2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 日本シリーズを振り返って | トップページ | 週末の競馬より »

2008年11月11日 (火)

フロンティアSの牡馬2頭

シルク7-50(牡1・昆厩舎)父マンハッタンカフェ 母クインオブオールディー

シルク7-40(牡1・池添厩舎)父グラスワンダー 母ティアドロップス

今はまた見れなくなっているのですが、昨日ぶらりとフロンティアSのウェブサイトを見ると、シルク7-50とシルク7-40の動画を見ることが出来ました。並足でダクを踏んでいるところから、坂路でキャンター程度ですが、併せて走っている映像でした。

まずシルク7-50は線が細い感じはしましたが、賢そうで、脚捌きとか走りっぷりは悪くないように思いました。調整はシルク7-40と同じような感じで、今は、ウォーキングマシーン60分、ダク 3,600M キャンター2,400M ペース的には25-25という調整が行われているようです。ただ、11月1日はパドック放牧となっていたのは気にはなりますが…。今週の調教報告書を見たいと思います。

○馬体重 447キロ 体高161cm 胸囲175cm 管囲20.5cm (10月23日測定)

※フロンティアSの調教報告書はリンクが上手く出来てなく、㈱ジャパンホース・トレードのウェブサイトで確認しました。

シルク7-40は、太く見せるのか太いのか判別しにくいところがあるのですが、馬体はがっしりした立派な造りです。少し煩いところもあるのかも知れませんが、性格は負けず嫌いな強そうな顔付きだったのは好感を受けました。素軽いタイプよりもパワータイプかと。顔の大きさは父譲り(笑)ですし、叩きつけるように前脚を書き込みのも父の動きを彷彿とさせます。あまり口数は売れてないようですが、順調に来ていますし、悪くないと思います。

« 日本シリーズを振り返って | トップページ | 週末の競馬より »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクアーネスト」カテゴリの記事

(引退)シルクオールディー」カテゴリの記事

コメント

フロンティアスタッドのウェブサイトでシルク7-50の調教報告書をクリックすると、シルク7-40の調教報告書にリンクしている旨を、厚かましくもメールしてみました。そうしたら、早速に修正頂きました。

シルク7-50は細くなってきたので一旦パドック放牧に切り替えられたようです。今はウォーキングマシーン60分のみですが、運動を再開しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本シリーズを振り返って | トップページ | 週末の競馬より »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ