最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(メビウス&ナトゥール) | トップページ | 焼魚定食のまんぷく予想 vol.14 »

2008年10月 4日 (土)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.13

(札幌11R)札幌2歳ステークス(G3)

◎ナムラカイシュウ、○ロジユニヴァース、▲モエレエキスパート、△テーオーストーム、×アドマイヤサムライ、×メジロチャンプ

出走できていれば、かなりの確率で好勝負できたであろうシェーンヴァルトの除外は非常に残念です。函館&札幌開催で行われた芝1800のメイクデビューで勝ち上がった馬がほとんど出てきたのかな。それぞれに素質はあるのでしょうが1度レースを経験して2戦目。良いほうに出る場合もありますが悪いほうへ出ちゃう可能性も。そう考えるとキャリアのある地方馬から買うのがホントは賢明かと思います。

そう言いながら、◎にはナムラカイショウ。トラックマンの人の印を見ると、芝はやはり疑問視のところもあるのかなとは思いますが、前走の勝ちっぷりはダート適性以上に能力があってのものかと。馬体の良さはここでも目立つ存在だし、中間も順調に稽古を積めているのも好感。芝の方がさらに良いとは言えませんがが、芝がダメというようには思えません。キャリアの浅さが出そうなタイプかもしれませんが、期待を込めての本命です。ロジユニヴァースは阪神でプロスアンドコンズを抑えてのデビュー勝ち。陣営が栗東で英才教育していた素質馬。それに違わぬセンスの良さを見せてくれました。それ以来の競馬で30キロも馬体が増えているとのこと。陣営曰く、「新馬戦よりは数段いい体」。飛びつきたくなるコメントですが、ちょっと追い不足かなとも思うのですが…。どういうレースをしてくれるのか注目したいです。クローバー賞で素晴らしい決め手を見せたモエレエキスパート。距離延長が微妙ではありますが、ここもじっくり末を生かす競馬だと思うので、キャリアも重視して3番手評価に。テーオーストームは2歳戦で活躍が目立っているマンハッタンカフェ産駒。今週の最終追いきりでも、2頭を先行させて、その間を割ってくる実戦を想定した稽古で抜群の動き。非凡な根性も魅力です。馬券的にはこの4頭のボックスでと思っています。あと気になるのがアドマイヤサムライとメジロチャンプ。アドマイヤサムライはデビュー戦後のコメントで乗り味の良さを高く評価していました。デビュー戦の内容が楽な感じで恵まれた感じもありますが。メジロチャンプは競走除外後のコスモス賞でも見せ場十分の内容。その後も熱心に乗り込まれているし、かなり上積みありそうで無視は出来ないかと。

(阪神10R)シリウスステークス(G3) ◎ドラゴンファイヤー、○ワンダースピード、▲ダークメッセージ、△ダノンビクトリー、×マイネルアワグラス、×ラッキーブレイク

こちらの予想はサラッと。ひと叩きした昨年の覇者ドラゴンファイヤーを本命に。当面の相手は実績上位でこの条件のレコードを持っているワンダースピード。ダートは2戦目となりますがひと叩きされたダークメッセージ。1度走ったダート戦の内容が良かっただけにちょっと穴っぽく行くならこの馬からの流し馬券かな。喉を手術して近走充実した内容を残しているダノンビクトリー。ここも前々の競馬で大崩れはなさそう。ユキチャンは古馬の牡馬相手ではちょっと厳しいかなと思います。

« シルクなお馬さん(メビウス&ナトゥール) | トップページ | 焼魚定食のまんぷく予想 vol.14 »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

札幌2歳Sの内容をHPで確認しました。

ナムラカイショウは終始イレ込みが激しかったのかな。テンションが高そうで、見事なまでに引っ掛かって4角では手応えがなかったです。気性面での成長が待たれますね。残念です。

勝ったロジユニヴァースはキャリア豊富な地方馬を外から力強く差し切りました。+26キロの馬体重ですね。うーん、これは先々楽しみですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(メビウス&ナトゥール) | トップページ | 焼魚定食のまんぷく予想 vol.14 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ