2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.31 | トップページ | フォーチュン&メビウス、良く頑張りました »

2008年12月 8日 (月)

週末の競馬より

今年から阪神に舞台へ変わったジャパンカップダート。結果はJRAのHPで確認したのですが、なかなかゴール前は迫力十分でした。ただ、ラジオNIKKEIの実況なのかは分かりませんが、ゴールを過ぎて、「ヴァーミリアン敗れた、ヴァーミリアン敗れました」の実況は頂けませんね。多分、馬券を買っていたのでしょうが。カネヒキリが残っているのに、どっちが勝ったのかも分かっていませんでした。カネヒキリはまだ完調手前かなと思いましたが、さすがに元ダートの王者。よく復活してくれました。ルメールもコースロスなく内を回ってきて、うまく抜け出しました。ヴァーミリアンとは対照的でしたね。個人的にはフォーチュンを勝たせてくれたルメールをもっと信頼すべきでした(笑)メイショウトウコンは3角から仕掛けて、4角ではうまく捲くりきろうかというレース運び。藤田Jも最高の騎乗が出来たかと思います。よく追い詰めてきましたが惜しい2着でした。ヴァーミリアンはテン乗りがやはり響きましたね。1角で位置取りが悪くなって、終始、外を回される競馬。メイショウトウコンが外から捲くってきたので、余計に難しかったですね。それでも僅差のところまで来るのですから、もったいないレースだったと思います。期待したサクセスブロッケンは流れが厳しかったですね。カジノドライヴはキャリアの浅さかな。3歳馬の両馬はこれからレースを使っていて、成長していって欲しいです。

土曜日の阪神のメインは、ここでは役者が違うと言わんばかりに、サクラメガワンダーが快勝しました。福永Jもかなり自信があったんでしょうね。乗り方を見ると、そう感じました。ナムラマースも後方から差し込んできて2着。良い脚を長く使ってくれました。ただ、もう少し馬群に取り付いた位置でレースができると思うんですが…。これで今週もグラスワンバー×母父サンデーサイレンスの配合馬が重賞制覇です。ますますシルク7-40の活躍を期待してしまいます(笑)

中山のメインは、名物のマラソンレース・ステイヤーズS。内にササるのでラチ沿いをうまく立ち回るためか、フローテーションが早めに先手を奪っていく競馬を。4角ではうまく作戦が成功したかなと思いましたが、直後に控えていたエアジパングが1歩1歩詰め寄ります。そして、坂を上ってクビ差捕らえました。フローテーションは負けてしまいましたが、前走の好走はフロックではなかったことを証明できたレースではあったかと思います。

2歳戦では、未勝利で圧倒的な勝ちっぷりを見せていたリーチザクラウン。マイルの距離でどうかなと多少不安に思ったのですが、500万下では力が違いましたね。少し気合をつけたというかハミをかけて程度での圧勝。さすがにこの馬抜きでは来年の牡馬クラシックは語れない存在になったかと思います。中山の葉牡丹賞はトーセンジョーダンが快勝。相手に恵まれたかもしれませんが、時計は悪くなかったと思います。どちらもラジオNIKKEI2歳Sに向かうようなので、暮れの芝2000は目が離せませんよ!

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.31 | トップページ | フォーチュン&メビウス、良く頑張りました »

週末の競馬より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.31 | トップページ | フォーチュン&メビウス、良く頑張りました »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ