2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« もう、クライマックス | トップページ | 一矢報いる »

2008年10月19日 (日)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.17

(京都11R)秋華賞

◎マイネルレーチェル、○レジネッタ、▲オディール、△ソーマジック、×ムードインディゴ、×メイショウベルーガ、×リトルアマポーラ

ここも大混戦が予想される1戦。ゴール前は4~5頭並んでの入線も想像されます。ポルトフィーノが除外されて、ローズSでハナを切ったエアパスカル、昇り馬のブライティアパルスが先行する形でしょうか。池江寿調教師は「ポルトフィーノが除外されてレースが作りやすくなった」とコメントしていますが、武豊Jのユキチャンがここは主導権を握るに来るかのではないかと思います。ペースは淀みなく流れる形だと見ています。

ここは前哨戦のローズSで競り勝ったマイネレーチェルを狙いたいです。前走は馬体を戻しつつの出走だったようですが、実戦になると抜群の勝負根性を見せて1着。今週は軽めの調整でしたが、1週前にしっかり追えていますし、前走以上のデキ。枠も真ん中の偶数枠ですし文句なし。オークスも不利がなければもっと上位に来ていたし、ここは素直に前走の走りを評価して。ゴール前でこの馬の勝負根性が活きる筈!

対抗は桜花賞馬のレジネッタ。安定感ではやはりこの馬かな。前走は追い出しを我慢して、競り負けたのはちょっとモノ足りませんが、前哨戦としたら悪くない内容ではあります。ここも脚の使いどころが難しいとは思いますが、ゴール前の横並びには必ず顔を出しているかと思います。

オーディールも前走が試走のようなレース振り。好位から伸び切れなかったし、この大外枠。安藤勝Jは腹をくくって後方に控えて、直線勝負に徹するかな。ちょっと人気しすぎなのが気に入りませんが、不気味さが漂うのはやはりこの馬ですね。

4番手評価は、ここが秋緒戦となりますがソーマジック。オークスはやはり距離が長かったです。ピッチ走法の馬だけに、この距離も微妙かなと思いますが、直線平坦の京都で踏ん張れないかと。調整過程はここを目標に4週間、古馬相手にハードな攻め内容。反応も上々で馬体も春よりもひと回り成長しているとのこと。この枠も魅力ですし、内から一瞬の脚を生かせる展開となると。穴ならこの馬でしょうか。

あとは、ローズSでハナ差の2着。良馬場で行われるのも好材料のムードインディゴ。ここに来ての地力強化は頼もしいところ。ただ、この最内枠がどうかな? メイショウベルーガは中間もビシビシと鍛えられています。前走はゲートでの遅れが響きましたが、それでも5着に来ています。多少、上がりがかかる展開ならこの馬の差し脚も不気味です。あとは、何とか間に合った感じですが、リトルアマポーラも少し押さえます。トールポピーは前走が内に包まれる展開。オークスのゴール前での行儀の悪さもあって、無理をしなかったのかも。ひと叩きして京都も悪くないので前進あるのみですが、脚の使いどころが難しいかなと思い、人気ですし、ちょこっと軽視します。

府中牝馬Sは前のブログに予想を書いています。

« もう、クライマックス | トップページ | 一矢報いる »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もう、クライマックス | トップページ | 一矢報いる »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ