2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(入厩組) | トップページ | 凱旋門賞もいよいよ迫る! »

2008年10月 2日 (木)

札幌2歳S

第43回札幌2歳ステークス(G3・芝1,800m)

フルゲート14頭

(地)イグゼキュティヴ      
(地)モエレエキスパート   
アグネスクイック
アドマイヤサムライ
ステイマックス
ダノンヒデキ
テーオーストーム
ナムラカイシュウ
フォーレイカー
メイショウイエミツ
メジロチャンプ
ロジユニヴァース

(抽選対象・2頭出走可能)

イーサンヘモス
キングスレガリア
シェーンヴァルト

ネコパンチ
ピロートーク
マイネルエルフ
ラブチャーミー

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

北海道戦の芝1,800の新馬戦が増え、また新馬勝ち馬に優先出走権がキャリアの浅い馬が揃っています。それを考えるとホッカイドウ競馬からの2頭はキャリアにモノを言わすのかな。未勝利勝ちは2頭出走可能ですが、シェーンヴァルトには何とか抽選を突破して欲しいなあと思っています。出走出来れば、前走の時計・レース内容から充分主役を務められると思っています。

新馬勝ちのメンバーでは、ロジユニヴァースとナムラカイシュウに注目しています。ロジユニヴァースはデビュー前に栗東の坂路で調整されるなど、独特の育成方法を取られています。それくらい期待の大きな馬です。久々となりますが、ココを目標に乗り込まれていますので、横山典Jの手綱捌きに注目したいです。

ナムラカイシュウはS-POG、P1で指名しているPOG馬ではありますが、育成の時から、速い所を乗ってもケロッとしているなど動きが目立っていた馬。今回は芝替わりがどうかですが、デビュー前の1週前追いきりで、芝でも軽快な動きをしていたので大丈夫だと思います。調教師は「クラシックを狙える馬」、騎手は「何より能力が抜けている」と強気。デビュー前、騎手の間でも評判になっていたらしいので、キャリアの浅さには目をつぶって中心視したいとは思っています。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

(追記)

未勝利勝ち馬は、抽選を通っていれば有力候補だったシェーンヴァルト、マイネルエルフの2頭が揃って除外となりました。

追いきりの動きが良かったのはテーオーストーム。芝で実戦並みにハードに調整されていました。マンハッタンカフェ産駒の勢いはここでも続くかも。

« シルクなお馬さん(入厩組) | トップページ | 凱旋門賞もいよいよ迫る! »

競馬(POG)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(入厩組) | トップページ | 凱旋門賞もいよいよ迫る! »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ