2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.11 | トップページ | ラインナップなどなど »

2008年9月22日 (月)

週末の競馬から

先週は東西で秋のG1に向けて、3歳牡・牝のトライアルが行われました。セントライト記念はスタートしての1角で故障馬発生による落馬、不利があったみたいですね。個人的に期待していたナリタダイコク、ロードニュースターといったところはかなり影響を受けたみたいで…。ノットアローンは渋い走りをいつも見せてくれますが、1、2着馬は夏場に使われてきた馬。次の本番・菊花賞でも有力となると、かなり疑問符がつきます。権利を取れませんでしたが、なんとかセントライト記念に間に合って感じの仕上げで、最後急追してきたダイバーシティ、掲示板まで来たナリタダイコクに魅力が。賞金的に出れないのか、抽選になるのかは分かりませんが…。神戸新聞杯組みとのレースを見ての兼ね合いもありますが、出走できたら有力候補の1頭と考えています。菊花賞の穴馬としては、休養明けで馬体が減っていたのは頂けないのですが、積丹特別を快勝したヒカリカザブエ。未勝利勝ちの内容も強かったのですが、今回のレース内容も上々。まだまだパンとしてないみたいですが、ちょっと面白いかなと。あとは、POGでも指名していたアーネストリー。ひと叩きして昨日は4角先頭から快勝しました。菊花賞を目指すかは分かりませんが、この秋には上のクラスまで一気に行って欲しいところです。

ローズステークスは直前の雨の影響もあったのかも知れませんが、春の実績馬は少し残念な結果に。レジネッタは堅実ではありますが、昨日のレース運びをしていると、これからも勝ち切れないケースが続くかなと。もう少し冒険した乗り方というかじっくりタメて乗った方が…。と、個人的には思いました。マイネレーツェルは勝っても次は人気しないかな? 武豊Jが乗ってくるのでしょうか。川田Jのままならそんなに人気もしないだろうし、本番は押さえたいところなんですが。ムードインディゴは減った馬体が鍵になってきますね。ちょっと次はつらいかな。トールポピー、オディールあたりも余裕を残した仕上げ。オディールは次は直線に賭けた乗り方をするようなコメントを残していたので、ちょっと不気味です。トールポピーは内枠で直前の雨は堪えたようです。直前の稽古が軽すぎなければ、今回の結果は気にせずに狙っていきたいと思います。今週出走するディープインパクトの下、ヴェルザンディ。勝ったら秋華賞へ向かうと思うので、レースぶりに注目したいです。

POGの速攻組として期待しているプロスアンドコンズ。大事に乗られているので、仕方ないのかも知れませんが2着はちょっぴり残念。ただ、勝ち馬の時計は立派だし、今回は相手を誉めたほうが良いのかな。少しずつ課題を与えて、勉強中かと思うので、それがこれからに繋がっていくことを願っています。

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.11 | トップページ | ラインナップなどなど »

週末の競馬より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.11 | トップページ | ラインナップなどなど »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ