2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 前回よりは1歩前進★シルクフォーチュン | トップページ | 第69回菊花賞 »

2008年10月20日 (月)

週末の競馬より

大混戦だとは思っていましたが、クラシックホースのどちらかが格好をつけてくれると思っていた今年の秋華賞。桜花賞も波乱の決着でしたし、あまり力差のない争いだったということですね。100円が1098万2020円かぁ…。上の世代との力関係を考えると、やはり落ちるようにも思います。

勝ったブラックエンブレムは、ローズSからの惨敗から一変の内容。馬場の良い、直線平坦の京都が良かったんでしょうが、うまく内目の馬群で脚を矯めれて、抜け出してきました。人気を落として気楽に乗れたのも、好材料だったんでしょうが岩田Jの好騎乗でした。

前半1000Mが58秒6の淀みのない流れ、それを外外を回されるのは、やはり最後に応えるのですね。2、3着馬も直線を向くまで、終始内の経済コースを回った馬でした。ムードインディゴも力をつけていますね。期待した馬はすべて見どころなく終わってしまいました、トホホ。

秋華賞を除外されたポルトフィーノは、ひとレース前の清水Sを前半折り合いに終始して、これまでとは違う競馬。休み明けで今までとの戦法でいきなり結果を出すのだから、やはり只者ではないですね。スピリタスは最後ハナ差まで追い詰めました。中間軽めで状態は本物でない中であの脚は凄いのひと事。この後の反動がちょっと気になりますが、この2頭は来年は大きなところでの再戦が今から楽しみです。

府中牝馬Sは、人気のカワカミプリンセスが2番手からの追走で押し切ろうとしたところをスタートで後手を踏んだブルーメンブラッドが馬群を抜け出して、捕らえきりました。昨年の暮れから安定した成績を残していましたが、今秋がいよいよ充実期でしょうか。来年の春に繁殖だと思うので、それまでに大きな勲章を取れるかな? 次はマイルCSかひょっとしたエリザベス女王杯へ回る可能性も。カワカミプリンセスは前半力みが感じられましたが、それでも2着に頑張るのですから、叩いた次は本来の姿を見せてくれるかと思います。ベッラレイアもひと頃の悪循環からしっかり立て直しての3着。これをきっかけにもう一度強いベッラレイアを見せて欲しいものです。

土曜日のデイリー杯2歳Sは、シェーンヴァルトが力を発揮してレコード勝ち。京都替わりはやはり良かったようですね。大舞台へ向けては更なる気性面の成長が必要かと思うですが、ジャングルポケット産駒だけに府中での走りを見てみたいです。2着にはホッコータキオン。前走はフロックかなと少し疑っていたのですが、今回もレコード決着の2着に頑張るのですから、本物ですね。アラシヲヨブオトコは嵐を呼べませんでした。キャリア1戦では仕方ないかな。それでも5着に来たように力はあると思います。距離延長で次走、見直したいです。

« 前回よりは1歩前進★シルクフォーチュン | トップページ | 第69回菊花賞 »

週末の競馬より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 前回よりは1歩前進★シルクフォーチュン | トップページ | 第69回菊花賞 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ