2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.2 | トップページ | 遂に10.5ゲーム差 »

2008年7月 6日 (日)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.1

重賞レースを予想する「まんぷく予想」もリニューアルということで進めたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

(福島11R)ラジオNIKKEI賞(G3・芝1800)

◎スマートギア、○キングオブカルト、▲ダイバーシティ、△タケショウオージ、×モンテクリスエス、×ルールプロスパー

3歳馬同士なのにハンデ戦というのがミソのこのレース。勢いのある馬がこぞって53キロで、重賞とトライアル勝ちの馬が57キロ。さすがにこの4キロは大きいと思うのですが。53キロ組みの馬を上位に見立てました。その中でも本命にはスマートギア。未勝利戦は、坂の下り方一気に進出してそのまま押し切り快勝。前走は後方から外に出して、まとめて差しきり。時計も上々でした。前走を勝った後に、ここへの挑戦を進言したのは武豊Jサイドだったそうです。ただ、2勝馬は抽選対象で出走ができる確証がなかったので、コンビ実現はならなかったみたいで、除外されて阪神の1000万下を使うことになれば武豊Jが乗ることは決まっていたそうです。ここ2走の内容を見ると53キロは明らかに恵まれたかと思います。対抗はここに来て安定したレースが出来るようになってきたキングオブカルト。デビュー当初は厩舎の素質馬アインラクスと一緒に調整されていたように楽しみにされていた馬。気性面に若さが残り、出世が遅れましたが、小倉と中京でも好走しているように小回りも苦にしません。ここも上手く立ち回って、一瞬、早めに抜け出す場面もありそう。ダイバーシティは広いコースが良いかと思いますが、この斤量で、横山典Jが駆けつけるのも魅力です。タケショウオージは斤量は微妙ですが、この地で新馬勝ちを果たしているし、ここに来て2連勝中。押さえておきたいと思います。モンテクリスエスは実績上位でデキも良さそうですが、小回りのこの距離がどうか。ルールプロスパーは逃げてどこまでやれるかな。

(函館11R)函館スプリントS(G3)

◎キンシャサノキセキ、○トウショウカレッジ、▲スピニングノアール、△ミリオンウェーブ、×タニノマティーニ、×タマモホットプレイ、×ルルパンブルー

ここは前走の高松宮記念で2着に頑張ったキンシャサノキセキを本命に。秋の大きいところを前に、ひとつ勲章を取りたいところです。相手には、流れが速くなって差しが生きそうなので前走不発のトウショウカレッジ、不向きな流れを差してきたスピニングノアールを。トウショウカレッジは前走が前が詰まって不完全燃焼な内容だったので池添Jも力が入っているかと思います。ミリオンウェーブは3歳馬ですが、ここ2走の内容は上々。うまく立ち回って通用しないかな? あとは函館で好走、勝鞍のある×の2頭。人気もなさそうなので、少々押さておきたいです。ルルパンブルーも、妹が募集されますので、応援の意味で押さえておくかな。

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.2 | トップページ | 遂に10.5ゲーム差 »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.2 | トップページ | 遂に10.5ゲーム差 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ