2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「(引退)ロードフェリーチェ」の150件の投稿

2017年1月16日 (月)

ここ最近の競走成績等を踏まえ、JRAの競走馬登録を抹消することになってしまいました。★ロードフェリーチェ

Photo_3 ロードフェリーチェ(牡・杉山)父ハービンジャー 母レディチャーム

1月5日(木)京都12R・4歳上1000万下・混合・芝1200mに松若Jで出走。16頭立て10番人気で4枠8番から平均ペースの道中を16、16、16番手と進み、直線では外を通って1秒8差の15着でした。スタートで出遅れて1馬身の不利を受けました。馬場は良。タイム1分10秒0、上がり34秒4。馬体重は6キロ増加の442キロでした。レース後も特に異常は認められません。ここ最近の競走成績等を踏まえて今後について調教師と意見を交えた結果、中央競馬の登録を抹消する方針が決まりました。長い間ご支援を下さいまして誠に有り難うございました。

○杉山調教師 「枠入りをゴネて発走委員より注意を受ける形に。精神的に細やかなタイプだけに、練習を重ねて嫌気が差したのかも知れません。また、スプリンターとしては絶対的なスピードが不足している感じ。少しでもラストに脚を見せられれば違うのでしょうけど・・・。協議の末、登録を抹消する方針に。何とか良い面を引き出せたら・・・と色々な策を講じたものの、思うような成果を得られず申し訳ない気持ちです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

杉山厩舎へ転厩して2戦を終えるも、調教での試行錯誤が実らず、レースぶりが冴えなかったロードフェリーチェ。さすがに手が尽きた感じはしていたので、そろそろ厳しい勧告が下されるかなと思っていたら、やはりそういう決断・結果に。残念な気持ちはありますが、妥当な判断と言えるでしょう。

牧場時から評価が高く、新馬戦を快勝。重厚なハービンジャー産駒と違い、素軽さを感じさせたフェリーチェ。3戦目でシンザン記念に格上挑戦すると、頭差の2着に健闘。出資してきた牡馬で初めて3歳春に表舞台を歩める馬へとなってくれました。ただ、ハミ受けが敏感で、乗り難しさを抱えていたフェリーチェ。そういう面は解消されず、より制御が困難なものに。シンザン記念以降は掲示板に1度も載ることが出来ませんでした。

乗り味の良さ等から潜在能力はかなりのモノを秘めていたのは確かも、学習能力が低く…。幼少期に人との信頼関係が密に出来ていれば、また違った競走馬生活になっていたかと思いますが、仕方ありません。今後は地方競馬に移籍する模様。ダートはどうかな?と思いますが、力はある馬なので、新天地でもうひと頑張り・ふた頑張りしてもらいたいです。

2017年1月10日 (火)

痛恨の出遅れで勝負あり。切り替えて終いを生かそうとするも、目立つ脚は繰り出せずに終わる。★ロードフェリーチェ

Photo_3 ロードフェリーチェ(牡・杉山)父ハービンジャー 母レディチャーム

1月5日(木)京都12R・4歳上1000万下・混合・芝1200mに松若Jで出走。15着でした。

○松若騎手 「背中の感触は非常に良いだけに、この条件で何とかキッカケを掴めれば・・・と。ただ、追走に余裕が無かったですね。序盤から馬群に付いて回る計画ながら、促してもフワフワして進んで行かぬ状態。腹を括って終い勝負に切り替えたものの、最後も思ったほど伸びなくて・・・。結果的に1200mは不向き。申し訳ありません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

距離を縮めて、前々で粘り込みを図る競馬を計画していたロードフェリーチェでしたが、ゲートを煽ってスタート。痛恨の出遅れとなり、この時点で終わってしまいましたが、速い流れで追走に余裕がなく、集中力を欠いた走りに。松若Jは終いを生かそうと切り替えてくれたのですが、ここ数走のようにピリッとした脚は使えず仕舞い。後方のまま、なだれ込むようにゴールに辿り着いた感じでした。

昆厩舎から新規開業の杉山厩舎へ移っての2戦。勝ち星を重ねて、これから伸び行く厩舎ですが、フェリーチェという教材はかなりの難問。色々と考え、手は尽くしてくれているのですが、レースへ行って、ことごとく悪い方へ導かれてしまいます。今回の出遅れも、練習を積み重ねたことで、精神面の苦しいところを出してしまったんでしょう。

シンザン記念で僅差の2着に頑張り、3歳時は表舞台を歩んできたフェリーチェ。正直、ここまで低迷するとは思いもしませんでした。その原因はレースを積み重ねるごとに乗り難しくなっていた操縦性。この課題を打開することはもはや不可能かもしれません。そろそろ厳しいジャッジがフェリーチェに下されてしまうかも…。

2017年1月 5日 (木)

どうしても行きたがる面が解消できない為、今回は距離を短縮してテンから粘り込みを図る予定。上手く行かない可能性は高いも、経験を積んでいくしかありません。★ロードフェリーチェ

Photo_3 ロードフェリーチェ(牡・杉山)父ハービンジャー 母レディチャーム

1月5日(木)京都12R・4歳上1000万下・混合・芝1200mに松若Jで出走します。12月29日(木)重の栗東・Cウッドチップコースで5ハロン67.2-51.7-38.2-12.6 6分所を馬なりに乗っています。発走は16時20分です。

○杉山調教師 「年末に最終追い切りを課し、今週は普通キャンターの調整。計画通りに来られたでしょう。馬体に張りが出ており、動き自体もOK。具合は良さそうです。あとは距離短縮がプラスに働くか・・・。小細工せずにテンから飛ばす競馬を試みる予定」

≪調教時計≫
16.12.29 松 若 栗CW重 67.2 51.7 38.2 12.6 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1回京都1日目 (01月05日)
12R 4歳上1000万下
サラ 芝1200メートル 混合 定量 発走16:20
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 パーリオミノル 牝4 54 藤岡康太
1 2 アズマクィーン 牝5 55 C.ルメール
2 3 グランシェリー 牝6 55 浜中俊
2 4 ダイアナヘイロー 牝4 54 武豊
3 5 アドマイヤクーガー 牡9 57 北村友一
3 6 ゼットフーリ 牝4 54 川島信二
4 7 ノーブルルージュ 牝5 55 高倉稜
4 8 ロードフェリーチェ 牡5 57 松若風馬
5 9 アドマイヤゴッド 牡5 57 松山弘平
5 10 グレイトチャーター 牡5 57 M.デムーロ
6 11 リアルヴィーナス 牝6 55 幸英明
6 12 オールインワン 牡4 56 岩田康誠
7 13 タイセイララバイ 牝6 55 S.フォーリー
7 14 ウイングパラダイス 牝6 55 小林徹弥
8 15 レッドカーペット 牡4 56 池添謙一
8 16 ハピネス 牝6 55 福永祐一

○杉山師 「前走は3~4角で行きたがって、ラストが甘くなってしまった。使った分の上積みは見込めるし、距離を短縮してキッカケを掴みたい」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

杉山厩舎へ転厩して初めての実戦となった前走。昆厩舎のスパルタ調教からテンションを上げないソフトな調教に切り替えて臨みました。序盤は折り合っていたと思いますが、急に悪いスイッチが入ってしまい行きたがる素振り。ガッと持っていかれることはなかったですが、直線では大した脚は使えず。終わってみれば、これまで通りの大敗でした。

その後はグリーンウッドでのリフレッシュ放牧。2週間ほどの休養を経て、厩舎へ戻ってきました。今回はどうしても解決できない行きたがる面を考慮して、距離を1200mに短縮。レースぶりに関しても、これまでの後方待機から一転、テンから飛ばして粘り込む競馬を予定しています。帰厩後の調整は今回手綱を取る松若Jが追い切りでも騎乗。ゲート練習にも付き合ってくれています。

元々、ゲートは速かった方ですが、折り合いに専念する形を取っていたので、ゲートをソロっと出していたフェリーチェ。二の脚を利かすことをしていなかったので、この距離でホントに前へ行けるかとなると、正直経験が必要そう。それ故、今回は直線での逆噴射を恐れず、ガリガリ押してハナを取り切ってもらいたいです。競馬ぶりを一変させることでフェリーチェに良い刺激を与えることになればと思います。

2016年12月25日 (日)

シルク&ロードなお馬さん(3歳上関西馬・入厩組)

Photo_3 ラストインパクト

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:21日に坂路で15-15
・次走予定:中京1月22日・東海S(G2)・ダ1800mか川崎2月1日・川崎記念(JPN1)・ダ2100m

角居師「21日に坂路で15-15ぐらいのところを行いました。この中間は一旦ペースを緩め、プール調教を取り入れながら体調を整えています。年明けあたりから徐々にペースを上げて行こうと思っていますので、年内はしっかり乗り込んで体力をつけていきたいと思います」 」(12/22近況)

助 手 15栗坂不 56.7- 41.3- 26.9- 13.5 馬なり余力
助 手 17栗坂良 61.4- 44.0- 28.0- 13.9 馬なり余力
助 手 21栗坂良 60.8- 43.5- 28.3- 14.1 馬なり余力
助 手 22栗坂良 61.4- 44.5- 29.3- 14.9 馬なり余力

Photo_3 ソーディヴァイン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:坂路でキャンター
・次走予定:京都1月14日・ダ1400m(川田J)

西村師「フレグモーネの腫れもだいぶ治まり、獣医師から普通に乗り出して良いと許可が出ました。来週あたりから時計を出して行けば、年明けの京都開催を目標に仕上げられると思いますので、京都1月14日のダ1400mを目標に進めて行きたいと思います」(12/21近況)

助 手 21栗坂良 58.1- 42.2- 27.7- 13.9 馬なり余力

Photo_3 ロードフェリーチェ

12月22日(木)良の栗東・Cウッドチップコースで5ハロン67.8-52.0-38.0-12.4 5分所を強目に追っています。1月5日(木)京都・4歳上1000万下・混合・芝1200mに松若騎手で予定しています。

○杉山調教師 「12月22日(木)もジョッキーの手綱で。3コーナーで幾らかハミを噛んだものの、何とか我慢が利いていましたね。最後も12秒台前半。悪くない雰囲気です。あまり詰め込み過ぎると逆効果を招く可能性も。ひとまずゲート練習はOKでしょう」

≪調教時計≫
16.12.22 松 若 栗CW良 67.8 52.0 38.0 12.4 強目に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ラストインパクトは早く仕上がらないように攻めをセーブ中。年明けからピッチを上げていくようです。まずはしっかり馬体のボリュームをキープしてコツコツと鍛えていってもらえればと思います。

ソーディヴァインはフレグモーネの腫れがようやく回復。獣医師からのGOサインが出ましたし、これからレースへ向けて鍛え直していきます。早く良い軌道に乗っていって欲しいです。

フェリーチェは今週の追い切りも松若Jが跨って消化。折り合いの難しさは相変わらずですが、少しずつでも感触・癖を把握していって欲しいです。スプリント戦で何か良いキッカケを掴んでもらいたいです。

2016年12月19日 (月)

ロードなお馬さん(3歳上牡馬・入厩組)

Photo_3 ロードヴァンドール

12月14日(水)不良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン84.7-68.4-52.6-38.7-11.7 8分所を一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手の外を通って0秒2先着。短評は「シャープな脚捌き」でした。12月25日(日)阪神・カウントダウンS・混合・芝2000mに太宰騎手で予定しています。

○昆調教師 「あまり以前は坂路で動けませんでした。それが12月8日(木)は馬なりで51秒4。パワーアップしているのが数字にも表れて来たのでは・・・。パートナーが途中で付いて来れず、14日(水)は予定よりも遅いタイムに。来週ビシッと行きましょう」

≪調教時計≫
16.12.14 太 宰 栗CW不 84.7 68.4 52.6 38.7 11.7 一杯追伸る マテンロウボス(古馬オープン)一杯の外0秒2先着

Photo_3 ロードフェリーチェ

12月15日(木)重の栗東・ダートEコースでゲートから12.7-11.9-11.5-12.3-14.1 馬なりに乗っています。1月5日(木)京都・4歳上1000万下・混合・芝1200mに松若騎手で予定しています。

○杉山調教師 「練習とレースをセットで頼めるのがベター。松若騎手が乗れそうです。12月15日(木)もスタート自体は許容範囲。ただ、もう少し二の足が利けば・・・。1200m戦へ向かう予定。今朝の感じだと中団ぐらいから追走するイメージかも知れません」

≪調教時計≫
16.12.15 松 若 栗東E重 12.7 11.9 11.5 12.3 14.1 ゲートなり

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴァンドールは今週末のカウントダウンSに特別登録。状態は頗る良いと思いますが、準OPでいきなり勝ち負けできるかとなると半信半疑。まあ、恥ずかしい競馬にはならないでしょうが、決め手のある馬にやられそうな予感はしています。

フェリーチェは熱心にゲート練習中。それなりに早い時計は出ていますが、1200mでハナへ行ける程のダッシュ力ではなく。練習を重ねれば良化の余地はあるでしょうが、短距離での逃げ粘りはちょっと難しいかもしれません。

2016年12月10日 (土)

7日に栗東・杉山厩舎へ戻っています。☆ロードフェリーチェ

Photo_3 ロードフェリーチェ(牡・杉山)父ハービンジャー 母レディチャーム

12月7日(水)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

〇杉山調教師 「12月7日(水)に再び厩舎へ戻しています。レースで上手く我慢が利かぬ現状。次は距離を縮めてテンから飛ばし、粘り込むような形を試みましょう。ただ、その為にはスタートを改善しないと・・・。まずはゲート練習から取り掛かる予定です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

転厩緒戦の前走でも大敗してしまったロードフェリーチェですが、グリーンウッドでのリフレッシュを終え、7日に栗東・杉山厩舎へ戻っています。

これまではゲートをソロっと出て、折り合いに専念。終いの脚に賭ける競馬をしてきたフェリーチェ。ただ、どうしても行きたがる気性、追ってからの伸びが案外、時計が掛からないとダメなど色々注文が付きました。そこで次走から距離を短縮して逃げ粘る手へ。これが上手に行くとは思えませんが、今の停滞ぶりからはチャレンジするしかありません。また、芝だけでなくダートにも矛先を向けることも検討してもらえればと思います。

2016年12月 2日 (金)

ロードなお馬さん(牡馬・牧場組)

Photo_3 ロードメテオール

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m。

○当地スタッフ 「順当に復調を遂げている印象。獣医師の定期チェックで特別な指摘は受けていませんよ。日々の具合を慎重に見極めてペースアップを図りたいところ。久保田調教師のアドバイスを参考に、運動制限を掛けていた間に緩んだ馬体を引き締めましょう」

Photo_3 ロードフェリーチェ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター3000m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「来た当初と比べて馬体重は約20キロプラスに。順調にボリュームアップが叶っている印象です。一方、背腰とトモに幾らか疲れが感じられる状態。ショックウェーブで回復を促しています。短期間の滞在予定。心身のケアに重点を置きましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

メテオールは順調な回復を見せ、騎乗運動を高めることができていますが、まずはしっかり土台を築くことが大事。体調の変化に気を配りながら、今後もマイペースで進めて欲しいです。

フェリーチェは前走の疲れを取り除くことに専念。馬体の戻りが良いのは○でしょう。あとは背腰のダメージの軽減に努め、フェリーチェに少しでも落ち着きが出てくれるように努めてもらいたいです。

2016年11月27日 (日)

シルク&ロードなお馬さん(4歳牡馬・牧場組)

Photo_3 ロードフェリーチェ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「トモの腫れが引いたのも踏まえ、11月21日(月)より跨り始めるように。コレと言って大きな問題も見当たらず、このまま進めて行けるのでは・・・と思います。ちょっと頭の高い走法。初めて預かるだけに、特徴を把握しながら接しましょう」

Photo ワンダフルラスター

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター

調教主任「レースを使ってこちらに戻ってきたわけではないので、体のラインは崩れていませんから、すぐに調教をスタートしています。馬体の張りや毛艶も問題ありませんし、緩めることなくこのまま乗り込んでいきたいと思います。気が良いのですぐに仕上がるタイプですから、具体的な番組が決まり次第、ペースアップしていく予定です。馬体重は530キロです」(11/25近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

長期間の低迷が続く4歳牡馬・2頭の近況をまとめて。

ロードフェリーチェはレース後に傷腫れが出来てしまいましたが、こちらは時間の経過と共に解消。それに伴い、軽めの騎乗運動を始めています。非常に乗り難しいので調整は苦労することでしょうが、根気よく付き合ってもらえればと思います。

2週連続除外によって、NFしがらきへ再放牧に出たワンダフルラスター。疲れ自体は大丈夫そうですが、今しばらくはリラックス調整に努めてもらえればと思います。

2016年11月16日 (水)

テンションを上げない調整でレースへ臨むも、急に悪いスイッチが入り、道中で引っ掛かってしまう。結果的にこれまでの凡走を繰り返すことに…。★ロードフェリーチェ

Photo_3 ロードフェリーチェ(牡・杉山)父ハービンジャー 母レディチャーム

11月12日(土)京都9R・三年坂特別・混合・芝1600mに池添Jで出走。14頭立て12番人気で8枠14番から平均ペースの道中を13、7、5番手と進み、直線では外を通って1秒9差の13着でした。スタートで出遅れて1馬身の不利を受けました。馬場は良。タイム1分35秒4、上がり36秒6。馬体重は10キロ減少の436キロでした。

○池添騎手 「ゲートを出ずに後方から。前半は思うように進んで行かぬぐらいでした。しかしながら、途中から頭を上げて一気に・・・。あれだけ序盤で脚を使ってしまうと、さすがに最後は余力を失くすでしょう。非常に難しいタイプ。馬具の効果や適性に関しても、何とも判断できませんね」

○山本調教助手 「リラックスして走れていたと思っても、急にスイッチが入って制御が利かぬように。普段からオンとオフの差が大きくて・・・。まだ手探りなのは確かながら、これまでと似た感じのレースぶり。申し訳ありません。本日、先生は他場へ。厩舎へ戻ってから新たな対応策を検討します」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後に全体的な疲労感が認められます。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。今後は11月18日(金)に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動して1、2ヶ月後のレース出走へ向けて心身のリフレッシュを図ります。

○杉山調教師 「キッカケを掴めれば・・・と取り組んだものの、今回は思うような成果を得られませんでした。どうも疲れた素振り。環境や調整法が変わってストレスを感じていたのかも・・・。後肢に傷腫れが生じているのに加え、ちょっと次走までには間隔も必要。2週間ほど近郊牧場へ移しましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

転厩緒戦で手探りの中、テンションを上げないソフトな仕上げ、馬具を工夫するなど考えてレースへ臨んでくれたのですが、レース振りは相変わらず。ガツンと掛かる面は少し薄らいだかなと思っていたのですが、後方から進めるなら、ポツンと行かないとダメな様子。ただ、後方から進めても、切れる脚を使える馬でもないので。

ハミに敏感なところを矯正できれば良いのですが、乗り難しさは相当なレベル。シャドーロール・メンコ・ホライゾンネットという重装備でも引っ掛かるのですから…。4歳の今になってはどうしようもないというのが本当のところでしょう。逃げてみるのも一考だと思うのですが、二の脚が遅いのがネック。以前、昆調教師が提案したように距離を縮めていくしか手はないのかなと。その時は芝1400mまでしか使っていませんが、芝1200m又はダ1200mへ使ってみるしかないかも。ただ、良い結果が得られる可能性は相当低いでしょう。

レース後のフェリーチェですが、思いのほか疲れている様子。また、トモに外傷を負っているみたいです。優先権を逃がしているので、相応の間隔を空けないとレースには使えません。予定では19日に近郊のグリーンウッドへ放牧に出ることになりました。

悩ましい日々がこれからも続くでしょうが、良い方へ転じることができそうなキッカケを普段の調教から見い出してもらいたいです。

2016年11月12日 (土)

転厩緒戦。色々と工夫をしてレースへ臨むも、そう簡単には変わってこない感じで…。★ロードフェリーチェ

Photo_3 ロードフェリーチェ(牡・杉山)父ハービンジャー 母レディチャーム

11月12日(土)京都9R・三年坂特別・混合・芝1600mに池添Jで出走します。11月9日(水)稍重の栗東・Cウッドチップコースで4ハロン55.4-40.5-12.4 5分所を直線強目に追っています。追い切りの短評は「馬体良化」でした。発走は14時35分です。

○杉山調教師 「イメージよりは折り合いが付いた・・・と言うのが11月9日(水)に跨った池添騎手の感想でした。ホライゾネットの効果が見込めそう。実戦でも試してみましょう。無理に抑え込むと余計にハミを噛む印象。気分良く走らせてみたいと思います」

≪調教時計≫
16.11.09 池 添 栗CW稍 55.4 40.5 12.4 直強目余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

5回京都3日目(11月12日)
9R 三年坂特別
サラ 芝1600メートル 指定 混合 定量 発走14:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ドゥーカ 牡3 56 A.シュタルケ
2 2 ケンホファヴァルト 牡3 56 M.バルザローナ
3 3 ウインクルサルーテ 牝3 54 武豊
3 4 マサハヤドリーム 牡4 57 川田将雅
4 5 ヒルノマゼラン 牡3 56 古川吉洋
4 6 ジョーウォルター 牡5 57 荻野極
5 7 サイモンラムセス 牡6 57 岩田康誠
5 8 クリスタルタイソン せ3 56 藤岡康太
6 9 レーヴデトワール 牝5 55 福永祐一
6 10 ビップライブリー 牡3 56 浜中俊
7 11 サバンナロード 牡3 56 C.ルメール
7 12 シゲルノコギリザメ 牡3 56 A.アッゼニ
8 13 ハッチャンハッピー 牝3 54 川島信二
8 14 ロードフェリーチェ 牡4 57 池添謙一

○杉山師 「転厩緒戦で手探りだけど、テンションを上げないように調整してきました。力はある馬なので、レースで折り合いがつけば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シンザン記念2着が遠い昔の栄光となってしまったロードフェリーチェ。久々の1戦となった前走はゲートで立ち遅れるも、課題の折り合いに関してはまずまず付いていたように見えました。ただ、いざ直線で追われると、その伸びは案外なもの。ジリジリとは脚を使っているも、2・3頭ほど交わすのがやっという競馬でした。

その後は、再度放牧に出してレース間隔を稼ぐことに。また、冴えない現状から中央場所での出走を避け、ローカル場所へ狙いを定めることとなりました。調整自体は順調に行われてきましたが、心機一転を図る名目で昆厩舎から新規開業した杉山厩舎へ転厩となっています。

栗東へ戻ってからのフェリーチェの追い切りはこれまでと違いソフトな内容。気持ちが昂ぶりやすい性格を考慮して進められています。動き・時計自体は悪くありません。また、今回はホライゾンネットを着用してレースへ臨む模様。他馬の存在を感じると、力んだりと無駄な反応をするので、効果はあるかもしれません。

これまで折り合いが難しいということで、ゲートをソロっと出して来ましたが、気分良く走らせようとすれば、ゲートを意識的に出してハナへ行くくらいの方が良いのかもと個人的には思っています。

まあ、今回は転厩緒戦。新しい厩舎へ入ってからそう日も経っていません。まずは1度競馬での走りを見ないと分からないことばかりでしょう。ちょっとしたことでもいいので、次走以降に繋がるものを見せてくれれば嬉しいのですが…。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アドマイヤテンバの18 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エスメラルディーナの18 エルスネル オーサムゲイル カリスペルの18 クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サダムグランジュテの18 サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ シンプリーディヴァインの18 シーイズトウショウの18 シーズインクルーデッドの18 ジーナアイリス スリールドランジュの18 ダイアトニック ディランズソング デイトユアドリームの18 トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピクシーホロウの18 ピボットポイント フィロンルージュの18 ブライトクォーツ ブロンシェダームの18 ブロードアリュール プチノワールの18 ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マチカネタマカズラの18 ミスビアンカ メジロトンキニーズの18 モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)マカリカ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ