出資馬一覧

カテゴリー「モンドインテロ」の194件の投稿

2017年11月13日 (月)

次走の予定が阪神・チャレンジCに変更となりました。★モンドインテロ

Photo_3 モンドインテロ(牡・手塚)父ディープインパクト 母シルクユニバーサル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:12月2日の阪神・チャレンジカップ(G3)
・調教内容:週2回坂路コースで13-13、週1回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

手塚貴師「関係者で協議を行ったところ、目標を阪神のチャレンジCに切り替えることになりました。距離は少し足りないと思いますが、ステイヤーズSの3600mが必ずしも向いているとは言い難く、強敵相手の大阪杯でも好走したように、展開さえ向けば2000mの距離にも対応できると判断しました。来週の検疫で帰厩させて頂きます。馬体重は500キロです」(11/10近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

中山・ステイヤーズSへ向けて乗り込みを続けていたモンドインテロでしたが、今回の更新で目標が阪神・チャレンジCへ変更となりました。

帰厩時期がズレ込んだことが関係あるのかなと思ったら、ステイヤーズSと同日なんですね。正直、何が決め手で番組を変更したのか…。前走の芝2200mのオールカマーでも追走に苦労していたので、釈然とはしません。まあ、牧場サイドなどの都合・意向が強いんでしょう。

まあ、決まったものは仕方ないので、強い相手に揉まれることで、今更ですが芝2000mの流れ等に慣れていってもらいたいです。

2017年11月 5日 (日)

シルクなお馬さん(母シルクユニバーサル)

Photo_3 モンドインテロ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:12月2日の中山・ステイヤーズS(G2)
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も変わりなく順調に調整を続けています。体調面はすこぶる良好で、毎日元気一杯に調教を消化しています。近々帰厩すると思いますが、このままいい状態で送り出せるように努めていきます」(11/3近況)

Photo ヴェルトゥアル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:11月25日の東京・カトレア賞
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回15-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「引き続き順調に来ており、坂路調教のペースを徐々に上げています。両前がいくらかソエ気味ですが、それほど気になるものではありません。競馬の前と比べると馬体がかなり変わってきましたよ。筋肉がついてメリハリが出てきました。近々帰厩になると思いますが、それまで状態維持に努めていきます」(11/3近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

同レースを目指しているシルクドリーマーが3日に帰厩したので、モンドインテロも来週半ばには厩舎へ戻ることになる筈。だんだん寒くなっていきますが、モンドインテロの体調はグングン上がっています。少しでもフックラした馬体で厩舎へ戻ってきてもらいたいです。

ヴェルトゥアルは両前にソエの兆候が出ているのは心配も、1度使ったことで間違いなくピリッとして良化を辿っています。半兄モンドインテロより1週間前の出走となるので、こちらもそろそろ帰厩の声が届くことでしょう。それまでは多少余裕を持たせた調整で十分かなと思います。

2017年10月30日 (月)

シルクなお馬さん(牡馬・NF天栄組)

Photo_3 モンドインテロ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:12月2日の中山・ステイヤーズS(G2)
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も特に問題なく順調で、先週と同様の調教メニューで乗り込んでいます。坂路調教の動きは良いですし、状態は上がっています。このまま帰厩まで、状態維持に努めていきます。馬体重は502キロです」(10/27近況)

Photo シルクドリーマー

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:12月2日の中山・ステイヤーズS(G2)
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も順調に乗り込みを続けています。引き続き脚元は問題ありませんし、坂路調教の動きも上向いています。このまま順調に行けば、予定のレースには十分間に合うでしょう。馬体重は506キロです」(10/27近況)

Photo ヴェルトゥアル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:11月25日の東京・カトレア賞
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も順調に乗りこまれ、今週から坂路調教のペースをハロン14秒まで上げています。競馬の前よりも動けるようになってきましたし、力を付けてきている印象を受けますね。この調子で進めていきたいと思います。馬体重は474キロです」(10/27近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

モンドインテロ・シルクドリーマーは次走ステイヤーズSを目標にしていますが、そこへ向けて順調に乗り込みを強化。モンドインテロは暑い時季よりもこれからの気候の方が合うでしょうから、調子をグングン上げていって欲しいです。ドリーマーは骨折明けも脚元に不安を感じさせないのが何より。あとは太りやすい馬なので、速い調教にプラスして運動量をしっかり確保して進めてもらえればと思います。

ヴェルトゥアルも2戦目へ向けて調整は順調。デビュー前よりも動けるようになってきたということなのでデビュー勝ちして馬が少し自信を持ってくれたのかもしれません。先々を見据えれば、次走では好位から抜け出しを図る競馬に挑戦して欲しいです。

2017年10月24日 (火)

シルクなお馬さん(5歳上牡馬・牧場組)

Photo_3 モンドインテロ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:12月2日の中山・ステイヤーズS(G2)
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も特に問題なく調整されており、一日置きに坂路で強めの調教を行い、次走に備えているところです。帰厩までもう少し時間があると思いますので、これから更に状態を上げていきたいと思います。馬体重は500キロです」

手塚師「選出されるかどうかはまだわかりませんが、選択肢を広げるために、12月10日に香港で行われる香港ヴァーズに仮登録を行いました」(10/20近況)

Photo シルクドリーマー

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:12月2日の中山・ステイヤーズS(G2)
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も特に問題なく調整を続けています。脚元の状態は落ち着いていますし、体調面も特に問題ありません。このまま予定のレースに向けて進めていきたいと思います。馬体重は503キロです」(10/20近況)

Photo グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:11月4日の東京・ノベンバーS
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「入場後の馬体チェックでは脚元含め特に変化はありませんでしたので、今週から坂路調教を開始しハロン14秒ペースで登坂しています。20日に武市先生が来場され、状態を確認していただきましたが、その際の打ち合わせで、短期で帰厩させ東京1週目のノベンバーSを目指すことになりました。馬体重は470キロです」(10/20近況)

Photo ラストインパクト

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター
・次走予定:東京11月26日・ジャパンC(G1)

厩舎長「こちらで状態を確認しましたが、背腰の疲れは特に見られませんし、レースの疲れはそこまでなさそうです。この中間から周回コースで軽めの調教を開始していますが、跨った感触は悪くないので、予定通りジャパンCに向けて進めていけると思います。馬体重は501キロです」(10/20近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

牧場で調整中のベテラン陣ですが、それぞれに年内の出走へ向けて調整を続けています。

ステイヤーズSを予定している2頭もNF天栄でコツコツ乗り込み中。既にハロン15秒を切るところを丹念に乗っているので声が掛かればすぐに厩舎へ戻れる状態にはあります。モンドインテロは昨年同様に年末の香港に仮登録をしているようです。洋芝の札幌で良いパフォーマンスを見せているので、意外と合うかもしれません。

グランドサッシュは坂路で乗り込みを開始。順調に消化できている様子。また、次走は来月4日の東京・ノベンバーSに決まったので、今週中に美浦へ戻ることになるでしょう。

ラストインパクトはレース後まもないですが、大きなダメージはなし。坂路へは入れていませんが、周回コースで脚慣らし程度の騎乗運動を開始。次走予定のジャパンCを逆算しながら、今後ピッチを上げていって欲しいです。

2017年10月15日 (日)

シルクなお馬さん(次走予定・中山ステイヤーズS)

Photo_3 モンドインテロ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:12月2日の中山・ステイヤーズS(G2)
・調教内容:週1回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も変わりなく、馬体も順調に回復しましたので、12日から坂路コースに入れて、ハロン14秒ペースの調教を開始しました。動き・状態ともに悪くないので、このまま目標のレースに向けて進めていきたいと思います。馬体重は504キロです」(10/13近況)

Photo シルクドリーマー

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:12月2日の中山・ステイヤーズS(G2)
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も先週と同様のメニューで乗り込んでいます。乗り込むにつれ、徐々に重さが解消されてきましたし、動き・状態ともに上向いています。この調子で予定のレースに向けて調整を続けていきます。馬体重は495キロです」(10/13近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

次走・中山のステイヤーズSを予定している2頭ですが、それぞれに順調に乗り込めています。

モンドインテロは現状打破の為にもっと馬体重が増えて欲しいところですが、なかなかそれは叶わず。牡馬らしくどっしり構えることが出来れば良いのでしょうが、色々と気を遣うところがあるのでしょう。

性格的に真逆なのが、シルクドリーマー。2・3歳時からベテランの佇まいで無駄なことはせず、食欲旺盛。まもなく9歳なのですが、老いてますます元気一杯。軽度の骨折とはいえ、回復が早いですから。ドリーマーは500キロを超えないようにしっかり負荷を掛けていって欲しいです。

2017年10月10日 (火)

シルクなお馬さん(3歳上・NF天栄組)

Photo ブロードアリュール

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回周回コースで5ハロンから70-40、週1回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も周回コースと坂路コースを併用して、調整を続けています。ここまで歩様も悪くなることなく安定しています。そろそろ尾関師と帰厩時期などを打ち合わせたいと思います。馬体重は503キロです」(10/6近況)

Photo_3 リゾネーター

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「その後も順調に乗り込まれています。状態も徐々に上向いてきていますが、良い頃に比べ、フットワークが小さく感じますので、まだ本調子には戻っていないようです。今後も乗り込みを続け良化を促していきます。馬体重は559キロです」(10/6近況)

Photo モンドインテロ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで軽めの調整
・次走予定:12月2日の中山・ステイヤーズステークス(G2)

天栄担当者「脚元に問題はないですし、馬体の回復も早いですが、競馬を使ったなりの疲れはあるので、現在はトレッドミルで疲労回復に努めています。回復具合は悪くないので、状態を見ながら乗り運動も開始していきたいと思います。馬体重は504キロです」(10/6近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ブロードアリュールは坂路と周回コースを上手に併用。硬さはあっても、歩様に違和感を生じるようなことはありません。そろそろ復帰戦を定め、そこから逆算した予定を組んでいってもらえればと思います。

リゾネーターは順調に乗られているも、大型馬ですし良化スピードはゆっくり。良い頃の動きと比べると、物足りないようですが、今しばらくは辛抱強く乗り進めてもらえればと思います。

モンドインテロはトレッドミルで疲労回復に努めていますが、馬体重が早くも500キロオーバーしているのは好感。疲れによる硬さが解れてくれば、スムーズに騎乗運動へと移行できるでしょう。まあ、次走まで少し間隔があるので、意識的にゆっくり進めてもらえればと思います。

2017年9月28日 (木)

縦長のSペースに翻弄され、後方追走から見せ場を作れぬまま9着惨敗。今回も重賞の壁を感じる結果に終わってしまう。★モンドインテロ

Photo_3 モンドインテロ(牡・手塚)父ディープインパクト 母シルクユニバーサル

日曜中山11R オールカマー(G2・芝2200m)9着(2番人気) 田辺J

スタート後は無理せず、道中は後方2番手を追走、4コーナーから徐々に促して行き、直線で外に進路を取って追い出しに掛かりますが、大きく前との差を詰めるには至らず、中団でゴールしています。

田辺騎手「前走の競馬もそうでしたし、後ろから脚を溜めた方がこの馬の持ち味が活きると思ったので、前半はジックリと運んでいきました。ペースが緩かったですし、出来れば途中で上がって行こうと思ったのですが、3コーナー辺りから手応えが怪しくなってきてしまったので、ロスなく内を進んで行く形に切り替えました。4コーナーでゴチャついた場面も上手く捌いて外目に出すことが出来たのですが、途中で手応えが怪しくなってしまった通り前走のようなスパッとした脚は使えませんでした。ハッキリとした原因は分かりませんが、返し馬でも左手前の走りが少しぎこちなく感じましたし、もしかしたらその辺りの影響もあったのかもしれません」

手塚調教師「このレースの上がりで、あの位置取りではさすがにどうしようもないですね。行けなかったのか行かなかったのか、ハッキリとは分からないですが、いずれにしても消化不良の競馬になってしまいました。決して状態が悪かったわけではないですし、チャンスがあると思っていただけに非常に残念ですが、今後も重賞タイトルを目指していきたいと思います。今後の方針はレース後の状態を確認してから考えたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

後方を追走。直線は外を回って伸びてきたが、流れも向かずに、差を詰めてくるのが精一杯。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/29日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:12月2日の中山・ステイヤーズS(G2)

手塚師「レース後も特に変わりはありません。田辺騎手は左手前と右手前で全然違ったと言っていましたが、こちらでは特に気になることはなかったんですけどね。まずは一旦放牧に出して、改めて次に向けて調整していきたいと思います。今のところ次走は、暮れの中山・ステイヤーズS一本で考えています」(9/27近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース前はじっくり構えて前走のような切れ味を期待したのですが、Sペースなのに縦長の展開に嵌ってしまったモンドインテロ。最後はそれなりに詰めてはいるのですが、前を行っている実績馬も止まっていないので、見せ場を作れないまま9着に敗れてしまいました。

また、今回は前走の滞在競馬から当日輸送に。やはり10キロ減ってしまいましたし、モンドインテロには珍しくイレ込み気味。前走と比較すると、状態は落ちていたのかもしれません。

まあ、言い訳できる材料はありますが、改めて重賞の壁が厚いのを感じましたし、ちょっと限界を感じる敗戦だったかも。重賞だと相手がやや手薄になってくるもっと長めの距離でないと出番がないかもしれません。個人的にはどこかのタイミングで1度ダートを使って欲しいです。

レース後のモンドインテロですが、脚元等に異常は見当たらず。左手前・右手前で走りが全然違ったという原因はハッキリしません。今後は29日にNF天栄へ移動予定。アルゼンチン共和国杯をパスして、暮れのステイヤーズSへ向かうことになりました。

まずは今回のレースでのダメージ・疲れを拭い去り、馬体重を意識的に増やしてから調教へ移行して欲しいです。その為には食欲を旺盛にするような工夫を今一度考えてもらいたいです。

2017年9月24日 (日)

重賞の壁は厚いですが、快勝した前走のように追い出しを我慢しての直線勝負へ。最後の直線で目立つ脚を繰り出して欲しい。☆モンドインテロ

Photo_3 モンドインテロ(牡・手塚)父ディープインパクト 母シルクユニバーサル

日曜中山11R オールカマー(G2・芝2200m)7枠14番 田辺J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで6日に時計

手塚師「21日に田辺騎手が騎乗し追い切りを行い、併走馬を追走から内に併せる形で行いました。先導した馬が思ったよりも動いたので、遅れる形にはなりましたが、いい追い切りができたと思います。馬体重は前走時と同じぐらいを維持しています。ただ中山までの輸送でも10キロぐらい減ることがあるので、480キロ台で出走できれば許容範囲だと思います。あまり馬場状態が悪くなると良くないですが、ある程度クッションの利いた芝は向いていると思います。前走から見るとメンバーは上がりますが、これまで戦ってきた相手を考えると、ここでも引けを取らないと思っています」

田辺騎手「21日の追い切りに騎乗しましたが、追って弾けるという感じはなく、思っていたよりもジリジリでした。でも操作性はいいですし、乗りやすかったです。ルメール騎手に聞いたところ、ギリギリまで溜める方がいいということなので、慌てないようにじっくり乗りたいと思います」(9/21近況)

助 手 17南W重 56.1- 41.6- 13.1 馬なり余力 スターフィールド(二500万)馬なりの外同入
田 辺 21南W良 68.3- 52.8- 38.9- 12.8 馬なり余力 コンピレーション(古500万)馬なりの内を1.3秒追走0.2秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回中山7日目(09月24日)
11R オールカマー(G2)
サラ 芝2200メートル 3歳上OP 指定 国際 別定 発走15:45
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 パリカラノテガミ 牡6 56 田中勝春
1 2 アルバート 牡6 57 石橋脩
2 3 ショウナンバッハ 牡6 56 柴田善臣
2 4 ブラックバゴ 牡5 56 内田博幸
3 5 グランアルマダ 牡5 56 津村明秀
3 6 ルージュバック 牝5 55 北村宏司
4 7 ディサイファ 牡8 56 柴山雄一
4 8 ステファノス 牡6 56 戸崎圭太
5 9 タンタアレグリア 牡5 57 蛯名正義
5 10 マイネルミラノ 牡7 56 柴田大知
6 11 マイネルサージュ 牡5 56 松岡正海
6 12 デニムアンドルビー 牝7 54 吉田隼人
7 13 マイネルディーン 牡8 56 三浦皇成
7 14 モンドインテロ 牡5 56 田辺裕信
8 15 カフジプリンス 牡4 56 丸田恭介
8 16 ツクバアズマオー 牡6 56 吉田豊
8 17 トルークマクト 牡7 56 大野拓弥

○手塚師 「前走が予想外の馬体増だったけど今回も同じくらいかもしれない。想像以上にフックラしていい馬体だね。今年の前半は力を出せなかったが、前走が強い内容だったし、ここでどこまでやれるか楽しみ」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【産経賞オールカマー】モンドインテロ、肥ゆる秋到来!(サンスポより)

札幌で勢いに乗った実力馬が、いよいよ重賞タイトルをつかもうとしている。札幌日経オープンで連覇を果たしたモンドインテロは、美浦Wコースで3頭併せ。しぶとい伸びで僚馬と併入した。

「(ラストは)もう少しバキュン!といくかと思ったけど、そうでもなかった。でも、乗りやすい馬。北海道(札幌)でもいい勝ち方で、安定して走れているね」

3歳春の早苗賞以来となるコンビの田辺騎手は注文をつけながらも満足げな表情を浮かべる。その追い切りは、僚馬のスターフィールド(2歳500万下)、コンピレーション(500万下)を4馬身追走してスタート。直線は内から馬体を併せて追われ、5ハロン66秒1、3ハロン38秒2-12秒7で2頭と併入。しぶとい伸び脚が目を引いた。

「脚質的に、小回りよりも中山の方がよさそう。メンバーはそろうけど、せかさずマイペースで、流れに惑わされずに乗りたい」と鞍上は力を込める。前出の早苗賞ではメンバー最速の末脚を引き出し、3馬身半差の完勝。久々の騎乗で、その再現を狙う構えだ。

中山コースでも、昨年のステイヤーズSでは3着に好走している。スタミナ豊富で直線の急坂も苦にしないのは大きなアドバンテージだ。前走はプラス18キロの馬体重で快勝と、ここにきて本格化の兆しもうかがえる。

「雰囲気がいいし、年齢とともに大人になってきた。このメンバーでもうまく流れに乗れればチャンスがあるんじゃないかな」と手塚調教師。同厩舎の弟セダブリランテスに重賞制覇(ラジオNIKKEI賞)では先を越されたが、兄も待望の重賞初制覇に向けて、機は熟した。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

重賞であと1歩のところまで来ているモンドインテロですが、そこからのひと押しがどうしても利かないのが正直悩ましいところ。エンジンが掛かれば長く脚を使ってくれますが、瞬時の器用な脚はありません。それ故、正攻法の競馬では限界があると思います。思い切って逃げるか後方からの差し・追い込みに徹するか。出脚がないので前者は難しいでしょうから、おのずとレース選択は後者になってくると思います。

そういう意味では前走の札幌日経OPの競馬ぶりが理想なのかもしれません。まあ、OP特別で相手等に恵まれたとは思いますが、直線だけでシルクドリーマー等をきっちり捕らえての勝利。相手もしっかり伸びていただけに価値はあると思います。これでモンドインテロも自信を取り戻してくれたでしょう。

その後はNF天栄でリフレッシュ。京都大賞典から再始動かなと思っていたら、早い段階でオールカマーを次走に選択。手の合うC.ルメールJに継続騎乗して欲しかったですが、今回は田辺Jとのコンビに。1度実戦経験はありますが、デビュー3戦目のことなので、よく覚えてはいないでしょうから、最終追いで感触を掴んでくれたことは有難いです。だいたいレースのイメージも出来たのかなと思います。

ただ、重賞では善戦止まりなので、G2のここへ入ると伏兵の域。この殻を破るのはなかなか難しいと思います。田辺Jには結果を意識せず、道中はじっくり構えて末脚一手に賭けてもらいたいです。あとは展開等が向くかどうかでしょう。

中山だと芝2500mがベスト条件だと思いますが、近親のゼーヴィントはこの舞台のG2で連続2着。血統面からはモンドインテロも適性を秘める筈。差し届かなくても良いので、今後へ期待を持たせる脚を最後の直線で繰り出してくれることを願っています。

2017年9月15日 (金)

シルクなお馬さん(母シルクユニバーサル)

Photo ヴェルトゥアル

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで13日に時計
・次走予定:10月8日の東京・ダ1600m

加藤征師「13日に南Wコースで時計を出しました。ヴェルトゥアルが先行し、直線は外に併せる形でしたが、最後は少し遅れてしまいました。ただ元々、今週は相手より1秒ほど遅い時計で追い切る予定でしたから、遅れは想定内ですし、特に気にしなくていいでしょう。まだ予定しているレースまで時間はありますから、来週辺りから徐々にペースを上げて仕上げていければと考えています。飼い葉は残すことなく、しっかりと食べてくれていますよ」(9/14近況)

助 手 13南W稍 69.8- 54.0- 39.5- 12.9 馬なり余力 ムスターヴェルク(三未勝)末強目の外に1.1秒先行0.4秒遅れ

Photo モンテインテロ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南南Wコースで14日に時計
・次走予定:9月24日の中山・オールカマー(G2)(田辺J)

手塚師「先週追い切った後、どこかで硬いところ踏んでしまったのか、左前を少し気にする仕草を見せました。すぐにケアしたことで、その後は歩様にも見せませんし、もう問題はないと思いますので、14日には南Wコースで追い切りを行いました。武藤騎手に手伝ってもらいましたが、軽快な脚捌きでいい動きを見せてくれましたよ。以前は調教で動けなかったのが、ここ最近は段々とこの馬なりに動けるようになってきていますし、そういった意味でも成長を感じますね。次は相手が揃いますし楽にはいかないと思いますが、いい状態で向かえるよう調整していきたいと思います」(9/14近況)

武 藤 14南W良 67.8- 52.8- 39.0- 13.5 馬なり余力 スターフィールド(二500万)馬なりの外同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴェルトゥアルはWコースで併せ馬を消化。先行して相手を誘導する役割で最後は遅れましたが、ラスト1ハロンは13秒台を切っているので悪くないと思います。来週ぐらいから攻めを強化するようなのでそこでどんな動きを見せてくれるか。

モンドインテロは少し左前を気にする素振りがあり、週末の時計をパスしましたが、今は大丈夫そう。14日はWコースで併せ馬を消化し、素軽い動きを見せています。来週の最終追いは出来れば、田辺Jに跨ってもらい、3歳時との違いを感じ取ってもらいたいです。

2017年9月 8日 (金)

オールカマー・2週前追い切りをWコースで消化しています。☆モンドインテロ

Photo_3 モンドインテロ(牡・手塚)父ディープインパクト 母シルクユニバーサル

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで6日に時計
・次走予定:9月24日の中山・オールカマー(G2)(田辺J)

手塚師「6日に嶋田騎手が騎乗し南Wコースで時計を出しました。2頭の3歳馬を先導する形から、最後は大外に併せて同入しています。動きは良いですし、状態の良さが窺えますね。今後もこの調子で、競馬まで進めていきたいですね」(9/7近況)

嶋 田 6南W重 67.1- 52.2- 38.5- 12.9 馬なり余力 セダブリランテス(古オープン)馬なりの外に0.8秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

オールカマー出走までそう時間は残されていませんが、2日に帰厩したモンドインテロは6日にWコースでの併せ馬を消化。来週のセントライト記念を予定している半弟セダブリランテスらに胸を貸していますが、帰厩後の初時計とすれば上々の内容。ここまで良い感じに進めることができています。

あとは追い切りを重ねながら、フックラした馬体を維持できるかが1つ課題に。また、息の長い末脚が武器のモンドインテロですが、前走のようにギリギリまで脚を溜め、最後にドーンと爆発させる乗り方を次走でも実践してもらいたいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | グランドサッシュ | ケアレスウィスパーの16 | ケイティーズソレル | シグナライズ | ショアーの16 | シルキーラグーンの16 | シルクドリーマー | スカイクレイバーの16 | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディアジーナの16 | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | ビアンカシェボンの16 | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | モンドインテロ | ラストインパクト | ラフアップの16 | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズスーの16 | ロードアメイズ | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードプレミアム | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードグレイス | (引退・地方競馬)ロードバリスタ | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ