最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.16 | トップページ | 週末の競馬より »

2008年10月12日 (日)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.15

(東京11R)毎日王冠(G2)

◎ウオッカ、○キャプテンベガ、▲ドリームパスポート、△トーセンキャプテン、×オースミグラスワン、×リキッドノーツ

府中では無類の強さを発揮するウオッカ。この夏は栗東に滞在して、じっくり調整。そう目立った時計は出てなかったですが、今週は武豊Jを背に抜群の行きっぷりで坂路52秒2の好時計。手綱を取った武豊Jも「凄い動き!」とビックリしていたとのこと。牡馬相手に57キロは楽ではないですが、秋の大一番に向けて好スタートを切れそうです。相手は当初有力と思っていた馬が仕上がり途上で取捨に悩むところ。相手の1番手には順調に使われているキャプテンベガ。オープンクラス相手になると現状少し厳しいかも知れませんが、前走でもあとワンパンチあればという内容。ここも相手が揃っていますが、1ハロン短縮が良い方向に向けば。速い時計には対応できるので、ホントにあとひと押し。ドリームパスポートは関西圏のレースが続きましたが、今回は地元の競馬。転厩して調整がうまく行っていないところが目立ちましたが、この夏はうまく調整できたようで、直前の動きも軽快。気性的にもポン駆けが利きますし、昨日4連勝と乗れている三浦皇成Jとのコンビも魅力。ウオッカと同厩舎のトーセンキャプテン。予定していた札幌記念を取りやめて、ひと息入っての今回。相手は強化されましたが、この馬はまだまだ奥がありそうな感じ。ここでどのようなレースを見せてくれるか注目しています。前走の上がりが驚異的なオースミグラスワン。開幕週の馬場で届くかどうかですが、良馬場で行われるのは好材料。どれだけやれるかこちらも注目。あとは仕上がり上々のリキッドノーツ。条件は最適なだけにちょっぴり不気味です。カンパニー、スーパーホーネット、サンライズマックスの3頭は仕上がりに?がつくので、ここは思い切って軽視します。

(京都11R)京都大賞典(G2)

◎アルナスライン、○アイポッパー、▲トーホウアラン、△アドマイヤジュピタ、×ポップロック、×アドマイヤモナーク

宝塚記念の凡走は道悪が応えたアルナスライン。目標のJC出走を目指して、ここにしっかり照準を合わせてきました。540キロの大型馬もこれまで久々のレース①③①と苦にしません。他馬と比べるとこの斤量は楽ですし、ここで初重賞制覇といきたいところです。対抗は8歳馬も久々を感じさせないアイポッパー。ここ数走とは比べものにならないくらいデキが良いとのこと。この馬も久々は苦にしませんし、京都の外回りのこれくらいの距離がベストの馬。先週G1制覇をした鞍上の勢いにも期待して。トーホウアランは脚部不安に悩まされましたが、立ち直ってきて、前走は久々ながらドリームジャーニーの2着。今週はビシッと追われましたが、それまでが少し手緩い調整は気になりますが、直線平坦の京都で更に粘りが増すかと。天皇賞馬のアドマイヤジュピタ。ザ石で凱旋門賞挑戦を取り止めて今秋は国内に専念。ザ石の影響が栗東に戻ってからの動きがひと息。乗り込んで外見的には馬体が絞れてきているようですが、息など中身が伴っているかとなるとどうでしょう。JCが最大の目標ということで、この後は天皇賞を予定。目標がまだ先なので今回はやはり割引が無難かと。あとはこの距離に実績あるポップロックとアドマイヤモナークも少し警戒を。

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.16 | トップページ | 週末の競馬より »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.16 | トップページ | 週末の競馬より »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ