2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ロードなお馬さん | トップページ | 鞍上に遂に武豊を迎え☆シルクフォーチュン »

2009年2月28日 (土)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.47

(阪神11R)アーリントンカップ(G3)

◎ケイアイドウソジン、○ジョーメテオ、▲アイアンルック、△ミッキーパンプキン、×スーニ、×アドバンスヘイロー

ホッコータキオンが故障してしまい、メンバーを見渡すと小粒な感じがするアーリントンカップ。注目は4連勝中のスーニということになりますが、やはり初芝で57キロを背負うのは容易なことではないかと思います。この条件ではクリアしてしまうのならホントの怪物誕生ということになろうかと思いますが…。個人的には評価を下げたいと思います。スーニの評価を下げると後は良く似たレベルの馬の戦いかなと見ます。アドバンスヘイローの前走の勝ち時計などは評価しても良いかもしれませんが、その時は全体的に速い時計が出ていたように記憶していますし、関東圏のレースになりますので、こちらも手控えた評価に。そこで本命には格下にはなりますが、素質馬が揃っている池江郎厩舎から出走のケイアイドウソジン。3ヶ月ぶりということで尚厳しいかもしれませんが、じっくり中間も乗り込んでいますし、今週の動きも良かったと思います。あとは力関係ですが、相手なりに走れるタイプかと思いますのでこのメンバーなら通用して、不思議はないかと。ここは同馬から手広く行きたいと思います。相手の1番手にはジョーメテオ。前に馬がいるとムキになるところがあるようなので、ミッキーパンプキンとの兼ね合いは多少気になりますが、前走からの距離短縮でうまく折り合ってくれないかなと見ています。相変わらず稽古の動きも上々。馬場が回復しそうなのでケイアイドウソジンの方を評価しましたが、大崩れは考えられないかと思います。手堅く行くならこの馬からでしょう。3番手は小倉の新馬戦の内容が強かったアイアンルック。リーチザクラウンとの併せ馬で抜かせなかったところから評価が上がった馬ですが、レースでも直線は余裕綽綽のレースでした。ただ、少し気性面で難しいところもあるように見えたので、脚力と鞍上は魅力も不安な面もあるように思えて、3番手の評価としました。あとは、開幕週の馬場ということで持ち前のスピードを生かせそうなミッキーパンプキン。ここは試金石のレースになるかと思います。

« ロードなお馬さん | トップページ | 鞍上に遂に武豊を迎え☆シルクフォーチュン »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロードなお馬さん | トップページ | 鞍上に遂に武豊を迎え☆シルクフォーチュン »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ