2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.5 | トップページ | 焼魚定食のまんぷく予想 vol.4 »

2008年7月27日 (日)

焼魚定食のコロコロ予想 vol.6

シルクナデシコはゲートで痛恨の出遅れでした。ゲート入りをごねていたジョイフルハート、ブルーメンブラッドの半妹アンプレヴーがスタートは良く、快勝しました。そのアンプレヴーと稽古を一緒にしていたのがマルラニビスティー。追って味があるタイプで将来性は十分とのこと。「現時点で注文をつけるところがない」というタニノベローナ、ピカルディーなど強敵がいますが、良い内容を期待しています。

(新潟10R)◎ダイシンプラン

岩田Jがこの馬の為に、新潟まで脚を運びます。デビュー戦の内容に惚れこみ、「クラシックはこの馬」と非常に期待していた馬。しかし、爪を痛めてしまって、その後遺症から立ち直れず、春先は尻すぼみの成績に終わりました。一息入れて、復帰戦は今イチでしたが、ぶっぽうそう特別2着。そして、古馬との一戦となった鶴橋特別は4馬身差の快勝。叩き3走目でようやくデビュー戦で見せた姿に近づいてきました。この中間の稽古も唸るような感じで抜群。少し折り合いに難があるタイプなのでクラスが上がって、ペースが厳しくなるのは好都合かな。そこそこ相手は揃っていますが、秋に向けては負けて欲しくないところ。

(小倉10R)◎メイショウキトリ

ここ4走はずっと中1週で使われてきていて、今回は中1週で小倉への遠征。そろそろ疲れが心配ではありますが、稽古の動きはますます快調。この血統は小倉芝1200が大好きですし、ここは今の勢いを重視して。相手の本線はひと叩きされたマルカフェニックス。着実に力をつけているコスモベルも時計の裏づけもあるので怖い存在。

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.5 | トップページ | 焼魚定食のまんぷく予想 vol.4 »

焼魚定食のコロコロ予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.5 | トップページ | 焼魚定食のまんぷく予想 vol.4 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ