2020年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

出資馬一覧

最近のコメント

2020年4月 1日 (水)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・NFしがらき組)

Photo_3 パーフェクトルール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「負荷を掛けた後も順調に進められており、この中間も同じペースで乗り込んでいます。坂路での動きも良い手応えで駆け上がってくれるようになってきましたし、馬体もメリハリが出てきましたので、この調子で移動に備えて乗り込みを続けていきたいと思います。馬体重は482キロ」(3/27近況)

Photo_3 ベルラガッツォ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、角馬場でハッキング

厩舎長「トレッドミルで運動を行っていましたが、徐々に良化が窺えることから、この中間から1日置きにトレッドミルと乗り運動を行っています。馬体の張り・艶も徐々に良くなってきているのは確かですから、もう暫く馬の状態に合わせながら良化を図って行きたいと思います。馬体重は503キロです」(3/27近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パーフェクトルールは引き続き好調キープ。負荷を高めてもしっかり踏ん張れているのが何より。ラストを13秒まで伸ばしてみて、良い手応えで対応できるようになれば帰厩となるでしょう。あと1~2週間、耐え忍んでもらえればと思います。

トレッドミルでの運動のみでじっくり良化を促してきたベルラガッツォですが、この中間から角馬場での脚慣らしも開始。馬場へ連れ出すにはもう何段階かデキを上げないとダメですが、ようやく前へ進み出したので少しホッとしました。

2020年3月31日 (火)

24日に帰厩。三浦Jとのコンビで次走は来月12日の中山・芝1800m(牝馬)を予定しています。☆シベール

202002_20200331095501

Photo_6 シベール(牝・久保田)父ルーラーシップ 母ヴィーヴル

2020.03.26
3月26日(木)に美浦トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、4月12日(日)中山・3歳1勝クラス・牝馬限定・芝1800mに三浦騎手で予定しています。

○久保田調教師 「放牧先でも何度かチェック。レースへ向けて進められる準備が整った為、3月26日(木)にトレセンへ戻しています。早速、27日(金)より跨り始めるつもり。中山3週目に組まれる牝馬限定の芝1800mへ三浦騎手とのコンビで向かいましょう」

2020.03.24
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「馬体重こそ微増と言った感じに止まっているものの、ハロン17、18秒ペースのキャンターを定期的に乗ってもネガティブな変化は生じないまま。適度なリフレッシュが叶いました。トレセンの中で進められる状態。今週の帰厩も検討されています」

☆★画像と情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

馬体はもっともっとフックラしてきて欲しいというのが本音ですが、普通キャンターでコツコツ乗り込むことが出来ていたシベール。26日に美浦・久保田厩舎へ帰厩しています。

また、次走に関しては既に決定済。来月12日の中山・芝1800m(牝馬限定)を三浦Jで予定しています。ここへ向けて逆算して厩舎へ戻ってきたのでしょう。距離の芝1800mは微妙な感じはありますが、追走は楽になるでしょうし、それなりに器用さはあるので、前々で息を入れながら進めることが出来れば対応可能かなと見ています。クラス2戦目できっちり前進することが出来るかどうか見守りたいです。

シルクなお馬さん(3歳牡馬・NF天栄組)

Photo_3 シェダル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、週1回15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は徐々に坂路コースのペースを上げており、現在はハロン14秒まで脚を伸ばしています。負荷を強めてからも脚元を含めて疲れは見られませんし、ここまでは順調に立ち上げることが出来ていますよ。馬体重は529キロです」(3/27近況)

Photo_3 クァンタムリープ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第1回福島開催
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も週3回坂路コースでコンスタントに乗り込んでいますが、しっかりと最後まで駆け上がることが出来ていますね。今の感じだと、第1回福島開催での出走を念頭に入れられそうですので、このまま状態アップを図りつつ進めていきたいと思います。馬体重は486キロです」(3/27近況)

Photo_3 ディランズソング

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回周回コースで3ハロン15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間に右トモ球節に少し浮腫みが見られたので、調教の負荷を若干セーブしています。獣医に処置を行ってもらいましたが、歩様には見せていませんし、運動も行えていますから、この調子で様子を見ながら進めていきたいと思います。馬体重は543キロです」(3/27近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シェダルは坂路でのメニューを順当に高めることが出来ています。ただ、馬体重が増え過ぎるのは良くないと思うので、これ以上行かないように気に掛けてもらえればと思います。

クァンタムリープは週3日坂路で丹念に乗り込み中。右前の深管も悪さをすることがないので、このまま福島開催での出走を目指して状態を上げていってもらえればと思います。おそらく次走は芝1200mへ使うことになると思うので、この条件が合うところを見せて欲しいです。

ディランズソングは慎重に進めていますが、ここに来て右トモの球節に浮腫みの症状。調教の負荷をセーブして乗り込みは続けることが出来ています。このあと、歩様に気になる点が見られれば早めに軽めの運動へ切り替え、適切な処置を行ってもらいたいです。

29日に成田空港へ到着。白井の競馬学校で輸入検疫に入っています。☆アーモンドアイ

20200311

Photo_3 アーモンドアイ(牝・国枝)父ロードカナロア 母フサイチパンドラ

・在厩場所:メイダン競馬場

国枝師「先程、馬の帰国便が決まったと関係者より連絡がありました。28日ドバイ発で、29日の夕方に成田空港へ到着する予定と聞いています。馬に関しては、現地の助手より『しっかり曳き運動を行えており、脚元も問題なく調整出来ています。毛艶は良好で体も萎んでいる様子はないです』と報告を受けておりますので、問題なさそうです。また、成田空港到着後は、そのまま競馬学校での輸入検疫に入り、4月4日に終える予定となっており、更にノーザンファーム天栄へ移動して3週間の着地検疫を受けることとなっています。具体的なレースプランは牧場へ戻ってからオーナーサイドと検討することになるでしょうし、今は只々馬が無事に帰国してくれることを祈るばかりです」(3/26近況)

⇒⇒29日に成田空港へ到着しています。なお、輸入検疫のため、千葉県白井市・JRA競馬学校へ移動いたします。(29日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ドバイ遠征していた日本馬全20頭が帰国(スポニチより)

新型コロナウイルスの影響で中止となったドバイワールドカップデー出走のため遠征していた日本馬全20頭が29日、ドバイから帰国した。アーモンドアイなど関東馬6頭とペルシアンナイトは関西空港を経由して成田空港に午後4時50分に到着。

輸入検疫のためJRA競馬学校(千葉県白井市)へ入った。唯一の地方馬モジアナフレイバーも同便で帰国した。ペルシアンナイトを除く関西馬12頭は午後1時38分に関西空港に到着し、三木ホースランドパーク(兵庫県三木市)へ入厩した。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レースの中止が決まるも、なかなか出国の予定が決まらず、心配しましたが、アーモンドアイらは28日にドバイを出発して関空経由で29日の午後5時前に成田へ。そしてそのままJRAの競馬学校で輸入検疫へ移っています。ひとまず無事に日本に戻ってこられてやれやれです。

今後は来月4日に輸入検疫を終え、今度はNF天栄へ移動しての着地検疫。馬にはまだまだストレスが掛かる日々となるでしょうが、曳き運動などで体を動かしてもらい、体調を整えていってもらえればと思います。輸送で減ってしまった分は早めに回復できるようにお願いします。

降雪による競馬中止で本日改めて出走へ。鞍上は菊沢Jへ替わっています。★アンブロジオ

201908_20200331083801

Photo アンブロジオ(セ・菊沢)父ローズキングダム 母アンティフォナ

中山競馬、降雪で3R以降中止、31日に改めて開催(日刊スポーツより)

29日、中山競馬第2R終了後天候調査に入り、降雪のため安全な競馬開催が困難であると判断され、JRAは以降のレースの開催中止を発表した。また、電話・インターネット投票で既に購入されたWIN5および中山競馬第3レース以降の勝馬投票券は、開催中止決定後、すべて返還となった。

雪による開催中止は昨年2月9日、第1回東京競馬5日目以来。レース途中の開催中止は、昨年5月4日の2回東京競馬5日目以来。この時はレース途中にひょうが降ったため、10R以降の開催を中止した。

なお、3R以降の続行競馬については、明日30日(月)に出馬投票を再度やり直しの上、31日(火)に改めて開催されることがJRAから発表された。そのため枠順、騎手、出走馬を含めてすべて変更となる。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回中山2日目(03月31日)
10R 船橋S
芝1200メートル 4歳上3勝クラス 特指 混合 定量 発走15:05
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ニシノキントウン 牡5 57 内田博幸
1 2 アリンナ 牝6 55 野中悠太郎
2 3 メイショウキョウジ 牡5 57 石橋脩
2 4 ブライティアレディ 牝7 55 柴田善臣
3 5 スリーケープマンボ せ5 57 松田大作
3 6 ニシオボヌール セ8 57 鮫島克駿 高橋亮
4 7 アンブロジオ セ5 57 菊沢一樹
4 8 ビリーバー 牝5 55 大野拓弥
5 9 タケショウベスト 牝6 55 木幡巧也
5 10 ナーゲルリング 牝4 55 柴田大知
6 11 ブリッツアウェイ 牝4 55 石川裕紀人
6 12 ワールドフォーラブ 牝6 55 津村明秀
7 13 クラウンルシフェル 牡9 57 勝浦正樹
7 14 ホープフルサイン 牡4 57 丹内祐次
8 15 ナンヨーアミーコ セ7 57 武藤雅
8 16 ダイトウキョウ 牡8 57 吉田豊

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

29日の降雪の影響で3R以降が本日31日に開催されることになりましたが、アンブロジオも仕切り直しの1戦に。再投票で除外は勘弁でしたが、無事出走できることに。ただ、鞍上は菊沢Jへ替わっています。

時計が掛かってこそと思っていたので、順延になったのはマイナスですが、この距離2度目でどこまでやれるか。大混戦になりそうなメンバーですが、スムーズな競馬で少しでも上の着順を目指して欲しいです。

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NFしがらき組)

Photo_3 ナイトバナレット

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「この中間も先週と同じ調教メニューで進めていますが、動きが良く、調子が上向いていますよ。矢作芳人調教師より、近いうちにトレセンへ帰厩させたいと連絡を受けているので、いつ声が掛かってもいいように調整していきたいと思います。馬体重は522キロです」(3/27近況)

Photo_3 ピボットポイント

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン16秒

厩舎長「坂路に入れた後も順調に進められており、この中間も同じペースで乗り込んでいます。硬さは徐々に解れてきましたし、もう少し馬の状態に合わせて進めていけば、軌道に乗っていけるでしょう。馬体重は526キロです」(3/27近況)

Photo_3 ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「この中間も坂路で15-15のペースで登坂していますが、しっかりとした脚取りで駆け上がっていますよ。この馬なりに逞しくなって成長が感じられますし、充実した日々を過ごしています。負荷を掛けた後も歩様が硬くなることはないですし、ここまで順調に進められているので、帰厩に向けて今の状態を維持しながら乗り込みを行っていきたいと思います。馬体重は523キロです」(3/27近況)

Photo アマネセール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第3回京都開催
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン13~14秒

厩舎長「この中間は帰厩に備えて坂路でハロン14秒までペースを上げました。負荷を掛けてもしっかり動けていますし、馬体もメリハリが出て良い体つきになりました。来週か再来週に帰厩する予定になっていますので、いつ声が掛かってもいいように態勢を整えておきたいと思います。馬体重は497キロです」(3/27近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ナイトバナレットは先週と同じ内容で乗り込み中。本数を重ねることで動きは着実に良くなっています。また、近々帰厩させたいようなので、声が掛かるまでは緩めることなくしっかり乗り込んでもらえればと思います。馬体重はもう少し絞れてきて欲しいところ。

ピボットポイントは少し良化スピードが鈍いですが、焦ることなく状態が上向いてきてくれるのを待ってもらえればと思います。状態が上がってくれば、脚捌きの硬さも和らいできてくれると思いますから。

ボンディマンシュは大事に育ててきたことで、一息入れるたびに逞しさを増しています。どこまで出世できるかは分かりませんが、コツコツと稼げる馬へと育ってもらえればと思います。

アマネセールは早ければ今週中の帰厩を予定。意欲的に乗ることが出来ていることから状態の良さは伝わってきますし、去勢後ですが、馬体が萎んだ感じはありません。あとはレースへ行って真面目に走ってくれれば。芝での決め手に欠けるのでダートでそれを補うことが出来ればと思います。

【動画更新】アンダープロット&グレイシャーパーク

↑↑↑

Photo アンダープロット

↑↑↑

Photo グレイシャーパーク

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アンダープロットはコツコツ乗り込み中ですが、坂路を駆け上がってくる勢い&手応えは一息。走りたいという気持ちがもっと前へ出てきて良いのかなと思います。

左トモの歩様に違和感が出たグレイシャーパークですが、動画を見る限り、引き続き軽めの調整が続いています。煩い仕草はないですし、脚元の不安が拭いされれるまでは軽めの調教に終始してもらえればと思います。

ロードなお馬さん(関西馬・入厩組)

Photo_6 ロードエース

3月26日(木)良の栗東・坂路コースで1本目に53.0-37.8-24.3-12.1 一杯に追っています。短評は「坂路コースで入念」でした。4月5日(日)中山・春風S・混合・ダ1200mに丸山騎手で予定しています。

○松下調教師 「出走プランに変更が生じた為、追い切りにも調整を加える形。3月26日(木)の一追いで態勢は整った印象だけに、長距離輸送が控える来週はサッと流せばOKです。大阪杯(G1)の裏で乗り役が限られる状況。丸山騎手と新コンビで臨みます」

≪調教時計≫
20.03.26 助手 栗東坂良1回 53.0 37.8 24.3 12.1 一杯に追う

Photo_6 ロードベイリーフ

3月25日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に54.5-39.2-25.3-12.6 強目に追っています。短評は「坂路コースで入念」でした。4月4日(土)中山・3歳1勝クラス・混合・芝1600mに三浦騎手で予定しています。

○森田調教師 「3月25日(水)は54秒5。余力を残してコース頂上へ達しています。普段は結構のんびりタイプ。そのような性格の影響なのか、見た目は大きく変わりませんね。でも、それ自体も良い意味で捉えて大丈夫そう。好調キープと言えるのでは・・・」

≪調教時計≫
20.03.25 助手 栗東坂良1回 54.5 39.2 25.3 12.6 強目に追う

Photo_6 ヴィースバーデン

3月24日(火)良の栗東・坂路コースで1本目に61.3-44.0-28.0-14.1 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、3月25日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に54.6-39.5-25.9-13.4 一杯に追っています。併せ馬では馬なりの相手に0秒4先行して0秒3遅れ。短評は「坂路コースで入念」でした。4月12日(日)阪神・忘れな草賞(L)・国際・牝馬限定・芝2000mに松山騎手で予定しています。

○小滝調教助手 「実質、3月25日(水)が1本目。幾らかピリッとした面に欠けたのは、短期放牧を挟んだ分かな・・・と思います。急激に増えた感じこそ受けぬものの、決して見た目にも寂しい印象は無し。再来週へ向けて徐々にピッチを上げて行きましょう」

≪調教時計≫
20.03.24 助手 栗東坂良1回 61.3 44.0 28.0 14.1 馬なり余力
20.03.25 助手 栗東坂良1回 54.6 39.5 25.9 13.4 一杯に追う ブラックアモーレ(3歳未勝利)馬なりに0秒4先行0秒3遅れ

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

エースは除外で出走が延びましたが、状態は高いレベルで維持できているようですし、追い切りの動きは上々。本数を重ねることが出来ているのも好材料かなと思います。週末の中山・春風Sは丸山Jとの初コンビに。操縦性の高い馬なのでテン乗りでも苦労するこなく乗ってくれるでしょう。あとは時計の掛かる馬場になってくれれば、上位を窺うチャンスは十分残されていると思います。

ベイリーフも今週末の中山を予定。初勝利を挙げた後も状態は変わりなく、落ち着きがあるのは好印象。これなら輸送も問題なくこなしてくれそう。ただ、次走は昇級戦。相手なりに走れるタイプですが、まずは1勝クラスでも通用するところを見せてもらえればと思います。

ヴィースバーデンは帰厩して1週間。順調に調教を積むことは出来ています。そして25日には坂路でビシッと。内容は褒められたものではありませんが、体調やカイバ食いは良好なんでしょう。本数を重ねていって素軽さが出てきてくれればと思いますが、ピリピリし過ぎないように見守りたいです。

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・北海道組)

Photo モンドインテロ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンター2本、残りの日はトレッドミルでキャンター

担当者「先週から坂路調教を始めたのですが、動きは悪くありません。ただ、運動後は脚元にやや浮腫みが見られるため、ペースは上げずに進めています。年齢的なことを考えると無理は出来ませんから、じっくりと立ち上げていく方針です」(3/27近況)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「この中間も調教メニューは変わりません。左前脚の腫れは徐々に引いてきていますが、もっと動きたいようでテンションが上がってきました。来月までは恐らくウォーキングマシンでの運動になると思いますが、なるべく運動時間を多めに取りたいですね」(3/27近況)

Photo ブロードアリュール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:トレッドミルでキャンター

担当者「この中間もトレッドミルでキャンターを行っています。良い時と比べると捌きは硬いですが、この馬なりに良化は見られます。左前球節も今のところは問題ありませんし、順調に進められていると言って良いでしょう。馬体重は514キロです」(3/27近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

モンドインテロは坂路で普通キャンターを乗り込み中。重賞勝ち馬なのでこれぐらいは悠々とこなしてくれていますが、脚元には微妙に負担が掛かってきている様子。運動後も脚元をスッキリ見せるまではペースアップは控え、地道に下地を作っていってもらえればと思います。

パラダイスリーフは長い道のりが続きますが、脚元の腫れは良化傾向。だんだん時間を延ばしていった際にも脚元の我慢が利いていてくれれば良いのですが。

ブロードアリュールはトレッドミルでのキャンター調教を継続中。少し捌きに硬さは残るようですが、これはだんだん解消されてくると思います。今後も1歩1歩段階を踏んでいってもらえればと思います。

2020年3月30日 (月)

シルクなお馬さん(牝馬・NF天栄組)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「24日にこちらへ入場していますが、熱発もなく体調面は落ち着いています。早速、周回コースで軽めに乗っていますが、動きを見ても大きな問題はなさそうですし、帰厩に向けて徐々にピッチを上げていきたいと思います」(3/27近況)

Photo_3 ルコントブルー

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、週1回15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週は坂路コースのペースを徐々に上げて行き、現在はハロン14秒まで脚を伸ばしています。ペースアップ後も戸惑うことなくしっかりと対応できていますし、このままコンスタントに調教を重ねていければと思います。馬体重は527キロです」(3/27近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

24日に北海道からNF天栄へ移動してきたジーナアイリスですが、輸送熱に見舞われることなく、周回コースでの乗り込みを開始。楽をさせ過ぎると馬体重が急増するので、状態に変わりがなければ、ドンドン進めていってもらえればと思います。

ルコントブルーは週3日坂路でハロン15秒の乗り込みを開始。思いのほかスムーズに対応できているようなので、前走の疲れはもう大丈夫でしょう。コツコツ乗り込みながら心身の更なる成長を促していって欲しいです。

シルクなお馬さん(3歳牡馬・北海道組)

Photo ハーツクリスタル

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「この中間は獣医に患部を診てもらったところ、『歩様が乱れたりすることはありませんが、患部に疲れが溜まりやすくなっているので、少し時間を掛けていった方が良さそうですね』とのことでした。ですので、暫くはこのメニューで様子を見ることになるでしょう。馬体重は526キロです」(3/27近況)

Photo リアンティサージュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター2本、残りの日はトレッドミルでキャンター

担当者「先週と同様のメニューで進められています。単走でもしっかり集中して走ることが出来ており、脚元に問題無ければ来月からはペースを上げても良さそうです。また、暖かくなって毛艶が良化してきましたから、体調面も問題無さそうですね。馬体重は471キロです」(3/27近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ハーツクリスタルはこの中間、獣医師のチェックを受けましたが、骨折箇所に疲れが溜まりやすくなっていると指摘されることに。育成時を含めて2度骨折を経験していますし、根本的な弱さもあるのでしょうねえ。500キロを優に超える馬体の持ち主ですし。今後も定期的に獣医師の診断を仰ぎながら、着実に進めていってもらいたいです。

リアンティサージュは先週と変わらないメニューを消化。今のところ脚元に疲れ・反動は窺えないので、来月からは更にペース・負荷を高める予定とのこと。これからが正念場だと思いますが、何とか右トモの我慢が利いてくれることを願うばかりです。素質は高い馬だけに今度こそ順調に。

«初めての芝1200mがG1の舞台。ちょっと酷かもしれませんが、前走で今回を見据えた競馬は出来ましたし、短期放牧を挟んだことでデキは上々。距離短縮で一瞬の切れ味はより磨きが掛かると思うので、スムーズな競馬で馬群を捌いてくることが出来れば、1発合っても不思議ではありません。☆ダイアトニック

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ