最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 距離短縮とルメール騎乗でどこまで★シルクフォーチュン | トップページ | シルクなお馬さん(入厩組) »

2009年2月10日 (火)

道中、不利あるも渋太く伸びて4着☆シルクフォーチュン

Photo

シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

レースは見れていないのですが、道中、2度ほど不利がありながら、諦めず直線も間を割って渋太く伸びて4着(9番人気)に頑張ってくれました。距離短縮も戸惑わず追走できたようなので、この距離がやはりベストなのかなと思います。1800では掛かり気味になってしまうので、先手を奪うレースならこなせるのかも知れませんが…。飛梅賞はブービーでしたが、クラス2度目でメドが立ちました。フォーチュンはレースでは必ず力を発揮してくれるので、頭が下がる思いです。

馬   名 性年 斤量 騎手 タイム 着差 後3F 厩 舎
1 3 5 ケイアイテンジン 牡3 56.0 福永 1.25.5   38.5 白井
2 4 7 ドクターラオウ 牡3 56.0 藤岡佑 1.25.5 クビ 38.3 西園
3 5 9 エーシンマダムジー 牝3 54.0 四位 1.25.7 1 1/2 37.6 松元茂
4 2 3 シルクフォーチュン 牡3 56.0 ルメール 1.25.9 1 1/4 38.6 藤沢則
5 1 1 マルカベンチャー 牡3 56.0 角田 1.26.1 1 1/4 38.8 松永昌

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

藤沢則師「道中で2回不利があって、2度目の不利がかなり響いたみたいです。ルメール騎手もレース後にかなり怒っていたぐらいで、まともなら勝ち負けしていたと言っていました。距離は1,800mでも問題無いと言っていたので、またルメール騎手が乗れるようであれば、試してみたいですね」(テレサより)

ルメールJ「いい感じのレースができたが、4角を回る時に少し窮屈になった。スムーズならもっと上位馬に食い下がれていたと思う。この次はチャンスじゃないかな」(B誌より)

【次走へのメモ】

好位の直後で流れに乗っていたが、4コーナーで少し後退する場面があった。直線に入ると盛り返し気味に伸びており、力のある面は見せた。短距離はどうかと思えたが、この距離でも難なく対応した。近いうちにチャンスがありそう。(G誌)

この距離でも好位を比較的楽に追走できた。直線は間を割って渋太く伸びており、この結果を見ると距離は短い方が良さそうだ。(B誌)

先週4着でした。道中は7番手辺りでレースを進めると、3コーナーすぎもまずまずの手応えで追走し、6番手で4コーナーを回りました。そして直線を向くと、勝ち負けの争いに加わる事は出来ませんでしたが、最後まで渋太く差を詰めて、入着を果たしています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。(2/9近況)

« 距離短縮とルメール騎乗でどこまで★シルクフォーチュン | トップページ | シルクなお馬さん(入厩組) »

(引退)シルクフォーチュン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 距離短縮とルメール騎乗でどこまで★シルクフォーチュン | トップページ | シルクなお馬さん(入厩組) »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ