最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.59 | トップページ | シルクなお馬さん(2歳馬) »

2009年4月20日 (月)

週末の競馬より

3強対決と言われた今年の皐月賞ですが、終わってみればアンライバルドの力の差が際立つレースとなりました。去年の再現を狙ってか、川田Jのゴールデンチケットが先手を主張。アーリーロブストなどもそれに続き、テンから激しいレースとなりました。リーチザクラウンの武Jは、トゥザヴィクトリーのエリザベス女王杯の時のように、少し馬群から離して、折り合いをつけようと試みますが、馬は力んだまま・・・。この時点で、アウトでしたね。これだけ身体能力の高い馬なのに、逃げないとダメというのはもったいないですね。ロジユニヴァースは最内枠が響いたレースぶりに思いました。包まれたくないと速い流れを追いかけてしまったように思います。ただ、これまで外から被せられたり、馬群で揉まれた厳しい競馬をしていなかったのも敗因の一つかな。馬がレースを止めてしまった感じだから、立て直すのは厳しそう。多少、頭の高い走りの馬なので、距離延長も?です。

アンライバルドは、京都2歳Sで暴走して以来、短期放牧に出され、色々と馬に教え込んできたことがココに来て活きてきたと思います。稽古も負荷をかけて、この馬のまだ眠っていた能力を開花させました。レースは折り合いをつけて、4角を回ったところで捲くりきって、勝負ありという一方的な内容。やはり一瞬の脚は素晴らしいですね。順調に行けば、次の日本ダービーでも主役を務めてくれると思います。

2着には最後方から突っ込んできたトライアンチーフ。幸四郎Jが色々と教え込んでいたのは分かっていましたが、大一番で花開きましたね。キャリア不足を危惧しましたが、馬体は良くなっていたのが、信じて正解でした。幸四郎Jも土曜日の11Rで、素晴らしい追い込みを決めていたので、乗れているなあと見ていました。アンライバルドもそうですが、やはりクラシックで上位に来る馬は、春の短期間で力をつけてきますね。日本ダービーもその点を重要視して、見極めたいと思います。

セイウンワンダーは3着と2歳王者の力は見せてくれました。ただ、皐月賞からの距離延長は厳しいかな。皐月賞組ではダービーで台頭してきそうな馬は?ですね。他の路線からの馬をアンライバルドの相手として考えたいと思います。現段階ですが・・。

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.59 | トップページ | シルクなお馬さん(2歳馬) »

週末の競馬より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.59 | トップページ | シルクなお馬さん(2歳馬) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ