2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 終盤戦の勢いそのままに… | トップページ | 焼魚定食のコロコロ予想 vol.18 »

2008年10月31日 (金)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.19

(京都11R)スワンS(G2)

◎ファリダット、○スズカフェニックス、▲ジョリーダンス、△カノヤザクラ、×ローレルゲレイロ、×ステキシンスケクン、×トウショウカレッジ

母親のビリーヴも3歳の春先は気性面でどことなく頼りなく、ひと息入れた3歳の秋から徐々にレース内容が良化。そして4歳夏から快進撃が続きます。3連勝で重賞初制覇を飾ると、そのままの勢いでスプリンターズSを制して、G1を奪取しました。息子のファリダットもポテンシャルはG1級のものを備えています。それが春先は能力に馬体が追いついてこないところも今1歩でしたが、秋緒戦の前走は、準オープンクラスの1戦ながら、開いているところを探す余裕を見せつつ、鮮やかに馬群を突き破ってきました。この勝ちっぷりはかなり衝撃を受けました。今回はG1ホース2頭を含め、なかなかの強敵揃いですが、素材的には上の馬ですし、やってくれるかと信じています。

対抗には展開不向きのスプリンターズSでも4着と、やはり力のあるところを見せてくれたスズカフェニックス。鞍上も2度目になりますし、叩きつつ調子を上げるタイプ。この距離もベストだけに恥ずかしい競馬はしない筈。ファリダットにG1馬の威厳を見せつける場面もあるかも。

あとはなかなか甲乙付けがたいメンバー。距離ベストで内に潜って、ゴールまで渋太いひと伸びを期待できそうなジョリーダンスを3番手に。ただ年齢的に苦しいかな。期待された前走で思うような位置取りができなかったカノヤザクラ。ひとハロン伸びる今回は上手くペースに乗れるかも。巻き返しても不思議でない力の持ち主だけに少々押さえて。×の3頭も展開次第で、十分圏内かと見ています。

将来的にはG1に手が届くだろうと見ているファリダットの今後を占う意味でも注目したい1戦です。ただ、仮にここを勝ったとしても次のマイルCSでは軽視したいとは思っています。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

« 終盤戦の勢いそのままに… | トップページ | 焼魚定食のコロコロ予想 vol.18 »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 終盤戦の勢いそのままに… | トップページ | 焼魚定食のコロコロ予想 vol.18 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ