2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

出資馬一覧

最近のコメント

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月25日 (木)

シルクなお馬さん(3歳・入厩組)

Photo_8   

シルクメビウス(牡3・領家厩舎)父ステイゴールド 母チャンネルワン

坂路コースでキャンターの調整です。調教助手は「減っていた体も戻り、坂路で乗り込みを開始しています。落ち着きもあるし、今のところ順調にやっていけそうなので、このまま大井に向けてしっかり仕上げていきたいと思います」と話しています。(6/22近況)

Photo_9   

シルクナトゥール(牡3・山内厩舎)父ネオユニヴァース 母エンジェルインザモーニング

先週11着でした。今回は早めの競馬を見せ、道中は8番手でレースを進めると、3コーナー手前から積極的に押し上げ、5番手で4コーナーを回りました。しかし直線では懸命に追われたものの、末脚を無くして、後方に敗れています。レース後、特に不安は無い様で、状態次第で連闘で今週の出走を検討しています。(6/22近況)

20096_2    

シルクユーロスター(牡3・五十嵐厩舎)父ミラクルアドマイヤ 母ユーロカレンシー

坂路コースでキャンターの調整で、18日に時計を出しています。調教師は「16日にグイッポ(さく癖)からくる腹痛を起こしましたが、大した事はなかったので時計を出しています。今のところ脚元も変わりないし、良い状態で復帰出来るように仕上げていきます」と話しており、今週日曜日の阪神・D1,800mに出走を予定しています。(6/22近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今、入厩しているのは入会して最初に買った3頭です。現況は各馬ごとで大きく変わってしまいましたが…。

メビウスは、前走の激走から回復してきたようです。これから大井での大一番に向けて、ピッチを上げていくことになるかと思います。順調に進めて行って欲しいと思います。

ナトゥールは、前走は勝負処から押し上げて行ったようですが、最後は脚をなくしてしまったようですね。追ってバラバラになる状況から、良化もないですし、厳しすぎますね。

ユーロスターは、まだビシッと追えていませんが、今週の復帰となるようです。テレサでは日曜日になっていますが、土曜日の若手J限定レースのようです。厩舎の国分恭Jが手綱を取るようです。今回は、まずは無事に回ってきてもらえればと思います。

シルクなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo_6 

シルクフォーチュン(牡3・藤沢則厩舎)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

天栄ホースパークで休養中です。右後脚第三足根骨々折の為、引き続き馬房で安静にしており、牧場長は「週末にレントゲンを撮って、状態を確認しましたが、思った程の良化が見られませんでした。まだ患部には骨折線が残っていますし、運動再開までには少し時間が掛かるかもしれません」と話しています。(6/22近況)

20096

シルクジェミニ(牡3・本田厩舎)父シンボリクリスエス 母シルクセレブレイト

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路3本の調整です。先週は坂路中心に15-15の調教を付けられており、牧場長は「予定通り15-15を乗って、状態を確認しました。特に反動も見られませんし、久々にしては動きは良かったですよ。今の感じで乗り込めれば目処も立ってくると思います」と話しています。(6/22近況)

Photo_7

サリール(牝3・藤岡健)父スペシャルウィーク 母ファーストセーラ

滋賀県・グリーンウッドトレーニングで調整中です。ウォーキングマシンの運動を40分行った後、本馬場でキャンター1,000mの調教をつけられています。牧場長は「こちらに来た当初は腫れも残っていたので、運動だけで様子を見ていました。今週から軽めのところを乗り出して、引き続き様子を見ていきます」と話しています。(6/22近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

フォーチュンは、骨折の回復が遅れているようです。やはり1年くらいは復帰までかかりそうかな。

ジェミニは、軌道に乗ってきました。時期も時期だけに進めていかないとダメですし、何とかこのままうまく進んで欲しいと願っています。

サリールは、まだ患部に腫れがあるのが心配ですね。軽く乗り出しているので、大丈夫だとは思いますが…。

2009年6月23日 (火)

シルクなお馬さん(2歳・入厩組)

Photo   

シルクタイムレス(牡2・山内)父クロフネ 母ジュウニヒトエ

函館Wコースでキャンターの調整で、17日に併せて追い切られると、19日にはゲートから時計を出しています。調教師は「仕上げに入っていますが、追い切りでも良い感じで走っているし、予定通り今週の札幌でデビューさせる方向です。気も素直だし、順調に来ているから、初戦から楽しみだね」と話しており、今週土曜日の札幌・D1,000mに出走を予定しています。(6/22近況)

田原調教助手「ビシッと追ったのは初めて。この時計、動きなら合格」(G誌より)

陣営も記者もV確信。稽古駆けする併走馬に楽々2馬身先着(Dスポより)

20096_4

シルクアーネスト(牡2・池添)父グラスワンダー 母ティアドロップス  

CWと坂路コースでキャンターの調整で、17日と21日に併せて時計を出しています。調教助手は「先週初めて速いところを併せてやりました。追い出してからは相手がついてこれず、単走みたいになりましたが、初めてにしては動きも悪くなかったし、良い感じで来ていると思います。週末と今週の追い切りで十分仕上がると思うので、今週の阪神を池添騎手で使おうと思います」と話し、池添騎手は「追い切りに乗りましたが、気性も素直でとても乗りやすい馬でした。動きも悪くなかったし、今週やれば十分仕上がると思います。特に注文をつけるところはないですね」と話しており、今週日曜日の阪神・D1,200mに出走を予定しています。(6/22近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

入厩して調整が続けられていたタイムレス&アーネストが、いよいよデビューします。

タイムレスは、今週のギャロップにも記事が出ていました。そして、本日の大スポの2歳馬企画、今週の新馬☆一番星の欄に堂々と名前が載って、記事が書かれていました。

そこには、担当の榊原厩務員の強気なコメントが並んでいましたよ。

・「とにかくエサをバリバリ食うんや」

・「丈夫な馬で気性も素直。最初は口向きが悪いところもあったけど、リングハミに換えたら良くなった。普通に走ってくれば勝てるレベル」

・「併せた3歳馬が走ると聞いていたから、併入できればと思っていたが先着した。それもあっさりや」

・「デビュー戦はひとまずダートだけど、後々は芝の長いところでもと思っている。4つ、5つは大丈夫やろ」

藤田Jは先週の札幌のメイクデビュー戦は、土・日共に2着と惜敗。3度目の正直で、タイムレスをスカッと勝ち上がらせてもらえればと思います。

アーネストは、順調に稽古を積まれています。追い切りで先着しているのは、非常に好感が持てます。あとは、終いがもう少しビシッとしてくれば、強気にもなれるのですが…。まあ、ダートも悪くない母系ですから、私が思っている以上にデビュー戦から走ってくれるかな。

シルクなお馬さん(2歳・牧場組)

20096

シルクケーニッヒ(牡2・本田)父ストラヴィンスキー 母ブリッツケーニギン

北海道・フロンティアスタッドで調整中です。ウォーキングマシン60分、屋内トラックでダク1,200mとキャンター2,000m乗った後、坂路コースでキャンター1本の調教をつけられています。牧場長は「先週末に2ハロン15-15までペースを上げました。気持ちが前向きになり、集中して走っています。速い調教を継続しながら、体に芯が入ってくると、もっとフォームが沈んで来ると思います」と話しています。(6/22近況)

20096_2

シルクオールディー(牡2・昆)父マンハッタンカフェ 母クインオブオールディー

北海道・フロンティアスタッドで調整中です。ウォーキングマシン60分、坂路コースでダク2,400mとキャンター2,400mの調教をつけられています。調教師は「7月4週目に札幌と函館で2歳未登録馬の直接入厩が出来るので、この検疫を申し込む予定です。仕上がりの早そうな体つきをしていますから、栗東に入れるよりは、競馬場に直接入れて競馬を使った方が良いでしょう。あと、1ヶ月程時間がありますから、それまで牧場でビッシリ乗り込んで貰います」と話しています。(6/22近況)

20096_3   

シルクルーパス(牡2・河野)父ステイゴールド 母ピアルピナス 

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路でキャンターの調教を付けられており、牧場長は「脚元のケアはしっかりやっていますが、まだ良化途上といった感じです。相変わらず浮腫みが残っていますので、暫くは様子を見ながらの調教になります。でも、馬も良くなっているし、動き自体も悪くないですよ」と話しています。(6/22近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

入厩組は揃って、今週のメイクデビュー予定です。牧場組にも頑張ってもらいたいです。

ケーニッヒは、牧場長の担当馬ですが、まだ本格的に乗り出して間もないですが、ラスト2ハロン15-15のところも乗っているようです。動きの良さに少しラスト強めにやってみようと判断されてのことだと思い込んでいます(笑) ストラヴィンスキー産駒は勝ち上がりも良いですし、順調に使い込めるようになってくれば、馬主孝行になってくれる馬だと思います。

オールディーは、少し時間がかかるタイプかなと思っていましたが、夏の初めに移動できるくらいになるとは思っても見ませんでした。競馬場へ移動して、夏の札幌開催でのデビューとなるようです。このまま、順調にパワーアップして行って欲しいと思います。

ルーパスは、速いところを乗るのは控えて、様子を伺っているところです。ずっと順調に乗り込んでいたから、夏前の疲れは仕方ないのかもしれません。しっかりケアに努めて欲しいと思います。馬の醸し出す雰囲気、皮膚の薄さと出資している2歳馬では、馬体の良さなら、この馬が1番かなと思っています。トモがまだしっかりしていないのか、立ち姿に力強さがないのが不満ではありますが。

ロードなお馬さん(牧場組)

20096

ロードアビリティ(牡2・北出厩舎)父レギュラーメンバー 母ナチュラルカラー

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン18~20秒ペース)。もしくは三石軽種馬共同育成センターで並脚1000m、ダートコース・ダク1200m→キャンター2400~3000m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「一時期に比べて全体的な良化を遂げたのは確か。週単位での変化こそ窺えぬものの、着実に上昇カーブを描いていると思います。飼い葉の食いも十分。脚元もスッキリ映る状態です。夏を迎えて更に変わって来そう。この調子で進めましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~

アビリティはずっとこのペースではありますが、順調です。ただ、募集パンフレットでは夏負けの症状が出ていたように思いましたので、夏場をうまく乗り切るかが課題かもしれません。

シルクな1歳のお馬さん・近況

Photo    

シルク8-8(牝・野中)(父シンボリクリスエス 母ウェディングシルク)

ヤナガワ分場で放牧中。

「ここ1ヶ月でガラッと変わりましたよ。先月は体の線を少し崩れかけたかなと思いましたが、毛艶が冴えて、馬体もフックラ見せるようになりましたから」とスタッフ。

Photo_2   

シルク8-10(牝・岡田)(父ゼンノロブロイ 母サンシャインステラ)

坂東牧場で放牧中。

「放牧地で相撲を取った時に肩の辺りを外傷しましたが、もう普通に放牧しています。来場された岡田先生もスタイルが良くなったね、と喜んでいました」とスタッフ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

両馬とも近況の馬体写真がなかったのですが、これは募集パンフレットとDVDを楽しみにしたいと思います。

1歳馬は牝馬を2頭既に出資していますが、新しいラインナップを見ると、楽しみな血統な馬が牝馬に多いですね。オリンピアデュカキス、トレイシズオブゴールドが両巨頭でしょうか。サマーベイブの仔も気になるところです。

牡馬は、坂東牧場産のビービープレジャーの仔はほぼ出資するかと思います。あとは、ヒカルバイオレット、プレギエーラあたりかな。

2009年6月22日 (月)

ジャパンダートダービーのJRA所属馬の出走馬決まる!

7月8日に大井競馬場で行われるジャパンダートダービーのJRA所属馬の出走馬が決まりました。出走馬は下記のメンバーです。

○グロリアスノア(牡 矢作) 小林 慎一郎J

○ゴールデンチケット(牡 森) 未定

○シルクメビウス(牡 領家) 未定

○スーニ(牡 吉田) 内田 博幸J

○テスタマッタ(牡 村山) 未定

○ラヴェリータ(牝 松元茂) 未定

補欠

1、ワンダーアキュート 2、ミッキーペトラ 3、メトロノース 4、カネトシコウショウ 5、モエレエキスパート

Photo

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シルクメビウスは無事に出走馬に名前を連ねています。ただ、騎手がまだ未定になっているようです。個人的には田中博Jで負けていないので、そのままで良いとは思うのですが、ひょっとしたら大一番での乗り替わりがあるのかもしれません。乗り替わりなら、安藤勝己Jが最有力かなとも思いますが、ゴールデンチケットも未定になっているので、ひょっとしたら武豊Jという線もあるのかな。

2009年6月21日 (日)

焼魚定食のコロコロ予想 vol.45

シルクメビウスの口取りの写真に、田中博Jの隣に写っている人は坂東牧場の社長さんだったんですね。昨日、気がつきました。新規募集にはステイゴールド×ビービープレジャーがいますね。坂東牧場のウェブサイトで確認できるのですが、立ち姿が良く、顔の表情がキリッとしていて首差しから背中のラインが良いですね。おそらく領家厩舎でしょうか。そうしたら人気になるかな!?

(阪神4R)◎ダノンパッション

単勝1、1倍くらいの圧倒的人気になりそうです。この上のアインラクスをPOGで指名していたので、気になる1頭ですが、今週の稽古もCWで強めで12秒0をマークするくらいですから切れ味は相当かと。ここはどんなレースをするかいきなり注目です。相手はエーシンテュボーンよりも、ポートサンダー、クレスコサンデーを。

(阪神7R)◎エーシンビートロン

アンライバルド、ブエナビスタ、リーチザクラウンの新馬戦で5着に入った同馬。ダート戦に転じてからは安定したレース内容で、500万下でも勝ち上がりは間近。前走はテスタマッタの強襲に合いましたが、そのテスタマッタは1000万下も壁なく勝ち上がりました。今回は武豊Jを鞍上に据えて負けられない1戦。

(阪神9R)◎サザンギャラクシー

ロードアリエス、シルポートは上のクラスでも好勝負をしていての降級戦となるだけに強力ですが、前走が着差以上に強い勝ち上がりだったサザンギャラクシー。今回も1000万下のレースとなりますが、もう1丁を期待。

遂に借金10に突入

4連勝で上向きかと思っていましたが、その後は1勝7敗とまたドロ沼へ…。昨日も安藤は調子が良いのかなと思っていたら、ツーアウト、ランナーなしから5点では…。せめて3ランだけで食い止めて欲しかったところです。

打線も組み換えても、繋がりが出ませんね。この状況で1軍に上がってくる活きの良い選手も若手も育っていないので、新井、金本、鳥谷らの調子が上がってくるのをただ待つしか打つ手はないですね。2軍の若手もマンネリ化してるんでしょうね。

2009年6月20日 (土)

シルクの新規募集馬

会報は月曜あたりになるかと思いますが、新規募集馬のラインナップが出てきていますね。また、千代田牧場のウェブサイトでは、価格と厩舎まで発表となっています。今年は7頭もラインナップされていますね。その中では血統的には、ブロンコーネの2008が気になりますが…。

あとは、白老ファーム、追分ファームの生産馬が結構目立ちますね。また、既に牝馬2頭(シルク8-8、8-10)に出資していますが、血統的には牝馬で楽しみな馬が多いですね。

焼魚定食のまんぷく予想 vol.68

(阪神10R)マーメイドS(G3)

◎ザレマ、○ベッラレイア、▲リトルアマポーラ、△ムードインディゴ、×ブーケフレグランス、×ニシノブルームーン

勝ち切れない競馬が続きますが、牝馬限定戦では安定した内容を誇るザレマ。今回は鞍上自らが追い切りに乗って、勝負気配です。ベッラレイア、リトルアマポーラよりも1キロ軽い斤量も魅力。頭となると不安はよぎりますが、連軸として信頼できるかと思います。ベッラレイアは今回は良い馬場で出来るのが何より。前回もあと僅かのところに来ていますし、秋に向けてスカッと賞金を上乗せしたいところ。リトルアマポーラは復帰2戦が今イチの内容。ただ、今回は距離も延びますし、相手も弱化。稽古もビッシリと追ってきました。G1馬として恥ずかしい競馬は許されない1戦。あとは馬場の良い阪神で変身十分のムードインディゴ。3連勝中のニシノブルームーンも52キロの斤量も魅力で、怖い存在。

2歳戦開幕!

北海道が先に行われるのかと思っていましたが、阪神のメイクデビューが最初だったんですね。人気を集めたエーシンダッグマンがゲートを出て、そのまま終いも確かにマイネルカリバーンを4馬身突き放しました。時計も上々かと思います。

JRAのウェブサイトでは、Road to CLassic として、先週の2歳戦のダイジェストを見ることが出来ますが、今年からはメイクデビューの1戦も録画再生して、後から見れるようになっていますね。週末、仕事で競馬を見れないことが多いので、重宝したいと思います。

焼魚定食のコロコロ予想 vol.44

(阪神4R)◎マイネルカリバーン

いよいよ本日より2歳戦が開始です。阪神のメイクデビュー初戦は少頭数ながら、なかなか粒の揃ったメンバーと言えるでしょうか。人気は武豊J騎乗のエーシンダックマン。先週は坂路で逆噴射してしまいましたが、今週はCWで終いも余力十分。これなら大丈夫かなと思いますが、ここは少しひねくれて、「2歳戦と言えばマイネル」のマイネルカリバーンから狙いたいと思います。ビッシリとは追われていないのですが、なかなか素軽い動きを見せているようです。芝の実戦に行って更に良さが出るかなと思います。デュランダル産駒の初勝利を挙げるのはこの馬かな。

(阪神6R)◎タクティクス

ようやく前走で連対圏に入ってきたタクティクス。負けたければも走破時計は立派なもの。今回は岩田Jと初めてのコンビ。折り合いをつけて、スカッと勝ち上がって欲しいです。

(阪神9R)◎アナモリ

一息入っての1戦となる同馬。少し余裕はあるようですが、本数は丹念に乗り込まれています。上のクラスで勝ち負けできるところまで来ていての降級戦。川田Jも乗り慣れているので、いきなりから好勝負。

(札幌9R)◎サダムイダテン

2歳時の評判が懐かしい同馬。ただ、それ以降は精神的な脆さで期待を裏切るレースが続いています。ここは1000万下への降級戦。小回りコースも却って向くかも。うまく先手を奪って、少し速いペースで押し切りを期待。今一度、見直したいです。

(阪神11R)◎ブレイブファイト

半弟がG1で連対しましたが、それ以上に期待されていたのが同馬。こちらもサダムイダテン同様に気が悪く、レースに行って、本来の力を十二分に発揮できません。ただ、今回は降級戦。ブリンカー着用で真面目に走ってくれれば、アッサリも。

シルクな短信

Photo   

シルクタイムレス(牡2・山内)父クロフネ 母ジュウニヒトエ

来週のデビューに向けて、金曜日にゲートを通しています。

19函ダ良 12.9- 12.1- 13.7- 13.9 ゲート単走

↑↑↑

馬なりでこれくらいのダッシュ力があるのなら、あまりビシビシやっていないですが、デビュー初戦からかなり楽しめるかと思います。有力新馬に紹介されれば嬉しいのですが。

20095_3

シルクアーネスト(牡2・池添)父グラスワンダー 母ティアドロップス  

今週の追い切りは、池添Jが乗って、追い切られました。馬場の内めを通っているので時計どおりの評価は難しいのですが、厩舎でも期待の1頭なのかなと思います。来週は終い重点でも良いのでラスト1ハロン、12秒台でまとめてほしいところ。

デビュー戦の鞍上が池添Jなら、宝塚記念当日のダート1200が有力でしょうか。タイムレス、アーネストで土日新馬連勝となれば、言うことないのですが(笑)

Photo_12   

シルクナトゥール(牡3・山内厩舎)父ネオユニヴァース 母エンジェルインザモーニング

阪神2R 3歳未勝利 (D1,800m) 56kg 熊沢 発走10:50

前走後も変わりなく、連闘も検討していましたが、除外確実な状況だった為、今週に回っており、調教師は「追い切りは併せてやりましたが、もう一つ動きも変わりないと言うか、上積みが見られないね。芝の方が良いとは思うけど、なかなか使えないし、少しでもメンバーが手薄なダートを使うことにしました。乗り役もしっかり追ってくれるジョッキーだから、少しでも上位に来てくれればと思います」と話しています。(テレサより)

苦戦必至な状況ですね。陣営のコメントからはこれ以上は変わってこないという、あきらめの白旗を振っているかの感じです。ここで大負けするようだとさすがに見限られるかな・・・。

2009年6月18日 (木)

競馬ブックPOGに参加

今週末から2歳戦がスタート。タガノガルーダ(札幌)、ヴェラブランカ(阪神)あたりは、デビュー勝ちが有力かなと思います。

昨年度(現3歳)も参加した競馬ブックのPOGに今年も参加してみることにしました。ちなみに昨年の5頭はラヴェリータ、バンガロール、アドマイヤシャトル、ダノンファントム、シルクメビウスの5頭でした。参加人数9510人中2022位でした。コツコツ稼ぎましたが、やはり飛び抜ける馬の指名が必要ですね。

次大会の現2歳は下記の5頭で挑戦したいと思います。

ジャポニズム(牡 父ネオユニヴァース 母オリエンタルアート)

スマートドラゴン(牡 父アグネスタキオン 母エレガントフライ)

コードゼット(牡 父キングカメハメハ 母ヘヴンリーロマンス)

ダノンパッション(牡 父アグネスタキオン 母スターインズアイズ)

アドマイヤゲーム(牝 父クロフネ 母アドマイヤグルーヴ)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ジャポニズムは、グリーンウッドに移動して調整中です。移動してすぐに熱発を発症したようですが、たいしたことはないようです。

本当はナリタグレース07を選んでいましたが、ダノンパッションに変更しました。昨日の追い切りで、武豊J騎乗でヴェラブランカを見事に切り捨ててましたので。

シルクなお馬さん(3歳・入厩組)

Photo_2 

シルクメビウス(牡3・領家厩舎)父ステイゴールド 母チャンネルワン

レース後も順調で、軽めの運動の調整です。調教師は「使った後も変わりないですが、先週は疲れを取る事に専念しました。思っていた以上に気合いを出し過ぎて心配したけど、乗り役も上手く乗ってくれたので、良い勝ち方をしてくれたと思います。1,600mに対応させる追い切りをして、気合いが出過ぎた部分もあると思うし、次は距離が延びるので、上手く折り合えるように落ち着かせておきます」と話しています。(6/15近況)

Photo_12   

シルクナトゥール(牡3・山内厩舎)父ネオユニヴァース 母エンジェルインザモーニング

レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。調教師は「連闘で使いたかったんですが、頭数が多く除外確実だったので見送りました。使った後も変わりなく坂路で乗り込んでいるので、今週入れば使う方向です」と話しており、動きや状態次第で今週の出走を検討しています。(6/15近況)

20095_5   

シルクユーロスター(牡3・五十嵐厩舎)父ミラクルアドマイヤ 母ユーロカレンシー

坂路コースでキャンターの調整で、10日と14日に時計を出しています。調教師は「先週から坂路で時計を出し始めていますが、脚元も熱などはないし、今のところ変わりなく調教出来ています。あまりビッシリやるよりは、坂路でしっかり追い切りの数をこなす方が脚元にも負担は軽いと思うので、阪神後半で復帰出来るように進めていきます」と話しています。(6/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

メビウスは、まずは前走の疲れを取るために終始したようです。次走は距離延長に、ナイター競馬。レース前にテンションが上がってしまうと厳しいので、気負い過ぎないように調整して欲しいと思います。

ナトゥールは、レースを使って行くしかない状況ですが、さすがにそろそろ決断もあっても良いかなとは思います。

ユーロスターは、ビシッとは追えていませんが、プールを併用して調整中です。昨日、時計を出していないのはちょっと気になりますが、復帰に向けて進めて欲しいと思います。

2009年6月17日 (水)

シルクなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo_2      

シルクフォーチュン(牡3・藤沢則厩舎)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

天栄ホースパークで休養中です。右後脚第三足根骨々折の為、引き続き馬房で安静にしており、牧場長は「与えた飼葉はきっちり食べているし、馬も比較的落ち着いているようです。近い内に経過確認のレントゲンを撮る予定です」と話しています。(6/15近況)

Photo_4       

シルクジェミニ(牡3・本田厩舎)父シンボリクリスエス 母シルクセレブレイト

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路3本の調整です。先週は坂路中心に17-17の調教を付けられており、牧場長は「だいぶ動けるようになってきましたね。多少馬体に余裕があるので、様子を見ながらですが、週末には強めをやって、状態を確認するつもりです」と話しています。(6/15近況)

20095

サリール(牝3・藤岡健)父スペシャルウィーク 母ファーストセーラ

引き続き厩舎で右前脚の様子を見ています。調教師は「徐々に腫れも引いてきているので心配はないと思いますが、念の為にグリーンウッドに放牧に出そうと思います。骨などには異常なくて良かったです」と話し、10日に滋賀県・グリーンウッドトレーニングへ移動しています。(6/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

フォーチュンは、レースでも優等生でしたが、休養中も大人しくしているようですね。近いうちにレントゲンを撮るそうなので、順調に回復していることを願っています。

ジェミニは、ピッチが上がりました。このまま進めて欲しいですが、脚元のケアはしっかりお願いします。

サリールは、大きな怪我ではないようで、ひとまずはホッとしています。早い段階で乗り出させれば。

ロードなお馬さん(入厩組)

20094

ロードオブザリング(牡2・笹田厩舎)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

6月17日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に59.4-43.9-29.3-14.6 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。7月26日(日)札幌・2歳新馬・混合・芝1800mに予定しています。

○笹田調教師 「復調の兆し。一息を入れた効果も手伝い、徐々に元気を取り戻して来ました。6月17日(水)は坂路へ。まだ15-15程度の内容ながら、調教タイムとして記録されるペースで乗れたのは何よりでしょう。目標レースへ向けて再びピッチを上げて行きたいと思います」

Photo 

ロードギャラクシー(牡2・河野厩舎)父ネオユニヴァース 母ユニオンワラダー

6月11日(木)に美浦・ダートDコースでゲート試験に挑戦。結果は合格でした。6月17日(水)稍重の美浦・ダートDコースで3ハロン43.0-14.4 6分所を馬なりに乗っています。短評は「攻め量物足りず」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○高梨調教助手 「先週、ゲート試験に合格。練習パートナーと一緒に受けたらOKの判定でした。6月17日(水)はダート馬場を半マイルから。終始15-15のペースで走らせています。厩舎へ入った当初に見られた食の細さも歯を研いだ後は改善が図れましたよ 」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

オブザリングは、熱発で疲れが見られましたが、良い時期に無理せず、ひと息入れてもらったおかげで、長引くことなく済みました。先週は同配合のシンゲン、クレスコワールドが強い勝ちっぷりを見せてくれました。これからしっかり乗り込んで、少しシェイプアップして、デビューを迎えて欲しいと思います。

ギャラクシーは、僚馬と一緒にゲートを受けたら、あっさり合格していたようです。これで私の出資している入厩馬はゲートは問題なくクリアしてくれました。少し飼葉食いが悪く、繊細のところがあるのかもしれませんが、順調に乗り込めているのでこのまま進めて欲しいと思います。デビューは新潟の開幕戦あたりかな?

シルクの2歳募集締め切り迫って

メビウスが端午S⇒ユニコーンSと快勝したので、もう1頭出資しようかなと思って、様子を見ていました。

ただ、その一方で、ルーパスはちょっと疲れが出ていますが、タイムレス、アーネストはデビュー間近、残りのフロンティアS組、オールディー、ケーニッヒも順調に来ていますので、ここは無理することなく、次の世代に期待したいと思います。

※本日、気がつくとシルク7-50こと、オールディーも満口となったようです。

この世代に最初に出資したのが、募集中止のバニーホップ(シルク7-58)、アーネスト、オールディーの3頭でした。その中の2頭が満口となったので、少し自信になりました。後は、無事にデビューを迎えて、走ってくれることを願うのみです。

シルクなお馬さん(2歳・入厩組)

Photo   

シルクタイムレス(牡2・山内)父クロフネ 母ジュウニヒトエ

9日に函館競馬場へ移動すると、函館Wコースでキャンターの調整で、14日に併せて時計を出しています。調教師は「まだ速いところをビッシリやっていないので、状態と動き次第だけど、札幌2週目を予定して仕上げていこうと思っています」と話しています。(6/15近況)

14函W稍 53.6- 37.8- 13.6 馬也外追走同入

17函W良 5F 助手 64.6-50.7-38.3-12.7 ③ 強目

20095_3

シルクアーネスト(牡2・池添)父グラスワンダー 母ティアドロップス  

11日にゲート試験を受けて合格すると、坂路コースでキャンターの調整で、14日に併せて時計を出しています。調教師は「出も速く問題ないので試験を受けました。厩務員が気負いすぎて馬がそれを気にしたのか、少し入る時にイラついていたけど、問題ない範囲だったので無事受かりました。出てからが速い馬だし、順調に来ているので、阪神2,3週目あたりを目標に仕上げに入っていこうと思います」と話しています。(6/15近況)

14栗坂良 59.8- 43.8- 28.5- 14.1 馬也先行0.1秒先着

17CW良 池添J 81.8-66.3-52.4-39.3-13.2 ⑤ やや一杯

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

入厩組の2頭はいよいよデビューが間近に迫ってきました。今日あたり、ビシッと追っているかと思いますので、どんな動きをしてくれているか楽しみでもあり、少し不安でもあります(笑) 

アーネストは、CWで追い切られたようです。ラスト1ハロンが少し物足りないですが、まずまずでしょうか。稽古は池添Jが乗っていたようです。2歳馬相手に先着はしています。

タイムレスは内めを回りましたが、少し気合をつけられて、これくらいの時計なら悪くないかなと思います。こちらも先着しています。初戦から楽しみです。

借金2ケタは勘弁!

借金2ケタに王手がかかっていた我が阪神タイガース。助っ人ブラゼルの4戦連発弾と新井の1発で何とか逃げ切りました。試合は見ることができなかったのですが、赤星を1番に戻して、本来の形でオーダーを組み換えたようですね。これで金本と鳥谷のどちらかが復調してくれば、もう少し繋がるのかなと思います。

あと、ニュースでは太陽と赤田のトレードが成立間近なようです。太陽は2軍では調子が良いようなので、環境が変わって力を発揮するかも。赤田も出場機会に恵まれていないようなので、両チームには良いトレードになるかと思います。

シルクなお馬さん(2歳・牧場組)

4

シルクケーニッヒ(牡2・本田)父ストラヴィンスキー 母ブリッツケーニギン

北海道・フロンティアスタッドで調整中です。ウォーキングマシン60分、屋内トラックでダク1,200mとキャンター2,000m乗った後、坂路コースでキャンター1本の調教をつけられています。牧場長は「馬にやる気が出て、だいぶピリッとしてきました。確かにまだ緩い面はありますが、背中の雰囲気が抜群なんです。過去には、ダンツフレームやコンゴウリキシオー、最近ではトウショウカレッジなど担当させて貰いましたが、それと比較しても背中の感触がコンゴウリキシオーに似ているんですよ。体型は全く違いますが、お父さんがストラヴィンスキーという事で、共通するものがあるのかもしれませんね。秋デビューを目標にしていますが、ひと夏を越して体に芯が入ってくれば、必ず動いてくる馬だと信じています」と話しています。(6/15近況)

20095

シルクオールディー(牡2・昆)父マンハッタンカフェ 母クインオブオールディー

北海道・フロンティアスタッドで調整中です。ウォーキングマシン60分、坂路コースでダク2,400mとキャンター2,400mの調教をつけられています。牧場長は「先週は自分で跨って3ハロン13-13で進めました。約1ヶ月程強めをやっている馬と併せましたが、相手を待つくらい余裕で、ビックリするくらいの手応えで動きました。調教師が確認して『思った以上に仕上がっている』ということで、7月2週目か、4週目の検疫で、札幌か函館競馬場へ直接入厩させる事になりました。それまで週1回は、古馬と併せて15-15と13-13を1本ずつ、びっしり攻めて欲しいという指示を受けています。個人的にも、強い自信が湧いてきました」と話しています(6/15近況)

4_2   

シルクルーパス(牡2・河野)父ステイゴールド 母ピアルピナス

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路でキャンターの調教を付けられており、牧場長は「脚元に少し浮腫みが出ているので、無理せずキャンターだけにしました。ここまで休み無く来ていますし、そろそろ疲れが出る頃だと思います。ガタっと来る前にペース落とせば、休ませる必要もありませんしね。いつも行く気満々の馬なので、ひと息入っても立ち直りは早いでしょう」と話しています。(6/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シルクの2歳馬は6月19日午後6時募集締め切りです。全体的に、セールストーク的によく書かれているところはありますが、既に出資している馬なら悪い気はしません。

ケーニッヒは、好バランスの馬なので、私も脚元さえパンとしてくれば走ってくるかと思います。もう少しじっくり乗り込んで、このひと夏でグンと成長して欲しいです。

オールディーは、若さが残る印象はあるのですが、動き自体は着実に進歩を感じられます。昆厩舎らしく厳しく攻められていますので、故障には十分気をつけて欲しいと思います。芝で期待できる馬になってくれたらなあ。

ルーパスは、疲れが出る頃だと思いますとありますが、浮腫みが出て、疲れの症状が出てるやん!と思わず、突っ込みたくなります。まあ、完全に休めると、それを取り戻すには時間がかかるからだとは思いますが。状態には十分に見極めて、稽古して欲しいと思います。

ロードなお馬さん(牧場組)

20096

ロードアビリティ(牡2・北出厩舎)父レギュラーメンバー 母ナチュラルカラー

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン18~20秒ペース)。もしくは三石軽種馬共同育成センターで並脚1000m、ダートコース・ダク1200m→キャンター2400~3000m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「現在は時折ハロン18秒を切るペースで乗る場合も。引き続き順調と言えるでしょう。元々、雄大な馬格の持ち主。そこに必要な筋肉が備われば一段と迫力を増すと思います。今後も稽古をキッチリ積み重ねてトモ等の充実を叶える意向です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~

アビリティはゆっくり乗り込み中です。体高があるので、案外きゃしゃにも見えるのですが、元々が雄大な馬体です。しっかり乗り込んで、パワーアップして欲しいです。あとは、前向きさがもう少しも出てきて欲しいなあ。

2009年6月13日 (土)

焼魚定食のコロコロ予想 vol.43

(中京4R)◎シルクユニヴァース

(中京5R)◎シルクプリヴェイル

今年のシルク馬はダートしか勝ち星がないようですが、初芝勝ちを狙って、2頭出走します。どちらのレースも強力なライバルがいますが、十分に勝ち負けできるところにいます。期待したいところです。

(中京8R)◎ファミリズム

デビュー戦、京都2歳Sの走りから、春はもっと大レースでの活躍を期待されましたが、足踏みが続いた同馬。腰の甘いところと気性面の幼さが原因かと思います。ここはソコソコメンバーが揃いましたが、叩き3戦目。岩田Jが引き続き手綱を取ってくれますし、ここはスカッと勝ちあがって欲しいと思います。

(中京12R)◎マチカネカミカゼ

ひと叩きして、河内調教師が弟弟子の武豊Jを配してきたので、ここは負けられない1戦。未勝利の段階で、500万下で2着に入ったように素質はここでも上位。外枠に入ったのも好材料かと。発馬さえ決めれば。

シルクな短信

20095

シルクオールディー(牡2・昆)父マンハッタンカフェ 母クインオブオールディー

今のところ7月中旬を目処に札幌競馬場もしくは函館競馬場へ入厩させる予定です。

Photo

サリール(牝3・藤岡健)父スペシャルウィーク 母ファーストセーラ

10日(水)に滋賀県・グリーンウッドトレーニングへ放牧されています。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

秋になってからの移動かと思っていましたが、オールディーは来月の中旬をメドに一旦、競馬場へ移動するようです。先にゲート試験を合格させて、またフロンティアSに戻って乗り込むのか、そのまま北海道デビューを視野に入れているのかは、現段階では分かりません。ただ、このまま順調に進めて行って欲しいと思います。

サリールはやはり脚元の状態は良くないようですね。近くのグリーンウッドへの放牧ですので、大したことはないような気がするのですが・・・。こちらは心配です。

タイムレスはシルクでは「札幌競馬場へ入厩」と情報が出ていますが、おそらく函館競馬場の間違いかと思います。

2009年6月12日 (金)

まずはデビューへの第一歩、ゲート試験に合格☆シルクアーネスト

20094_2 

シルクアーネスト(牡2・池添)父グラスワンダー 母ティアドロップス

11日にゲート試験を受けて合格しました。(最新情報より)

栗E稍  12.4- 12.1- 14.8 ゲート合格

入厩して無事に、ゲート試験を合格しました。所属の松山Jを背にまずまずのゲートの速さを見せてくれたかなと思います。日曜日にも坂路でソコソコの時計を馬なりでマークしています。このまま順調に稽古を積めれば、最終週あたりの阪神でデビューあるのかな。

2009年6月11日 (木)

タイムレスの取り上げられていた記事をまとめて

Photo_3

シルクタイムレス(牡2・山内)父クロフネ 母ジュウニヒトエ

スポニチとJRA-VANで取り上げられていたので、ブログでも紹介させていただきます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【新馬情報】シルクタイムレス芝も砂も走る!(スポニチより)

札幌3日目(27日)のダート1000メートルを予定しているシルクタイムレス(牡=山内、父クロフネ)は9日、滞在先の函館に向けて栗東を出発した。田原助手は「追い切りはまだ強め程度。向こうに入ってからビシッとやる予定。芝、ダートどちらでも走れそうだよ」との見立てだ。

デビュー前2歳馬(JRA-VANより)

父クロフネ、母ジュウニヒトエ、母の父リアルシャダイ。山内研二厩舎。馬主はシルク。母の全妹カシワズビーナスは同厩舎で管理され、新馬勝ち後に札幌3歳S3着、阪神牝馬S3着の実績を残している。本馬は4月23日に山田ステーブルより栗東へ入厩。ゲート試験合格後には坂路での順調に調教を消化しており、6月6日には4F57.6秒、1F13.5秒の時計をマークしている。デビューは6月27日(土)の札幌ダート1000Mを藤田Jで予定している。

ロードなお馬さん(入厩組)

20094

ロードオブザリング(牡2・笹田厩舎)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

栗東トレセンで軽目の乗り運動を消化。ここに来て全体的な疲労感を窺わせており、もう少しの間は馬自身の状態に応じて調整を行ないます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、7月26日(日)札幌・2歳新馬・混合・芝1800mに予定しています。

○笹田調教師 「先週に追い切った後、僅かに体温の上昇が認められました。入厩から約1ヶ月が経過。ちょうど疲れが顔を覗かせる頃なのでしょう。よって、一旦は楽をさせる形に。今ここで焦って進める必要は無いですからね。幸い、すぐに平熱に戻っていますよ」

Photo 

ロードギャラクシー(牡2・河野厩舎)父ネオユニヴァース 母ユニオンワラダー

美浦トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターとゲート練習を消化。ゲートに対しても段々と慣れて来ており、もう少しの間は心身のリラックスに重点を置いて調整を行ないます。ゲート試験の合格が当面の目標です。

○河野調教師 「6月10日(水)もゲート中心。前扉を閉めた状態で枠内へ収め、開いた後にスタートを切る段階まで教え込みました。今後もっと実戦に近い形式での訓練を取り入れようと思います。まだ全体的な緩さは残るものの、上手く育てて素質の芽を引き伸ばしたいですね。良さそう。ネオユニヴァース産駒と言うのも楽しみな部分です 」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

オブザリングは、最近、坂路に入っていないなあと思っていましたが、疲れから軽い熱発を発症してしまっていたんですね。笹田調教師も無理することなく進めて行きたいとのことなので、おまかせしたいと思います。今週のギャロップには、ダイエット中みたいな書き方でしたが、何頭か紹介されていた馬の中にオブザリングの写真がありました。真面目に登坂している姿でした。

ギャラクシーは、もう少しゲートに慣らしてから、試験という感じですね。坂路も丹念に駆け上がっています。まだまだ緩さはあるようですが、それはネオユニヴァース産駒の特徴でもあるでしょうし、その分、伸びシロもまだまだあるかと思います。まずはゲート試験を突破して、デビューに向けてのステップを踏んで欲しいと思います。

シルクなお馬さん(3歳・入厩組)

Photo_12   

シルクナトゥール(牡3・山内厩舎)父ネオユニヴァース 母エンジェルインザモーニング

先週12着でした。煽り気味のスタートで、道中は13番手からの競馬になると、勝負処でも押し上げられず、15番手で4コーナーを回りました。そして直線ではバテずに追われたものの、上位を窺う脚は無く、最後は流れ込むようにゴールしています。レース後、特に不安は無い様で、動きや状態次第で連闘での出走を検討しています。(6/8近況)

Photo_2

サリール(牝3・藤岡健)父スペシャルウィーク 母ファーストセーラ

坂路コースでキャンターの調整で、3日に併せて時計を出しています。調教師は「週末に札幌へ移動して、初日から使っていこうと思っています。状態もアップしてきているので、あとは輸送後の状態を見て考えていきます」と話していましたが、右前脚の歩様が気になった為、大事を取って札幌への移動は見送り、厩舎で様子を見ています。尚、状態次第では一旦放牧に出す可能性もあります。(6/8近況)

20095_5   

シルクユーロスター(牡3・五十嵐厩舎)父ミラクルアドマイヤ 母ユーロカレンシー

4日に栗東へ帰厩すると、坂路コースでキャンターの調整です。調教師は「牧場では脚元も落ち着いていたと聞いているので、あとはこっちで乗り出してどう出るかだね。慎重にやっていきたいと思うので、坂路とプールで調教していきます」と話しています。(6/8近況)

10栗坂良    --- --- 27.1- 14.0 馬也単走

Photo_13

シルクメビウス(牡3・領家厩舎)父ステイゴールド 母チャンネルワン

先週優勝しました。無理せず後方に控え、道中は12番手でレースを進めると、3コーナーから徐々に進出を開始し、7番手で4コーナーを回りました。そして迎えた直線では、鋭い末脚で突き抜けて先頭に立つと、そのまま後続を寄せ付けず、力の違いを見せる強い内容で重賞制覇を果たしています。レース後、特に不安は無い様で、次走については今のところ、7月8日の大井・ジャパンダートダービーを予定しています。(6/8近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ナトゥールは出走枠に入れれば、連闘するようですね。さすがに厳しいですが、何とか見せ場を作って欲しいと思います。

サリールは脚元の不安を発症してしまいました。詳細が分からないのが気になりますが、おそらく一旦放牧に出されることになるでしょうね。軽症であることを祈るのみです。

ユーロスターは軽めですが、坂路でも時計になるところを乗られています。今は脚元が落ち着いているようなので、何とかもう一度、競馬場に戻ってきて欲しいと思います。

メビウスはユニコーンSは中間、ビシビシ鍛えられていましたので、その反動がなければ良いのですが。次に向けて、まずはしっかり疲れを取って欲しいと思います。

シルクなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo    

シルクフォーチュン(牡3・藤沢則厩舎)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

天栄ホースパークで休養中です。右後脚第三足根骨々折の為、引き続き馬房で安静にしており、牧場長は「状態は特に変わりませんが、勝ち上がっている馬で慌てる必要も無いですし、今後のためにも、ここはしっかり治療に専念したいと思います」と話しています。(6/8近況)

20094      

シルクジェミニ(牡3・本田厩舎)父シンボリクリスエス 母シルクセレブレイト

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路3本の調整です。坂路中心に20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「先週から長めを乗る意味で、坂路の本数を増やしました。やれば早そうなタイプですし、まずは今の感じでじっくり乗り込んでいきます」と話しています。(6/8近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

フォーチュンはデビューからずっと使われても来てたので、しっかり休んで欲しいと思います。

ジェミニは、やれば早そうなタイプということですが、そこまでに辿り着いてないだけに・・。今度こそしっかりと乗り込んで、天栄から次のステップへ進んで欲しいと切に願っています。

2009年6月10日 (水)

シルクなお馬さん(2歳・入厩組)

20095_3

シルクアーネスト(牡2・池添)父グラスワンダー 母ティアドロップス  

坂路コースでキャンターの調整で、ゲート練習も進めています。調教師は「気性もおとなしいし、ゲートも軽く出している程度だけど、今のところ問題なくこなしているので、このまま試験に向けて進めていこうと思います」と話しています。(6/8近況)

Photo_5   

シルクタイムレス(牡2・山内)父クロフネ 母ジュウニヒトエ

坂路コースでキャンターの調整で、3日と6日に時計を出しています。調教師は「先週の追い切りはもう少し時計を出してほしかったけど、相手に併せてこちらは余力もあったので、やればもっと出ていたと思います。阪神で使う予定でしたが、ゲートのダッシュが良い馬なので、札幌2週目のD1,000mを使う予定に変更しました。9日に札幌へ移動させます」と話しています。(6/8近況)

⇒9日に札幌競馬場へ移動しています。(最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アーネストは順調に調整中です。環境が変わっても自分を見失うことなく、頑張っていますね。順調に行けば、阪神開催の7日目の芝1400、8日目の芝1800あたりのデビューとなるのかな。

タイムレスは北の大地でデビューすることになりました。まだ早い段階の新馬戦だけに阪神開催よりも頭数は揃わないかなと思います。ゲート試験は馬なりで良い時計を出していましたし、藤田Jも既に確保しているので、ゲートを決めて楽な内容で勝ち上がって欲しいと思います。

シルクなお馬さん(2歳・牧場組)

4

シルクケーニッヒ(牡2・本田)父ストラヴィンスキー 母ブリッツケーニギン

北海道・フロンティアスタッドで調整中です。ウォーキングマシンの運動を60分、屋内トラックでダク1,200mとキャンター2,000m乗った後、坂路コースでキャンター1本の調教をつけられています。牧場長は「先週から週に2回は、ハロン17秒までペースを上げていますが、やはりフットワークは柔らかいですね。走る事に前向きな馬なので、ゴーサインを出せばいくらでも動きそうですが、徐々に良くなって来ている段階なので、速い所はもう少し辛抱したいと思います」と話しています。(6/8近況)

20095

シルクオールディー(牡2・昆)父マンハッタンカフェ 母クインオブオールディー

北海道・フロンティアスタッドで調整中です。ウォーキングマシン60分、坂路コースでダク2,400mとキャンター2,400mの調教をつけられています。牧場長は「先週末に3ハロンから15-15で行かせ、終い1ハロンを強めで上がってきました。定期的に速い所を進めながら、気合い乗りが良くなってきましたし、何より馬体が黒光りして、遠目からでも目立つ様になりました」と話しています。(6/8近況)

4_2   

シルクルーパス(牡2・河野)父ステイゴールド 母ピアルピナス

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で17-17の調教を付けられており、牧場長は「コンスタントに乗り込んでいますが、少し疲れが出てきたでしょうか。ここまで休み無くきていますので、しょうがないと思いますが、何とかここを乗り越えて欲しいところです」と話しています。(6/8近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

フロンティアS組は、動画も更新されて順調に来ています。

オールディーは素軽いというよりはパワフルな走りですね。確かに気合乗りが良くて、良い感じで来ているかなと思います。しっかり乗り込んでトモがパンとしてくれば。

ケーニッヒは初めて動いているところを見ました。軽めではありますが、走りのブレも少なくて、血統どおりに良いスピードがありそうに思います。遅れていたので売れ残っていますが、脚元もしっかりしてくれば頑張ってくれる馬だと思います。楽しみになってきました。

ルーパスはここに来て疲れが出ているとのこと。入厩への話も出てきていたところだったのに…。もっと状態を見極めて、メリハリのある調教をしてもらいたいです。

2009年6月 9日 (火)

ロードなお馬さん(牧場組)

20095_2

ロードアビリティ(牡2・北出厩舎)父レギュラーメンバー 母ナチュラルカラー

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン18~20秒ペース)。もしくは三石軽種馬共同育成センターで並脚1000m、ダートコース・ダク1200m→キャンター2400~3000m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。この調子で更なる上昇を求めましょう。先日は数少ないレギュラーメンバー産駒が南関東、東海のダービーを制覇。地方で行なわれたレースとは言え、堂々と胸を張れる実績だと思います。本馬もダートで化けて欲しいですね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アビリティはまだまだペースは控え気味なので、順調に乗り込みが出来ています。レギュラーメンバー産駒は地方で頑張っているんですね。セールで630万の値をつけた好馬体の持ち主だけに、レギュラーメンバーの名を高める活躍を期待したいです。背中のラインに力強さが出てくれば。命名馬だけにやはり期待は大きいです。

2009年6月 8日 (月)

ホップ、ステップ、重賞制覇☆シルクメビウス

Photo   

シルクメビウス(牡3・領家厩舎)父ステイゴールド 母チャンネルワン

東京11R ユニコーンS (G3 ダ1,600m) 優勝/1人気

田中博騎手「最初から位置取りは決めないで、折り合いだけに気を付けようと思っていました。でも今日は今までで一番引っ掛ってしまいましたね。今日は競馬の前から、かなり気合いが乗っていましたから。追い出しはギリギリまで我慢しようと思っていたんですが、3,4コーナーで外から上がって来られて、被されたくなかったので、ちょっと早いとは思いましたが、手応えは抜群だったので一緒に動いていきました。まあ、どっちにしても(追い出しを遅らせても)勝っていたでしょうけど。本当に強い馬ですね」(テレサより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

単 勝  12  320円  
複 勝   12  130円  
   09  180円  
   01  180円  
枠 連  05-06  570円  1人気
馬 連  09-12  860円  2人気
ワイド   09-12  360円  2人気
   01-12  340円  1人気
   01-09  610円  4人気
馬 単  12-09  1,620円  2人気
3連複  01-09-12  1,540円  1人気
3連単  12-09-01  6,070円  2人気

馬   名 性年 斤量 騎手 タイム 着差 後3F 厩 舎
1 6 12 シルクメビウス 牡3 56.0 田中博 1.35.5   35.5 領家
2 5 9 グロリアスノア 牡3 56.0 小林慎 1.35.8 2 36.1 矢作
3 1 1 カネトシコウショウ 牡3 56.0 内田博 1.35.9 3/4 36.3 村山
4 3 5 フォルミダービレ 牡3 56.0 柴田善 1.36.0 クビ 35.7 尾形
5 7 13 オウケンマジック 牡3 56.0 三浦 1.36.4 2 1/2 36.2 音無

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へメモ】

好気配。折り合い重視のレース。4角ではスムーズに外へ。そこからの伸びが違った。落ち着いて走れるようになれば、もっと上を目指せる。(B誌より)

折り合いに専念しながら、馬なりでじっくり待機策。仕掛けられるところもなく、手綱を引いたまま勝負どころでスッと前の馬との差を詰め、直線追い出すと力強いフォームから鮮やかに抜け出す。(G誌より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

不良馬場が気になりましたが、終わってみれば、全く心配入りませんでしたね。向正面では頭を上げ気味の走りでしたが、3コーナー入り口で何とか落ち着きました。ただ、勝負どころからエジソンが外から被せてきましたので、それに抵抗するような形で仕掛けが早くなりました。それでいて駆け上がってきて抜け出す脚はいつもどおり速かったです。抜け出した後は手前を替えたりして遊んでいましたし、着差以上の完勝でした。

田中博Jも完璧ではなかったかと思いますが、落ち着いて乗ってくれました。府中での初重賞制覇は競馬関係者へのアピールには最適な場所だったと思うし、これからも頑張って欲しいと思います。

この後は大井でのジャパンダートダービーです。距離とナイター競馬と課題は大きいし、ここを目標にビシッと仕上げてきていたので、ユニコーンSの反動も心配です。まずはしっかり休んで欲しいと思います。

馬三郎で紹介⇒札幌デビューへ☆シルクタイムレス

20094   

シルクタイムレス(牡2・山内)父クロフネ 母ジュウニヒトエ

シルクホースクラブでの募集額は2000万円。兄姉に目立った戦績を残した馬はいないが、当馬はひと味違う印象。5月30日と遅生まれで今後の伸びしろは相当だが、現時点でも目につく動きを披露している。特に身のこなしの柔らかさは一流馬のそれだ。第3回阪神開催でのデビューを予定。(馬三郎より引用)

<関西2歳登録馬名簿より>

6月9日に函館へ。ゲートもソコソコ出るし、クロフネ産駒だからダートもいいんじゃないかな」と山内師。1回札幌3日目のダート1000メートルを藤田Jで予定。(競馬ブックより引用)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2歳馬の先取り情報として、ヴェラブランカらと共に紹介されていました。まだ目立つ時計を出していない現状で取り上げられるのは、やはりそれなりの動きはしているからかなと期待してしまいます。整った馬相からも気性面の問題はなさそうですし。

阪神でデビューかと思っていましたら、本日発売の競馬ブックにはデビュー予定が出ていました。明日、函館に移動して札幌での始動とのこと。芝で下ろしてほしい気持ちもありますが、ゲートセンスも良い馬なので、先手を奪って一気に決めてほしいと思います。

シルクアーネスト、ロードギャラクシーも競走馬登録されて、4頭が入厩しています。メビウスは1頭、獅子奮迅の活躍ですが、3歳馬は故障馬が多いので、2歳馬には早期から頑張って欲しいと願っています。

2009年6月 7日 (日)

S-POG 2009年シーズン

ここ数年ずっと参加させていただいている入札式のPOGのS-POG。昨年の指名馬は下記のようなラインナップでした。結果は32人中10位でした。とりあえず出走数は1番でした。

1.ダノンファントム

2.アルモン

3.タニノネグローニ

4.ラヴェリータ

5.シルクメビウス

6.アドマイヤシャトル

7.タガノアルデバラン

8.ザバトルクラシック

9.ナムラカイシュウ

10.マルラニビスティー

11.アラシヲヨブオトコ

12.スマートウェーブ

13.キタサンアミーゴ

14.マルブツヴァーズ

15.ベストオブラック

16.ハッピーパレード

17.ナリタテイオー

18.ダンツクリスエス

19.ババロア

20.マルブツハッピー

なかなか微妙ですよね。稼ぎ頭は出資馬のシルクメビウスでした。アラシヲヨブオトコ、ダノンファントムの故障が痛かったです。※数字は指名順位です。

このS-POGですが、来シーズンの初入札が行われました。昨年も最初の入札で指名順位の差などでシェーンヴァルト、リクエストソング、デルフォイを獲得することが出来ませんでした。最初の大イベントです。※馬名がJRAに登録されてからでないと入札できません。

今年はとりあえず下記の順位で入札して、その結果です。

2、アドマイヤマスター(父ネオユニヴァース・橋田) ⇒獲得

4、ローズキングダム(父キングカメハメハ・橋口)⇒抽選で×

7、シルクタイムレス(父クロフネ・山内)⇒獲得

8、モーガルウェイ(父キングカメハメハ・角居)⇒獲得

9、リアルフリーダム(父ネオユニヴァース・伊藤正)⇒指名順位の差で×

10、サンライズクォリア(父キングカメハメハ・石坂)⇒獲得

11、マージービート(父ジャングルポケット・西園)⇒指名順位の差で×

12、リッツバニヤン(父アグネスタキオン・昆)⇒獲得

13、クリスティロマンス(父シンボリクリスエス・友道)獲得

15、ブラックゼット(父マンハッタンカフェ・池添)⇒指名順位の差で×

17、マシュケナーダ(父アグネスタキオン・安田隆)⇒指名順位の差で×

18、ラスカルファイト(父ラスカルスズカ・橋口)⇒指名順位の差で×

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

昨年は最初の入札で、アドマイヤシャトル、ラヴェリータ、マルブツハッピーの3頭のみだったことを考えると、6頭指名はマズマズでしょうか。ローズキングダムは獲れていたらよかったのですが・・・。リアルフリーダム、マージービート、ブラックゼット、ラスカルファイトは他の参加者の方も評価が高かったです。読み違いました。

少し調整が遅れているようですが、ネオユニヴァース産駒でスケールの大きさが評価されているアドマイヤマスターを指名できたのはホットしています。サンライズクォリアも兄の無念を晴らして欲しいところ。こちらは既に入厩しています。牝馬3頭は評判は悪くない馬です。リッツバニヤンは池江厩舎で馬主も違う人の持ち馬でした。それが馬主が変わって、厩舎も変更となったようです。まもなく馬名も「ディープデザイア」へとなるようです。

焼魚定食のまんぷく予想 vol.67

(東京11R)安田記念(G1)

◎ウォッカ、○ディープスカイ、▲カンパニー、△スーパーホーネット、×ファリダット、×スズカコーズウェイ

何とか馬場は回復しそうですね。ただ内の方はかなり悪くなっているようです。まあ、馬場の広い東京だけにそう影響はないのかな…。

ディープスカイは動きは上々なのですが、どうも次の宝塚記念が大目標の気がしますので、ここは素直に府中の女王 ウォッカを信頼します。牡馬と比べて2キロ差も大きいです。ここも前走のような圧倒的なパフォーマンスを見せて、陣営に宝塚参戦を決意させる走りを見せて欲しいと思います。当面の相手はやはりディープスカイですが、不気味なのはカンパニーです。滑るような馬場はダメかと思いますが、馬場が回復して時計のかかるようなら、ひと押しがあってもと思います。天皇賞・秋の内容から差はないのは明白。ダービージョッキーとなった横山典Jの手腕に期待です。スーパーホーネットも悲願G1制覇のチャンスです。ただ、以前よりも落ち着きが出ているのは、どうでしょうか? 闘争心旺盛な馬だっただけに・・・。ファリダットはデキは凄く良さそうです。スズカコーズウェイも勢いは非常に魅力的です。

2009年6月 6日 (土)

焼魚定食のコロコロ予想 vol.42

(中京6R)◎ハギノトラスト

デビュー戦は後方から一気に脚を使って、追い上げ2着。前走の未勝利戦は危なげなく最後前を交わして1着と余裕たっぷりの好内容でした。ここは昇級戦ですが、牝馬限定のレースですし、馬場さえこなせば十分に勝ち負けできる能力の持ち主。

(中京8R)◎マイプラーナ

ひと叩きしてダートに使ってきたケイアイゲンプと迷ったのですが、ここは前走好時計勝ちのマイプラーナを。重賞勝ちの母馬にマイマスターピースの下ということで、これからダート戦で活躍が期待される馬。距離が課題にはなりますが、小回りですし、ごまかしは効く範囲かと。ここは素直に同馬の素質に期待して。

(中京11R)◎カラメルマキアート

交流戦を勝ち上がっての昇級戦。楽な条件ではありませんが、元々力のある馬ですし、もっと上のクラスでも通用しても不思議ない馬。脚抜きの良い馬場で持ち前のスピードを存分に生かす競馬に徹して。ウインパトリオットが強いかもしれませんが、考勝負は必至。

初重賞制覇のチャンス☆シルクメビウス

Photo

シルクメビウス(牡3・領家厩舎)父ステイゴールド 母チャンネルワン

休み明けの前走を快勝した反動も見られず、ここを目標に定めて態勢を整えており、調教師は「状態に関しては文句をつけるところもないし、良い状態で使えそうだよ。あとは左回りをこなして、坂さえクリアしてくれれば、十分期待出来ると思うので楽しみにしています。追い切りでは引っ掛かるところを見せながらも最後まで手応えは良かったので、良い感じでレースに向かえると思います」と話し、調教助手は「先週テンから掛かり気味に行ったので、厩務員の指示で今回は舌を縛って追い切りましたが、逆に馬が気にして1周目からかなり気負って走っていました。ペースが上がってくると折り合って走ってくれたので何とかなりましたが、競馬であの感じで走るとスタミナが保たないと思うので、本番では縛らない方が良いかもしれません。自厩舎のセイウンワンダーより終いの手応えがとても良いので、乗っていても楽しいし好きですね。体もかなり立派になってきましたが、乗った感じではまだ成長途上だし、先々はもっと走ってくる馬だと思っています」と話しています。(テレサより)

《追い切り》

3CW良 82.2- 67.0- 52.1- 38.6- 12.8 一杯単走 (前走時ほど動けず)

直線半ばまでバネが利いていたが、鞭が入っての反応は今イチ。もともとが攻め駆けする馬だけに若干の不満が残った。(競馬ブックより引用)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

いよいよレース当日です。雨で不良馬場での競馬になりそうです。この馬場になって適性がどうかという不安がありますが、根性のある馬だけに大崩れはないかなと思います。ただ、最後に決め手のある馬にやられたり、前を捕らえ切れないシーンは十分あるかなとも思います。

領家調教師のコメントは強気ですし、調教助手さんのコメントで厩舎の看板馬と比較されるほど期待されているのは嬉しいですね。もう少し若さが抜けてくれば、さらに良くなってくれそうです。まあ、いつもレースに行って、こちらの期待以上の走りをしてくれるので、今回も良い意味でこちらの考えを裏切って欲しいと思います。

2009年6月 5日 (金)

シルクな短信

Photo_7

シルクメビウス(牡3・領家厩舎)父ステイゴールド 母チャンネルワン

ユニコーンSの出走馬が決まりました。ダンディー、アドマイヤシャトル、スタッドジェルランら有力どころが除外となったのも追い風です。舌を括って行きっぷりが良くなっているのが、直線の長い東京コースでどうかな?と不安点もありますが、追い出しを我慢して坂を上ってから一気に仕掛けて欲しいと思います。

Photo

シルクユーロスター(牡3・五十嵐厩舎)父ミラクルアドマイヤ 母ユーロカレンシー

4日に栗東へ帰厩しています。(テレサより)

無事に栗東に戻ったユーロスター。まだ第一段階をクリアした感じで、復帰まで脚部が持つか不安は大きいですが、プールも併用しての調教で、何とか復帰戦を迎えて欲しいと思います。

Photo_2

シルクナトゥール(牡3・山内厩舎)父ネオユニヴァース 母エンジェルインザモーニング

中京2R 3歳未勝利(混)  [芝2,000m・18頭]56kg 武英Jで出走。

メンバーは頭数が揃いましたが、成績的にはナトゥールのような馬も多く・・・。初出走の馬の方が有望かな。小回りコースでペースが上がる3~4角で置かれてしまわねば、良いのですが。

(追記)

Photo_4

サリール(牝3・藤岡健)父スペシャルウィーク 母ファーストセーラ

札幌への移動を予定していましたが、追い切り後に右前脚の歩様が若干気になった為、大事を取って栗東在厩のまま様子を見ることになりました。(テレサより)

右前に不安発症ですね。気になるところですが、何とか大したことがなければ良いのですが・・・。

2009年6月 3日 (水)

3連勝で重賞制覇を目指して☆シルクメビウス

Photo_13

シルクメビウス(牡3・領家厩舎)父ステイゴールド 母チャンネルワン

CWコースでキャンターの調整で、27日に時計を出しています。調教師は「テンから馬が走る気を見せていたので速くなったけど、動きも最後まで手応えが良かったし、良い追い切りが出来たと思います。輸送もあるので今週は終い重点でやろうと思っています」と話し、調教助手は「少しテンが速くなったので、最後は無理させませんでしたが、脚色が悪くなることもなかったです。1,800mから1,600mになるのはプラスだと思うので、あとはテンションが上がらないように進めていきます」と話しており、今週土曜日の東京・ユニコーンSに出走を予定しています。(6/1近況)

3CW良 82.2- 67.0- 52.1- 38.6- 12.8 一杯単走

CWで単走。馬場入りから気合乗りが良すぎるくらいで、鞍上は持っていかれないように手綱で制御する。向正面6ハロンから掛かり気味にペースアップ。速いラップで飛ばし、直線では一杯の脚色になりながらもラストも渋太く粘る。「前走は早めに抜け出してソラを使った。でも時計は速かったし、使ってユニコーンSと決めてたので勝てて良かった。馬込みに入れて前に壁を作れば折り合いも大丈夫。ジョッキーも癖をよく知っているしチャンスでしょう」と領家調教師。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今日は終い重点かなと思いましたが、ビシッと追われています。前走はハミを換えて臨んだ1戦でしたが、抜け出してから内にモタれていました。今回は舌を括って臨むみたいです。ほぼ毎日、記事を見かけますし、さすがに今週末は力が入ります。本日、3枚目のクオカードが届いたので、そろそろパネルが欲しいところ・・・。当日、落ち着きさえあれば大崩れはしないとは思っています。

シルクなお馬さん(3歳・入厩組)

Photo_12   

シルクナトゥール(牡3・山内厩舎)父ネオユニヴァース 母エンジェルインザモーニング

DWと坂路コースでキャンターの調整で、27日と30日に併せて時計を出しています。調教師は「使った後も変わりないし、追い切りの動きも悪くないです。徐々に前に行けるようになってきているけど、一変までとなると厳しいところもあるので、少しでもペースが遅くなってくれれば変わってくると思います」と話しており、今週日曜日の中京・芝1,800mか芝2,000mに出走を予定しています。(6/1近況)

30栗坂良 59.5- 42.5- 27.5- 13.7 馬也先行同入
3栗坂良 53.7- 39.8- 26.5- 13.6 一杯追走同入

Photo_9   

サリール(牝3・藤岡健)父スペシャルウィーク 母ファーストセーラ

26日に栗東へ帰厩すると、坂路コースでキャンターの調整で、31日に時計を出しています。調教師は「坂路で乗り出していますが、状態も上向いてきているし、良い感じで戻ってきました。今のところ6日に札幌に連れて行き、1週目から使っていこうと考えているので、このまましっかりやっていきます」と話しています。(6/1近況)

31栗坂重 58.4- 44.0- 29.6- 15.1 馬也単走
3栗坂良 54.1- 39.9- 26.4- 13.3 強目追走アタマ遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ナトゥールは、先週は除外されて今週の出走予定です。ジョッキーはおそらく武英Jとのコンビでしょうね。稽古も最後バテるところを何とか我慢してくれました。ここ数走より相手が強くなると思うので、少しでも上位に来て欲しいところ。

サリールは無事に栗東に戻ってきました。その後も順調ですね。藤岡健厩舎だけにやはり北海道に舞台を移してのレースとなります。1週目なら牝馬限定のダート戦がありますが、芝のレースを使っていくのかな? 1戦毎に前進しているので、もうひとパンチ、ふたパンチ力をつけていって欲しいと思います。

シルクなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo_10   

シルクフォーチュン(牡3・藤沢則厩舎)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

天栄ホースパークで休養中です。右後脚第三足根骨々折の為、引き続き馬房で安静にしており、牧場長は「休ませているので、見た目は落ち着いていますが、獣医から放牧の許可が下りるまでは、このまま療養を続けることになります」と話しています。(6/1近況)

Photo_3         

シルクジェミニ(牡3・本田厩舎)父シンボリクリスエス 母シルクセレブレイト

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。坂路中心に22秒程度の調教を付けられており、牧場長は「先週から坂路にも入れて徐々に進めています。特に悪いところはありませんが、ひと息入ったので、暫くは長め中心に乗り込んでいくつもりです」と話しています。(6/1近況)

20095_5   

シルクユーロスター(牡3・五十嵐厩舎)父ミラクルアドマイヤ 母ユーロカレンシー

北海道・フロンティアスタッドで調整中です。午前と午後のウォーキングマシンの運動を60分、坂路コースでダク2,400mとキャンター2,400mの調教をつけられています。牧場長は「先週末に3ハロン13-13で追い切りましたが、終いの反応にやや物足りなさが残りました。まだ本気で走っていないのかもしれませんね。ただ、脚元の状態はスッキリして太鼓判を押せますし、坂路とプールを併用しながら厩舎で仕上げてもらえば、徐々に走る気も出てくると思います。何とかチャンスをモノにして欲しいですね、と話しており、確認した調教師の指示で4日に栗東へ帰厩する予定になりました。(6/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

フォーチュンは療養中です。レースでも真面目に走ってくれる同馬。大人しく療養してくれているようです。

ジェミニは乗り出したらまた怪我などで元通りの展開が続いています。この1ヶ月で17-17くらいは乗れるようになってくれれば。まあ、気長に我慢します。

ジェミニよりも屈腱炎の症状が重かったユーロユター。まだまだしっかりしていないようですが、栗東に戻って坂路とプールを併用して調整されるとのこと。ゲートは速い馬なので、ダートの短いところで頑張って欲しいです。

ロードなお馬さん(入厩組)

20094

ロードオブザリング(牡2・笹田厩舎)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

6月2日(火)良の栗東・坂路コースで1本目に60.6-45.1-30.0-14.8 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、6月3日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に55.4-41.3-27.9-14.4 一杯に追ってバテいます。併せ馬では一杯の相手に1秒2遅れ。短評は「坂路コースで入念」でした。7月26日(日)札幌・2歳新馬・混合・芝1800mに予定しています。

○笹田調教師 「6月3日(水)も坂路へ。まだ軽い内容です。ただ、どうもラストに時計を要す現状。もう少し腰回り等に力強さが備われば変わると思いますけどね。脚元はスッキリ。馬自身に疲れた様子は窺えません。今後もコツコツ積み上げて行きましょう」

≪調教時計≫
09.06.02 助手 栗東坂良1回 60.6 45.1 30.0 14.8  馬なり余力 坂路コースで入念
09.06.03 助手 栗東坂良1回 55.4 41.3 27.9 14.4  一杯追バテ 坂路コースで入念 テーオーマグナム(古馬500万)一杯に1秒2遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ロードオブザリングは丹念に乗り込まれていますが、本日の追い切りは最後、バテてしまったようです。やはりまだまだトモがしっかりしてきていない感じです。こればかりは成長と、じっくり乗り込んで力をつけないとダメですね。

評判の高い2頭が新たに入厩☆シルクアーネスト&ロードギャラクシー

20095_3

シルクアーネスト(牡2・池添)父グラスワンダー 母ティアドロップス  

北海道・フロンティアスタッドでキャンターの調教を付けられると、確認した調教師の指示で、28日に栗東・池添厩舎へ入厩しています。到着後も特に変わりは無い様で、これから徐々に乗り込みを進めていく予定となっています。(6/1近況)

20095   

ロードギャラクシー(牡2・河野厩舎)父ネオユニヴァース 母ユニオンワラダー

5月29日(金)に美浦・河野通文厩舎へ入厩しました。初めて経験する環境に慣れさせながら当面は1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。ひとまずはゲート試験の合格を目標に調整を行ないます。

○当地スタッフ 「5月26日(火)でトレーニングは終了。27日(水)は大人しく過ごさせて体力を温存し、28日(木)に美浦トレセンへ向けて出て行きました。ネオユニヴァース産駒は皐月賞(GⅠ)に続いて日本ダービー(GⅠ)を制覇。本馬も楽しみです」(6/2近況)

美浦トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターとゲート練習を消化。心身共にコンディションに特に異常は認められず、もう少しの間は同様のパターンで調整を行ないます。ゲート試験の合格が当面の目標です。

○高梨調教助手 「先週末に到着。その後も体温の上昇は認められず、現在は普通キャンターを課しています。また、ゲート練習にも着手。しばらくの間は環境に慣れさせながらの調整が続くでしょう。馬自体は良さそう。ネオユニヴァース産駒と言うのも楽しみな部分です」 (6/3近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シルクとロードで育成でも評価の高かったシルクアーネストとロードギャラクシーが時期を同じくして入厩しました。両馬ともにまずは環境に慣れて、ゲート試験合格が第一の目標ですね。今はアーネスト、ギャラクシーも栗東、美浦の坂路でじっくり乗り込み中です。

これで8頭出資している2歳馬の内、半数が入厩しました。どの馬も順調にデビューを迎えてもらえればと思います。

シルクなお馬さん(2歳・牧場組)

20095_4

シルクオールディー(牡2・昆)父マンハッタンカフェ 母クインオブオールディー

北海道・フロンティアスタッドで調整中です。ウォーキングマシン60分、坂路コースでダク2,400mとキャンター2,400mの調教をつけられています。牧場長は「普段は坂路2本目を3ハロン18-18のペースで進め、土曜日に2ハロン15-15にペースを強めています。以前は落ち着きに欠ける面がありましたが、最近精神面での成長が伺え、馬がドッシリして来ました」と話しています。(6/1近況)

4_2   

シルクルーパス(牡2・河野)父ステイゴールド 母ピアルピナス

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で17-17の調教を付けられており、牧場長は「順調にペースを戻しています。調教にもメリハリが出て良かったと思います。今後は早い時期の入厩を意識しながら、速いところも入れて積極的に進めていきたいと思います」と話しています。(6/1近況)

4

シルクケーニッヒ(牡2・本田)父ストラヴィンスキー 母ブリッツケーニギン

北海道・フロンティアスタッドで調整中です。ウォーキングマシンの運動を60分、屋内トラックでダク1,200mとキャンター2,000m乗った後、坂路コースでキャンター1本の調教をつけられています。牧場長は「退厩したシルクアーネストの代わりに、先週末から自分の担当馬になりました。久しぶりに跨りましたけど、相変わらず背中が柔らかいですね。先月に比べて、馬体重が10kg増えている様に、筋肉が戻って体全体に張りが出てきました」と話しています。(6/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

オールディーは、気性面もだいぶしっかりしてきたようです。調教も進んできていますが、以前のようにカイバ食いが細くなるようなこともないようですし、順調ですね。

ルーパスは、河野調教師のブログにも取り上げられたので、入厩までさほどかからないのかなあと楽観視しています。メビウス同様に前向きな馬みたいですし、芝がダメでもダートならコツコツと頑張ってくれる馬だと思っています。

ケーニッヒは、フロンティアSの牧場長がアーネストに続いて、担当してもらえるようです。脚元が頼りない馬なのでじっくり鍛えてくれることを願っています。

シルクなお馬さん(2歳・入厩組)

Photo_5   

シルクタイムレス(牡2・山内)父クロフネ 母ジュウニヒトエ

坂路コースでキャンターの調整で、27日に時計を出すと、31日には併せて追い切られています。調教師は「時計を出し始めて仕上げに入っています。まだ軽めだけど、動きにも余裕があるし、良い感じで来ているので、このままデビューに向けてしっかり追い切りをこなしていきます」と話しています。(6/1近況)

27栗坂良 58.1- 43.7- 29.3- 14.6 馬也単走

31栗坂重 63.2- 45.8- 30.1- 15.0 馬也追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

タイムレスは、時計を出していない日も丹念に坂路で乗り込まれています。日曜日は後ろから追いかけて同入とテレサどおり、動きにはまだまだ余裕がありそうです。今日あたりは少し速めの追い切りをこなしているのかな? 我が厩舎の2歳トップバッターとして良いスタートを切って欲しいです。

ロードなお馬さん(牧場組)

20095_2

ロードアビリティ(牡2・北出厩舎)父レギュラーメンバー 母ナチュラルカラー

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン18~20秒ペース)。もしくは三石軽種馬共同育成センターで並脚1000m、ダートコース・ダク1200m→キャンター2400~3000m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「いつも元気一杯。週単位で大きな変化は窺えぬものの、スケジュール通りに乗り込めているのが何よりですね。与えた飼い葉はキッチリ食べ切っており、体調面に特に不安は覚えぬ状態。現在のリズムを大切に確実なステップを踏みたいと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アビリティは特に動きはありません(笑) 引き続き、しっかり乗り込んで、しっかり食べて、力を蓄えて行って欲しいと思います。

2009年6月 1日 (月)

ユニコーンSの登録馬一覧☆シルクメビウス

ユニコーンSの登録馬は以下の通り。フルゲートは16頭。

Photo
(賞金上位馬)
ゲットフルマークス
シルクメビウス
ラヴェリータ
ミッキーペトラ
カネトシコウショウ
モエレエキスパート
トップオブピーコイ

(2勝馬)
アドマイヤシャトル
オウケンマジック
オオトリオウジャ
シルクダンディー
シンゼンオオジ
スタッドジェルラン
ダノンヒデキ
ティアップワイルド
ドクターラオウ
ドリームハッチ
ハイローラー
レディルージュ
ワイズドリーム
ワールドワイド 他

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

競馬ニホンのウェブサイト(携帯)より

すっかり軌道に乗ったシルクメビウス。気合が先行気味のところはあるが、1週前のCWで余裕十分に78秒7の好時計をマーク。何より馬体の張りが素晴らしく、非常に輪郭が力強く映る。今のデキなら重賞でも楽しみ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

さすがに大挙登録されましたね。賞金上位馬にミッキーペトラ、トップオブビーコイの森厩舎2頭も顔を出しています。アドマイヤシャトル、シルクダンディー、スタッドジェルラン、レディルージュなど2勝馬にも強い馬がいますが、久々の競馬となるも、内田博Jとのコンビで臨むカネトシコウショウがやはり1番の強敵でしょうか。実際に1度、負けていますしね。シルクメビウスは、ひと叩きして臨むこのレースですが、中間はホント馬体が充実しているようです。この状態を維持して、レースを迎えて欲しいと思います。今から楽しみです。

最後に歩いてしまう(笑)第1回シルク応援隊杯POG

(指名馬一覧)

シルクメビウス(牡・領家)父ステイゴールド 
ダノンファントム(牡・池江郎)父スペシャルウィーク
アプレザンレーヴ(牡・池江郎)父Sクリスエス
ローズリパブリック(牡・橋口)父クロフネ
アンライバルド(牡・友道)父ネオユニヴァース
プロスアンドコンズ(牡・友道)父タニノギムレット
エルクラシコ(牡・田所秀)父ナリタトップロード
ハウオリ(牝・角居)父キングカメハメハ
ダイワバーガンディ(牝・上原)父ブライアンズタイム
ラヴェリータ(牝・松元茂)父 Unbridled’s Song

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アンライバルドとアプレザンレーヴの2頭出しで臨んだ東京優駿でしたが、どちらかが4着までに来れば、逆転するのは分かっていたのですが、アンライバルドが12着に敗れて、アプレンザンレーヴも5着まで。1位のかずみさんを差し返すことはできませんでした。

1位 かずみさん ブエナビスタ 39930p

2位 焼魚定食さん アンライバルド 39775p

3位 まっきーさん ブエナビスタ 35715p 

4位 ぼんちゃんさん ブエナビスタ 33865p

5位 まめごまさん ブエナビスタ 33020p

一年を通して、155ポイント差ですね。見事に勝負弱さを発揮してしまいました(笑)。まあ、次の第2回大会では、この結果を巻き返すことができればと思います。

ちなみにダービーの上位3頭(ロジユニヴァース、リーチザクラウン、アントニオバローズ)は古馬混合POGとして併行して開催中の2009PROGで指名していました。レース結果を知って、ようやく気づきました(笑) こちらのPOGも良くても2着までですね。

雨中の大激戦!第76回 東京優駿(G1)

レースは生で見れなかったのですが、昨日のダービーはあれだけ馬場が泥んこになると残念ですね。まあ、これも競馬ですが…。勝ったロジユニヴァースは馬体が戻り、復調気味だったとはいえ、馬場適性も高かったですね。横山典Jはあのナカノコールから幾十年、ようやく悲願達成ですね。おめでとうございます。ロジユニヴァースがひと夏越して、どんなレースをしてくれるかも注目したいと思います。ダービー馬に恥じない競馬を今から期待したいです。

菊花賞は個人的には、土曜日負けてしまいましたがデルフォイ、遅れてきた大物2戦2勝のアドマイヤショット、サクラメガワンダーの半弟サクラメガスターに今から期待しています。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ