出資馬一覧

最近のコメント

2018年4月21日 (土)

今週の出走馬(4/21・22)

<土曜日>

Photo ロードヴォラーレ

京都5R・3歳未勝利・芝1800mに小崎Jとのコンビで出走します。

Photo_2 タイムレスメロディ

福島8R・4歳上500万下・牝馬・ダ1150mに川又Jとのコンビで出走します。

<日曜日>

Photo_2 ピボットポイント

阪神4R・3歳未勝利・芝2000mにC.ルメールJとのコンビで出走します。

Photo ロードイヒラニ

京都6R・3歳500万下・芝1600mにC.ルメールJとのコンビで出走します。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今週も先週同様に簡易版で出走記事を。シルク・ロード共に2頭ずつスタンバイ。

ヴォラーレはソエの為、昨年12月以来のレース。ここでも通用する脚力は秘めていますが、この血統らしくまだまだ荒削り。1度実戦を経験したことで難しい面が出てきていなければ良いのですが…。また、本質的にマイルが上限の馬。人気を集める馬と比較すると、距離延長はプラスとは言えません。ここでも大崩れしなければ、将来的に楽しめる1頭だと言えるでしょう。

タイムレスメロディはダート2戦目。前走は相手に恵まれましたが、最後までしっかり駆けていたのは好感。今回は慣れを見込んで前進を。3キロ減の川又Jの起用も魅力です。あとは福島への長距離輸送でどこまで馬体重を維持できるかがポイントでしょう。

ピボットポイントは先週の競馬を除外に。今回、正直相手に恵まれたように思います。それ故、ここで取りこぼしているようでは…。ここ2走で見せた気持ちの弱さを克服して、まずは1つ勝っておきたいです。

イヒラニは予定を早めての出走。C.ルメールJが乗ってくれるのは魅力ですが、この馬の将来を考えると、当初の予定通りに使ってもらうのがベストでしょう。開幕週の馬場では正直辛いでしょうが、最後まで集中力を切らさず、走ることができているかにまずは注目したいです。

勝負どころで手応えが怪しくなり、最後の直線で外から勢い良く迫られると全く抵抗することが出来ず。まさかの最下位に終わる。★アンブロジオ

Photo アンブロジオ(牡・菊沢)父ローズキングダム 母アンティフォナ

土曜中山11R ニュージーランドT(G2・芝1600m)15着(8番人気) 石橋脩J

大外枠からまずまずのスタートを切ると、直後に外に寄れますがすぐにジワッと押し上げ先行集団を見ながら5,6番手の外で流れに乗ります。3,4コーナーの中間地点から追い出しにかかりますがすでに手応えはなく、直線は後続にどんどん抜かれ最後方でゴールしています。

石橋脩騎手「大外枠でしたので、あまり気分良く行かせてしまうと余計な距離を走ってしまいますし、折り合いを欠いてしまうと元も子もないので、ジワーっといきました。ただそこで妙に収まり切ってしまい、それが却って馬のやる気を阻害してしまったのかもしれません。道中は前向きさが感じられず、流れが速くなったところで促していっても反応が鈍かったですし、推進力がなくなって、ただ回ってきただけになってしまいました。内側の馬場状態が悪くなっていたので、こだわらずに外を追走しましたが、その分溜めが利かなかったとは思うものの、外から来た馬が上位にきていることを考えると、位置取りは悪くなかったと思います。上手く馬の気持ちをコントロールしてあげられなかったことが悔やまれます。申し訳ありませんでした」

菊沢調教師「淀みのない流れになり、しかも終始外を回らされる形になってしまい、脚を溜めるところが全くありませんでした。中山のマイル戦で外を回って押し切るというのは、よほど力がないと難しいでしょう。外枠が災いしてしまいました。しかも上位陣は後方にいた馬たちという結果からもわかる通り、後ろに有利な流れだったと思います。また新馬戦以来、久々の右回りコースのせいか、ずっと戸惑いながら走っている感じでした。その辺りは経験不足が出てしまったのだと思います。結果を出せずに申し訳ありませんでした。レース後の状態を良くチェックしてから、一旦放牧に出す方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

テンション高め。出負け、大外枠からポジションを取りに行く。4角ではもうお釣りがなく、2着馬に先を越されたところで力尽きた。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:11日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧

菊沢師「レース後はそれなりの疲れはあるものの、目立ったダメージはありませんでした。初めて中2週という間隔で出走したことが思ったよりも堪えたのかもしれません。また、中山のマイル戦で大外枠から正攻法の競馬で押し切れるほど、まだ力は付いていないと思います。行き切るか下げるか極端な競馬をした方が良かったかもしれません。11日に予定通り放牧に出しましたが、放牧先での状態を見ながら、今後の方針を相談していきたいと思います」(4/11近況)

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第3回東京開催
・調教内容:週1回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「入場後の馬体チェックでも特に異常は見つかりませんでしたので、すぐに乗り出し19日から坂路調教を開始しました。あまりダメージがないところを見ると、前走は走り切っていないのかもしれません。菊沢調教師と打ち合わせ6月の東京開催を目標にすることになりました。馬体重は452キロです」(4/20近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

勝ち負けに持ち込むのは難しいとは思っていましたが、まさかの最下位という結果に終わったアンブロジオ。勝ち馬から2秒も負けていませんが、トリッキーなコースがアンブロジオよりも陣営に余計な気苦労を与えてしまったのかもしれません。また、結果論ですが、デビュー戦のように右側だけチークピースを着けるなど対策を講じて欲しかったです。

状態に関しては、不安なくレース当日を迎えることは出来たと思いますが、“出走→放牧”というリズムでレースを使ってきたアンブロジオ。初めての在厩調整で気持ちが乗り切らないところがあったのかもしれません。

これが実力ではないので、得意の左回りで巻き返しは利くかと思いますが、自分から止めるような負け方になってしまった影響がどこまであるのかが1つポイントに。レース後、すぐ乗り出せているように状態に不安はないので、この馬らしい闘争心を取り戻し、古馬相手に立ち向かっていって欲しいです。今後を占う意味で次走は非常に重要な1戦となってきます。

12日に栗東・千田厩舎へ戻っています。☆ロードイヒラニ

Photo_3 ロードイヒラニ(牡・千田)父ロードカナロア 母レディカーニバル

2018.04.12
4月12日(木)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、4月29日(日)東京・3歳500万下・混合・芝1600mもしくは5月6日(日)東京・3歳500万下・混合・芝1400mに予定しています。

○千田調教師 「4月12日(木)に厩舎へ戻しています。あまりゲート練習を詰め過ぎると逆効果を招く可能性も。雰囲気を見ながら対応するのがベターかも知れません。多少スタートで遅れてもリカバリーが叶うはず。次走は直線の長い東京を予定しましょう」

2018.04.10
滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「飼い葉は普通に食べており、数字は20キロ程度プラスに。あまり見た目に大きくは変わりませんけどね。この1、2週ぐらいの間に再びトレセンへ向かう可能性も。これまでのパターンとは異なり、今回は15-15を行なわずに送り出す予定です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

結果的に今週末の出走を予定しているロードイヒラニ。風邪に悪戦苦闘している間に帰厩→出走まで動きがありました。

予定では直線の長い東京コースでどこまで食い込めるか試す方針でしたが、11頭立て+C.ルメールJが空いていることから前倒しの出走へ。持ち時計がない+スタートに課題のあるイヒラニにとって、開幕週の馬場が合うとは…。

正直、結果は伴わないと思いますが、集中を切らすことなく最後までしっかり脚を繰り出してくれることを願っています。

次走は5月27日の東京・目黒記念に決まりました。☆ロードヴァンドール

Photo_6 ロードヴァンドール(牡・昆)父ダイワメジャー 母ジャズキャット

2018.04.18
栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。引き続き心身のリラックスに重点を置いており、もう少しの間は入念に乗り込みます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、5月27日(日)東京・目黒記念(G2)・国際・芝2500mに横山典弘騎手で予定しています。

○昆調教師 「ようやく前走の疲れは取り除けたかな・・・と言った感じ。スケジュールを見ながら再度ペースを上げようと思います。ここ数戦を振り返っても、レースの流れ一つで重賞を勝てる段階。今度も良い状態で送り出せれば・・・。そこに尽きるでしょう」

2018.04.11
栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。まだ目標のレースまで十分な時間が残されており、もう少しの間は同様のパターンで調整を行ないます。

○昆調教師 「4月11日(水)も普通キャンターまで。坂路と周回コースを併用しつつ入念に乗り込んでいます。徐々にボリュームは戻っているものの、やはり回復具合が多少スローな感じ。余裕を持ったローテーションで次走へ向かうのは妥当な判断でしょう」

2018.04.04
栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。引き続き心身のリラックスに重点を置いており、もう少しの間は同様のパターンで調整を行ないます。

○昆調教師 「長距離戦を使っているだけに、今までよりは疲れが残りますね。前回は入れ替わりの激しい競馬。自分のスタイルとは異なる形でも頑張った分、精神的にもキツかったかも知れません。天皇賞・春(G1)はパス。目黒記念(G2)に備える方針です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

天皇賞・春をパスし、5月27日の東京・目黒記念を目指すことになったロードヴァンドール。思いのほかタフな競馬になったことでレース後の回復はスローでしたが、ようやくここに来て疲れは払拭できた感じ。あとはレースまでの日程と現状を鑑みて、時計を出し始めるものと思います。

前走、好位からの競馬で4着と崩れなかったことは評価できますが、それ以上の結果(勝ち負け)を得るにはハナへ行くことが必須条件のヴァンドール。緩さが解消していけば出脚は良くなるでしょうが、やはり精神面でワンランク上の逞しさを備えてもらわねばなりません。

2018年4月15日 (日)

今週の出走馬(4/14・15)

<日曜日>

Photo ロードゼスト

阪神8R・4歳上500万下・芝2200mに中井Jとのコンビで出走します。

Photo ロードプレミアム

中山9R・鹿野山特別・芝2000mに三浦Jとのコンビで出走します。

Photo_2 モンドインテロ

阪神11R・アンタレスS(G3)・ダ1800mに池添Jとのコンビで出走します。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

只今、風邪をこじらせていまして、今週の出走は簡易版に。

ロードゼストは次週の福島戦を視野に入れていましたが、日曜阪神へ。馬場が渋るのは歓迎ですが、中央場所の相手だと正直苦しそう。前々で立ち回ってどこまで粘れるかでしょう。

ロードプレミアムはひと頃よりデキは持ち直してきた感じですが、2000mは本質的に長そう。雨馬場は喉にも優しいし、パワー型なのでそれほど苦にしないと思いますが…。三浦Jには極端な競馬(逃げor追い込み)で少しでも上位を目指して欲しい。

モンドインテロは今回もダートへ挑戦。適性がないとは言えませんが、OP・重賞で好走しているダートの猛者相手では分が悪くて…。今回の結果次第では、ダート転向に見切りを付けた方が良さそうです。

2018年4月12日 (木)

10日に栗東・西村厩舎へ戻っています。☆ソーディヴァイン

Photo_3 ソーディヴァイン(牝・西村)父キンシャサノキセキ 母ソーアラート

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:東京5月6日・立川特別
・調教内容:坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「この中間も坂路コースでハロン14秒の調教を行っていますが、動きは良くなっていますし、馬体も引き締まっていい体付きになってきました。先日、西村調教師が状態を確認したところ、『ペースを上げても脚元の状態は変わりなさそうですね。来週の検疫で帰厩させて、順調に仕上がるようであれば5月6日の東京・立川特別で復帰させたいと考えています』と仰っていました。馬体重は563キロです」(4/6近況)

⇒⇒10日(火)に栗東トレセンへ帰厩しています。(11日・最新情報より)

・在厩場所:10日に栗東トレセンへ帰厩
・次走予定:東京5月20日・日吉特別(ダ1300m)

西村師「10日の検疫で帰厩いたしました。脚元の状態のこともありますし、あまり急に進めていくと反動が出るといけないので、徐々に時計を詰めていきたいと考えています。これまで1400m主体に出走させてまいりましたが、今後は短い距離にも出走させたいと考えています。これからの仕上がり具合にもよりますが、このまま順調に進めることが出来れば、5月20日の東京・日吉特別に向かいたいと考えています」(4/11近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

右前肢の繋靭帯の炎症が判明し、時間を掛けて立て直してきたソーディヴァイン。ようやく態勢が整い、10日に栗東・西村厩舎へ戻っています。

当初、来月6日の東京・立川特別での復帰を目論んできましたが、故障明けで大型馬ということから復帰までもう少し時間を設けることに。また、これまで1400mにこだわって使ってきましたが、今後は短い距離への参戦を視野に入れていくことになりました。これに対しては大歓迎。ここ数走の悪い流れを断ち切り、ソーディヴァインのスピードを存分に発揮してもらえればと思います。

準OPでも通用するモノを見せているだけに、早い段階で1000万下を再卒業できるようお願いします。

シルクなお馬さん(4歳上関東馬・NF天栄組)

Photo シルクドリーマー

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「先週末にこちらへ移動してきました。到着後も特に問題はなかったので、すぐに騎乗運動を開始しています。脚元の状態は落ち着いていますが、北海道ではまだ軽めの乗り運動を始めたばかりのようでしたので、こちらではそれを引き継いで、徐々に進めていきたいと思います。馬体重は499キロです」(4/6近況)

Photo グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:5月12日の東京・緑風S
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も順調で、坂路調教中心に強めの負荷をかけています。脚元の状態は落ち着いていますし、状態は悪くありません。ただ最近は年齢のせいか太りやすくなっているので、そこには気を付けて調整を続けていきます。馬体重は476キロです」(4/6近況)

Photo ゼーヴィント

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「レース直後は左前球節に不安が出たようですが、こちらに入場時にもいくらか確認できたものの、今週に入ってからは前回送り出した時と比べて、それほど変わらない状態にまで回復しました。今週は周回コースで軽めの乗り運動を行っていますが、様子を見ながら坂路調教を開始していきたいと思います。前回はまだ太い状態で送り出すことになったので、今回はなるべく緩めないように調整していきたいと思います。馬体重は511キロです」(4/6近況)

Photo リゾネーター

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は週3回の坂路調教の内、2回は終い2ハロン13秒ペースまで上げています。ペースを上げても脚元に変化はなく落ち着いています。乗り込みながら重さは少しずつ解消されてきていますが、ハロン13秒ペースでは、まだ終いの手応えが物足りなくなるので、今後もしっかり乗り込み良化を促していきます。馬体重は568キロです」(4/6近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

北海道から移動してきたシルクドリーマーですが、早速乗り運動を開始。ピッチを上げていくには段階を踏む必要はありますが、下地が整えばどんどん攻めていけるでしょう。

坂路と周回コースを併用して進めていたグランドサッシュですが、今週は坂路中心の調整。しっかり負荷を掛けていますが、脚元は落ち着いた状態をキープ。来週ぐらいには帰厩となるでしょうから、状態を上げていってもらいたいです。

ゼーヴィントは球節に不安を抱えますが、時間の経過と共に症状は緩和。もう少し状態を見守る必要はあるでしょうが、今の感じだと進めていけそうです。重めの馬体に関しては、コツコツ乗り続ければ、締まりが出てきてくれるでしょう。

リゾネーターはこの中間から負荷を高めていますが、脚元は大丈夫そう。ただ、動き自体は重苦しく、馬体はまだまだ余裕のある状態。根気よく進めていくしか手はありません。

ロードなお馬さん(2歳牡馬)

Photo ロードラウレア(牡・角居)父ロードカナロア 母キャトルフィーユ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1400~2000m(1ハロン25~27秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「一定の割合で15-15を実施。引き続き、与えた飼い葉を残さずに食べるなど、健康状態に憂慮すべき材料は浮かんでいません。現状のペースではスムーズな動き。ただ、やはり良化度合いがスローなイメージで、焦らずに素質を磨きたいタイプです」

Photo ロードアドミラル(牡・高野)父ロードカナロア 母キャサリンオブアラゴン

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1400~2000m(1ハロン25~27秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「上昇一途。この中間も真面目な態度で日々のトレーニングに打ち込んでいます。先日、オープン入りを果たした半姉メイズオブオナーのように、鋭い末脚を繰り出せそうなイメージ。依然として精神的にピリピリしていないのは好材料だと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ラウレアは良化度がスローながら、淡々と調教メニューを消化。ひとまず怪我なく来ているのは何よりです。移動は2歳秋以降だと思うので、当面はコツコツ乗り進めてもらえればと思います。

馬体は母系の血が強く出ているアドミラルですが、性格は父の良いところを受け継いでいます。乗り進めていく中でキラッと光るモノを感じるようですし、競走馬としての資質を磨いていって欲しいです。

シルクなお馬さん(3歳関東馬・牧場組)

Photo ヴェルトゥアル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も先週と同じペースを維持して様子を見ています。トモの状態は依然気になるものの、悪化はしていません。そろそろペースを上げていきたいところですが、ここで無理をして悪化させてしまうと、これまで慎重に進めてきたことが無駄になってしまうので、今後もケアを行いつつ注意しながら調整を行っていきたいと思います。馬体重は492キロです」(4/6近況)

Photo ロイヤルアフェア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も先週と同様のメニューで進めています。坂路入りしてからここまでコンスタントに乗り進めていますが、疲れが出ることなく毛艶も良好です。腹回りを見ても段々と締まってきている印象ですし、いい具合に調教を積むことが出来ていると思いますよ」(4/6近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴェルトゥアルは乗り続けていますが、トモの状態は一息。帰厩へ向けてピッチを上げていくには厳しい感じです。改善が見られないなら、少し楽をさせることを考えてもらいたいです。

ロイヤルアフェアは引き続き意欲な攻め。反動が出ることなく、ひと追い毎に良化を辿っています。馬体に締まりが出てきているのも好感。このまま帰厩へ向けてどんどん進めていって欲しいです。

2018年4月11日 (水)

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NFしがらき組+地方所属馬)

Photo ブライトクォーツ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第1回新潟開催
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「この中間も坂路コースでハロン17秒の調教を行っていますが、元気いっぱい登坂しています。レースの疲れはすぐ回復しましたし、寒暖の影響も受けず、いい状態を保っています。今の調教メニューでも問題なく進められていることから、週末から坂路コースでハロン15秒の調教を開始していきたいと思います。馬体重は506キロです」(4/6近況)

Photo ディグニファイド

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル

厩舎長「4日まで軽めの運動に控えていましたが、状態も安定してきましたので、5日からトレッドミルで運動を開始しました。斉藤崇史調教師から暫く予定は決めずにじっくり立て直してくださいと指示をいただいていますので、馬の状態を見ながら調整していきたいと思います。馬体重は552キロです」(4/6近況)

Photo インペリオアスール

・在厩場所:西脇トレセン
・調教内容:馬場でキャンター
・次走予定:4月11日・園田競馬(ダ1400m)・吉村J

長南師「相手関係を考慮して、予定通り今週の競馬は見送らせていただきました。馬の状態は引き続き良好ですし、多少メンバーが強くてもこの馬の力を信じて来週の競馬には出走させようと思います。この週末に追い切りを行ってレースへ臨む予定です」(4/6近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ブライトクォーツは持ち前のタフさを発揮して順調な回復。帰厩へ向けてハロン15秒のところを乗り出していますし、本数を重ねて良化を辿って行ってもらえればと思います。

NFしがらきへUターンしてきたディグニファイド。馬体が緩まないようにトレッドミル等で体を動かしていますが、懸念材料の背腰のケアを重点的に行ってもらえればと思います。次走は状態が良くなってからの話になるので、7月ぐらいまでズレ込むことが濃厚なのかなと思います。

インペリオアスールはJRA復帰を賭け、本日出走へ。1クラス上がりますが、ここは3連勝を決めてもらわないと先々への期待が萎んでしまいます。今回もスタートでひと悶着ありそうですが、外枠を引き当てたのは良かったと思います。今回も強い競馬を見せて欲しいです。

内視鏡検査の良好な結果を受け、騎乗運動を開始しています。☆ナイトバナレット

Photo_3 ナイトバナレット(牡・矢作)父ディープブリランテ 母ナイキフェイバー

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル・周回コースでキャンター

厩舎長「トレッドミルで馬体が緩まない程度に運動を行っていましたが、その後も問題なく進められています。今週初めに獣医師に内視鏡検査を行ってもらいましたが、経過は順調とのことでしたので、今週からトレッドミルと乗りを1日置きに行っています。暫くは今の感じで進めていき、それでも状態が変わりないようであれば、乗りをメインにして調整していくつもりです。馬体重は513キロです」(4/6近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

鼻出血の為、約1ヶ月ほど無理を控えてきたナイトバナレット。この度、獣医師の診断を受け、良好な回復が認められました。そしてその結果を受け、トレッドミルと併用ながら騎乗運動を開始しています。

ただ、すぐトントンと進めていくのは危険なので、ゆっくり体を慣らしながら走る土台を築くのが先決。そうすれば、いざ乗り進めていった際、グンと上昇カーブを描いてくれるでしょう。

今回の更新で1歩前進したのは確かですが、それに気を許すことなく、もうしばらくは慎重を期してもらえればと思います。

復帰戦が21日京都・芝1800mに決まりました。☆ロードヴォラーレ

Photo_6 ロードヴォラーレ(牡・中内田)父オルフェーヴル 母アンビータブル

4月4日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に55.7-40.3-26.3-13.0 強目に追っています。併せ馬では叩き一杯の相手を0秒5追走して0秒1先着。短評は「坂路コースで入念」でした。4月21日(土)京都・3歳未勝利・芝1800mに予定しています。

○中内田調教師 「4月4日(水)は軽く気合いを付ける形でした。本数を重ねる毎に段々と具合は上向いている印象。今のところはソエも落ち着いています。この様子ならば再来週には出走態勢が整いそう。京都の初日に組まれた芝1800m戦を予定しましょう」

≪調教時計≫
18.04.04 助手 栗東坂良1回 55.7 40.3 26.3 13.0 強目に追う パワフルドンキ(3歳未勝利)叩一杯を0秒5追走0秒1先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

帰厩後、ソエの具合に気を掛けつつ坂路で時計を出しているロードヴォラーレ。時計自体は目立つものではありませんが、丹念に乗られていることは評価できると思います。また、気の勝った馬なので基本は仕上げやすいタイプ。ひと追い毎に態勢は整っていくと思います。

また、今回の更新で復帰戦が21日の京都・芝1800mに決定。距離は守備範囲かと思いますが、個人的には1400m~マイルが合うのかなという印象です。開幕週の綺麗な馬場を激走した反動は今から心配ですが、未勝利戦なら地力の違いで押し切って欲しいところ。詰めて使えないでしょうから、レース直前まで状態・相手関係を見極めてから出走へのGOサインをお願いします。

予定は出ていますが、間隔が空いている分、レースを選びやすい立場なのでその優位性を生かしても欲しいです。個人的には相手が落ちる新潟へ回って、確勝を期すこともありかなと思います。

6日に美浦・尾関厩舎へ戻っています。☆リミットブレイク

Photo_3 リミットブレイク(セ・尾関)父サクラバクシンオー 母マザーウェル

・在厩場所:6日に美浦トレセンへ帰厩
・次走予定:4月28日の新潟・障害オープン
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は坂路調教のペースを終い2ハロン13秒まで上げていましたが、終いまでしっかり動いていましたし、引き続き良い状態を維持していました。短期で戻して新潟1週目に向かうことになり、6日に帰厩しました。馬体重は539キロです」(4/6近況)

助 手 8南坂良 58.6- 42.6- 28.4- 14.1 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

OP2戦目で4着と前進することが出来たリミットブレイクはNF天栄で調整を続けていましたが、6日に美浦へ。新潟の1週目の障害戦へ向かうこととなりました。

1回使うと心身のダメージ・疲れが大きい馬ですが、今回は短期間に状態を立て直すことが出来た様子。帰厩して早速時計を出せていることから、それを窺い知ることが出来ます。

ただ、OPで勝ち負けするにはまだまだレベルアップが必要。前走も惜しい4着ではありませんから。課題はやはり平地力で見劣る点をどう補うことが出来るか。前走は前々で立ち回って渋太さを生かしましたが、未勝利を勝った時のように溜めながらの追走で直線でひと脚使うという走りの精度を高めていく必要があるのかなと見ています。

«シルクなお馬さん(3歳関西馬・牧場組)

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ