2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のコメント

出資馬一覧

2017年2月27日 (月)

シルクなお馬さん(3歳関東馬・牧場組)

Photo リゾネーター

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:4月2日の中山・伏竜S(ダ1800m)
・調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週2回坂路コースで14-13、週1回14-14

天栄担当者「引き続き順調に乗り込まれています。状態はいい意味で平行線と言えるでしょう。予定のレースに向けて、このまま緩めることのないように調整していきます。馬体重は549キロです」(2/24近況)

Photo ブロードアリュール

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルでキャンター

天栄担当者「引き続きトレッドミルで進めているところです。左前の歩様は先週よりもよくなっているので、今後もトレッドミルで更に負荷をかけていっても大丈夫でしょう。乗り出しは来週か再来週ぐらいになると思います。馬体重は504キロです」(2/24近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

リゾネーターはトラブルなく進んでいるのが何より。3月中旬頃には厩舎へ戻るでしょうから、無理のない範囲で調整を続けてもらえればと思います。

ブロードアリュールはトレッドミルでキャンター。歩様はだいぶ良くなってきているみたいですし、もう少し時間をかければ。そして獣医師のGOサインが出るのを待ちましょう。

2017年2月26日 (日)

23日の追い切り後に右前脚の歩様に違和感。24日に千葉・ケイアイファームへ放牧に出ています。★メロウハート

Photo_6 メロウハート(牝・高柳)父ハーツクライ 母レディマーメイド

2月22日(水)良の美浦・坂路コースで1本目に64.2-47.9-30.8-14.8 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、2月23日(木)稍重の美浦・ウッドチップコースで4ハロン53.3-38.2-12.7 6分所を一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手の内を0秒6追走して0秒2遅れ。短評は「追われて案外」でした。その後の歩様に幾らか違和感が認められます。今後は2月24日(金)に千葉・ケイアイファームへ移動して春以降の戦列復帰へ向けて不安箇所の治療に努めます。

○高柳調教師 「2月23日(木)は約54秒を記録。2本目ならば悪くない内容だったでしょう。ところが、その後に右前脚の歩様が若干スムーズさを欠く感じ。軽度の症状でレースまで我慢の利く範囲かも知れませんが、蹄の薄さの影響もあり以前にも痛めた箇所ですからね。そこまでの時間を掛けずに戻せると思えるだけに、大事を取って早目に対処しましょう」

≪調教時計≫
17.02.23 調教師 美南W稍 53.3 38.2 12.7 一杯に追う メジャータイフーン(古馬1000万)一杯の内0秒6追走0秒2遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

帰厩して着実に時計を出していたメロウハートでしたが、23日の調教後に右前脚の歩様に違和感。前回の跛行まで至ってはいませんが、再発の兆しが…。その為、24日に千葉・ケイアイファームへ移動して治療を優先することになりました。

厩舎でもケアして進めていたと思うのですが、うーん、悩ましいところ。500キロを優に超える馬ですから、立て直したとしても再々発の可能性は高そう。こんな状況だとデビューへ辿り着くのも容易ではありませんね…。

シルクなお馬さん(父ディープインパクト産駒・重賞勝ち組)

Photo ラストインパクト

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル

厩舎長「ここまでじっくり時間を掛けて運動を行っていましたが、状態も変わりなく、獣医師から調教を開始しても良いと許可が出ました。今週からトレッドミルで運動を開始し、現在は軽めキャンターに移行しています。楽をさせたことで馬体は緩んでしまっていますので、時間を掛けて運動を行っていきたいと思います。馬体重は512キロです」(2/24近況)

Photo_3 ゼーヴィント

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで速歩

天栄担当者「球節にはまだ若干しこりが残っているのですが、入場時に比べるとよくなっています。今はトレッドミルで速歩まで行っていますが、今後も慎重に進めていきたいと思います。馬体重は518キロです」(2/24近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

鼻出血のため静養に努めていたラストインパクトでしたが、獣医師の診断の結果、調教開始のOKが出ました。まずはトレッドミルで軽く体を動かしている状況ですが、脚元等には問題ないので、スムーズに調教の強度を高めていけると思います。

ゼーヴィントはまだまだメドは立ちませんが、サマー2000あたりを目指す感じでゆったり進めていけば良いのかもしれません。とにかく慎重を期して進めてもらいたいです。

阪神へのコース替わりで時計が掛かってくれれば前進可能。前走以上の結果を期待したい。☆ロードゼスト

Photo_3 ロードゼスト(牡・千田)父ヒルノダムール 母エミネンスグリーズ

2月26日(日)阪神2R・3歳未勝利・混合・ダ1400mにフォーリーJで出走します。2月22日(水)不良の栗東・Cウッドチップコースで5ハロン73.6-56.8-40.8-12.0 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の外を1秒3先行して同時入線。追い切りの短評は「上昇気配窺える」でした。発走は10時30分です。

○千田調教師 「2月22日(水)もウッドへ。多少チャカチャカしているものの、それ自体も許容範囲と言えそうです。スタート後の芝部分は大丈夫ながら、ダートへ入ると多少モタ付き気味に。そのあたりの特徴は事前にジョッキーへ伝えておこうと思います」

≪調教時計≫
17.02.22 調教師 栗CW不 73.6 56.8 40.8 12.0 馬なり余力 スターペスカンタ(古馬500万)馬なりの外1秒3先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1回阪神2日目 (02月26日)
2R 3歳未勝利
サラ ダ1400メートル 指定 混合 馬齢 発走10:30
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 レジスタンス 牡3 56 和田竜二
1 2 ダイシンフォルテ 牡3 56 古川吉洋
2 3 イチザヒロイン 牝3 51 森裕太朗
2 4 ラッレグラーレ 牡3 56 太宰啓介
3 5 サトノフレイム 牡3 56 国分恭介
3 6 アタミ 牡3 53 三津谷隼人
4 7 メイショウエイコウ 牡3 56 川島信二
4 8 シャイニングボルト 牡3 56 小牧太
5 9 セローフォース 牡3 56 大下智
5 10 ハッシュタグ 牡3 56 川田将雅
6 11 ミスミーチャン 牝3 54 幸英明
6 12 ロードゼスト 牡3 56 S.フォーリー
7 13 ヴェンデドール 牝3 54 国分優作
7 14 マグナスエフェクト 牡3 56 川須栄彦
8 15 ジャックナイフ 牡3 56 武豊
8 16 ポーラーブレイズ 牡3 56 四位洋文

○千田師 「体が絞れて良くなってきたし、この条件も合っている。少し上がりのかかる決着なら」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前々走は10着と結果は冴えなかったも、ダ1400mで良さを見せていたロードゼスト。それ故、連続してこの距離に使ってきた前走は前進が見込めると思っていましたが、最内枠からロスなく立ち回り、直線でもジリジリと脚を繰り出しての4着。勝ち馬には離されていますが、初めての掲示板入りすることが出来ました。

その前走から中2週で臨む今回。ガラッと動きが変わってきたということはありませんが、ひと叩きしての前進は見込めそう。デキ落ちの心配はありません。

今回はこの馬には珍しく外目の枠。芝スタートは上手な方なので、ダートへ入ってからモタモタしなければ前走より前目の位置で流れに乗れそう。また、時計面で限界のあるタイプだと思うので、時計の掛かりやすい阪神へのコース替わりはプラスでしょう。

まあ、正直勝ち負けするにはワンパンチ・ツーパンチ足りない印象ですが、安定した走りは見せてくれるはず。あとは展開の恩恵+人気馬の凡走などが後押ししてくれれば。まずは5着以内確保に努め、前走以上の結果を残してくれれば大歓迎です。

焼魚定食のコロコロ予想 vol.500

(阪神1R)◎フィアマロッサ

京都から阪神へのコース替わりはプラスではないかもしれませんが、手頃な頭数+牝馬同士なら連は安泰かと。相手には初ダートも力を秘めるエンゲージスマイル、デビュー2戦目で見直したい血統馬ローゼンハインを。穴なら幸Jが乗るニホンピロハニー。

(中山2R)◎フェニックスマーク

骨折明けの1戦となりますが、デビュー戦がエピカリスの2着。そのレースで負けた馬たちが順当に勝ち上がっている事実からも、未勝利では明らかに上の存在。キャリア不足に目を瞑って中心視。相手も人気でしょうが、堅実駆けのスペルマロン。穴は血統馬のモリトシラギク。

(中山4R)◎ローズプリンスダム

人気はレジェンドセラーでしょうが、安定感はこの馬かと。今回手綱を取る田辺Jとも手が合いそう。相手にはレジェンドセラーを押さえつつ、デビュー戦を圧勝したティーラウレアを本線に。あとは田中博Jが乗るサンオークランドも押さえたい。

(阪神5R)◎グレンマクナス

新馬戦から未勝利戦へ変えてきましたが、素質を秘める同馬。いきなりこの距離からのデビューは楽ではありませんが、手頃な頭数+相手に恵まれた印象も。どういう走りをするか注目したいです。相手には良馬場で見直したいスプリングボックス、力の要る阪神が合いそうなミエノインパルスを厚めに、タガノシュルドネにも注目。

(阪神6R)◎エクレアスパークル

2週連続除外になった影響は心配も、動きの良さは水準以上。人気になるでしょうが、素直にここから流したい。ただ、相手は難解。武幸Jが乗るメイショウサチシオ、芝で良さそうなヒマワリノヤクソク、血統馬のクロスアミュレットあたりは押さえたい。

(中山8R)◎ロードシャリオ

とにかく堅実ですが、何かにやられている同馬。ただ、相手関係を見ると、今度は大丈夫ででは? 相手にはブリンカーを着けてきたエメラルエナジー、堅実に伸びてくるワイドリーザワンの2頭。大駆けがあるなら、アメリカンヘブンでしょう。

シルクなお馬さん(手塚厩舎)

Photo_3 モンドインテロ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週2回坂路コースで14-13、週1回14-14
・次走予定:3月19日の阪神・阪神大賞典(G2)か、3月25日の中山・日経賞(G2)か、4月2日の阪神・大阪杯(G1)

天栄担当者「その後も順調に調整されています。特に不安な点はなく、坂路調教の動きもいつも通りで状態の良さが窺えます。このまま状態維持に努めます。馬体重は506キロです」(2/24近況)

Photo パブロ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:3月26日の中山・ダ1200m
・調教内容:ミニトラックで軽めの調整と週2回坂路コースで14-13、週1回トレッドミル

天栄担当者「この中間も順調に調整されています。脚部不安があるので、トレッドミルと併用しながらですが、馬体は太くならずに維持できています。近いうちに帰厩する予定と聞いています。馬体重は474キロです」(2/24近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

順調に調整が進んでいるモンドインテロですが、次走は3レースの中から現在も検討中。まだ帰厩を意識したコメントがないところを見ると、阪神大賞典の線は消えたのかなと思います。

パブロは来週にも厩舎へ戻りそう。去勢して馬体の維持・スリム化はできているようですが、精神面での成長がどうなのかが気になるところ。まあ、触れられていないところを見ると、目立って良くはなっていないのでしょう。

ロードなお馬さん(4歳馬)

Photo_3 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。休養。

○当地スタッフ 「右前脚蹄冠部から排膿を確認。籠っていたモノが出て楽になったようで、その後は気にする素振りが減っています。また、手入れを終えた後に3分程度歩かせる場合も。傷自体は小さいものの、蹄の生え際の敏感な箇所だけに焦らず治す方針です」

Photo_3 ロードプレミアム

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター3000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「コンパクトなポリトラック馬場はペースが制限され、一方の坂路は長い距離を乗れませんからね。今のところ喉は大丈夫ながら、なかなか判断し切れぬ部分も。ある程度の段階で広いダートコースを有する千葉の施設へ移すのも一案では・・・」

Photo_3 ロードセレリティ

2月22日(水)良の美浦・ウッドチップコースで5ハロン71.0-54.4-39.9-13.7 9分所を馬なりに乗っています。併せ馬では末一杯の相手の外を1秒5先行して同時入線。短評は「攻め手控も気合良」でした。3月12日(日)中京・トリトンS・混合・芝1400mに秋山騎手で予定しています。

○高柳調教師 「先週末に15-15を消化。そして、2月22日(水)はウッドへ。半マイルから持ったまま約55秒を記録しました。素軽い動きを見せる一方、息遣いが多少重い印象。これは前走後に楽をさせた為でしょう。再来週へ向けて段々と負荷を高めて行きます」

≪調教時計≫
17.02.22 助手 美南W良 71.0 54.4 39.9 13.7 馬なり余力 エアセリーナ(3歳未勝利)末一杯の外1秒5先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先週出走したヴァンドール以外の4歳馬の近況をまとめて。

クエストは徐々に良い方へ進んでいますが、デリケートな部分ですし、この怪我がレースでの凡走へと繋がってはいけません。焦ることなくしっかり時間を費やして、完治へと導いて欲しいです。

プレミアムは順調に乗れているようですが、運動量は不足気味なのかも。太りやすい馬ですし、早い段階で千葉へ移してもらえれば。可能な限り、クラス再編成前の2勝目を狙っていって欲しいです。

セレリティは次走へ向けて時計を出し始めています。少し楽をさせた影響はあるようですが、馬体に緩みはないでしょうから、ひと追い毎に上昇を遂げてくれるはず。準OPで揉まれる必要はあるでしょうが、いずれは通用する素質はあると思うので、まずは無事に1戦1戦をこなしていってもらいたいです。

24日に栗東・西村厩舎へ戻っています。☆ソーディヴァイン

Photo_3 ソーディヴァイン(牝・西村)父キンシャサノキセキ 母ソーアラート

・在厩場所:24日に栗東トレセンへ帰厩
・次走予定:阪神3月19日・ダ1400m
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン14~15秒

厩舎長「24日に栗東トレセンに帰厩しました。乗り味は本当に良く、上のクラスで十分活躍できそうな動きをしていましたから、復帰戦から頑張ってくれると思います」

西村真幸調教師「とてもいい状態で戻ってきました。放牧先では緩めずに乗り込んでもらっていましたが、牧場スタッフも出来はかなりいいと言っていましたから、いいリフレッシュ期間になったのではないでしょうか。順調に仕上がれば3月19日の阪神・ダ1400mに向かいたいと思います」(2/24近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

NFしがらきでリフレッシュ中だったソーディヴァインは24日に栗東へ。牧場での具合の良さは伝えられていましたが、その良い雰囲気を維持できているようですから、このままスムーズに追い切り・レースへと進めることができるでしょう。

揉まれずに前々で競馬を進めれば、1000万下なら勝つチャンスはあると思いますが、前走の敗戦を受けて、何か変えてくるのか注目しています。

ロードなお馬さん(先週出走馬)

Photo_3 ロードヴァンドール

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、3月11日(土)中京・金鯱賞(G2)・国際・芝2000mに太宰騎手で予定しています。

○昆調教師 「馬自身が本当に充実。目一杯に走って来たものの、これぐらいではヘコ垂れませんね。ちょっと輸送で減った身体も、すぐに回復を遂げるでしょう。中2週のローテーションで金鯱賞(G2)へ。ここを使って休養がベターかな・・・と考えています」

Photo_3 ロードプレステージ

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。今後は近日中に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動して1回阪神もしくは2回中京に組まれたダートの中距離戦へ向けて態勢を整えます。

○杉山調教師 「無事に栗東へ。優先的にレースを選べる立場は得ており、中2、3週で再び競馬へ向かう予定です。阪神と両睨みで新たな目標を定める方針。僅かでも気分転換させる形が合う印象だけに、一旦トレセン近郊の牧場へ移して次走に備えましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴァンドールはここで一息入れるかなと思っていたら、中2週で金鯱賞へ挑戦することに。大阪杯へのステップレースの1つなので、無事使えるかは分かりませんが、厳しいレースを経験したことを生かしてもらいたいです。

プレステージは再度一息入れてから次走へ。次走は阪神と中京の両睨みみたいですが、欲張らずに結果の出ている・相手が落ちる中京で良いでしょう。展開が向けば2勝目のチャンスはありますが、まずはコツコツと稼いでいってもらえればと思います。

シルクなお馬さん(先週出走馬)

Photo ヴィッセン

・在厩場所:21日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧

石坂師「レース後も状態は変わりないものの、輸送の影響で体が減ってしまいましたから、このまま厩舎で次走に向けて調整していくよりは、一旦放牧に出して立て直す方が良いと思います。その方が次走に向けてしっかり調整することが出来ますから、状態が上向いた段階で次走の予定を検討したいと思います。21日にノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきました」(2/22近況)

Photo ブライトクォーツ

・在厩場所:栗東トレセン/24日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽め調整

荒川師「レース後も状態は変わりありません。目一杯最後まで走っていないことで、すぐに息が入ったぐらいです。このまま使えないわけではありませんが、集中力を欠いた状態でレースに向かっても同じ結果になってしまう恐れがありますから、短期で放牧に出して心身ともにリフレッシュさせようと思います。力は確実につけていますし、真面目に走りさえすればもっとやれる馬ですから、気持ちをいかに走る方に持っていくかが今後の課題ですね。24日にノーザンファームしがらきへ放牧に出す予定です」(2/22近況)

Photo タイムレスメロディ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽め調整

高野師「トレセンに戻って状態を確認しましたが、疲れもなく、この馬なりに飼い葉を食べて体調は安定しています。優先出走権が獲れなかったので節を空けないと出走できないと思うので、一旦放牧に出す方向で検討していますが、今週いっぱい状態を確認してから今後の方針を決めたいと思っています」(2/23近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

タイムレスメロディはまだ在厩のようですが、3頭共に一息入れて次走へ。馬体の回復に専念する一方で使うために節を稼がなくてはなりません。

ヴィッセンは有力厩舎だけに春のクラシックシーズンに入ってくると、優先順位が下がります。“状態が上向いた段階で帰厩を検討”と後向きなコメントも出ているので、どの段階で戻してもらえるか。ヴィッセンのことを考えれば、転厩でも良いとは思っています。

ブライトクォーツについては、真面目に走らせるように厩舎で努力してもらわないと。力がついてきた一方、無駄な仕草をすることが多くなっていたのは分かっていたことですし、チークピーシズなど馬具の工夫は検討できたはずで。牧場まかせでは辛いところです。

タイムレスメロディはセンスの良い走りをしてくれますが、やはりパワー不足。馬体がフックラして充実してこないと…。また、芝1200m~1400mにこだわらず、新たな可能性を探ってもらいたいです。

2017年2月25日 (土)

23日に栗東・斉藤厩舎へ帰厩しています。☆ディグニファイド

Photo_3 ディグニファイド(牡・斉藤)父ネオユニヴァース 母ファストフレンド

・在厩場所:23日に栗東トレセンへ帰厩
・次走予定:中京3月11日・瀬戸特別

斉藤師「23日の検疫で帰厩する予定です。放牧先では順調に乗り込めていましたので、このままレースに向けて仕上げに入っていこうと思います。今のところ、3月11日の中京・瀬戸特別に向かう方向で考えています」(2/22近況)

⇒⇒23日(木)に栗東トレセンへ帰厩しています。(23日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先週の更新で近々の帰厩を予定していたディグニファイドですが、23日に栗東・斉藤厩舎へ。少し硬さが残ったり、テンションが高かったりしましたが、時間の経過と共に解消。ひとまず良い状態で厩舎へ戻ることは出来たと思います。

また、次走に来月11日の中京・瀬戸特別を予定。少し時間はあるので着々と態勢と整えていってもらえればと思います。そしてクラス2走目で少しでも見せ場を作ってもらいたいです。

少頭数+阪神へのコース替わりはプラス。揉まれない形で最後まで集中して走ってくれれば、前走以上の結果も…。☆ロードギブソン

Photo_3 ロードギブソン(牡・奥村豊)父トーセンホマレボシ 母ハイランドカクテル

2月25日(土)阪神2R・3歳未勝利・混合・ダ1800mに太宰Jで出走します。2月22日(水)不良の栗東・Cウッドチップコースで4ハロン56.1-41.2-12.6 6分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の内を通って同時入線。追い切りの短評は「動きキビキビ」でした。発走は10時30分です。

○奥村調教師 「2月22日(水)は意識的にピッタリ馬体を並べて追い切りました。以前に比べれば相手を気に掛ける素振りも減少。進歩が窺えるでしょう。枠内でガタ付いたように、ゲートでは逆効果を招く可能性も。チークピーシズ装着の有無は検討中です」

≪調教時計≫
17.02.22 小 坂 栗CW不 56.1 41.2 12.6 馬なり余力 ザッツアモーレ(3歳未勝利)馬なりの内同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1回阪神1日目 (02月25日)
2R 3歳未勝利
サラ ダ1800メートル 指定 混合 馬齢 発走10:30
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 オニダツ 牡3 56 川須栄彦
2 2 コエレ 牡3 56 鮫島良太
3 3 ロードギブソン 牡3 56 太宰啓介
4 4 メイショウヤエヤマ 牡3 56 柴田善臣
5 5 スズカブラック 牡3 55 岩崎翼
6 6 テイエムダンシャク 牡3 53森裕太朗
7 7 ゲットグローリー 牡3 56 古川吉洋
7 8 ブルノ 牡3 56 高倉稜
8 9 テイエムグッドマン 牡3 56 幸英明
8 10 レッドラーザム 牡3 56 松若風馬

○奥村豊師 「チークピーシズが効いていた。時計的なことを考えれば阪神の方がいいと思う」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走で初めてチークピーシズを着用したロードギブソン。稽古でその効果を試してレースへ臨んだのかは定かではありませんが、ゲートで不慣れな面を見せて前へ行けず。結局、馬群の中で追走する形になってしまいましたが、着用効果で我慢の利いた走り。上位3頭とは大きく離されることにはなりましたが、最後まで集中して駆けることができ4着入線。デビュー戦(3着)以来の掲示板入りでした。

その前走から中2週で臨む今回。これで早くも今年4戦目になりますが、中間の調整・追い切りからはデキ落ちの心配なし。久々に頑張ったことで自信が出てきたのか、活気を感じさせる動きを見せています。

ただ、前走で効果を見せてチークピーシズを引き続き着用するかは未定。追い切りでは他馬を気にする面がマシになっているようですし、今回は10頭立て。外枠が当たっていれば、今回は外すのでしょうが…。またまた、内目の枠を引き当てています。外せば、前へ行けて、揉まれない位置で競馬が出来るとは限らないので、個人的には再度の着用を希望します。

相手関係に目をやると、前走で大きく先着を許した3頭の内、3着だったテイエムグッドマンの名前が。1番の強敵はこれでしょうし、デビュー戦で2着に入り、状態が更に上がっているオニダツも素質上位の存在。この2頭を負かすのはちょっと辛そうですが、あとはギブソンと似たり寄ったりといった感じ。また、ギブソンにとって時計の掛かる阪神へのコース替わりはプラスなので、その点で前進できれば。

まだまだアテには出来ませんが、前走で浮上のキッカケは掴めた筈。それを今回の競馬にしっかり活かしてもらいたいです。

シルクなお馬さん(障害馬)

Photo_3 リミットブレイク

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:坂路コースで22日に時計
・次走予定:3月12日の中京・障害未勝利

尾関師「先週こちらに戻ってきて、19日に坂路でサラッと時計を出し、21日には角馬場で軽く障害を飛ばしました。22日に坂路で時計を出しましたが、動きは悪くありませんでしたよ。中京開催1週目の障害未勝利戦を予定していますが、どちらに向かうかは相手関係などを見ながら、これから決めていきたいと思います。金曜くらいに一度本格的にコースで飛ばしてみようと思っていますが、まだ予定しているレースまでには時間があるので、徐々に状態を上げていきたいと思います」(2/22近況)

助 手 19南坂稍 60.9- 44.0- 28.7- 14.1 馬なり余力
助 手 22南坂良 55.0- 40.0- 26.2- 12.8 馬なり余力

Photo_8 プルーヴダモール

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:坂路でキャンター
・次走予定:中京3月18日 障害OP・芝3300m(田村J)

西園師「帰厩後はすこぶる順調で、今回はこれまでにないぐらい良い状態で戻ってきましたよ。体もふっくらとしていますし、坂路で乗っていても力むところがなく、とてもリラックスしながら調教が行えています。23日から障害練習を開始する予定ですが、これまで乗ってもらったジョッキーすべて先約がある為、次走は田村騎手にお願いしました。普段の練習から乗ってもらって感触を確かめてもらいます」(2/22近況)

田 村 23CW不 81.0- 66.4- 52.7- 39.7- 13.6 稍一杯追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

両馬とも3月の中京開催での復帰を予定。レースへ向けての調整を開始したばかりですが、問題なく進めていけそうな雰囲気です。

リミットブレイクは次走が障害2戦目。前走は離された6着でしたが、それなりに相手はそろっていたと思いますし、落馬の煽りを受けるシーンもありました。折り合い面で難しさを覗かせなければ、慣れを見込んで前進はあるでしょう。

プルーヴダモールは田村Jとの新コンビ。何気にこれまで騎乗ある騎手には断られてしまっていますが、OPでの同馬の現状を如実に表しているとも言えます。飛越は上手なのですが、体力+走力で大きく見劣っていることは否めません。

«20日から騎乗運動を開始しています。☆ロードレジスタ

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ