出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「モンドインテロ」の248件の投稿

2018年12月 6日 (木)

アルバートの出走取消で低調なメンバー構成となるも、内々でロスなく立ち回り、最後は2着馬に際どく迫る頑張りを見せる。この走りが良い刺激となって次走以降に繋がって欲しい。☆モンドインテロ

Photo_3 モンドインテロ(牡・手塚)父ディープインパクト 母シルクユニバーサル

土曜中山11R ステイヤーズS(G2・芝3600m)3着(4番人気) W.ビュイックJ

スタートを決めて好位の3番手でレースを進めます。道中はそのままの位置で進み、2周目の3コーナー手前から鞍上の手が盛んに動くと、ジリジリと脚を伸ばして3着馬とタイム差無しの3着に健闘しています。

W.ビュイック騎手「スタートが決まってくれて、理想的なポジションを取ることが出来ました。道中もゆったりと流れて、2周目の途中でペースが上がるところまではリラックスして上手く脚を溜めることが出来ましたね。ただ、3コーナーに向くところでややズブい面が見られて、トップスピードに乗るまで時間が掛かってしまいました。その分、最後は2着に上がれなかったと思うのですが、それでもこの馬の持っている力を余すこと無く発揮させられて、良い競馬が出来たと思います。また、レース後の息遣いなどは問題なかったのですが、馬体を見ると力を出しきった感じを受けましたし、距離はギリギリだと思います。直線も伸びているので、3600mをこなせないことは無さそうですが、ベストな距離では無いでしょうね。とにかく今日はスタートを決めて好位を取ったところに1番の収穫がありますから、これが次に繋がってくれれば良いですね」

手塚調教師「スタートしてスッと良い位置につけてくれましたし、道中は良い感じで運べていましたね。2周目の3コーナーでなかなかエンジンが掛からず、結構ジョッキーの手が動いていたので少し心配しましたが、直線はよく脚を使って頑張ってくれました。距離は少し長いのでしょうが、こなせないわけではないですし、こういった条件を使っていった方が良いのでしょうね。まずはトレセンに戻ってからの状態を見て、どうするか検討したいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

チークピーシズ。気合乗り上々。先団インをガッチリとキープ。勝負どころでのペースアップに合わせてスパート。最後は2着馬に際どく迫る。あと1歩及ばなかったが、一昨年好走のレースで復調を告げる走り。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/6日に福島県・NF天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

手塚師「レース後こちらで確認させてもらいましたが、体全体に疲れが見えますね。肉体面をいったん回復させた方が良いと思いますから、6日にノーザンファーム天栄へ放牧させていただく予定です。まだまだ重賞でも良いところを見せてくれていますし、何とか1つタイトルを獲らせてあげたいところです」(12/5近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース当日の朝、このレースでは絶対的存在のアルバートが右前肢ハ行の為、出走取消。モンドインテロには完敗続きで目の上のたんこぶという存在だったので、ちょっと色気を持って臨んだレースとなりました。肝心のデキもここ数走よりは確実に良くなっている感じでもあったので。

レースではまずまずのスタート切って、3枠生かして内をガッチリとキープ。折り合いに関しては全く問題のない馬ですし、完璧な位置取りだったと思います。ただ、2週目の3角でペースアップした時にスッと反応できず。まあ、この辺りは年齢とキャリアを重ねて、ズブい面が出てきていただけに致し方ない面も。早目にスッと外へ出せていれば違ったかもしれませんが、勝ったリッジマンに上手に蓋をされてしまいました。

それでも最後の直線はパタッと止まることなく、ジワジワ加速。最後の急坂で2着のアドマイヤエイカンにググッと肉薄したところがゴールでした。

アルバートが回避してOP特別ぐらいのレースレベルでほぼ完璧に乗っての3着。物足りなさはありますが、低迷続きの中で結果が出たのは良かったですし、集中力を切らすことなく、詰め寄っての敗戦というのも評価できるでしょう。

レース後のモンドインテロですが、体全体に疲れが見られるとのことですが、幾分長い距離で久々に全力を出し切っただけにこれは仕方ないところ。本日6日にNF天栄へ放牧に出ることになっています。まずはしっかり回復を促し、次走への英気を養ってもらえればと思います。そして今回、一生懸命走ったことが良い刺激となって次走以降に繋がることを願っています。年が明けると7歳になりますが、まだまだ息の長い頑張り・活躍を願っています。

2018年12月 1日 (土)

6歳になって低迷が続くも、今回はしっかり負荷を掛けることが出来、攻めで動かないこの馬とすれば上々の内容。距離は幾分長いも、デキの良さを生かして上位に食い込んで欲しい。☆モンドインテロ

Photo_3 モンドインテロ(牡・手塚)父ディープインパクト 母シルクユニバーサル

土曜中山11R ステイヤーズS(G2・芝3600m)3枠3番 W.ビュイックJ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:28日に南Wコースで時計

手塚師「28日に南Wコースで追い切りを行いました。濃霧の影響でスタンドから動きは確認できませんでしたが、内容的にはモンドインテロが追走していき、直線で内に入れて追い出し同入する形でゴールしています。出来れば先着したかったところですが、併せた相手も準オープンクラスで力のある馬ですし、先週までしっかりと負荷を掛けた追い切りを消化できており、状態は良いと思います。距離は少し長いかもしれませんが、ステイヤーズステークスは一昨年に3着にきていますし、好走を期待しています」

武藤騎手「28日の追い切りに乗せていただきました。ペース的には70-40くらいで、道中はパートナーの3,4馬身後ろを追走していき、直線でしっかり追うように指示を受けていました。先着は出来なかったものの、こちらのゴーサインにはしっかりと反応できていましたし、動きも良かったですね。息遣いも良好で、良い状態でレースに向かえそうな印象を受けました」 (11/29近況)

助 手 25南W良 54.2- 39.4- 13.2 馬なり余力
武 藤 28南W良 キリ キリ不明 オーヴァーライト(古1600万)と併走
助 手 30美坂良 61.2- 45.0- 29.4- 14.4 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回中山1日目(12月01日)
11R ステイヤーズS(G2)
サラ 芝3600メートル 3歳上OP 特指 国際 別定 発走15:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 アルバート 牡7 57 J.モレイラ
2 2 ヴォージュ 牡5 56 丸山元気
3 3 モンドインテロ 牡6 56 W.ビュイック
3 4 コウキチョウサン 牡5 56 北村宏司
4 5 トウシンモンステラ 牡8 56 三浦皇成
4 6 カレンラストショー 牡6 56 内田博幸
5 7 ララエクラテール 牡6 56 戸崎圭太
5 8 マサハヤダイヤ 牡5 56 大野拓弥
6 9 ネイチャーレット 牡5 56 野中悠太郎
6 10 マイネルミラノ 牡8 56 柴田大知
7 11 リッジマン 牡5 56 蛯名正義
7 12 アドマイヤエイカン 牡5 56 田辺裕信
8 13 メドウラーク 牡7 56 丸田恭介
8 14 アルター せ6 56 石川裕紀人

○手塚師 「今年はダートを試したり、いろいろやってみたが、結果が出なかった。前走は少し大事に乗っていたからね。放牧明けでも乗り込みを増やして仕上がりはいいし、乗り方ひとつでもっとやれるよ」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【ステイヤーズS】モンドインテロ、状態上向き元気(スポニチより)

今週の土曜中山メインはスポニチ賞ステイヤーズS。2年前に3着と好走したモンドインテロが鞍上に名手・ビュイックを配して挑む。藤井助手は「いまひとつだったここ2戦よりは元気があって状態がいい」と明るい。さらに「1週前に乗ったビュイックがいい印象を持ってくれていた。立ち回り次第でいいところがあるんじゃないか」と期待していた。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

6歳になった今年は目先を替える意味でダートへ挑戦するなど低迷している現状打破に努めるも、掲示板に載ることが出来たのは札幌日経OP(5着)のみ。年齢・キャリアを重ねて、ズブい面が出てきていますし、末脚のキレは良い頃と比べると薄れてしまった感じ。

ただ、京都大賞典9着からNF天栄で立て直された今回は追い切りでビシッと負荷を掛けることが出来ていますし、それほど攻めで動く馬ではないモンドインテロですが先着するなど上々の動き。立て直しが上手に行ったのか雰囲気・気配が良くなっています。これが結果に結びつくと断言は出来ませんが、ちょっと期待したくなります。

相手関係に目をやると、これまで先着できていないアルバートが非常に厄介な存在(出走取消)ですが、それ以外のメンバーは札幌日経OPと良く似た感じ。これまでの実績は胸を張れます。この距離は幾分長いですが、1昨年3着とそれなりの結果は出ています。道中、脚を温存して進め、上手に捌くことが出来れば、上位進出の可能性は十分ある筈。今回はW.ビュイックJとの初コンビとなりますが、1度追い切りに乗ってもらっているのは心強いです。

低迷が長らく続いていますが、何とかここで一矢報いて欲しいです。

2018年11月25日 (日)

シルクなお馬さん(関東馬・入厩組)

Photo_3 モンドインテロ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:22日に南Wコースで時計
・次走予定:12月1日の中山・ステイヤーズS(G2)・W.ビュイックJ

手塚師「22日に南Wコースでビュイック騎手に手伝っていただき、併せて追い切りを行いました。先週と同様にジョッキーに乗ってもらっているからか、タイムも悪くないですし、フットワークもなかなか良かったですね。前回時よりもしっかり負荷を掛けて馬体を作ることが出来ていますので、1週前としては上出来ではないでしょうか。年齢的なこともありますし、大きな上積みがあるわけではありませんが、ここまでは予定通りの調教メニューを消化して良い状態で進めることが出来ています」

W.ビュイック騎手「22日の調教に乗せていただきました。手塚調教師は年齢的な部分を気にしていましたが、走りはまだまだ若くて良いフットワークをしています。乗った感触としては、距離は長いところ方が良さそうな感じがしましたし、スタミナも有りそうでした。一昨年に同じレースで3着に来ているくらい実績はありますので、その時よりも更に良い結果が出せるように頑張ります」(11/22近況)

助 手 18美坂良 56.2- 41.4- 27.3- 13.1 馬なり余力
ビュイ 22南W稍 56.1- 41.0- 12.4 強目に追う ムスコローソ(古1000万)馬なりの内0.4秒追走同入

Photo アンブロジオ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:21日に南Wコースで時計
・次走予定:12月2日の中山・市川S(W.ビュイックJ)

菊沢師「21日に南Wコースで単走で追い切りを行いました。終いは14秒くらいまで脚を伸ばしましたが、とても良い動きで好感触でしたよ。最近は落ち着きが有って、心身共に大人になってきた様子が窺えますし、馬体重以上に見た目はしっかりしてきました。週末坂路で軽く乗って、その状態次第で来週はしっかりと負荷をかける予定ですので、万全の態勢でレースに臨めればと思います」(11/22近況)

調教師 21南W良 55.6- 41.1- 14.0 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の競馬をW.ビュイックJとのコンビで予定しているモンドインテロとアンブロジオ。

土曜メインのステイヤーズSへ出走するモンドインテロですが、1週前追い切りにあたる22日はW.ビュイックJが跨って併せ馬を消化。先週は長目6ハロンから意欲的に追われましたが、22日は4ハロンからの上がり重点。何とか併入に持ち込んだ形ですが、ラスト1ハロンの時計は上々。低迷が続いていますが、この2週は良い感じに動けているので、マラソンレースで何とか掲示板入りを目指して欲しいです。

アンブロジオの1週前追い切りは菊沢師自らWコースでサラッと。雰囲気は良さそうなので、来週のひと追いでピリッとさせれば十分という判断です。ただ、中山のマイル戦はニュージーランドTで最下位に敗れている過去があるので、不得手な右回りをどう対処できるか注目です。右回りでもソツなく走れるようになれば、レース選択の幅が広がりますから。

2018年11月19日 (月)

シルクなお馬さん(入厩組・関東馬)

Photo_3 モンドインテロ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:14日に南Wコースで時計
・次走予定:12月1日の中山・ステイヤーズS(G2)・W.ビュイックJ

手塚師「14日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はモンドインテロが追走していき、直線は内に入れて脚を伸ばして、最後は2馬身ほど先着しています。相手は500万クラスの馬とは言え、直線を向いてすぐ取り付いて終いまでしっかりと脚を伸ばせていることから、調子は上向いているのではないかと思います。年齢的にも大幅な上積みは見込めないでしょうが、今週しっかり負荷を掛けたことでさらに気持ちがピリッとしてきて欲しいですね。前走時よりも馬に活気はありますし、ここまで順調に進めることが出来ていますから、再来週のレースまでこの状態をキープしていきたいと思っています。鞍上はビュイック騎手に依頼しています」(11/15近況)

助 手 11美坂良 57.3- 40.9- 26.8- 13.6 馬なり余力
嶋 田 14南W良 82.5- 66.6- 52.7- 39.1- 13.2 一杯に追う アイスコールド(古500万)一杯の内0.9秒追走0.4秒先着

Photo ウォリアーズクロス

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:14日に南Wコースで時計
・次走予定:11月24日の東京・銀嶺S(北村宏J)

国枝師「14日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はウォリアーズクロスが先行し、直線で外に併せて脚を伸ばしましたが、最後は1馬身ほど遅れてしまいました。遅れたと言っても相手がオープン馬で、しかも調教で動くプロディガルサンでしたから、特に心配はいらないでしょう。この馬なりにしっかりと最後まで動けていましたし、状態面も良い意味で平行線できていますから、この調子で来週のレースに向けて態勢を整えていきたいと思います」(11/15近況)

助 手 11南W稍 57.5- 43.0- 14.0 馬なり余力
助 手 14南W良 68.4- 53.7- 39.8- 13.5 一杯に追う プロディガルサン(古オープン)馬なりの外1.2秒先行0.2秒遅れ

Photo スイートウィスパー

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:14日に芝コースで時計
・次走予定:11月25日の東京・芝1800m

萩原師「14日に芝コースで併せて追い切りを行いました。道中はスイートウィスパーが追走し、直線で馬体を並べる予定だったのですが、最後は遅れてしまいました。これまでの調教の動きからすると、もっと動けるかと思っていたので、追い付けなかったことには正直物足りなさが残りますね。少し右トモが流れるようなところがあるので、その点が影響してしまった部分が少なからずあったと思いますし、今後も疲れが出ないようによくケアしながら進めていかないといけないと思っています。ただ大きな問題はなく調整できていますから、今のところ来週の東京・芝1800mでデビュー出来るように進めていきたいと思っています」(11/15近況)

助 手 14南芝良 67.3- 51.7- 37.5- 11.7 一杯に追う キアレッツァ(二未勝)強目の内0.2秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

モンドインテロは美浦とすれば珍しい長目からビシッと。上がりは掛かっていますが、タフな馬場を考えると上々の部類。年齢的にズブさが出てきているので、これでピリッとしてきてくれれば。

ウォリアーズクロスも今週末の出走へ向けて14日の追い切りは及第点。先行して遅れていますが、ビシッと負荷を掛けることが出来たのは○。このひと追いでグッと変わってくるでしょうから、最終追いは仕上がり具合に応じて強弱をつけてもらえればと思います。

14日の追い切りで芝に入れられたスイートウィスパー。ビシッとやれたのは○も、時計がやや地味な印象。芝の切れ味勝負だと苦しいのかな? 血統的にダートの適性はそれなりに秘めているとは思います。まあ、このひと追いでどう変わってくるかでしょう。

2018年11月10日 (土)

6日に美浦へ。早速次走へ向けて追い切りを開始しています。☆モンドインテロ

Photo_3 モンドインテロ(牡・手塚)父ディープインパクト 母シルクユニバーサル

・在厩場所:6日に美浦トレセンへ帰厩
・調教内容:8日に南Wコースで時計
・次走予定:12月1日の中山・ステイヤーズS(G2)

手塚師「6日にこちらへ帰厩させていただき、翌日に軽めに跨りましたが特に問題はなさそうだったので、8日に南Wコースでサッと時計を出しています。帰厩後初時計ですので、単走で5ハロンから70-40程度と強いものではありませんが、悪くない走りだったと思いますよ。これから時計を詰めてみてどうかですが、帰ってきた時の雰囲気を見ると前走時より具合は良さそうですから、ステイヤーズSに向けてしっかりと状態を整えていきたいですね」(11/8近況)

嶋 田 8南W良 69.0- 53.7- 39.6- 13.6 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来月1日の中山・ステイヤーズSを予定しているモンドインテロは直前のトラブルなく、6日に美浦へ。そして早速8日には70-40のペースでサラッと追い切りを消化できているように良い雰囲気です。

近走内容・年齢から多くは望めませんが、レースへの備えはしっかり行って、少しでも上位を目指してもらいたいです。

2018年11月 7日 (水)

シルクなお馬さん(3歳上牡馬・NF天栄組&地方組)

Photo_3 モンドインテロ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:12月1日の中山・ステイヤーズS(G2)
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいます。年齢的なものもあり、それほど大きな変わり身は見られませんが、この馬なりに順調にきています。来週帰厩する予定だと聞いていますので、このまま態勢を整えていければと思います。馬体重は505キロです」(11/2近況)

Photo_3 グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいますが、特に疲れが出ることなく順調に進められています。まだ具体的な予定は立っていませんが、このまま乗り進めて次走に向けてのベースを整えていければと思います。馬体重は476キロです」(11/2近況)

Photo アンブロジオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・12月2日の中山・市川S
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今坂路入り後も特に問題は見られなかったので、今週からハロン14秒まで脚を伸ばしています。動きには活気がありますし、体調面も良好なことから菊沢調教師と相談したところ、中山1週目の市川Sを目標とすることになりました。ここ最近は落ち着きが見られたのが、今回は少し気持ちが入り過ぎている感じがするので、その点は気を付けて調整していきたいと思います。馬体重は457キロです」(11/2近況)

Photo ロイヤルアフェア

・在厩場所:水沢競馬場
・調教内容:馬場馬場でキャンター

板垣師「その後も馬場でのキャンターを中心に調整していますが、こちらの環境にも徐々に慣れてきており、段々と精神的に落ち着いてきていますね。1日には単走で少し速めのところを行ってみましたが、まずまずの動きを見せてくれましたよ。今のところ10日からの水沢開催、もしくは翌週17日からの水沢開催での出走を検討しています」(11/2近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

モンドインテロは来月1日の中山・ステイヤーズS出走へ向け、近々帰厩へ。年齢から来る衰えは感じる現状ですが、この馬なりに順調に来ています。レースでは少しでも上の順位を目指してもらいたいです。

グランドサッシュは年内にもう1戦することになると思いますが、具体的なレース・時期は未確定。ひとまずコツコツ乗り込みながら、状態を上げていってもらえればと思います。

アンブロジオは前走で準OP・初連対。クラス突破が見えてきましたが、次走は久々の右回りの1戦。正直、危うさを抱えているので、次走は変に頑張らず、その先のレースへ悪影響を及ぼさないように努めてもらえればと思います。

ロイヤルアフェアは少しじつ岩手の環境に慣れ、落ち着きを取り戻している様子。レースまでそう遠くないので、ひと追い毎に態勢を整えてもらえればと思います。幸先の良いスタート切って、年内にJRA復帰の権利を掴んでもらわないと。

2018年10月30日 (火)

シルクなお馬さん(5歳上関東牡馬・NF天栄組)

Photo_3 モンドインテロ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:12月1日の中山・ステイヤーズS(G2)
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「背腰の疲れに関しては順調に回復してきており、現在は週3回坂路コースでの調教を行っています。ペースも週1回はハロン13秒まで上げていますが、まずまずといったところですので、乗り込みながら上向かせていければと思います。馬体重は505キロです」(10/26近況)

Photo_3 グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から登坂回数を週3回に増やしており、内2回はハロン13秒まで脚を伸ばしています。ペースを上げられているように、順調に立ち上げられています。まだ何とも言えませんが、年内での出走が視野に入れられるよう状態アップに努めていければと思います。馬体重は469キロです」(10/26近況)

Photo シルクドリーマー

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:12月1日の中山・ステイヤーズステークス(G2)
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「周回コースでの運動スタート後も大きな問題は見られなかったので、今週から坂路コースでの調教をスタートしています。坂路入り後も状態に変わりはないので、黒岩調教師と相談したところ、ステイヤーズSを目標にすることとなりました。馬体重は503キロです」(10/26近況)

⇒⇒31日(水)に美浦トレセンへ帰厩する予定です。(29日・最新情報より)

Photo ウォリアーズクロス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週からハロン13秒まで脚を伸ばし、さらに負荷を強めた調教を行っています。ペースアップ後もこの馬にしては歩様もまずまずな感じですし、11月の東京開催後半での出走を視野に進めていく予定となっています。馬体重は546キロです」(10/26近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

モンドインテロは前走の疲れはだいぶ抜け、坂路調教の負荷を高めることが出来ています。この馬なりに順調に来ていると言って良いでしょう。あとは状態をグングン上げていって欲しいです。

グランドサッシュも年内の出走へ向けて、坂路で意欲的な調整。年齢から来る衰えは感じません。オーバーワークには十分気をつけてもらいながら、モンドインテロ同様に状態を上げていってもらえればと思います。

右前と左トモを跛行するアクシデントがあったシルクドリーマーですが、その後の回復具合が急。乗り運動を再開後はハロン15秒のところまでアッサリ到達しているんですから。そして29日の最新情報で31日の帰厩予定が示されています。今度は移動まで余計なことはせず、大人しく過ごしてもらえればと思います。

ウォリアーズクロスはこのまま問題なく進めば、やはり来月24日の東京・銀嶺Sへ向かうことになりそう。準OPに上がるとちょっと厳しいかなと思いますが、東京・ダ1400mの適性は高いものがあるので、自分の競馬に持ち込んでどこまで通用するのかを見てみたいです。来年6歳になりますが、数はそれほど使っていない馬ですから、その分でも伸びシロはある筈ですから。

2018年10月24日 (水)

シルクなお馬さん(5歳上牡馬・NF天栄組)

Photo_3 モンドインテロ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター
・次走予定:12月1日の中山・ステイヤーズS(G2)

天栄担当者「先週こちらに戻ってきましたが、背腰に疲れが見られますね。年齢のせいもあるのかもしれませんが、歩様にも少し硬さがありますし、現在は無理せず周回コースで軽めの運動を行っています。手塚師にはステイヤーズSを目標にしたいと言われていますが、そこに向けて進めていけるかは今後の回復次第になるでしょう。馬体重は504キロです」(10/19近況)

Photo_3 グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで15-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「先週こちらに戻ってきており、しばらくは軽めの運動で様子を見ていましたが、大きな疲れはなさそうなので、今週から坂路コースでの乗り込みを開始しています。武市調教師からは年内にもう一走させたいと言われていますので、そこに向けて進めていければと考えています。馬体重は468キロです」(10/19近況)

Photo シルクドリーマー

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「その後詳しい検査を行いましたが、特に異常は認められませんでした。おそらく馬房の中で寝違えてしまったか何かで痛めてしまったのでしょう。まだ腫れは完全に引いてはきませんが、歩様は回復してきていますので、今週から周回コースでの乗り込みをスタートしており、今後も状態を見ながら徐々に進めていく予定です。馬体重は509キロです」(10/19近況)

Photo ウォリアーズクロス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「先週末から坂路コースでの運動をスタートしており、現在はハロン14秒まで脚を伸ばしています。歩様の硬さは相変わらずですが、それはいつもと同じくらいですし、レースでの疲労も順調に回復してきていますから、このまま乗り込んでいければと思います。馬体重は546キロです」(10/19近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

モンドインテロは背腰に相応の疲れがあり、歩様も幾らか硬め。元々、体質の強い馬ではありませんし、年齢を重ねて回復スピードが落ちてきているのは仕方ない面も。ひとまず次走を中山・ステイヤーズSに定めていますが、回復具合によっては変わる可能性もあります。

グランドサッシュは軽めの調整で状態を確かめた後、坂路コースでの乗り込みを開始。ひとまず感触を確かめている程度ですが、目立った疲れもないのでスムーズに負荷を高めていけるでしょう。暮れの中山or阪神に良い状態で向かってもらいたいです。

右前と左トモを跛行するアクシデントがあったシルクドリーマー。来年で10歳になることから、怪我の内容・程度によっては引退勧告があるかなと見ていましたが、幸い、馬房で寝違えた際、痛めてしまったのでは?という見立て。ドリーマーらしい怪我で、大事には至らずホッとしました。

ウォリアーズクロスは坂路での乗り込みを開始。早速ハロン15秒を切るところを乗っているように好調を維持できています。この様子だと来月24日の東京・銀嶺Sへの出走が現実味を帯びてくるでしょう。歩様の硬さには十分気を配りながら、状態を上げていってもらえればと思います。

2018年10月11日 (木)

勝負どころでモタモタし、ポジションを下げてしまっては強力メンバー相手では挽回が利かず。ひとまず現状の力は出しています。★モンドインテロ

Photo_3 モンドインテロ(牡・手塚)父ディープインパクト 母シルクユニバーサル

月曜京都11R 京都大賞典(G2・芝2400m)9着(9番人気) 松山J

五分にスタートを決めると中団6番手に位置を取り、向こう正面へ差し掛かります。勝負どころから置かれ気味になるとそのまま後方まで下がってしまい、最後の直線も大きく脚を伸ばすことが出来ず9着でゴールしています。

松山騎手「もう少し前目の位置でレースをしたかったのですが、そこまでスッと行くほどのスピードがなく、先にレッドジェノヴァに入られてしまった為に位置取りが後ろになってしまいました。流れが速くなったところで置かれ気味になってしまいましたが、最後はジリジリ伸びてくれましたし、もう一列前で競馬が出来ていれば、もう少しいい着順になっていたと思います。いい結果を残せず申し訳ありません」

手塚調教師「レッドジェノヴァの位置でレースが出来ていれば掲示板には来ていたかもしれませんが、先に入られてしまった為に、位置取りが悪くなり、向こう正面でも包まれる形になって動くに動けない状況になってしまったのが痛かったですね。流れが速くなったところでついて行けなくなったものの、最後はもう一度ジリジリ伸びていたので、前半の位置取りがすべてだと思います。残念な結果になってしまいましたが、次走に気持ちを切り替えて調整していきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/11日に福島県・NF天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:12月1日の中山・ステイヤーズS(G2)

手塚師「先週は申し訳ありませんでした。スタート後はいつもより進んで行っているように見えましたが、徐々にポジションを下げてしまいましたからね。早めに動きたいタイプなのに動くことが出来ずこの馬の競馬をさせてもらえませんでした。いったんNF天栄へ放牧に出してステイヤーズSを目標に調整してもらおうと思います」(10/10近況)

⇒⇒11日(木)に福島県・NF天栄へ放牧に出ています。(11日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

勝負どころでズブさを出してモタモタ。スピードに乗って最後の直線を向きたかったモンドインテロでしたが、3角過ぎから直線を向くまでは進路を確保するのに精一杯。ポジションを更に下げてしまうことになっていました。

瞬時に加速できず、切れる脚も使えない馬ですから、こうなってしまうと巻き返しが利かず。この馬なりに最後までジリジリ伸びてはくれているのですが、勝負は既に決しています。まあ、G1馬2頭を含むこの強力メンバー相手では現状これが精一杯と言わざるを得ません。

レース後からそれほど時間は経っていませんが、美浦へ戻ってきたモンドインテロは特に気になる点はなし。このまま在厩して来月4日の東京・アルゼンチン共和国杯へ向かうのかなと見ていましたが、そこはパスして12月の中山・ステイヤーズS1本に絞ることに。距離は幾分長いと思いますが、手頃な頭数に落ち着くと思うので、レース自体はしやすい筈。良い頃の勢いは薄れ、衰えを感じさせるモンドインテロですが、まずは掲示板入りを目指し、牧場で態勢をしっかり整えて戻ってきてもらいたいです。

2018年10月 8日 (月)

前走に引き続き実績のある舞台での出走。ただ、ここは相手が強力過ぎるので厳しい結果が待ってそう。内ピッタリ回ってきてもらい少しでも上位を目指して欲しい。★モンドインテロ

Photo_3 モンドインテロ(牡・手塚)父ディープインパクト 母シルクユニバーサル

月曜京都11R 京都大賞典(G2・芝2400m)1枠1番 松山J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:4日に南Wコースで時計

手塚師「4日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭縦列の2番手を走り、直線で追い出しに掛かりましたが、最後は1頭だけ遅れてしまいました。遅れはしましたが、相手がかなり動きましたし、年齢的なものを考えるとこの馬なりにまずまずの動きだったと思います。相手は揃っていますが、舞台の条件は悪くないはずですから、頑張って欲しいですね」

石川騎手「4日の追い切りに乗せていただきました。相手が動き過ぎたので遅れてしまいましたが、息遣いに問題はありませんでしたし、この馬なりにしっかりと走れていました。以前調教で乗せていただいた時よりも、角馬場での動きには軽さがありましたし、状態は良さそうだなと感じました」(10/5近況)

助 手 30南W不 71.2- 54.8- 40.4- 13.3 馬なり余力 フィエールマン(古オープン)馬なりの外同入
石川裕 4南W良 82.8- 67.3- 52.8- 39.6- 13.2 強目に追う ムスコローソ(古1000万)馬なりの内0.4秒追走0.4秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回京都3日目(10月08日)
11R 京都大賞典(G2)
サラ 芝2400メートル 3歳上OP 指定 国際 別定 発走15:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 モンドインテロ 牡6 56 松山弘平
2 2 サトノダイヤモンド 牡5 57 川田将雅
3 3 ブレスジャーニー 牡4 56 和田竜二
4 4 レッドジェノヴァ 牝4 54 池添謙一
5 5 アルバート 牡7 57 J.モレイラ
6 6 ケントオー 牡6 56 小牧太
6 7 プラチナムバレット 牡4 56 幸英明
7 8 シュヴァルグラン 牡6 58 福永祐一
7 9 スマートレイアー 牝8 55 浜中俊
8 10 サンエイゴールド 牡5 56 山本聡哉
8 11 ウインテンダネス 牡5 57 菱田裕二

○手塚師 「同一レース3連覇を狙った前走だったけど、斤量を背負っていたし、年齢を重ねてズブくなった面もあったからね。中間は放牧を挟んでここへ。斤量が軽くなって相性の良い京都で期待したいが、今回はちょっと相手が揃っているね」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

モンドインテロ「ズブさ出てる」手塚師/京都大賞典(日刊スポーツより)

モンドインテロは美浦ウッドで追い切られた。3頭併せの真ん中。いっぱいに追ったが、直線での伸びがいまひとつで内側のフィエールマン(3歳オープン)に半馬身、外側のムスコローソ(3歳1000万)に1馬身半それぞれ遅れた。時計は6ハロン82秒8-13秒2。

手塚師は「状態は悪くない。年齢を重ねた分、ズブさが出ているのでそのあたりがどうか。京都は合っていると思うので、そこを期待したい」と手応えを口にした。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

同一レース3連覇が懸かった前走のモンドインテロ。実績のある舞台で復活の狼煙を上げて欲しかったのですが、勢いに陰りを見せる現状から抜け出すことは出来ず。気持ちの強い馬ではないので、初めて背負う58キロも応えたのでしょう。ただ、9歳馬のシルクドリーマーには先着して欲しかったというのが本音です。

前走の結果次第では札幌記念へ向かうプランもありましたが、それは諦め、一旦美浦へ戻してからNF天栄でリフレッシュ。物足りない結果に終わった前走ですが、思っていた以上にレースでの疲れ・ダメージが残ってしまい、馬体の艶・張りが悪くすることに。幸い、脚元に気になるダメージは見られなかったので運動を休むことはありませんでした。

乗り込みを継続しながら状態を徐々に取り戻してきたモンドインテロは前走の結果を受け、次走にOP特別の東京・オクトーバーSを選択。急ピッチで態勢を整えてきました。

ただ、OP特別なら引き続き58キロを背負うこと+東京・芝2000mは距離不足ということから、帰厩後すぐに方向を転換。調整が順調に進んだこともあり、予定を少し早める形でG2の京都大賞典へチャレンジすることとなりました。

追い切りに関して、それなりの時計は出ていますが、動き自体は目立たず。元々攻めは目立つ馬ではありませんが、良い頃の前向きさが戻っていない感じです。前走のダメージから完全に解消できているとは言えないのでしょう。7割程度の仕上げ・状態での出走かなと思います。

そして相手関係は言わずもがな超強力。京都・芝2400mで実績を残していますが、この状態では厳しい結果が待っているとしか言えません。最内枠が当たったので、松山Jには内ピッタリを回ってきてもらい、少しでも上位を狙っていってもらいたいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | エレンボーゲン | クレッセントムーン | グランドサッシュ | サロミナの17 | サンドミエシュの17 | シェアザストーリーの17 | シグナライズ | シャトーブランシュの17 | ショウナンアオバの17 | シングルアップ | シーズインクルーデッドの17 | ジェラーニオ | ジャズキャットの17 | ジーナアイリス | スイートウィスパー | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ティアドロップスの17 | ディグニファイド | ナイトバナレット | ハリケーンフラッグの17 | パラダイスリーフ | パーフェクトジョイの17 | ピボットポイント | フォーエバーローズ | フロントライン | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | プチノワールの17 | プルーフオブラヴの17 | プレミアムギフト | ベッラレイアの17 | ペンカナプリンセスの17 | ボンディマンシュ | ポーレンの17 | マカリカ | モンドインテロ | リゾネーター | リミットブレイク | レディルージュの17 | ロードアドミラル | ロードアブソルート | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードダヴィンチ | ロードプレミアム | ロードラウレア | ロードヴァンドール | ヴィッセン | ヴィーヴルの17 | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (再ファンド・未)ロードバリスタ | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロイヤルアフェア | (地方競馬)ロードヴォラーレ | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退)アンナベルガイト | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)ケイティーズソレル | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクドリーマー | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)ゼーヴィント | (引退)デルフィーノ | (引退)ドレーク | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロジャーズクライ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードグレイス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードセレリティ | (引退)ロードゼスト | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ