2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 対ジャイアンツ6連敗 | トップページ | 1戦必勝 »

2008年9月28日 (日)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.12

(阪神10R)神戸新聞杯(G2)

◎オウケンブルースリ、○ディープスカイ、▲ヤマニンキングリー、△ブラックシェル、×スマイルジャック、×アインラクス

前走で後のセントライト記念勝ち馬ダイワワイルドボアを負かし、今週の追い切りも抜群。ダービー1~3着馬が出走する中、ダービー馬に続く人気にまで急騰してしまったオウケンブルースリ。あまり馬券的に妙味がなくなってしまい、右回りに多少の不安がありますが、夏の上がり馬として期待していた馬ですので、今回も中心視。悪くても次の菊花賞に繋がるレースをして欲しいと思います。対抗はダービー馬ディープスカイ。仕上がりは8分くらいかと思いますが、日本ダービーの内容を見ると、春のクラシック組との勝負づけは済んだと言っても良いかも。ここでどんなレースをしてくれるか楽しみです。ツメの不安などで順調さを欠き、満足の行く成績を収められなかったヤマニンキングリー。ひと夏を越して、弱いところもなくなってきて、馬体もかなりボリュームアップしたとのこと。最終追い切りは河内調教師が自ら手綱を取るなど、秋への意気込みを感じられます。本質的にはマイル~2000mくらいが良いかと思いますが、この距離までなら同世代の馬とのレースですし、辛抱してくれるかと。週初めにも触れましたが、秋は少し狙い続けたい1頭です。ブラックシェルもひと夏越して、無駄肉が更に良い筋肉へと進化していっているように思います。陣営も「言い訳のできないレース」とかなり強気の今回。狙いたい馬から上位づけしたので、4番手評価になっていますが、力的には同等の扱いです。あとはダービー2着馬のスマイルジャック。久々で折り合いが鍵になりますが、うまくなだめられれば。アインラクスは弥生賞以来となりますが、素質の高い馬。昨年度のS-POGで1位指名していたように期待している馬なので、どういうレースをしてくれるか注目しています。

(中山11R)オールカマー(G2)

◎マツリダゴッホ、○アドマイヤタイトル、▲エアシェイディ、△キングストレイル、×マイネルキッツ、

前走の札幌記念は香港遠征帰りで馬体が戻り切ってなかった中、最後は目標になって差されてしまいましたが、自分で動いてレコード決着のクビ差の2着。昨年のグランプリホースとしての力を誇示したマツリダゴッホ。1度使われて、多少なりとも馬体が回復してきた今回は得意の中山。斤量2キロは気にはなりますが、連の軸としては安泰ではないでしょうか。相手候補の1番手はアドマイヤタイトル。前走がちょっと不甲斐ない内容ですが、長期休養明けを使われての中1週でのレースということで反動もあったのかも。本日はこのレースのみの騎乗となる安藤勝Jの意気込みにも期待したいと思います。関東圏では距離を問わず安定した成績を誇るエアシャイディ。同条件のアメリカJCCも制していますし、前に目標を見て、レースもしやすそう。前走の宝塚記念は道悪に泣いた感じもありますし、7歳ですがまだまだ馬も若い。今回も大崩れはなさそうです。久々の中距離戦となるキングストレイル。最近はスプリント~マイル戦ばかり使われてきているので大きく狙いづらいですが、意外にも横山典Jがこの馬には初騎乗。そこが少し不気味というか期待をもたらしてくれます。マイネルキッツはこの距離に不安は残りますが、相手なりに走るタイプ。出来の良さも目立ちますので、全く無視はできないかと。

« 対ジャイアンツ6連敗 | トップページ | 1戦必勝 »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 対ジャイアンツ6連敗 | トップページ | 1戦必勝 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ