2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 第1回シルク応援隊杯POG(2歳)の現況 | トップページ | 焼魚定食のコロコロ予想 vol.26 »

2008年12月27日 (土)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.36

(阪神11R)ラジオNIKKEI杯2歳S(G2)

◎リーチザクラウン、○トゥリオンファーレ、▲ロジユニヴァース、△ファミリズム、×イグゼキュティヴ

デビュー戦で2着に敗れるも、未勝利戦と千両賞を桁違いの内容で連勝してきたリーチザクラウン。個人的には前走の1走はあまり意味を持たないレースのような気もするのですが、今週の稽古は、反応が非常に良かったようです。短い距離を使ったことで少し気合が乗りすぎて、気分良く行き過ぎなければ良いのですが…。まあ、そこは1戦必勝で騎乗する武豊Jだから大丈夫かな。逆転があるとしたら▲ロジユニヴァース。今週は軽めをサラッという感じの調教でしたが、1週前は馬場の内目を通ってのものですが、ビシッと追って破格の時計。リーチを負かすために横山典Jがどういうレースをするか楽しみです。負かす競馬をして突き放された時に浮上してきそうなのが○トゥリオンファーレ。前走は外へ持ち出されてから、上々の瞬発力を発揮してくれました。他の馬にリーチザクラウンを負かしに行ってもらって、自身は末脚勝負に徹して。こういう競馬が出来れば2着候補の筆頭は同馬かと。ただ、う~ん、逆転まではどうなのかな。あとは、京都2歳Sで軽視して痛い目にあったファミリズムとイグゼキュティヴ。ファミリズムは牝馬らしい鋭い末脚を使える馬。良いものをもっていますが、直線坂の阪神替わりは少しマイナスかと。イグゼキュティヴは良い根性を持った馬。リーチザクラウンに馬体を併せることができるならば。負かしに行って、逆に突き放されてしまうケースも考えられますが…。

« 第1回シルク応援隊杯POG(2歳)の現況 | トップページ | 焼魚定食のコロコロ予想 vol.26 »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

終わってみればロジユニヴァースの強さが際立ちました。来年の主役はこの馬なのかな。

リーチザクラウンは前走マイルを使ったので、楽に先行しているようでペースは速かったのかな。最後の反応のなさは、前走か稽古の反動もあったのかな。ちょっと残念な内容でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第1回シルク応援隊杯POG(2歳)の現況 | トップページ | 焼魚定食のコロコロ予想 vol.26 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ