2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.33 | トップページ | 第1回シルク応援隊杯POG(2歳)の現況など »

2008年12月15日 (月)

週末の競馬より

阪神ジュベナイルフィリーズは、ブエナビスタがモノの違いをまざまざと見せつけて快勝しました。安藤勝Jは今年はG1制覇をしていなかったのですが、この勝利で5年連続でG1を勝ったことになりました。まあ、昨日のメンバーで10回レースをしたらまず9回はブエナビスタが勝つでしょうね。あんだけ外を回して、直線でちょっと仕掛けた程度ですからね。無事に行けば、春2冠は堅いでしょうね。母同様にダービーに使っちゃいますか? 陣営も馬体減なく造ってきたのもさすがです。2着には馬体減で無視してしまったダノンベルベール。うまく抜け出して勝ちパターンでしたが…。すぐ外には脚色の違う馬が1頭いました。ミクロコスモスは少しテンションが高かったようですね。それでも3着に突っ込んでくるあたりはやはり能力を秘めています。武豊Jとのコンビに戻って、ブエナビスタにどれだけ迫れるか楽しみです。ジェルミナルは馬体が戻ってなかったですね。直線も内にササリ気味。距離も多少忙しいのかな。ここで一息入れて、オークスに照準を合わせた方が良いかな。デグラーティアは揉まれるのを避けて、外目の競馬。さすがにロスが多い騎乗だったように思います。

カペラSは脚抜きの良い馬場にしても、さすがにペースが激しかったですね。ビクトリーテツニーも外へ持ち出して、4角を回るときはどうかと思いましたがグイグイと伸びてきました。それに引っ付いてスリーアヴェニューも。

中日新聞杯は、ヤマニンキングリーが初重賞制覇。やはりこのぐらいの距離がベストですね。フサイチアソートに一旦出られましたが、そこからまたねじ伏せました。来年の秋の天皇賞が最大の目標になってくるかと思いますが、今後が非常に楽しみです。

中京2歳Sはメイショウドンタクが逃げ切りました。小回りコースが合うのかな? 強い相手ともまれてきたのも良かったのかもしれません。2着のショウナンアルディは目を見張る脚で詰め寄ってきました。揉まれない競馬が良かったのでしょうが、良いものを持っています。ただ、距離には限界がありそうかな。

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.33 | トップページ | 第1回シルク応援隊杯POG(2歳)の現況など »

週末の競馬より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.33 | トップページ | 第1回シルク応援隊杯POG(2歳)の現況など »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ