最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 週末の競馬より | トップページ | ロードなお馬さん »

2009年4月22日 (水)

シルクなお馬さん(2歳馬)

20094

シルクアーネスト(牡2・池添)父グラスワンダー 母ティアドロップス  

北海道・フロンティアスタッドで調整中です。ウォーキングマシン60分と坂路コースでダク3,600m、キャンター2,400mの調教をつけられています。牧場長は「池添調教師が状態を確認され、今後の打ち合わせを行った所、6月中の入厩を目標にする事になりました。具体的な目標が決まりましたので、これから徐々にピッチを上げて行きたいと思います」と話しています。(4/20近況)

○(号外)より

フロンティアS在厩。
やれば動くが、暖かくなるのを待って調教を強化。騎乗者も兄トップクリフォードより動くと評価する馬だ。
H162cm G185cm C20.5cm W496kg(2009/3/31現在)

4

シルクオールディー(牡2・昆)父マンハッタンカフェ 母クインオブオールディー

北海道・フロンティアスタッドで調整中です。ウォーキングマシン60分、屋内トラックでダク1,200mとキャンター2,000m乗った後、坂路コースでキャンター1本の調教をつけられています。牧場長は「先週は昆調教師が確認に訪れ、本当に良くなるのは秋かもしれないが、この時期からもう少し攻めて欲しいという指示を受けました。徐々に調教量を増やして行きたいと思います」と話しています。(4/20近況)

○(号外)より

フロンティアS在厩。
体は成長途上だが、素質の高さに師とスタッフは太鼓判を押す。これで体に芯が入ると、秋には楽しみな存在になる。
H164cm G185cm C20.5cm W480kg(2009/3/31現在)

20094_2

シルクタイムレス(牡2・山内)父クロフネ  母ジュウニヒトエ

北海道・ヤマダステーブルで調整中です。ウォーキングマシン60分、ミニトラックでダク4,000m乗った後、坂路コースでキャンター2本の調教をつけられています。牧場長は「ゴールデンウィーク前になるか、それとも後になるか、まだハッキリしていませんが、いずれにしても第1陣のメンバーとして入厩させる事を調教師と確認しました」と話しています。(4/20近況)

○(号外)より

山田S在厩。
実のギュッと詰まった馬体に、芝適正の高そうな素軽さ満点の走りは、ひと際目を惹いている。入厩へ向け準備万端だ。
H163cm G180cm C20.5cm W480kg(2009/3/31現在)

4_2   

シルクルーパス(牡2・河野)父ステイゴールド 母ピアルピナス

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で17-17から終い15秒に伸ばす調教を付けられており、牧場長は「コンスタントに乗り込んでいます。毛艶もピカピカで体調の良さを窺わせます。まだ良くなってくると思いますが、現時点まで本当に順調にきているし、今週の展示会でも良い動きを見せられそうです」と話しています。(4/20近況)

○(号外)より

天栄ブラストHS在厩。
馬体の出来が良く、むしろ現時点で課題の無いのが課題か。坂路で抑えきれない手応えで、とにかく前向きな馬だ。
H160cm G179cm C19.5cm W448kg(2009/3/31現在)

4_3

シルクケーニッヒ(牡2・本田)父ストラヴィンスキー 母ブリッツケーニギン

北海道・フロンティアスタッドで休養中です。サンシャインパドックに放牧しています。牧場長は「歩様の方はもう心配ありませんが、あとはツメだけですね。様子を見てウォーキングマシンの運動を始められればと思っています」と話しています。(4/20近況)

○(号外)より

フロンティアS在厩。
ツメの不安で小休止するが、背中が良く、以前からフットワークの柔らかさが目立っていた。これからの馬だ。
H160cm G180cm C20.5cm W500kg(2009/3/31現在)

3月下旬以降に爪に痛みを生じ、舎飼い・パドック放牧により、状態を見ていましたが、状態も落ち着いてきている様です。4月17日よりマシーンを60分行っています。今後4月末より徐々に調教を再開していく予定です。(フロンティアSの調教報告書より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2歳馬の最新情報と共に、号外の記事も一緒に載せています。牡馬5頭衆ですが、号外だけのコメントを見ると、どれくらい走ってくれるのかな!?と期待は凄い募ります(笑)

アーネストは、熱発で一息入りましたが、無事に調教を再開しているようですね。池添調教師も確認に来られて、6月頃の入厩予定とのこと。いよいよデビューが見えてきましたよ。これからも順調に進めて行って欲しいと思います。

オールディーは、まだまだ未完成ですが、昆調教師にも素材の良さを評価してもらっているので、入厩した時に昆厩舎の厳しい調教についていける体力をじっくり時間をかけて、つけて行って欲しいと思います。あと、もう少しトモに厚みが出れば、ホントに楽しみです。

タイムレスは、具体的な入厩の時期が示されました。トップ入厩組にしっかり残っているところから、山田Sでの動きはホントに良いんだなと思います。期待は高まります。優駿の5月号には、育成牧場別の注目馬が紹介されます。昨年も山田ステーブルの注目馬の欄があったので、この土曜日に優駿が発売されるので、ちょっと見てみたいと思います。

ルーパスは、ここまで順調に来ています。繋ぎが立ち気味なのでダートの方が良いのかなと思いますが、長さはあるように思うので、サンデー系らしい特徴かなと良いように現段階では思っておくことにします。気性+大きさは、父ステイゴールドらしさをよく引き継いでいると思います。ひそかに期待しつづける1頭です。

ケーニッヒは、我慢の日々です。立ち姿を見ると、前脚に素人目にも弱さを感じるので、時間をかけてしっかりさせて欲しいと思います。血統的にも馬体的にもスピードはありそうに思うので。

追加候補も視野に入れています。シルクアイガーの喉はやはり気になる材料です。自分の中では、シルクターンベリーが急浮上かなと考えています。

« 週末の競馬より | トップページ | ロードなお馬さん »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクタイムレス」カテゴリの記事

(引退)シルクアーネスト」カテゴリの記事

(引退)シルクオールディー」カテゴリの記事

(引退)シルクケーニッヒ」カテゴリの記事

(引退)シルクルーパス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 週末の競馬より | トップページ | ロードなお馬さん »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ