2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(入厩組) | トップページ | ついに3ゲーム差…。 »

2008年9月16日 (火)

週末の競馬より

変則3日間開催、重賞競走4走となかなか忙しい週末でした。仕事でレースはよく見れてないのですが、競馬ブックを見ながら、振り返ってみます。

土曜日の重賞レース、エルムSはフェラーリピサが正攻法の競馬で完勝しました。当日は前が有利な馬場状態だったみたいですが、時計も良く、これから秋競馬にかけて、楽しみな馬になってきました。トーセンブライトは7歳馬ですが、展開次第で十分勝ち負けできる力を秘めています。人気にならないタイプだけに常に注意していたいと思います。メイショウトウコンには展開と前の止まりにくい馬場が向きませんでした。

シルク応援隊杯では指名していませんでしたが、P-1とS-POGで指名しているナムラカイシュウが初勝利をもたらせてくれました。競馬ブックの携帯サイトでは、調教欄がになっていましたので、動きは良いんだなと期待していたのですが、並びかけて交わす時に少し気合をつけた感じだったのであの時計はビックリです。少し硬い馬らしいのでやはりダート向きなのかなと思いますが、次走の札幌2歳Sでの走りを楽しみにしたいと思います。同日に行われたコスモス賞ですが、メイクデビューを勝って、連闘で臨んだスズカワグナー。多少相手に恵まれたのかも知れませんが、安藤勝J絶賛のセンス光る内容でした。橋田厩舎=「スズカ」の2歳馬勢では、スズカマンボの下・スズカスコーピオン、栗東に入厩しているみたいですが、スズカルネッサンスの2頭も前評判高かったです。この2頭が出てきた時は少し覚えておいていただければと思います。ともにシンボリクリスエス産駒です。

京王杯AHはキストゥヘヴンが桜花賞以来の勝利。Hペースも向きましたが、この馬にはポリトラックの導入が良かったらしいです。この後は府中牝馬Sから、エリザベス女王杯かマイルCSのどちらかへ向かうようです。レッツゴーキリシマもうまく乗ったようですが、惜しかったのはヤマニンエマイユ。この速いペースを掛かり気味に追走して差のない4着。ハンデ差もありますが、力をつけています。次走も引き続き狙いたいと思います。

日曜の阪神では8頭立てとなりましたが注目の新馬戦がありました。予想通りの超スローペース。ラスト3ハロンからの瞬発力争いになりました。タニノネグローニは外から並びかけた時には良い感じだったみたいですが、直線の叩き合いでは先に遅れて3着。長めをビシッという追い切りはしていなかったですが、本数はかなりこなしていたので、ちょっとガッカリの内容ではあります。これからマツクニ流で鍛えて、巻き返してきて欲しいと思います。このレースを勝ったのはアラシヲヨブオトコ。今年の夏競馬で目立ったマンハッタンカフェ産駒です。入厩してからずっとシルクユニヴァースと一緒に稽古をしていて、ずっと楽な手応えで先着していたので、「これは走る!」と注目していたのですが、狭くなったところからの瞬発力はさすがでした。レース後、戻って行こうとしていたところで放馬して、元気に走り回っていたので、まだまだ余裕があったのでしょうか(笑) 出資しているシルク7-40の半兄トップクリフォードは、出遅れてレースに参加できず仕舞いでした。若さもあるみたいですが、レースを経験するごとに変わってくるかと思います。ちなみに今週の競馬ブックなどのシルクの広告に、シルク7-40が出ていましたが、先週3歳未勝利を脱出したトーホウロサードが兄となっていましたが、正しくは姉です。

セントウルSはカノヤザクラが快勝。好位につけて抜け出す強い競馬でした。橋口厩舎はダノンゴーゴーが屈ケン炎で戦列を離脱してしまいましたが、スリープレスナイトとカノヤザクラの2頭は本番でも楽しみですね。香港の強い馬も骨折してしまったのでG1奪取の可能性は大きいかと。このレースでは良いところがなかったG1馬2頭(スズカフェニックス、ファイングレイン)。スズカフェニックスはテンについていけなくなってきているようで、マイルくらいの距離が良いのかな。ファイングレインは59キロが応えたかと思いますが、一変してくるのかな…。ちょっと疑問が残ります。

月曜日の朝日CCは、小倉記念に続いてドリームジャーニーが快勝。前が有利な馬場状態の中、きっちり前を捕らえました。着差以上に強い内容だったかと思います。鞍上とも手が合うんでしょうね。本番の天皇賞は関東圏の競馬となりますので、少し躊躇するところもありますが、チャンスは十分あるかと思います。また、暮れの香港遠征も視野に入っているみたいですね。この日の第1レースにテーオーティアラが出走しました。体は細くなってしまっていましたが、1度レースを経験したことも大きく、きっちり前を交わしました。この馬は距離が延びても良さそうですし、来春に向けてかなり活躍する馬になるんじゃないかと個人的に評価しています。

長々と失礼致しました。

« シルクなお馬さん(入厩組) | トップページ | ついに3ゲーム差…。 »

週末の競馬より」カテゴリの記事

コメント

ナムラカイシュウは、札幌のジョッキーの中では、“この馬走る”と評判になっていた馬だったそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(入厩組) | トップページ | ついに3ゲーム差…。 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ