2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルク1歳馬の近況報告です | トップページ | 第1回シルク応援隊杯POGの近況 »

2009年2月23日 (月)

シルク2歳馬の近況報告です

Photo_9

シルク7-17(牡2・河野)父ステイゴールド 母ピアルピナス

天栄HP在厩。本場場でキャンター1,600mもしくは坂路1本の調教。引き続き20秒前後の乗り込みを続け、牧場長は「順調な進み具合。気合乗りも良く、このまま行けば早い時期の出走も意識できるのは」とコメント。435キロ。

Photo_3

シルク7-40(牡2・池添)父グラスワンダー 母ティアドロップス

北海道・フロンティアS在厩。ウォーキングマシーン60分、屋内トラックでダク1,200mとキャンター2,400mの調教。「走る事に前向きで、しかし癖が無いから、騎乗者を選ばないのが良いね。春先に時計を出す予定で乗り込みます」と牧場長。480キロ。

Photo_4

シルク7-45(牡2・本田)父ストラヴィンスキー 母ブリッツケーニギン

北海道・フロンティアS在厩。ウォーキングマシーン60分、屋内トラックでダク1,200mとキャンター2,400mの調教。「背丈が伸び、馬体にも実が入り、幅も出ました。まだハミに頼った走りですが、先々は更に良くなるはずです」と牧場長。485キロ。

Photo_5

シルク7-50(牡2・昆)父マンハッタンカフェ 母クインオブオールディー

北海道・フロンティアS在厩。ウォーキングマシーン60分、屋内トラックでダク1,200mとキャンター2,400mの調教。「昆師に乗り味の良さを伝えると、この馬っぷりで悪い筈がないと笑ってました。もう少し幅が出ると良いですね」と牧場長。466キロ。

Photo_7 

シルク7-58(牝2・小崎)父フジキセキ 母ラビットボール

福島県・佐藤牧場在厩。ウォーキングマシーン60分、本馬場で常歩3,000mとダク1,500mの調教。牧場長は「まだ非力な印象で、もう暫くはジックリやっていきます。馬が良いだけに、この時期にしっかり体力を付けていきたいと」とコメント。439キロ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

各馬ともに脚部に不安を見せることなく、順調に調整されているようです。

シルク7-17は、もう少し馬格のあるタイプかと思っていましたが、出資馬の中では今のところ1番小柄なようです。父ステイゴールドを考えると良い傾向かな。それだけ父の血を引き継いでいると思っています。河野厩舎が早めに使ってくれるかとなると多少、疑問ですが、馬自体は気に入っています。

シルク7-40は、相変わらず競走馬向きのところを見せてくれています。順調に行けば、間違いなくフロンティアS組では1番デビューが早そうで、出資している2歳の中でもこの馬がデビュー1番手でしょうね。走りっぷりも悪くないし、ダートも走れると思います。

シルク7-45はトモがしっかりしていて元々バランスの良い馬でしたが、全体的に実が入ってきて幅が出てきたとのこと。思惑通りというか期待通りに良くなってきてくれています。父ストラヴィンスキーの評判も良いので、後々を考えると1口3万円はお得じゃないかなと思っています。私の愛馬も1口3万円の馬が走ってくれていて、縁起も良いですし(笑)

シルク7-50は少し臆病なところがあるようですが、馬の表情も厳しくなってきて、競走馬らしくなってきたかなという印象です。確かにもう少し幅が出てきてくれれば、もっと楽しみになってくるのですが…。トモも緩いと思うので、じっくり乗り込んで欲しいと思います。

シルク7-58は首、肩、胸前、トモの感じは良好かと思うのですが、パッと見でも脚が弱そうだなという印象です。早い段階から早期デビューは諦め、意識的に馴致を遅らせていたように、先々を見越した調整をしてくれているのは有り難いです。馴致をしてから乗り出すまでには時間を要さなかったので、素直なモノ覚えの良い馬だと思います。徐々にですが、お腹の出っ張りも目立たなくなってきています。

« シルク1歳馬の近況報告です | トップページ | 第1回シルク応援隊杯POGの近況 »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクアーネスト」カテゴリの記事

(引退)シルクオールディー」カテゴリの記事

(引退)シルクケーニッヒ」カテゴリの記事

(引退)シルクルーパス」カテゴリの記事

(募集中止)バニーホップ」カテゴリの記事

コメント

焼魚定食さん、こんばんは。

シルク7-40は、なかなか見ごたえのある馬に育ってきているようです。

馬体も日に日にがっしりしてきて、顔つきも大人っぽくなってきました。

ぜひ、早い時期から活躍して欲しいと思っています。

ユーロスターも屈腱炎がよくなるといいですね。

schrinzさん、おはようございます。
返信が遅くなってしまい、申し訳ないです。

シルクの7-40は現段階ではあまり売れていませんが、私のシルクのお仲間の中では、募集時から購入されている方が多く、評価の高い1頭です。現段階の仕上がり具合も関係あるかもしれませんが、schrinzさんの情報をお聞きすると、フロンティアSのスタッフの期待が大きいようですね。確かに気性も前向きで、頭の賢そうな印象を持っています。これからが非常に楽しみですね。

また、3月にフロンティアSに遊びに行かれるとのことですので、貴重なお話を教えていただけたらと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルク1歳馬の近況報告です | トップページ | 第1回シルク応援隊杯POGの近況 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ