出資馬一覧

2018年6月20日 (水)

ロードなお馬さん(2歳・北海道組)

Photo_6 ロードラウレア

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。5月下旬測定の馬体重は470キロ。

○当地スタッフ 「トレーニングに制限を加えたことで、徐々に回復へ向かっている模様。もうしばらくは同様のパターンを続け、本来のエネルギッシュな姿を取り戻しましょう。一夏を越えての成長が楽しみ。この先も素質を開花させられるように上手く育てたいです」

Photo_6 ロードアドミラル

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン13~20秒ペース)。5月下旬測定の馬体重は504キロ。

○当地スタッフ 「この馬なりに順調に運んでいる一方、しっかりするのはまだ先でしょう。焦らずに大事に進めることで、前後の連動性が更にスムーズに変わるはず。基本的には今のトレーニングを続け、疲れが出て来るようであれば小休止を挟もうと考えています」

Photo_6 フォーエバーローズ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン13~20秒ペース)。5月下旬測定の馬体重は504キロ。

○当地スタッフ 「追い切りでも問題なく動けている状況。何かもう一つ変身を残していそうな雰囲気を持つとは言え、2歳6月時点で十分なトレーニングを積んで来ましたからね。検討の結果、新しい環境で更なる成長を促す方針に。順番を待って千葉の分場へ移します」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前回の更新でクタっとした姿を覗かせたラウレアですが、早目に楽をさせたことが正解。不調の底は抜けたと思うのでじわじわ上向くように進めてもらえればと思います。

左前にソエを抱えているも、この中間も順調に来ているアドミラル。調教を重ねて馬体に締まりが出てきているのは好感。ラウレアよりは先に北海道を脱出すると思いますが、デビューは秋競馬になってくるのかなと思います。じっくり素質を磨いていってもらいたいです。

フォーエバーローズは近々千葉へ移動すると思いますが、ここまで強い負荷にもへこたれず、順調に来ているのが何より。それでいてまだ変身しそうというのは奥深さを感じます。活躍馬の姉よりも身のこなしが良く、スピードの絶対値が高そうな感じ。あとはこの母系を良く知っている藤原英厩舎にお任せするのみです。

シルクなお馬さん(4歳上・NFしがらき組)

Photo_3 タイムレスメロディ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「状態が少しずつ上向いてきたことから、この中間から坂路でハロン17秒の乗り込みを開始しています。動きはまだまだこれからというところですが、登坂回数を重ねていくにつれて良くなってくると思うので、状態を見ながら徐々にペースアップを図っていきたいと考えています。馬体重は455キロです」(6/15近況)

Photo_3 ソーディヴァイン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:坂路コースでハロン15秒
・次走予定:中京7月22日・尾頭橋特別

厩舎長「この中間も坂路コースでハロン15秒の乗り込みを行っています。ペースを上げた後も脚元は変わりありませんし、体調面に関してもいい状態を保っています。予定通り7月22日の中京・尾頭橋特別に向けてこのまま乗り込みを行っていきます。馬体重は550キロです」(6/15近況)

Photo_3 インペリオアスール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:坂路コースでハロン17~18秒のキャンター2本

厩舎長「この中間も坂路で乗り込んでいますが、体力も戻り、余裕を持って登坂出来るようになってきました。来週あたりから徐々にペースアップを図り、帰厩に向けてピッチを上げていきたいと思います。ソエの状態はもうスッキリしていますし、体調面も良好です。馬体重は536キロです」(6/15近況)

Photo ヴィッセン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第1回札幌開催
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「坂路で乗り出した後も順調に進められていたことから、この中間からハロン15秒の乗り込みを開始しました。いい状態を保っており、飼い葉もしっかりと食べてくれているので、体調面は問題ありません。このまま動きを良くしていきながら帰厩に備えていきたいと思います。馬体重は513キロです」(6/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

タイムレスメロディは普通キャンターでの登坂を開始。良化はスローですが、根気よく接していってもらえればと思います。

ソーディヴァインは次走まで約1ヶ月。帰厩へ向けての仕上げに入っていると思いますが、脚元の我慢が利き、変わりなく来ているのは何より。このままグングン調子を上げていって欲しいです。

インペリオアスールは引き続き普通キャンターを乗り込んでいますが、状態が上向いてきたことで楽に対応できるようになってきました。ソエはもう大丈夫みたいですし、次の中京に何とか間に合いそうです。

ヴィッセンは坂路でハロン15秒台の乗り込みを開始。これから本数を重ねていけば順調に上向いてきてくれると思います。今後は栗東へ戻してから北海道へ行くのか、直接函館or札幌競馬場に入場するのかは分かりませんが、どっちみち輸送が待っているので意識的に大きく作っておいてもらえればと思います。

2018年6月19日 (火)

15日に千葉・ケイアイファームへ移動しています。☆プレミアムギフト

Photo プレミアムギフト(牝・高野)父オルフェーヴル 母インディアナギャル

2018.06.19
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング3000m。

○当地スタッフ 「6月15日(金)より管理を任されています。熱発の症状も認められず、初めての輸送を無事にクリア。18日(月)からダク、ハッキングを取り入れました。牝馬の割にどっしり構えられる点は好印象。新しい環境に慣れさせながら徐々に進めましょう」

2018.06.15
6月14日(木)に三石・ケイアイファームを出発。千葉・ケイアイファームへ移動中です。5月下旬測定の馬体重は522キロ。

○当地スタッフ 「跨り始めた時から感じていた後肢の緩さ、甘さは解消。相変わらず動きに関する注文は浮かばず、不必要に煩くなる気配もありませんでした。定期的に追い切りを交えつつ、十分にエネルギーを蓄えられた感じ。万全の状態で送り出せたと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ここまで小さなトラブルもなく、コツコツと乗り進めることが出来ているプレミアムギフト。500キロを超える大型馬なので緩さが残るのは当然も、丹念な乗り込みでトモは強化。それが動きの良さに反映できているのは頼もしい限りです。

同期の馬たちが千葉へ、そして入厩へと進んでいる中、プレミアムギフトもロードマイウェイ・スカイシアターと一緒に15日に千葉ケイアイファームへ。長旅を無難にこなし、18日から騎乗運動を始めています。新しい環境にスンナリ溶け込んでいるのも良い感じです。

半兄ダノンプレミアムの活躍で注目を集めてきましたが、今後は自身の大物感・動きの良さで存在感を示していって欲しいです。このままデビューまでトラブルなしでお願いします。

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NF天栄組)

Photo グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「入場後の馬体チェックではさほど疲れは見られず、脚元の状態も落ち着いていましたので、すぐに乗り運動を開始し今週から坂路調教も行っています。すでに疲れは取れていますし、状態面に問題はないので、このまま緩めずに乗り込んでいきたいと思います。馬体重は470キロです」(6/15近況)

Photo モンドインテロ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「いつものように多少硬さがありましたが、大きなダメージはありませんでしたので、すぐに乗り出し今週から坂路調教も開始しています。今後も状態を見ながら徐々に進めていきたいと思います。馬体重は501キロです」(6/15近況)

Photo ブロードアリュール

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回周回コースでハロン17~18秒のキャンター、残りの日はトレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「この中間はトレッドミルを併用して運動を行っていますが、先週からあまり状態は変わりませんね。硬さはある程度まで解消されてきたものの、そこから良化がスローです。今後も状態を見ながら調整を行っていきます。馬体重は503キロです」(6/15近況)

Photo_3 リミットブレイク

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「右前球節の状態は徐々に落ち着いてきましたので、周回コースで軽めの乗り運動を開始しました。ただまだ安心はできないので、引き続き注意しながら調整を進めていきます。馬体重は541キロです」(6/15近況)

Photo ウォリアーズクロス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第2回新潟開催
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から坂路調教を開始し、ハロン14秒で登坂しています。左トモの歩様はこの馬なりに悪くないですし、このまま進めていけると思います。新潟開催前半を目標にできると思います。馬体重は549キロです」(6/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

阪神への輸送で馬体を減らしたグランドサッシュ。中2週で使ったこともあり、レース後の疲れ・反動を心配したのですが、予想外に元気一杯。馬体は戻り切っていないでしょうが、坂路で乗ることができるところまで進んでいます。脚元の我慢が利いているのも好感です。

モンドインテロはいつものレース後の状態といった感じ。硬さは時間の経過と共に解消されてくるでしょう。スポーツ紙の情報ですが、今後は8月4日の札幌日経OP→8月19日の札幌記念のローテを予定しているようです。相性の良い札幌で存在感を示してくれるでしょう。

ブロードアリュールはトレッドミルと周回コースを併用しての調整。丁寧に進められていると思いますが、肝心の良化度がスロー。もう少し時間を掛けていくしかありませんが、暑さに負けないようにお願いします。

リミットブレイクは周回コースで脚慣らし。良い方へ向かっているのは確かですが、反動が出ないかとヒヤヒヤものです。また、楽をさせたことで馬体が緩んでいると思うので、時間を掛けていくしか手はありません。

ウォリアーズクロスは登坂を開始。左トモの状態は許容範囲みたいですし、馬に活気があるのは何より。昇級しても相手なりに走れると思うので、揉まれない競馬を常に心がけてもらいたいです。

15日に栗東・斉藤崇厩舎へ帰厩しています。☆ディグニファイド

Photo_3 ディグニファイド(セ・斉藤崇)父ネオユニヴァース 母ファストフレンド

・在厩場所:15日に栗東トレセンへ帰厩
・次走予定:福島7月8日・天の川賞

斉藤崇師「来週の検疫で戻すことも考えていましたが、馬房の調整がついたことから15日の検疫でトレセンに戻させていただきました。放牧先ではしっかり乗り込んでもらっていましたので、来週から時計を出していけると思います。順調に仕上がるようであれば、7月8日の福島・天の川賞に向かう予定です」(6/15近況)

助 手 17栗坂良 55.6- 40.1- 26.4- 13.6 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

攻めを強化して帰厩の知らせを待っていたディグニファイドでしたが、声が掛かって15日に栗東へ。早速17日に坂路で時計を出し、状態の良さが伝わってきます。この感じなら来月8日の福島・天の川賞には十分間に合うでしょう。

ただ、背腰に疲れが溜まりやすい馬でもあるので、調教後は他馬よりも念入りにケアをお願いします。馬体に苦しいところがあると精神的にイラつき出し、余裕がなくなります。如何にフレッシュな気持ちでレースへ臨むことが出来るか…。これが好走できるか否かを大きく左右してきます。

2018年6月18日 (月)

シルクなお馬さん(2歳牡馬・牧場組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、週2回周回コースで軽めのキャンター2700m、残りの日は軽めの調整 

担当者「この中間もメニューは変わらず調教を行っています。以前よりも体がしっかりしてきて芯が入ってきたように思えます。登坂している時もトモの力強さを感じますし、上がってくる時の手応えも良くなってきました。課題であった調教前のイレ込みは改善してきて、調教中も集中力を保っています。体重も増えてコンディションも悪くないですので、更にペース上げて7月入厩を目標に進めて参ります。馬体重は484キロです」(6/15近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回トレッドミル、週3回ウォーキングマシン

担当者「6月2日に早来に入場しました。左トモの状態ですが、やはりまだ本調子とは言えませんね。天栄でもトレッドミルでの調整を続けていたということなので、こちらでも継続してトレッドミルで軽めのキャンターを行っています。馬の覇気や気配からも疲れを感じますので、ここはしっかりとリフレッシュした方が良いと考えています。今後もトレッドミルでの運動を中心に行いながら、まずは疲れをとることに専念していくつもりです。馬体重は481キロです」(6/15近況)

Photo シングルアップ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:小倉8月11日・フェニックス賞
・調教内容:角馬場、坂路コースでハロン18秒のキャンター2本

厩舎長「先週一杯は軽めの調整でレースの疲れを取りました。今週初めに跨って状態を確認したところ、特に背中の状態も悪くありませんし活気もあることから、現在は坂路で乗り出しています。口の硬さがあって乗りづらいところがあるので、この休養期間に改善できるように努めていきたいと思います。最初のうちは能力だけでも結果が伴いますが、いずれ苦労する時期がくると思うので、そのようなことがないように今のうちにじっくり乗り込みながらハミ受けを直していきます。馬体重は531キロです」(6/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

心身に幼い面が残っているパラダイスリーフですが、徐々に馬体がしっかりしてきたことで精神面でもゆとりが出てきた様子。ガラッと変わってきそうな雰囲気があるのはさすが血統馬です。攻めを強化しつつも、心身の成長を促すことを忘れずにお願いします。

フロントラインはNF早来から再出発。左トモの状態は一息みたいですし、馬自身が疲れている様子。まずはしっかり休ませることが1番です。骨折休養からの立ち上げみたいに慎重に進めてもらえればと思います。

デビュー戦を快勝し、NFしがらきで充電中のシングルアップ。早速坂路で乗り出しているように元気一杯です。ハミを換えて臨んだデビュー戦は問題なかったですが、トモの緩さもあってコーナーリングに課題を残しています。その要因としてハミ受けの拙さもあるようなので、変な癖をつけない意味でも基礎を叩き直して操縦性を高めてもらえればと思います。

ロードなお馬さん(牡馬・入厩組)

Photo_6 ロードクエスト

6月14日(木)良の美浦・ウッドチップコースで4ハロン53.2-39.3-12.8 5分所を馬なりに乗っています。短評は「時計以上の動き」でした。6月24日(日)東京・パラダイスS(OP)・国際・芝1400mに三浦騎手で予定しています。

○小島調教師 「6月14日(木)もウッドで追い切っています。それなりに速くなっても構わない・・・と伝えたものの、既にビュッと動ける感じで十分に良い状態・・・とのジョッキーのジャッジ。楽に回って来ました。まだ毛ヅヤは一息ですが、ここまでは順調でしょう」

≪調教時計≫
18.06.14 三 浦 美南W良 53.2 39.3 12.8 馬なり余力

Photo_6 ロードヴォラーレ

2017.06.14
6月14日(木)良の栗東・坂路コースで1本目に53.1-38.6-25.4-13.0 強目に追っています。併せ馬では馬なりの相手を0秒5追走して同時入線。短評は「坂路コースで入念」でした。7月1日(日)中京・3歳未勝利・芝1600mに荻野極騎手で予定しています。

○中内田調教師 「父の産駒らしいヤンチャな面が目立つように。いざ走り始めれば問題ないのですけどね。実質1本目なのと全体が速かったのも手伝い、6月14日(木)はラストが苦しい感じに。番組上、再来週のマイル戦へ間に合わせたいな・・・と思います」

≪調教時計≫
18.06.14 助手 栗東坂良1回 53.1 38.6 25.4 13.0 強目に追う ダノンレーザー(古馬1600万)馬なりを0秒5追走同入

2017.06.12
6月8日(金)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○当地スタッフ 「最終的に15-15を行なった際も無難なフットワーク。その後も目立ったダメージを残さず、十分にエネルギーを蓄えた状態で送り出しました。調教で跨っていても能力の感じられる1頭。今度は勝ち上がってから休養に来てくれれば・・・と思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クエストは今週末の東京・パラダイスSを予定。1週前追い切りは久々に三浦Jが跨ってくれましたが、派手なアクションはなくスムーズな走り。力む面がなくなってきたのはクエストにとっても良い傾向だと思います。レースへ行っても、リラックスしていてくれれば。

帰厩後、丹念に時計になるところを乗っていたヴォラーレ。14日の追い切りは少し負荷を高め、格上相手に食い下がる内容。最後は苦しくなったようですが、悪い内容ではありません。むしろ1本目とすれば上々でしょう。引き続きソエには注意が必要ですが、ひと追い毎に動ける態勢を整えていってもらえればと思います。

15日にゲート試験に挑戦。無事1発で合格しています。☆ジーナアイリス

Photo ジーナアイリス(牝・田村)父ゴールドアリュール 母ディアジーナ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:ゲート練習

田村師「入厩後も順調に調整されています。スクみの傾向があったと聞いていますので、用心して抑え気味の調教を行っていますが、こちらではまだ一度もスクみの症状は出ていませんし、それはいずれ解消されてくるものですから、あまり心配はしていません。13日から本格的にゲート練習を行っていますが、枠入りがやや渋いです。ここで無理やり進めると悪くなってしまう可能性がありますから、慎重にやっていく方がいいでしょう。馬っぷりはとても良いので、大事に育てていきたいですね」(6/14近況)

⇒⇒15日(金)にゲート試験を受けて合格しています。(15日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

入厩後、控え目な調整で新しい環境に慣らし、現段階の体力を探ってきたジーナアイリス。体質面の弱さを覗かせる時季はありましたが、入厩後はスクむようなこともなく、ひとまず順調に来ています。

そして13日からゲート練習に着手。枠入りをゴネる面を見せ、慎重に接していく必要がありそうだなと見ていたのですが、翌日の最新情報でゲート試験合格の知らせ。ちょっと拍子抜けした感じですが、気分を損ねることなく第一関門を突破できたのは嬉しい限りです。

今後の予定は次の更新で明らかになるでしょうが、ここまでの慎重な調教過程とダートの中距離戦が組まれていない現状を踏まえ、一旦放牧に出ることになるのかなと見ています。厩舎的にも思い入れのある血統ですし、大事に育てていってもらいたいです。

シルクなお馬さん(3歳関東馬・牧場組)

Photo_3 アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「この中間もトレッドミルで軽めのキャンターを続けています。トレッドミルの運動後は、騎乗して常歩の運動も行い、なるべくリラックスさせることを心掛けています。普段はとても大人しいのですが、楽をさせているせいか運動中はうるさい面を見せているので、怪我等させないように十分に注意をしていきます。馬体重は478キロです」(6/15近況)

Photo ロイヤルアフェア

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も先週と同様の調教メニューで調整されています。状態に問題はないのですが、調教中はもう少しピリッとしてほしいですね。引き続きしっかり乗り込んで、良化を促していきます。馬体重は512キロです」(6/15近況)

Photo ヴェルトゥアル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は一日置きに週3回坂路調教を行い、ペースもハロン14秒まで上げました。引き続き体調面に問題はありませんので、今後もしっかり乗り込みを続け、状態アップに努めていきます。馬体重は484キロです」(6/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アーモンドアイは軽めの運動に止めて、リラックス調整。ただ、元気が有り余って煩い面を見せています。順調には来ていますが、ちょっとしたトラブルを引き起こさないように気を引き締めてもらいたいです。

ロイヤルアフェアは意欲的に乗られているも、疲れ・反動はなし。鍛えることが出来る土台が備わっていることは素晴らしいですが、その一方で活気が乏しいのは悩ましい限り。調教の手法を色々試していって欲しいです。

ヴェルトゥアルも意欲的に登坂中。心肺機能が弱いのでとにかく鍛えないと。スピードは良いものがあるので持久力アップを推し進めてもらわねばなりません。

2018年6月17日 (日)

シルク&ロードなお馬さん(2歳関東馬・入厩組)

Photo エレンボーゲン

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:ゲート練習

鹿戸師「輸送による疲れはすぐに取れ、順調に調整を行っていますし、13日から本格的にゲート練習もスタートしています。練習では枠入りに少し手間取っていますし、出の反応もまだまだですが、まだ1~2日行っただけなので、やむをえないでしょう。順調に行けば、来週か再来週には試験を受けられると思います。飼い葉は良く食べていますし、健康状態は良好ですよ」(6/14近況)

Photo マカリカ

美浦トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターとゲート練習を消化。心身共にコンディションに特に異常は認められず、もう少しの間は馬自身の状態に応じて調整を行ないます。ゲート試験の合格が当面の目標です。

○久保田調教師 「新しい環境に移ってからも飼い葉を残さず食べるなど、ここまでは戸惑う様子を特に見せていません。6月13日(水)よりゲート練習に取り掛かっており、初日としては悪くない感じ。今後は試験の合格を目指し、少しずつ進めて行こうと思います」

Photo ロジャーズクライ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで13日に時計
・次走予定:7月1日の福島・芝1800m(北村宏J)

国枝師「帰厩後も順調に来ており、10日に南Wコースで15-15程度の時計を出して様子を見たところ感触は悪くなかったので、13日にも北村宏司騎手が騎乗し時計を出しました。併走馬の内に併せて、終始馬なりで良い動きを見せていました。このまま予定のレースに向けて進めていきます。デビュー戦の鞍上は北村宏騎手に依頼しています」

北村宏騎手「少し敏感で横に逃げるところがあると聞いていたので、併走馬に馬体を併せて、馬添を確認したのですが、そこまで気にならなかったですよ。息遣いは良いですし、順調に仕上がってきているのがわかります」(6/14近況)

助 手 10南W良 58.0- 42.1- 15.2 馬なり余力 ベルクワイア(新馬)馬なりの内0.4秒追走同入
北村宏 13南W稍 52.1- 39.0- 13.7 馬なり余力 オーバーハング(三未勝)馬なりの内同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

エレンボーゲンは輸送によるダメージが抜け、13日より本格的にゲート練習に着手。不慣れな面を見せていますが、学習能力の高い馬だと思うので、追い詰めない程度に練習を重ねていけば良くなってくれるでしょう。

マカリカも13日より本格的にゲート練習を開始。特に気になる点はなさそうなので、来週にはゲート試験に挑戦できそうな雰囲気です。また、小柄な牝馬ですが、新しい環境でもしっかりカイバを食べてくれているのは好感です。

来月1日のデビューを予定しているロジャーズクライですが、順調に追い切りを消化。13日にはデビュー戦で手綱を取る北村Jを背に併せ馬を消化。気の強い馬だと思っていましたが、少し敏感で他馬を気にする模様。まあ、北村宏Jのコメントでは許容範囲みたいですが、追い切りでは常に併せ馬でやるようにし、慣れていってもらえればと思います。

【近況】【動画更新】ボンディマンシュ

↑↑↑

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンター1~2本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間もとても順調に調教を進めることが出来ています。皮膚病が悪化したので毛刈りをしたものの、飼い葉食いは良く体調面に問題はありません。まだこのペースだと登り切るのに一杯なところはありますが、調教には前向きに取り組めています。少し立て直しに時間が掛かったため、このまま軌道に乗せていけばグングン良化してくると思いますし、馬体の成長は著しく見映えはとても良いので、このまま無事に進めていきたいですね。馬体重は520キロです」(6/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

父ロードカナロアらしい馬っぷりの良さを誇るボンディマンシュ。見た目はホント立派なお馬さんですが、それとは裏腹に精神面は未熟過ぎるのが課題。これを克服できるという手応えは現段階では…。

また、体力面でも同期の馬と比較すると劣っていると思うので、年内デビューは意識せず、マイペースで心身の成長を促してもらわねばなりません。そして確かな成長を実感させて欲しいです。

この条件では底を見せていないも、良い頃のデキには到底及ばない感じ。この状態で古馬との初対戦は如何にも分が悪そうで…。★ロードエース

Photo_3 ロードエース(牡・松下)父エーシンフォワード 母エーシンパナギア

6月17日(日)阪神9R・箕面特別・混合・ダ1200mに幸Jで出走します。6月13日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン85.6-69.1-54.8-41.0-13.1 7分所を直線強目に乗っています。短評は「動き今ひと息」でした。発走は14時25分です。

○松下調教師 「6月13日(水)は余力残しで。好調時には及ばぬものの、一応の態勢は整ったでしょう。ちょっと間隔が空いたのに加え、ここはクラスが上がっての1戦。降級馬も含まれるだけに、簡単には行かないかも知れません。どのぐらい戦えるか・・・」

≪調教時計≫
18.06.13 中村将 栗CW良 85.6 69.1 54.8 41.0 13.1 直強目余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回阪神6日目(06月17日)
9R 箕面特別
サラ ダ1200メートル 3歳上1000万下 指定 混合 定量 発走14:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 メープル 牝3 52 川又賢治
1 2 ロードエース 牡3 54 幸英明
2 3 オールドベイリー 牡4 57 小崎綾也
2 4 モアニケアラ 牝6 55 浜中俊
3 5 ナムラヒューマン 牡6 57 鮫島克駿
3 6 シアーライン 牡5 57 松若風馬
4 7 フジノパンサー 牡5 57 酒井学
4 8 オンリーワンスター 牝5 55 高倉稜
5 9 スズカグラーテ 牝4 55 松山弘平
5 10 メイショウボノム 牡6 57 小牧太
6 11 タケルラグーン 牡6 57 松田大作
6 12 アグネスエーデル 牡6 57 荻野極
7 13 クレヴァーパッチ 牡3 54 秋山真一郎
7 14 ゼットマックイーン 牡5 57 水口優也
8 15 ブロンズテーラー 牝7 55 柴田未崎
8 16 ジオラマ 牡5 57 福永祐一

○松下師 「古馬相手になるけど、ダ1200mでは底を見せていませんからね。能力的にも通用すると思います。久々の分どうかですね」(競馬ブック)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

3月に今回と同じ阪神・ダ1200mで2勝目をあげたロードエース。好走するにはゲートが鍵になる馬ですが、スピードはホント良いものを秘めており、前々で立ち回ることが出来た前走は着差以上の完勝でした。

その前走後は一旦放牧で状態を整えた後、3歳OPの京都・端午Sを目標に。帰厩して順調に状態を整えていたのですが、レース1週前に両トモの繋ぎが腫れるアクシデント。そしてその後に体温の上昇も確認。結局は端午Sへの出走を見送り、放牧に出て状態を立て直す羽目になってしまいました。

ただ、アクシデント後の処置が良く、牧場へ戻ったときには体調・脚元は回復済。すぐに普通キャンターを乗り出し、2勝目と同条件のここへ照準を合わせてきました。調整は概ね順調に来ていると思っていましたが、帰厩後の動きは一息。元々硬さがある馬ですが、良化度がスロー過ぎる感じ。また、追い切りも2本と急仕上げと言われても仕方ありません。

良い頃と比べて6・7割の仕上げで臨む古馬との初対戦は如何にも分が悪いです。今回、大敗したとしても、度外視するぐらいに考えたいです。この馬のスピードなら、いずれはこのクラスでも対等以上にやれるでしょうから。

シルクなお馬さん(3歳関西馬・牧場組)

Photo_3 ケイティーズソレル

・在厩場所:滋賀県・NFしがらき
・次走予定:第2回中京開催
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「来週か再来週には帰厩させると角田調教師から連絡をいただいているので、移動に備えてピッチを上げています。跨った感触は良いですし、調教の動きも以前より力強さが出てきました。いい状態で送り出せると思うので、いつ声が掛かっても良いように態勢を整えておきます。馬体重は477キロです」(6/15近況)

Photo ダイアトニック

・在厩場所:滋賀県・NFしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター
・次走予定:新潟7月28日・月岡温泉特別

厩舎長「この中間も周回コース主体の調教メニューで乗り込んでいます。前回の放牧時よりレース後の回復は早かったですし、体質はだいぶしっかりしてきましたね。おそらく7月に入ってからの帰厩となるので、今後は坂路にも入れて、徐々に乗り込みを強化していきたいと考えています。馬体重は498キロです」(6/15近況)

Photo ドレーク

・在厩場所:滋賀県・NFしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「坂路で乗り出した後も順調に進められていたことから、この中間はラスト1ハロン14秒まで進めてみました。ペースを上げても余裕を持って登坂していましたし、状態はとても良いですね。今後の予定については藤岡調教師が馬の状態を確認したうえで、検討することになっていますので、乗り込みながら動きを良くしていきたいと思います。馬体重は490キロです」(6/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ケイティーズソレルは帰厩へ向け、引き続き好調をキープ。攻めの強化にも対応できており、良い雰囲気を維持しています。そろそろ声が掛かるでしょうから、テンションを上げ過ぎないように注意してもらえればと思います。

ダイアトニックは控え目な調整で前走の疲れが抜けているかをチェック。特に気になるような点はなく、この馬なりに体力・体質強化が叶っているのは何より。潜在能力は素晴らしいものがある馬なので、素質を磨いていってもらえればと思います。

ドレークはハロン15秒以上の速い調教を織り交ぜ、更なる成長・進化を促しています。現段階でもすぐ帰厩出来るレベルにあると思いますが、意識的に鍛えているのは今後のドレークへの期待の裏返しだと考えています。また、それに応えてパワーアップしたドレークを見せて欲しいです。

«焼魚定食のコロコロ予想 vol.529

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ