2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.6 | トップページ | 昨年までと逆現象 »

2008年7月27日 (日)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.4

(函館9R)函館記念(G3)

◎フィールドベアー、○トーセンキャプテン、▲ピサノパテック、△トウショウシロッコ、×ブレーヴハート、×マヤノライジン

滞在の馬が多く、調教後の馬体重はほぼ前走と同じくらいの馬が目につきました。さて、ハンデ戦のレースですが、斤量差は3、5キロ以内と力が拮抗した争い。どの馬からでも狙えそうですが、ここは函館8戦7連対のフィールドベアーが本命。前走のゴールまででマヤノライジンに差し返され、同着は少しいただけない内容ですが、今回は乗り慣れた秋山Jに戻ります。これが1番の好材料かと。稽古の動きは更に良くなっている感じがしますし、ここで不様なレースはしないかと思います。対抗には前走で目を見張る伸びを見せたトーセンキャプテン。実力馬が徐々に以前の姿を取り戻してきました。クラス的には1600万の条件戦にも出れる馬なのに、1キロ増のハンはかなり見込まれましたが、ゲートを決めて、少し前めから抜け出す形のレースが出来れば。ピサノパテックは前走から据え置きの斤量。ホワイトJも2戦目ですし、前走からの1ハロン距離延長は好材料。要はどこまで我慢して、抜け出せるか。力的にはマンハッタカフェ。前走から1ハロン伸びるのは好材料。ただ、函館で勝ってはいますが、洋芝は向いていないような…。調教後の馬体重では前走の太めが解消されていないのも気になり、今回も軽視。長期休養明けを叩かれたトウショウシロッコ。それでも差のないレースですし、今回は身体も絞れてきている感じです。穴ならこの馬かな。後は展開が紛れてのブレーブハート。巴賞1着同着のマヤノライジンも少々押さえたいです。

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.6 | トップページ | 昨年までと逆現象 »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.6 | トップページ | 昨年までと逆現象 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ