2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

出資馬一覧

カテゴリー「ロードプレステージ」の171件の投稿

2017年5月19日 (金)

ロスなく立ち回るも、高速決着では分が悪くて。ジリジリ伸びるも9着まで。★ロードプレステージ

Photo_3 ロードプレステージ(牡・杉山)父ネオユニヴァース 母タッチアス

5月13日(土)東京12R・4歳上1000万下・混合・ダ1600mに岩田Jで出走。16頭立て11番人気で3枠5番から平均ペースの道中を11、11、12番手と進み、直線では最内を通って1秒4差の9着でした。馬場は不良。タイム1分37秒3、上がり36秒4。馬体重は増減無しの450キロでした。

○杉山調教師 「今回はワンターンの1600m戦。掛かる恐れはほぼ無いと考え、ある程度は流れに乗せて直線で脚を伸ばして欲しい・・・とのリクエストを出しました。3、4コーナーまでは勢い十分だったとは言え、結局は馬場が全てですね。精神的に脆い面を持つだけに、連続で不良馬場を走って気持ちが折れていないかが心配。レース後の様子を注意深く観察しておきます」

○岩田騎手 「4コーナー付近まではスムーズに運べたと思いますが、直線の坂に差し掛かったあたりでビュンとペースが上がった際に全く対応できませんでした。今日のようなベチャベチャのコース状態は合いませんね。良馬場で時計が掛かった方が力を出せるでしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。5月17日(水)に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動して6月25日(日)阪神・リボン賞・混合・ダ1800mへ向けて態勢を整えます。

○杉山調教師 「無事に栗東へ。馬体に関しては大丈夫そうです。ただ、メンタルを考慮。一旦、リセットするのがベターでしょう。次走の候補は阪神開催の最終日に組まれるダ1800m戦。2、3週間ほどで再び帰厩の段取りを組めれば・・・と思っています」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

雨の影響はさほど受けないのかなと見ていたら、東京は朝から雨。東京・ダ1600mは合いそうなイメージだったのですが、ヴィッセン同様に時計の速い決着では分が悪くて…。道中は内目を距離ロスなく立ち回り、あとは直線で伸びるだけだったんですが、そこからの伸びがジリジリ。最後まで諦めずにプレステージなりに脚を伸ばしていましたが、現状はこれが精一杯という印象を受けました。

レース後のプレステージですが、相応のダメージはありますが、大きな異常はなし。ただ、精神面のケアを重視して、17日に滋賀・グリーンウッドへ移動しています。まずは馬体の回復・リフレッシュを進めてもらえればと思います。次走候補として阪神・リボン賞が挙がっていますが、その次の開催は相性の良い中京なので、無理にそこへ合わせることはないでしょう。状態に応じて、柔軟な対応をお願いしいます。

1000万下で掲示板に来るのもなかなか難しい現状ですが、強い相手に揉まれながら、じわじわと地力を養っていって欲しいです。

2017年5月13日 (土)

前走の内容から慣れが必要そうも、直線に賭ける競馬でどこまで巻き返せるか。次走以降に繋がるモノを見せて欲しい。★ロードプレステージ

Photo_3 ロードプレステージ(牡・杉山)父ネオユニヴァース 母タッチアス

5月13日(土)東京12R・4歳上1000万下・混合・ダ1600mに岩田Jで出走します。5月10日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで4ハロン53.6-39.1-11.9 9分所を一杯に追っています。追い切りの短評は「脚取り確か」でした。発走は16時25分です。

○杉山調教師 「5月10日(水)は終い重点。先週は苦しがる素振りが窺えたものの、今朝は走る方に気持ちが向いていた印象です。一応、京都の特別戦にも登録。でも、今回は東京へ行きましょう。序盤は馬のリズムで運び、長い直線で末脚を生かせれば・・・」

≪調教時計≫
17.05.10 助手 栗CW良 53.6 39.1 11.9 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回東京7日目(05月13日)
12R 4歳上1000万下
サラ ダ1600メートル 指定 混合 定量 発走16:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ゴールドリーガル 牡6 57 丸山元気
1 2 アンプラグド せ6 57 M.デムーロ
2 3 タイセイスペリオル 牡4 57 戸崎圭太
2 4 リバータイキ 牡8 57 武士沢友治
3 5 ロードプレステージ 牡5 57 岩田康誠
3 6 アルファアリエス 牡6 57 内田博幸
4 7 ブルーボサノヴァ 牝6 55 柴田大知
4 8 スズカウラノス 牡8 57 石川裕紀人
5 9 シュナウザー 牡4 57 田辺裕信
5 10 エターナルヒーロー せ7 57 江田照男
6 11 タニガワ 牡4 54 武藤雅
6 12 パイロキネシスト 牡5 57 松岡正海
7 13 ワンパーセント 牡4 57 菅原隆一
7 14 トーセンペンタゴン 牡5 54 野中悠太郎
8 15 ダノンプレシャス 牡4 57 北村宏司
8 16 アメリカンストーム 牡5 57 幸英明

○杉山師 「前走は不良馬場で自分からやめていた感じ。直線が長いコースは合うと思うし、終いを生かす競馬で」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

除外に備えて、京都の蹴上特別に登録していたロードプレステージですが、当初の予定どおり、東京戦へ。中京での好走例が多い同馬には東京の長い直線は魅力。距離短縮も悪くないでしょう。

ただ、昇級戦となった前走が案外な結果に。500万下を強い内容で勝って弾みがついたかと思っていたら、そう簡単には行きませんでした。時計面で限界があるので、脚抜きの良い馬場+上がりの速い決着では出番がなかったです。

今回は1000万下での2戦目。先週新潟戦を除外になってしまいましたが、調整はリカバーできていると思います。上がり重点でもビシッとやれているのは○。あとは東京への輸送で馬体を大きく減らさなければ良いのですが。繊細なところがあるので、この点は大いに心配です。

相手関係を見ると、圧倒的人気が予想されるシュナウザーが抜けた存在。脚質的にも大崩れはなさそう。この人気馬に他馬がちょっかいを出して、淀みのない流れ+上がりの掛かる展開にならないと、プレステージの出番はなさそう。まあ、変に動くと終いが甘くなると思うので、序盤は折り合いに専念し、直線に賭ける競馬でどこまでやれるか。岩田Jと手は合うと思うので、直線に全てを賭けて欲しいです。

ガラッと変わってくることはないでしょうが、最後までしっかり脚を使った競馬を見せて欲しいです。その中で次走以降に繋がるようなモノを見出したいです。

2017年5月 6日 (土)

新潟・中ノ岳特別は除外に。目標を切り替え、来週の東京・ダ1600mを岩田Jとのコンビで予定しています。★ロードプレステージ

Photo_3 ロードプレステージ(牡・杉山)父ネオユニヴァース 母タッチアス

2017.05.04
5月7日(日)新潟・中ノ岳特別・混合・ダ1800mを除外されました。今後は目標を切り替えて5月13日(土)東京・4歳上1000万下・混合・ダ1600mに岩田騎手で予定しています。

2017.05.03
5月7日(日)新潟・中ノ岳特別・混合・ダ1800mに和田竜Jで予定しています。同レースはフルゲート15頭。現段階では優先順位17番目、同順位4頭で除外対象です。5月3日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで4ハロン52.0-38.8-12.3 6分所を一杯に追っています。短評は「脚取り確か」でした。

○杉山調教師 「5月3日(水)はウッドで。相応に時計も出ており、これで態勢が整ったでしょう。ただ、結構な頭数が特別登録。想定メンバー表を確認しても、抽選に掛かるか否か・・・の微妙なラインです。除外の場合を含めて、対応を考えておかないと・・・」

≪調教時計≫
17.05.03 助手 栗CW良 52.0 38.8 12.3 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先週の段階から出走は難しいと思っていたロードプレステージですが、やはり非抽選で除外の憂き目に。和田Jを確保し、杉山師は準備してくれていただけに残念です。

今後は来週の東京戦を予定。ブロック制でスンナリ使えるかは怪しいところですが、こちらは岩田Jを確保。折り合いに課題がある馬なので、マイルへの距離短縮は案外いいかもしれません。

まあ、前走のレース内容から、クラス慣れすることが先決ですが、噛み合えば通用する力は秘めていると思うので、まずは無事に出走が叶うことを今から願いたいです。

2017年4月29日 (土)

22日に帰厩。次走は来月7日の新潟・中ノ岳特別を予定しています。☆ロードプレステージ

Photo_3 ロードプレステージ(牡・杉山)父ネオユニヴァース 母タッチアス

2017.04.26
4月26日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に56.5-40.6-27.2-14.3 一杯に追っています。短評は「坂路コースで入念」でした。5月7日(日)新潟・中ノ岳特別・混合・ダ1800mに和田Jで予定しています。

○杉山調教師 「帰厩後は幾らか気持ちが入り気味。上手く調整したいと思います。相手関係に恵まれるはず。新潟へ行く予定です。ローカル開催で和田騎手を確保できたのも好材料。出走間隔との兼ね合いで希望通りに使えるか・・・。そこだけが問題でしょう」

≪調教時計≫
17.04.26 助手 栗東坂良1回 56.5 40.6 27.2 14.3 一杯に追う

2017.04.25
4月22日(土)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○当地スタッフ 「4月20日(木)に杉山先生が来場されて具合をチェック。その上で22日(土)に再びトレセンへ向かっています。ウチでは心身のケアに重点。無事に送り出せて一安心です。あとは厩舎スタッフに任せればOK。また頑張ってくれるでしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走後、プレステージの最近のパターンで短期放牧に出ていましたが、22日に帰厩。26日に坂路で追い切られたように次走へ向けての調整が既に始まっています。動きは案外ですが、攻め駆けする馬ではないので気にすることもないでしょう。

また、次走は来月7日の新潟・中ノ岳特別を予定。和田Jを確保済なのは有り難いですが、前走からレース間隔がないのがどう出るか。この段階で示唆されているぐらいでしょうから、使えない可能性が高いのかもしれません。ダメな場合に備えての作戦を用意しておいて欲しいです。

2017年4月20日 (木)

ロードなお馬さん(関西馬・牧場組)

Photo_3 ロードヴァンドール

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「この中間にハッキングを取り入れたところ、両トモがクタッとした感触。特に右側にダメージが溜まっている模様です。早期の改善を図る為にショックウェーブ治療を実施。一旦はトレーニングに制限を掛けたものの、近日中に改めて跨る予定です」

Photo_3 ロードプレステージ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター1500m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「レースを走り終えたばかり。でも、ボリュームの減少は認められませんね。先週一杯はウォーキングマシンのみ。そして4月17日(月)より軽く跨り始めています。今回も滞在は短期間の見込み。様子を探りながら少しずつ乗り進めましょう」

Photo_3 ロードレジスタ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「ここ最近は脚元の具合も落ち着いており、普通キャンターをコンスタントに消化できている状況です。動きを見ながら調教の強化を図る方針。早ければ今週中に15-15を取り入れられるかも知れません。移動時期を考えるのはもう少し先でしょう」

Photo_3 ロードプレミアム

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「強目の内容を積み重ねることで、前向きさがかなり出て来た感じ。フットワークに若干の重さが窺えるとは言え、牧場レベルでは及第点を与えられるデキでしょう。池江調教師に現状の報告を行ない、帰厩のタイミングを話し合っているところです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

昨秋からコンスタントに使われてきたヴァンドール。移動当初は疲れている感じは見受けられませんでしたが、時間の経過と共にクタッと。まあ、このあたりは仕方ないところでしょう。適切な処置・ケアをすることで、回復に努めてもらえればと思います。

プレステージは短期放牧でリフレッシュ中。牧場では軽く乗る程度で十分でしょう。昇級戦となった前走の走りだと1000万下では辛そうですが、クラスに慣れることで前進を図って欲しいです。

レジスタは球節の傷腫れも良化し、普通キャンターまで到達。状態は特に変わりありません。このままペースアップを図っていって、1日でも早い帰厩をお願いします。

プレミアムは帰厩を意識できるレベルに到達。個人的には春の新潟開催・最終週に間に合って欲しいなあと見ています。帰厩後、スムーズに調整が進むように、引き続き強めの調教を消化していって欲しいです。

2017年4月13日 (木)

前走の勝ちっぷりから昇級戦でも淡い期待を持っていたも、終わってみれば力量差を感じる12着。★ロードプレステージ

Photo_3 ロードプレステージ(牡・杉山)父ネオユニヴァース 母タッチアス

4月8日(土)阪神12R・4歳上1000万下・ダ1800mにルメールJで出走。14頭立て3番人気で5枠7番から平均ペースの道中を10、8、7、7番手と進み、直線では外を通って2秒3差の12着でした。馬場は不良。タイム1分52秒8、上がり37秒9。馬体重は2キロ減少の450キロでした。

○ルメール騎手 「道中がスローなのを踏まえ、途中から外を回って進出。ただ、だいぶ距離をロスしたのに加えて先行グループも止まりませんでしたからね。序盤こそ幾らか力んでいたものの、広いスペースへ出したらリラックス。こんな馬場は大丈夫ながら、もう少し流れの速い展開がベターでしょう」

○杉山調教師 「あまりスタートは速くない・・・とだけ伝達。あとはジョッキーに任せました。レースの形としては悪くないものの、ちょっと負け過ぎな印象も。クラスが上がっての1戦に加えて、今日は前残りで極端に速いタイムの決着だけに・・・。なかなか要因を特定するのは難しいですね。普通のコース状態で改めて見極めたいところ。厩舎へ戻した上で今後のプランを検討しましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

中団の少し後ろ。やや力みがあった。勝負どころは外に出して追い上げ態勢を取ったが、脚を使う場面はなかった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。4月12日(水)に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動して約1ヶ月後のレース出走へ向けて心身のリフレッシュを図ります。

○杉山調教師 「馬体に大きな消耗は無さそう。あまり走っていない感じですね。ただ、メンタル面を考慮。2週間ほど気分転換させましょう。ダート中距離戦は頭数が落ち着いており、毎週のように番組も組まれる状況。優先権を持たずとも使えるのでは・・・」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

久々の勝利をキッカケにワンランク上の馬になってくれないかなと期待したロードプレステージでしたが、昇級戦・速い時計での決着に跳ね返されることに。前走はホント鮮やかでしたが、元は500万下でワンパンチ足りない競馬を続けていた馬。4角手前までは悪くない雰囲気も、直線での追い比べで早々に離脱。加速することはできず、ジリジリ後退することになってしまいました。少し力んだ走りだったのは確かに響きましたが、勝ち馬と2秒3差。正直、厳しいですね。

レース後のプレステージですが、大きなダメージはなし。ただ、この間2走していますし、負け方も良くなかったので、12日に滋賀・グリーンウッドへ放牧に出ています。少し余裕を持たせて、気分転換が出来れば。ダ1800mの番組は豊富に組まれているようなので、想定を見ながら、良きタイミングで戻してもらえればと思います。

時計の掛かる馬場で見直したいですが、このクラスで通用するのは簡単ではありません。これまでタフに使われてきた為、今後の伸びしろもそう期待はできず…。まあ、まずはレースを重ねていって、少しでも進歩が見られるかどうかを見ていきたいです。

2017年4月 8日 (土)

まずは折り合いに専念しての末脚勝負でどこまで通用するかを見てみたい。☆ロードプレステージ

Photo_3 ロードプレステージ(牡・杉山)父ネオユニヴァース 母タッチアス

4月8日(土)阪神・4歳上1000万下・ダ1800mにルメールJで出走します。4月5日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に56.4-40.2-26.2-13.3 一杯に追っています。追い切りの短評は「攻め動かぬタイプ」でした。発走は16時10分です。

○杉山調教師 「4月5日(水)はサッと。良い状態をキープしています。前回が鮮やかな勝ちっぷり。これで馬自身が自信を持って欲しいですね。昇級で相手は強化されるものの、流れが速まれば道中も運び易いはず。まずはクラスの目途を立てられたら・・・」

≪調教時計≫
17.04.05 助手 栗東坂良1回 56.4 40.2 26.2 13.3 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回阪神5日目(04月08日)
12R 4歳上1000万下
サラ ダ1800メートル 指定 定量 発走16:10
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 キングラディウス 牡4 57 和田竜二
2 2 カフジナイサー 牡4 54 富田暁
3 3 ロバストミノル 牡4 57 池添謙一
3 4 オルナ 牡5 57 福永祐一
4 5 タイマツリ 牡6 54 森裕太朗
4 6 ブリーズスズカ 牡4 54 三津谷隼人
5 7 ロードプレステージ 牡5 57 C.ルメール
5 8 マイネルボルソー 牡6 57 国分恭介
6 9 アクセラレート 牡5 57 松若風馬
6 10 タニノマンボ 牡7 57 藤岡康太
7 11 スワーヴジョージ 牡5 57 四位洋文
7 12 ヴァローア 牝5 55 藤岡佑介
8 13 カフジキング 牡4 57 M.デムーロ
8 14 ハイランドジャガー 牡8 56 岩崎翼

○杉山師 「前走はジョッキーがうまく乗ってくれた。コンスタントに使っているから、メンタル面を考慮して調整。昇級戦でどこまでやれるかだね」(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

生涯500万下でコツコツ稼いでいく存在と思っていたロードプレステージですが、広い阪神コースでレースぶりが一変。展開&相手関係に恵まれたのは確かですが、出たなりで折り合いをつけ、4角を回ってくるときは手応え抜群。直線は外へ持ち出してから追い出す余裕を見せての完勝劇でした。

辛勝で500万下を卒業してしまうのは嫌だったのですが、あのレースぶりなら、いずれは1000万下でも堅実駆け・勝負になっていくかなと思います。ただ、昇級していきなり好勝負できるかとなるとそう甘くはないでしょう。

前走から中2週で臨む今回。カリカリして力んだりするのが嫌なので、中間の追い切りは1本にセーブ。状態面の上積みはなくても、デキ落ちということはないでしょう。引き続き、力を出せる状態です。久々に勝ったことが1つ弾み(自信)になってくれれば。

レースぶりに関しては、ルメールJにおまかせですが、前走同様に序盤は折り合いに専念し、勝負どころからジワーッと進出する形で末脚勝負に持ち込んでほしいところ。まずは自分の競馬に徹することを今回は重視して欲しいです。それが叶って、どういう結果になるかは二の次かなと考えています。

2017年4月 4日 (火)

今週末の出走へ向けて、良い状態をキープしています。☆ロードプレステージ

Photo_3 ロードプレステージ(牡・杉山)父ネオユニヴァース 母タッチアス

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。引き続き心身のリラックスに重点を置いており、もう少しの間は同様のパターンで調整を行ないます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、4月8日(土)阪神・4歳上1000万下・ダ1800mにルメール騎手で予定しています。

○杉山調教師 「前走後も大きなダメージは無し。馬体重も維持できており、中間も順調と言えそうです。コンスタントに使っていて身体はデキた状態。もう強い稽古は要らないと思います。3月29日(水)も普通キャンターまで。あとは微調整でOKでしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

8日の阪神戦への出走を予定しているロードプレステージ。中2週の出走+コンスタントに使われてきていることから、追い切りは直前の1本だけになりそう。大きな上積みはないでしょうが、力はしっかり発揮できる状態でもあります。

ただ、次走は1000万下での第1戦。前走はスパッと勝ってくれましたが、元々は500万下で小銭を稼いでくれていた馬。クラスのペース・力関係に慣れる必要がありそう。ルメールJに騎乗依頼してくれているのは嬉しいですが、現実はそう甘くないでしょう。

2017年3月24日 (金)

相手に恵まれた感はあるも、川田Jの完璧なレース運びで最後の直線でアッサリ抜け出す。待望の2勝目。☆ロードプレステージ

Photo_3 ロードプレステージ(牡・杉山)父ネオユニヴァース 母タッチアス

3月19日(日)阪神8R・4歳上500万下・ダ1800mに川田Jで出走。10頭立て1番人気で2枠2番から平均ペースの道中を7、7、5、4番手と進み、直線では内を通って0秒6差で優勝。2勝目を飾りました。馬場は良。タイム1分52秒4、上がり37秒8。馬体重は増減無しの452キロでした。

○川田騎手 「いつもより前目で運んで欲しい・・・との話を踏まえ、スタートから軽く促して行く形。ただ、口が強過ぎて1コーナーまでは難しかったですね。それでも向正面ではペースが流れて随分と楽に。余裕を持って最後の直線を迎えられたでしょう。馬なりで勝つぐらいの感じだったものの、抜け出すと急にフワッとして・・・。ステッキを振り上げると今度は逃げるような素振り。幼い部分を残すのかも知れません。言い換えれば、まだ良化の余地も。もう一段上のレベルで戦う為にも、これから気性が成長してくれれば・・・と思います」

○杉山調教師 「トップジョッキーだけに、先入観を持たずに乗って欲しいな・・・と。二の足が利かぬ点だけを伝え、引っ掛かる面に関しては触れずに送り出しました。中央場所ながら幾らか恵まれた組み合わせ。とは言え、鮮やかな勝ちっぷりですね。ロードさんにチャンスを頂き、ようやく結果を出せてホッと。可能ならば続戦で行きたいと思うものの、レース後の様子を確認してから考えるのがベターでしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

軽く促して中団のやや後ろ。序盤は行きたがるのをなだめて追走。向正面半ばで少しポジションを上げ、その位置で3~4角は脚を温存。ゆっくり構えて直線で外に持ち出し、追い出されると手応え通りに伸びて一気に突き抜けた。広いコースに替わってうまく乗られた。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、4月8日(土)阪神・4歳上1000万下・ダ1800mにルメール騎手で予定しています。

○杉山調教師 「無事に栗東トレセンへ。飼い葉も普通に食べていますね。この感じならば大丈夫そう。上手く体調をキープしつつ、中2週の間隔で次走へ向かいましょう。ただ、川田騎手は当日に中山で騎乗予定・・・との話。また新たな鞍上を迎える方針です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

相手に恵まれた感はありますが、今までの詰めの甘さは何だったんだという鮮やかな勝利。さすが川田Jという完璧なレース運びでした。

レース前はスタートして2・3番手で追走するイメージを持っていましたが、二の脚が遅く、思っていたほど前目のポジションは取れず。ただ、そこでジタバタすることなく、序盤は無理せず折り合いに専念。勝負どころでもじっくり構え、直線に賭ける競馬に。直線は少し外目に持ち出すと、一気の伸びでアッサリ先頭。最後は控える余裕もありました。

コツコツ稼いでくれていたので、勝ってクラスが上がることに少し不安もありましたが、この勝ちっぷり+走破時計なら、1000万下でもやれそうな雰囲気。まずは慣れが必要でしょうが、経験を積んでいけば。

レース後のロードプレステージですが、特に異常なし。今後は中2週のローテで再度阪神・ダ1800mに向かいます。完璧に乗ってくれた川田Jが乗れないのは残念ですが、ルメールJをすぐ確保。早い手回しに大感謝です。プレステージには今後も怪我なく、息の長い活躍を期待しています。

2017年3月19日 (日)

久々の中央場所での出走。相手も恵まれた感があり、最後の一押しが利くようなら2勝目のチャンスは大。☆ロードプレステージ

Photo_3 ロードプレステージ(牡・杉山)父ネオユニヴァース 母タッチアス

3月19日(日)阪神8R・4歳上500万下・ダ1800mに川田Jで出走します。3月15日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に58.2-41.6-26.3-12.8 馬なりに乗っています。追い切りの短評は「攻め手控も気合良」でした。発走は13時50分です。

○杉山調教師 「もう十分に仕上がっているのに加えて元々が前向きな気性。3月15日(水)は意識的にソフトな内容で終えました。今回は勝ちに行く競馬を。如何に折り合いを付けて道中を運び、先団を射程圏に入れた位置で直線を迎えられるか・・・でしょう」

≪調教時計≫
17.03.15 助手 栗東坂良1回 58.2 41.6 26.3 12.8 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1回阪神8日目 (03月19日)
8R 4歳上500万下
サラ ダ1800メートル 指定 定量 発走13:50
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 サンキュー 牡4 57 藤懸貴志
2 2 ロードプレステージ 牡5 57 川田将雅
3 3 アドマイヤロワ 牡5 57 藤岡康太
4 4 コパノアラジン 牡4 54 藤田菜七子
5 5 トウショウコマンチ 牡4 57 鮫島良太
6 6 ワンダージンテーゼ 牡5 57 森一馬
7 7 タイキオールブルー 牡5 56 岩崎翼
7 8 ウイングエンペラー 牡4 57 小林徹弥
8 9 ガウェイン 牡4 57 福永祐一
8 10 ミラクルユニバンス 牡4 56 小崎綾也

○杉山師 「ここ2戦は脚をタメて終い勝負。今回は中団あたりで折り合いをつけたいね」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

杉山厩舎へ転厩し、調整法を工夫しながらレースへ臨んでいるロードプレステージ。ただ、結果は以前と変わりなくワンパンチ足りない競馬が続きます。

今回、相性の良い中京が開催中とはいえ、ワンパンチ足りないところを騎手の腕に託す意味で阪神への出走へ。これまで阪神は1回しか走っていませんが、上がりの掛かる馬場は本来合っていると思います。また、今回は少頭数での競馬。相手の力量も、ローカル開催のメンバーとそう大差はないほど恵まれた印象です。

立ち回り次第で2勝目のチャンスは十分。川田Jの手腕に大いに期待です。ただ、この馬のキャラクターから、誰が乗っても相当な確率で詰めが甘くなる気がしてなりません。直線で良い脚を見せても、最後の坂で脚色が前の馬と同じになって…。今回は正攻法の競馬を予定しているようなので、尚更です。

まあ、スムーズに回ってくれば、大崩れは考えられません。2勝目を挙げて欲しい気持ちはありつつも、プレステージには今後もコツコツ稼いでもらいたいという思いの方が強いです。勝ち上がるなら、昇級しても期待できそうな内容を見せてもらいたいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | グランドサッシュ | ケイティーズソレル | シグナライズ | シルクドリーマー | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | パブロ | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | マンボビート | メロウハート | モンドインテロ | ラストインパクト | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロードアメイズ | ロードギブソン | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードバリスタ | ロードプレステージ | ロードプレミアム | ロードレジスタ | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ワンダフルラスター | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードグレイス | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)メジャースタイル | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ