビシッと追われていませんが、仕掛けてからの反応は良かったかと思います。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

大井11R ジャパンダートダービー (ダ・2,000m) 発走 20:10

ユニコーンS快勝後はここを目標に定め、入念に乗り込みを進めて態勢を整えており、調教助手は「先週は15-15にして、週末にビッシリやりました。体は出来ているので目一杯やる必要もないから、馬の気分に任せて追い切りました。メンバーは揃いますが、少しでも前が競り合ってこの馬に合う展開になってくれれば、確実に伸びてくると思うので、あとは仕掛けのタイミングですね。ナイター競馬だし、環境の変化に戸惑う部分はあるかもしれませんが、当日イレ込まなければ走ってくれると思います」と話しています。(テレサより)

道中で掛かった前走が強い勝ち方。今回は距離が延びて折り合いが鍵に。ナイターだと物見して息が入りやすいかも。いい方に出てほしいですね。チャンスはあると思う。(服部助手)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前日の段階では、スーニと人気を分けているようです。最終的にはゴールデンチケットと肩を並べるくらいの人気に落ち着くかと思います。

このレースを迎えるにあたっての勢いは、3連勝中のメビウスかと思います。ただ、テンションの高いタイプだけに、ナイター競馬とこの距離が最大の敵ですね。いかに田中博Jとメビウスがうまく息が合うかどうか。前走は時計の速い馬場でも結果を出しましたが、小倉の内容からも深いダートも悪くないかと思います。勝負どころから馬群を突っ込んでいけるのがこの馬の最大の良さ。序盤はスーニを見る形で、無理せず折り合いに専念して欲しいです。それで最後、捕らえ切れなかったのなら、次に繋がる内容になりますので、私的には満足です。レース中は仕事中なので、吉報が届くことを祈っています。

あと、レギュラーメンバー産駒がどんな走りをするのかも、ちょっと注目しています。

シルクなお馬さん(2歳・牧場組)

20096

シルクケーニッヒ(牡2・本田)父ストラヴィンスキー 母ブリッツケーニギン

北海道・フロンティアスタッドで調整中。ウォーキングマシン60分、屋内トラックでダ1,200mとキャンター2,000m乗った後、坂路コースでキャンター1本の調教をつけられています。「先週土曜日に2ハロン13-13まで進めてみました。初めて強めをやりましたが、フットワークもしっかりしていましたし、動きは良かったですよ」(牧場長)と話しています。(7/6近況)

20096_2

シルクオールディー(牡2・昆)父マンハッタンカフェ 母クインオブオールディー

北海道・フロンティアスタッドで調整中。ウォーキングマシン60分、坂路コースでダク2,400mとキャンター2,400mの調教をつけられています。「先週調教師が確認に訪れ、やる時は週1本しっかりやって、それ以外の日は普通のペースで乗るよう指示を受けました。早速先週末に5ハロンから13-13のペースで、終い12秒台でまとめましたが、相変わらず良い動きを見せていましたよ。これだけやって今の体を維持出来れば、合格点を与えられると調教師も言ってくれましたので、あと2週間しっかり乗り込みたいと思います」(牧場長)と話しています。(7/6近況)

20096_3   

シルクルーパス(牡2・河野)父ステイゴールド 母ピアルピナス 

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路でキャンターの調教です。「我慢の調教を続けていますが、進めるにはまだ少し不安という感じです。疾病ではありませんが、もう暫く今のペースで乗り込んで、脚元が落ち着くのを待ちたいと思います」(牧場長)と話しています。(7/6近況)

20095

シルクアーネスト(牡2・池添)父グラスワンダー 母ティアドロップス  

「初戦とあって環境の変化に戸惑っていたし、砂を被って嫌がったりと、まともな競馬が出来ませんでした。体もまだ少し余裕があったので、今回は仕方ないと思います。使った後は少し左前にソエが出掛かっているし、入ってからここまで休まず乗り込んできて、苦しいところも出だす時期だから、一息入れてあげようと思います。早い内にリフレッシュさせてあげる方が立ち直りも早いと思うので、牧場で乗り込んでもらいます」(調教助手)と話し、1日に滋賀県・グリーンファーム甲南へ移動しています。(7/6近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ケーニッヒは、この夏に遅れを取り戻す意味でも、しっかり乗り込めたら、秋が楽しみになってくるかと思います。

オールディーは、フロンティアSの調教報告書も見ると、馬体を絞りこんで乗り込んでいるようですね。そして、調整も入厩後を意識した調整に変わっているように思います。具体的なペースが出ていますが、本当にこのようにまとめられているのか疑いたくなるところはありますが、どうなのかな…。期待半分、不安半分です。

ルーパスは、我慢の調整です。じっくり馬体の状況を見極めて、ゆっくりゆっくりペースを上げて欲しいと思います。

アーネストは、ソエ気味ということで早めに一息入れてもらったのは、ありがたいです。デビュー戦は良さが出ませんでしたが、レース慣れしてくれば、変わってくれるかと思っています。

シルクなお馬さん(2歳・入厩組)

Photo   

シルクタイムレス(牡2・山内)父クロフネ 母ジュウニヒトエ

先週7着。道中は9番手でレースを進めると、3コーナーすぎも脚を溜めるように追走。しかし直線では懸命に追われたものの、上位を窺う脚は見られませんでした。レース後、特に不安は無い様ですが、一旦放牧に出す方向です。(7/6近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

タイムレスは、まだまだ走る方に気が向いていませんでした。一旦、放牧に出されて、精神面の成長を期待したいと思います。馬体の良さから良いモノは持っているかと思います。

ロードなお馬さん(牧場組)

20096

ロードアビリティ(牡2・北出厩舎)父レギュラーメンバー 母ナチュラルカラー

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。もしくは三石軽種馬共同育成センターで並脚1000m、ダートコース・ダク1200m→キャンター2400~3000m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「週1、2回の割合で三石軽種馬共同育成センターへ赴き、スタミナ強化を念頭に置いた調整に励んでいます。今後も積極的なスタンスで取り組む方針。ただ、これから本格的な暑さが訪れるでしょう。そのあたりも踏まえつつ移動プランが決まるのでは・・・」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~

アビリティは、引き続き順調ですが、募集パンフレットでは夏負けの症状が出ていたように思うので、これからの暑さはこの馬には厄介な敵になるかもしれません。より慎重に調整を進めて欲しいと思います。

2009年7月 7日 (火)

走る気が出てくれば☆シルクタイムレス7着

Photo_3    

シルクタイムレス(牡2・山内)父クロフネ 母ジュウニヒトエ

○札幌1R 2歳未勝利(混) 芝1,200m7着/5人気

連闘で臨んだデビュー2戦目ですが、ゲートの出自体は良かったようですが、そこからの行き脚がなかったようですね。ただ、小林徹Jも急かせることなく、馬任せに進めてくれたこともあって、直線は大外からそれなりの伸びを見せてくれたかと思います。これで一旦、放牧に出されるようですが、肉体面だけでなく、精神面での成長を、しっかり促してもらえればと思います。着順は落としましたが、次に希望が持てる内容ではなかったかなと見ています。

馬   名 性年 斤量 騎手 タイム 着差 後3F 厩 舎
1 1 1 ラブキーセキ 牝2 54.0 岩田 1.10.3   34.8 中村
2 5 5 デンコウセッカチ 牝2 54.0 川島信 1.10.9 3 1/2 35.1 荒川
3 3 3 エイシンイチフジ 牡2 54.0 中舘 1.11.0 クビ 35.2 中竹
4 6 6 ビバサムシング 牝2 54.0 藤岡佑 1.11.1 3/4 35.0 小林
5 7 8 タガノガルーダ 牝2 54.0 藤田 1.11.3 1 1/4 35.7 本田
6 8 11 サダムルージュ 牝2 54.0 三浦 1.11.5 1 1/2 35.9 中村
7 4 4 シルクタイムレス 牡2 54.0 小林徹 1.11.6 3/4 35.3 山内

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

○小林徹騎手「出っぱは速いんだけど、そこからグッとハミを取る所が無いから、突っ込んでいけないんだよね。道中もずっとフワフワしながら走っていた様に、馬がまだ子供なのかもしれません」

○山内師「もう少し積極的な競馬を期待していたんだけどな。この後は、長い距離の番組が暫く無いから、一旦出して鍛え直したいと思います」

【次走へのメモ】 勝負どころから仕掛けて仕掛けて上がっていく。直線は大外に持ち出して伸びていたし、もう少し距離が延びれば。(B誌)

2009年7月 4日 (土)

一度レースを使って、まずは掲示板を☆シルクタイムレス

Photo_4      

シルクタイムレス(牡2・山内)父クロフネ 母ジュウニヒトエ

○札幌1R 2歳未勝利(混) (芝1,200m)54kg 小林徹 発走10:40

デビュー戦を使われた疲れなども見られない事から、連闘での出走を決めており調教師は「前走はスタートは良かったものの、その後のスピードがない分、付いていけなかったね。ダートだとそのまま置いていかれてしまうので、今回は芝を使ってみようと思います。一度使って距離は対応出来ると思うから、芝での変わり身に期待したいですね。この後は長いところを使っていこうと思うので、一旦、放牧に出して時期を見て戻す予定でいます」と話しています。(テレサより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

  エイシンイチフジ  牡2 54kg 中舘 英二  
  サダムルージュ   牝2 54kg 三浦 皇成  
  シルクタイムレス  牡2 54kg 小林 徹弥
  タガノガルーダ   牝2 54kg 藤田 伸二  
  デパール      牡2 54kg 古川 吉洋  
  デルマコルネリア  牝2 52kg △宮崎 北斗 
  デンコウセッカチ  牝2 54kg 川島 信二  
  パワーオブゴールド 牡2 54kg 長谷川 浩大 
  ビバサムシング   牝2 54kg 藤岡 佑介  
  ブルースマーチ   牡2 53kg ☆丸田 恭介 
  ラブキーセキ  牝2 54kg 岩田 康誠

《追い切り》   2函W稍  54.7- 38.4- 12.9 G前仕掛け単走

【田原助手】平均ペースのタイプで、初戦は道中から追い通し。1F延長で少しは競馬はしやすい。 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

放牧に出るかなと思っていましたが、連闘で出走となりました。まだ、この距離は忙しいとは思いますが、中間に時計を出してくる陣営の意欲は買いたいと思います。これでピリッとしてきてくれれば…。前走の内容から、一変は厳しいかなとは思いますが、掲示板を目指して、1歩前進を。放牧明けに繋がる楽しみの持てるレースを期待したいですね。

2009年7月 3日 (金)

焼魚定食のコロコロ予想 vol.46

(阪神8R)◎ファビラスボーイ

上のクラスで前走2着。叩き3走目で調子を上げて降級戦、そして武豊Jとのコンビとなるとさすがにここは負けられない必勝体制ですね。爪の状態さえ戻れば、まだまだ上を目指せる素材。ここはスカッと勝ちあがって欲しい1戦。相手には、こちら人気でキャリアの浅さから、まだまだ上を目指せるスズカスパーク。超久々のアドマイヤアトムも気になりますが、穴ならロードラテアートを。ひと息入って古馬との1戦になりますが、前走の勝ちっぷりは鮮やかだったので。

(阪神9R)◎ロードロックスター

福島の重賞は除外になってしまいましたが、ここは先手を取れそうなメンバー構成。前走はフレグモーネの影響があって、5着に敗れましたが、それでもコンマ2秒差。ひと叩きして馬に気迫が漲ってきましたし、今回は前回とはひと味違うかと。重賞で頑張っていたオディールなど相手は手強いですが、阪神も合いますし、期待。

(阪神10R)◎カネトシコウショウ

古馬との1戦となりますが、休み明けのユニコーンSでも最後3着に盛り返してきたように、やはり力はあると思います。ひと叩きされて、気合乗りも良くなって良化は顕著です。3歳馬が古馬相手にどれくらいやれるかを見る上でも注目したいレースです。

レースを使って行って…。★シルクユーロスター

Photo_5      

シルクユーロスター(牡3・五十嵐厩舎)父ミラクルアドマイヤ 母ユーロカレンシー

○阪神6R 3歳未勝利 (ダ1,800m) 4枠5番 56kg 熊沢

前走後はスクミの症状が見られたものの、大事には至らず、連闘で出走する事になり、調教師は「今週も脚元はスッキリして普通に乗り込めていたし、頭数も落ち着いているので連闘させる事にしました。前走は休み明けもあって、上がりではスクんでしまったけど、あまり追い切りをかけて使うより、使いながら状態を上向かせていく方が良いと思うので、変わり身に期待したいですね」と話しています。(テレサより)

《追い切り》 プールで調整(連闘のため)

【五十嵐調教師】 久々を考えれば、前走の内容は悪くなかった。連闘で前進を期待したい。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走後、スクミの症状が出て、反動を心配しましたが、大したことはなかったとのこと。前走が追い不足だったので、連闘で使うことはある程度、視野に入っていたかと思いますが、熊沢Jとのコンビで今週、使ってきました。確かに、この相手関係は恵まれたように思いますが、これでもう少し短い距離ならなあ…。一度、使って行き脚も出てくるかなと思うので、前々で粘り込みを期待したいです。

若さが目立つ内容。今後の成長に期待★シルクアーネスト9着

20096_4

シルクアーネスト(牡2・池添)父グラスワンダー 母ティアドロップス

○阪神4R 2歳新馬(混) (ダ1,200m・16頭立て) 9着/5人気

ゲート入りをゴネたり、出たと思ったら飛び跳ねたり、二の脚がついてからは前につけられましたが、その後は砂をかぶったりで、なだれ込んで9着でした。まだ追い不足で、太めなところもあったので、1度レースを使って、変わってくれればと思います。芝の方が良さそうにも思います。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

○調教助手「環境の変化からか、やや入れ込み気味で、ゲートも少しゴネていました。そのせいもあってスタートがもう一つで、砂を被って嫌がっていました。少し追い不足の面もあったので、使って変わってくると思います」(レース後のテレサより)

【次走へのメモ】

太目。出遅れ。二の脚で中団まで押し上げたが、3~4角では反応が鈍かった。使いつつのタイプか。(B誌)

先週9着でした。スタートで出遅れたものの、道中は7番手でレースを進めましたが、勝負処で押し上げられず、8番手で4コーナーを回りました。そして直線でも懸命に追われましたが、最後まで巻き返す事は出来ませんでした。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。(6/29近況)

⇒左前脚にソエが出掛かっているため、大事を取って一旦放牧に出すことになり、1日に滋賀県・グリーンファーム甲南へ移動しています。(7/1 最新情報)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦でダートを使ったのは、鞍上の関係もあったかと思いますが、ソエの不安もあったのかもしれません。まずはしっかり休んでもらい、気性と共に成長を促してほしいと思います。

ゲートは速かったですが…★シルクタイムレス6着

Photo_3    

シルクタイムレス(牡2・山内)父クロフネ 母ジュウニヒトエ

○札幌4R 2歳新馬(混) ダ1,000m 6着/2人気

JRAのHPでレースを見たのですが、ゲートで頭1つ出ましたが、そこからが行き足がなかったですね。バテることなく、流れ込んでの6着でした。距離も忙しいのは確かですが、走る方にもう一つ気が向いていなかったように思います。デビュー戦で人気も集めましたし、素質を秘めているとは思います。また、改めて2戦目の記事を書く予定ですが、2戦目と芝替わりで前進してほしいと願っています。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

○藤田騎手「出っぱは速いんだけど、こんなに付いて行けないとは思わなかった。この距離だと忙し過ぎるから、距離は長い方が良いな」

○山内師「出は速いから、この距離でも対応出来るかと思ったけど、やはり長い所の馬だな。この後は、長い距離の番組が暫く無いから、どうするか検討してみます」

○厩務員「この距離だと忙しいね。それに体も余裕があったし、下見所でも大人し過ぎたよ。使って行けば走ってくると思います」

(以上、レース後のテレサより)

【次走へのメモ】

リングハミ。マズマズ仕上がる。ゲートは抜群だったが、その後が進んで行かなかった。道中も追い通し。結局、見せ場もなく終わる。初戦向きでなかったか。(B誌)

スタートは良かったが、終始、追っ付けながらの追走。この距離は忙しいか。(G誌)

シルクなお馬さん(3歳・入厩組)

Photo_8    

シルクメビウス(牡3・領家厩舎)父ステイゴールド 母チャンネルワン

CWコースでキャンターの調整で、25日に時計を出しています。調教助手は「リングハミから普通のハミに変えて調教していますが、今のところ変わりなく乗り込めています。次走は距離が延びるので、それに対応出来る調教をして、こなせるようにしています。あとは、当日はナイター競馬だから、環境の変化に動じなければ良いですね」と話しており、来週8日大井の交流重賞・ジャパンダートダービーに出走を予定しています。(6/29近況)

Photo_2

サリール(牝3・藤岡健)父スペシャルウィーク 母ファーストセーラ

滋賀県・グリーンウッドトレーニングでキャンターの調教を付けられると、牧場長は「続けて乗っても歩様は変わりないですし、大丈夫でしょう」と話しており、確認した調教師の指示で、25日に栗東へ帰厩しています。到着後も特に変わりは無い様で、次走については今のところ、来週土曜日の阪神・芝1,800mに出走を予定しています。(6/29近況)

Photo_9   

シルクナトゥール(牡3・山内厩舎)父ネオユニヴァース 母エンジェルインザモーニング

○阪神2R 3歳未勝利に出走。[D1,800m・15頭]10着[13人気]

小坂騎手「スタートが合わず、後方からになりましたが、砂を被って走り難そうにして、なかなか流れに乗れませんでした。飛びが大きい馬なので、スムーズに走ればもう少し結果も違ったと思いますが、それでも追い出してからは、前と後ろが噛み合っていませんでした」(レース後のテレサより)

先週10着でした。道中は最後方からの競馬になると、3コーナーから徐々に押し上げ、後方3番手で4コーナーを回りました。そして直線でもジリジリ差を詰めていますが、順位を上ることはできませんでした。レース後、特に不安は無い様ですが、一旦放牧に出す予定です。尚、今後について、関東へ転厩して心機一転を図る方向で検討しています。(6/29近況)

20096_2    

シルクユーロスター(牡3・五十嵐厩舎)父ミラクルアドマイヤ 母ユーロカレンシー

○阪神6R 3歳未勝利に出走。[D1,800m・14頭]9着[9人気]

国分恭騎手「久々で少し行きっぷりも良くなかったけど、流れに乗れてからは大丈夫でした。最後は追い不足が影響して息切れしましたが、使って変わりなければ上向いてくれると思います。ただ、戻ってくる時にスクんでしまったようですね。何ともなければ良いのですが」(レース後のテレサより)

先週9着でした。道中は8番手でレースを進めましたが、3コーナーすぎも押し上げられず、9番手で4コーナーを回りました。そして直線でも伸び脚は無く、最後まで順位を上げる事は出来ませんでした。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。(6/29近況)

⇒ 阪神6R 3歳未勝利(ダ1,800m・13頭)56kg 熊沢Jで出走 連闘

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

メビウスは、水・木に時計を出さなかったのは少し気になりますが、8日の出走を踏まえて、日曜あたりにビシッと追うのかな。鞍上も田中博Jで引き続き、臨むとのこと。ナイター競馬+距離延長、そして相手もワンランク強化されますので、楽ではありませんが、良い競馬をしてほしいと願っています。

サリールは、脚元の腫れも大したことなく、栗東に戻って2回既に時計をマークしています。そして、来週の芝1800で復帰とのこと。あまりに早い展開にビックリしますね。個人的には、一度、ダートを試して欲しい気もしますが…。

ナトゥールは、仕方ないですね。心気一転しても、走りがバラバラになる欠陥はどうしようもなく…。それでも預かってくれるのは有り難いような、断れない厩舎事情もどうなのかなとも思います。

ユーロスターは、久々の競馬で9着でした。競馬ブックの馬柱では、休養理由が調整、放牧になっていましたが…。スクミが出たようですが、連闘で今週、出走とのこと。追い不足で、ある程度、予定の連闘かと思いますが、もう少し短い距離の方が向くとは思います。ただ、ここを使っての反動は怖いですが…。

シルクなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo

シルクフォーチュン(牡3・藤沢則厩舎)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

天栄ホースパークで休養中です。右後脚第三足根骨々折の為、引き続き馬房で安静にしており、牧場長は「見た感じは悪くないんですが、現時点ではこのまま良化を待つしかないと思います」と話しています。(6/29近況)

20096

シルクジェミニ(牡3・本田厩舎)父シンボリクリスエス 母シルクセレブレイト

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路3本の調整です。先週は坂路中心に13-13の調教を付けられており、牧場長は「順調です。調教師の指示もあり、週末に強いところをやりましたが、終始持ったままの手応えで、最後までしっかり動いていましたよ。今の状態を維持して、乗り込みを進めていきます」と話しています。(6/29近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

フォーチュンは、今までの働きづめの影響もあるのか、回復が少し遅くなっているようです。まあ、これから暑い時期になりますので、ゆっくりしてほしいと思います。

ジェミニは、ここ2週でピッチが上がってきました。動きもしっかりしてきたのかな。このまましっかり乗り込んで、7月中には栗東もしくは北海道に移動できることを願っています。

シルクなお馬さん(2歳・牧場組)

20096

シルクケーニッヒ(牡2・本田)父ストラヴィンスキー 母ブリッツケーニギン

北海道・フロンティアスタッドで調整中です。ウォーキングマシン60分、屋内トラックでダク1,200mとキャンター2,000m乗った後、坂路コースでキャンター1本の調教をつけられています。牧場長は「先週も2ハロン15-15をやりました。秋を目標にしているので、長目から速いところではありませんが、それでも先週よりも反応は良くなってきました」と話しています。(6/29近況)

20096_2

シルクオールディー(牡2・昆)父マンハッタンカフェ 母クインオブオールディー

北海道・フロンティアスタッドで調整中です。ウォーキングマシン60分、坂路コースでダク2,400mとキャンター2,400mの調教をつけられています。調教師は「水曜日に3ハロン15-15、土曜日に3ハロン13-13の追い切りを継続しています。先週もすでに競馬場へ行った2歳と併せましたが、互角以上の動きを見せていました。あと1ヶ月程時間がありますから、きっちり仕上げたいと思います」と話しています。(6/29近況)

20096_3   

シルクルーパス(牡2・河野)父ステイゴールド 母ピアルピナス 

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路でキャンターの調教を付けられており、牧場長は「引き続き脚元に注意しながらの調教です。軽く乗る分には問題無さそうですが、まだ完全ではないので、もう暫く今の感じで続けていった方が良いでしょう」と話しています。(6/29近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2歳・牧場組は、各馬それぞれのペースで良い方へ向かっているかなと思います。

ケーニッヒは、遅れていた分もあるので、この夏はしっかり乗り込んで欲しいと思います。体力がついてくれば、良いスピードを秘めていそうなので。まあ、これからですね。

オールディーですが、調教師のコメントが出ていますが、牧場長の間違いではないですよね(笑)。何となくコピペして間違えてしまったような気もしますが…。7月下旬に函館もしくは札幌に移動予定なので、怪我無く、このペースで鍛えて欲しいと思います。

ルーパスは、ペースダウンしていますが、調教を休みほどではないので、ひと安心ではあります。じっくり状況を観察して、ペースを戻して欲しいと思います。

2009年7月 2日 (木)

ロードなお馬さん(牧場組)

20096

ロードアビリティ(牡2・北出厩舎)父レギュラーメンバー 母ナチュラルカラー

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。もしくは三石軽種馬共同育成センターで並脚1000m、ダートコース・ダク1200m→キャンター2400~3000m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「上々の行きっぷり。坂路で15-15の稽古を課した場合でもヤル気を漲らせたままコース頂上まで達しますよ。乗り始めた当初は若干ズブい面を覗かせました。しかし、それは過去の姿と考えるべき。長い時間を要さずに態勢が整うかも知れません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~

アビリティは、いつもと変わらない近況かと思っていましたが、調教でもだいぶ前向きなところが出てきたようです。父レギュラーメンバーのように、パワフルな先行馬として中央・地方を問わず、頑張って欲しいです。

ロードなお馬さん(入厩組)

Photo 

ロードオブザリング(牡2・笹田厩舎)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

6月24日(水)不良の栗東・坂路コースで1本目に56.1-41.1-27.3-13.8 馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手を0秒4追走して同時入線。短評は「坂路コースで入念」でした。

○笹田調教師 「6月24日(水)は坂路を約56秒で。多少は気合いを付けたものの、あまり無理には追わずに走らせています。降雨でコース状態が今一つでしたのでね。とは言え、この調子で稽古を積めれば大丈夫でしょう。デビューの約2週間前に現地へ移す予定」

≪調教時計≫09.06.24 助手  栗東坂不1回     56.1 41.1 27.3 13.8  馬なり余力 坂路コースで入念 エヴァーラプト(古馬500万)馬なりを0秒4追走同入

6月28日(日)良の栗東・坂路コースで1本目に60.7-44.9-30.4-15.3 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。

≪調教時計≫09.06.28 助手 栗東坂良1回 60.7 44.9 30.4 15.3 馬なり余力 坂路コースで入念

7月1日(水)稍重の栗東・Cウッドチップコースで5ハロン68.1-53.3-39.2-12.7 7分所を追って一杯になっています。併せ馬では馬なりの相手の内を通って0秒2遅れ。短評は「1Fの伸び案外」でした。7月26日(日)札幌・2歳新馬・混合・芝1800mに横山典弘騎手で予定しています。

○笹田調教師 「7月1日(水)はCウッドでレディミステリーと併せました。結構なペースで行かせたのは今回が初めて。さすがに余裕の手応えで・・・と言う感じでは無かったですね。でも、及第点の評価は十分に与えられるでしょう。鞍上は横山典弘騎手に頼んでいます」

≪調教時計≫09.07.01 助手 栗CW稍 68.1 53.3 39.2 12.7(7)追って一杯 1Fの伸び案外  レディミステリー(3歳未勝利)馬なりの内0秒2遅れ

Photo 

ロードギャラクシー(牡2・河野厩舎)父ネオユニヴァース 母ユニオンワラダー

6月24日(水)稍重の美浦・ダートDコースで5ハロン68.3-53.4-39.3-13.5 7分所を一杯に追っています。併せ馬では馬なりの相手の内を先行して0秒2遅れ。短評は「まだ少し重目」でした。

○高梨調教助手 「6月24日(水)はダートDコースへ。5ハロン70秒ぐらいで十分と考えていました。しかし、時計を聞いたら67秒5。降雨で足抜きが良かったのも確かですけどね。でも、別に息は上がっていませんでしたよ。手応えで見劣ったのは稽古で動く相手と併せた分でしょう」

≪調教時計≫09.06.24 助手 美南D稍 68.3 53.4 39.3 13.5(7)一杯に追う まだ少し重目 ソウルスクリーム(古馬500万)馬なりの内先行0秒2遅れ

7月1日(水)稍重の美浦・ダートDコースで5ハロン69.1-53.4-38.4-12.6 6分所を一杯に追っています。併せ馬では馬なりの相手の内を追走して0秒1遅れ。短評は「まだ少し重目」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○高梨調教助手 「7月1日(水)も順調に追い切りましたよ。ただ、まだトモ等が緩い感じ。チップでは後肢を滑らせる可能性も考えられるでしょう。そのあたりを踏まえてダートへ入れています。ジワジワ加速して行くタイプだけに芝の中距離あたりが合うのでは・・・」

≪調教時計≫09.07.01 助手 美南D稍 69.1 53.4 38.4 12.6(6)一杯に追う まだ少し重目 ピンクトルマリン(3歳未勝利)馬なりの内追走0秒1遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

少し間が開いてしまいましたが、ロードの入厩馬の近況です。

ロードオブザリングは、初めてCWコースで追われました。レディミステリーに子供扱いされた格好で1ハロンの伸びが案外だったようですが、まだまだ余裕残しのところもあるかと思うので、どれだけ変わってくるかでしょうね。また、デビュー戦は今年のダービージョッキーとのコンビで出撃予定とのこと。良い騎手を確保してくれるのは有り難い事ですね。

ロードギャラクシーは、入厩してからあんまりトーンが上がってきません。ネオユニヴァース産駒らしくトモに緩さが残っているようで、それを考慮して、ダートで調整されているとのことです。まだ太めなようで追い切りでもピリッとしていませんが、徐々に変わってくるかな?

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ