出資馬一覧

2018年7月20日 (金)

シルクなお馬さん(2歳・北海道組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週4回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2700m

担当者「ハロン14秒を始めてからも、順調に乗り込めていましたので、この中間は坂路調教の回数を更に増やしています。調教では集中力が増してきて、最後までしっかりとした脚取りで登坂することができています。運動量を増やしても馬体が減るどころか、ますますボリュームアップしており、だいぶ実が入ってきたことが実感できます。疲れが出るようなら適度に休みを入れようと思っていますが、今のところ状態は安定していますし、夏中には移動できるように調整を進めていきます。馬体重は496キロです」(7/15近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:トレッドミルでダク

担当者「その後も軽めの調整で様子を見てきましたが、依然として左トモの歩様の違和感が抜け切らない状況ですので、この中間はトレッドミルのペースをダクに落としています。歩様が良化しない限りは乗り運動を再開するのも難しいので、今後も軽めのメニューで体調維持に努めながら回復を促していきたいと思います。体調面には問題なく飼い葉は食べてくれていますが、運動量が多くない分、少しずつ馬体重が増えてきている状況ですので、気を付けながら進めていきたいと思います。馬体重は492キロです」(7/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パラダイスリーフは週4回坂路で速いところを乗っていますが、クタッとすることなく対応。以前はチャカチャカして幼い面が目立ちましたが、この馬なりに集中力が出てきました。また、しっかりカイバを食べてくれているので馬体が増えてきているのも好感です。全兄は屈腱炎でリタイアしてしまいましたが、その分まで弟のパラダイスリーフに期待を託したいです。

フロントラインは軽めの調整に終始していますが、左トモの歩様の違和感は相変わらず。再度、獣医師の診断を受けた方が良いとは思うのですが…。暑さが応えている面があるのかな? 何とか早く歩様が改善できるように色々手を尽くしてもらいたいです。

蹄は落ち着きを保つも、歩様の違和感は解消出来ず。軽めの調整で様子を見ています。★ロードイヒラニ

Photo_3 ロードイヒラニ(牡・千田)父ロードカナロア 母レディカーニバル

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン30分。

○当地スタッフ 「蹄の状態は落ち着いています。ただ、その割に歩様が不安定で・・・。他の箇所に原因が潜んでいる可能性を疑い、レントゲンを含めて検査を繰り返す状況。しかし、まだ特定には至っていません。当初の見立てよりも、幾らか時間が必要かも」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

挫跖ということで、そう心配することはないだろうと見ていたロードイヒラニでしたが、歩様の違和感が解消できていない様子。検査を繰り返し行っているようですが、原因が掴み切れていないのはホント悩ましい限りです。また、こういう時にノーザンファーム等が導入しているトレッドミルがあれば、適度に体を動かすことも出来るのですが。

まあ、今は無理を控え、適切な処置を施して歩様の改善を待つしかありません。夏の北海道開催での復帰はなくなったと思いますが、長い目で取り組んでいくことが1番です。

22日に札幌競馬場(美浦・大竹正博厩舎)へ入厩する予定となっています。☆ジェラーニオ

Photo ジェラーニオ(牡・大竹)父ブラックタイド 母アンプレヴー

・在厩場所:北海道・NF空港/22日に札幌競馬場へ入厩予定
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター1~2本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も順調に調教を行っています。最初の常歩の時などに少し煩さを見せることがありますが、キャンター時には真面目に取り組んでいますし、手入れ中や曳き運動時も割と落ち着いていますよ。脚元にも問題ありませんし、ハロン14秒ペースにも適応して動けるようになってきています。大竹調教師から『ゲート試験を受けるために入厩させたい』と連絡がありましたので、22日に札幌競馬場へ入厩する予定となりました。馬体重は464キロです」(7/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

トモに緩さを残しつつ、弾丸のように坂路を駆け上がっているジェラーニオ。もう少しメリハリの利いた走りが出来ればベターかなと思いますが、非凡な脚力は感じます。一癖秘める性格みたいですが、気難しさを見せることなく真面目に走ってくれているのも○です。

定期的にリフレッシュを挟みつつも、順調に来ていることを受け、ジェラーニオにゲート試験合格を目指す為の入厩プランが浮上。検疫の取りやすい今週末に札幌競馬場(美浦・大竹厩舎)へ移動する予定となっています。

おそらくゲート試験に合格したらNF空港で再教育を施し、秋の東京開催でのデビューを目指すことになってくると思います。

今週の出走馬(7/21・22)

<土曜日>

Photo_2 アマネセール

中京6R・メイクデビュー中京 2歳新馬・芝1400mに福永Jとのコンビで出走します。

Photo_2 ブライトクォーツ

函館10R・横津岳特別・芝2600mに城戸Jとのコンビで出走します。

Photo_2 ナイトバナレット

中京10R・長久手特別・芝1600mに国分優Jとのコンビで出走します。

<日曜日>

Photo_2 ソーディヴァイン

中京10R・尾頭橋特別・ダ1200mに戸崎Jとのコンビで出走します。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ここ2週は掲示板に載ることが出来ていない我が出資馬。ちょっと不甲斐なさを感じます。今週はシルク勢4頭がスタンバイ。このあたりで悪い流れを切りたいところです。

今週デビューとなるアマネセールは水準級の動きを披露。坂路よりもコースでの動きが良い馬なので実戦へ行って良さが出そうなタイプかなと。デビュー勝ちできればベストですが、中団くらいで折り合って、最後ひと伸びできるような走りを見せて欲しいです。

ブライトクォーツは連闘策。前走で手綱を取った蛯名Jの進言でダ1700mに使いたかったようですが、芝2600mの特別戦へ。変わってくるのは正直難しそうですが、ダ1700mだとさすがに距離が短すぎます。向正面でペースが緩んでくれることを願うばかりです。

ナイトバナレットは中1週のローテでここへ。最終週のタフな馬場はこの馬向き。ただ、口が硬くて操縦が難しい馬。個人的にはあれこれ考えずに末脚勝負に徹した方が良い結果が得られそう。

ソーディヴァインは除外の可能性もありましたが、無事抽選を突破。1度使った方が良さそうですが、最終追いは上々の動き。最後甘くなる競馬が続いていますが、1ハロン短縮のダ1200mでそれを幾らかでも補ってくれれば。内枠が当たれば、小細工なしに逃げることも頭に入れておいて欲しいです。

2018年7月19日 (木)

【近況】【動画更新】ボンティマンシュ

↑↑↑

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター1600m、残りの日は軽めの調整

担当者「これまでリフレッシュを挟みつつ乗り込んでいましたが、今のペースでもだいぶ余裕を持って登坂してくれるようになってきたことから、この中間から坂路でハロン14秒の乗り込みを開始しています。ゆっくりではありますが、少しずつ上昇線を描いていますし、今後も馬の状態に合わせながら進めていけば更に良くなってくると思います。最近は他の馬と一緒に調教を行っても気にしなくなり、集中して走ってくれるようになりました。今後も疲れが出ない程度にメリハリを付けながら乗り込んでいきたいと思います。馬体重は524キロです」(6/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

これまで単走での動画が続いていたボンディマンシュ。今回更新された動画でようやく2頭併せで坂路を駆け上がっています。

ただ、走っている様子を見ると、まだまだ気にしている素振り。フラフラ走っていますし、余裕はありません。騎乗運動を始めるのが遅くなった分、精神面での未熟さが残っているんだと思います。

今後も地道に乗り進め、学習していってくれれば、まだまだ良くなってくる筈。途上な面が多い中でも良いラップを踏んでいるので、素質は良いモノを秘めていると思います。

手応え十分に最後の直線へ。あとは追われて伸びるだけでしたが、外から並び掛けられ前へ出られるとフワッとして集中力を欠いた感じに。巻き返す脚は残っておらず6着に敗れる。★ロードヴォラーレ

Photo_6 ロードヴォラーレ(牡・中内田)父オルフェーヴル 母アンビータブル

7月14日(土)中京7R・3歳未勝利・混合・芝1600mに荻野極Jで出走。16頭立て5番人気で8枠16番からスローペースの道中を6、4、2番手と進み、直線では外を通って0秒5差の6着でした。スタートで出遅れて1馬身の不利を受けました。馬場は良。タイム1分34秒5、上がり34秒9。馬体重は4キロ減少の432キロでした。

○中内田調教師 「ブリンカー着用の効果も手伝って、これまでと比べて道中の行きっぷりは良化。馬群に入るよりは外枠も良かったかも知れませんね。上々の雰囲気で直線へ向いたものの、そこから思ったよりも伸び切れずに・・・。キレ負けなのか、中1週が響いたのか・・・。残念。レース後の様子を確認してから新たなプランを検討させて下さい」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。ある程度の間隔を開けないと出走が難しい状況を踏まえた上で今後は7月19日(木)に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動して2回小倉でのレース出走へ向けて態勢を整えます。

○中内田調教師 「まだ若干ソエっぽさは残るものの、時間が経てば落ち着きそうな感じ。ただ、5着を外してしまっただけに・・・。次走までには恐らく相応の間隔が必要でしょう。2週間程度の予定で、トレセン近郊の牧場へ。小倉開催に備えたいと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今回もゲートは遅かったですが、ブリンカー装着+大外枠ということでスッと揉まれない位置をキープして競馬をすることが出来たロードヴォラーレ。4角を回ってくる時は雰囲気が良く、手応えもありました。あとはキッチリ伸びて、後続の追撃を封じるのみだったのですが…。

いざ追い出されてからの伸びが案外。早目に外からブレイニーランに並び掛けられたのが響いたのか抵抗できずに前へ出られると、少しフワッとした感じに。巻き返す脚は残ってなく、5着以内を確保できなかったのはショックでした。道中、気分良く行き過ぎたのかな? 序盤は折り合いに専念し、外から被せられないようにしないとダメなのかな? 素質はあると思うのですが、気性面の難しさが1戦ごとに顕著になってきているのが悩ましい限りです。

レース後のヴォラーレですが、若干ソエっぽいも、深刻という感じではありません。適切な処置をして時間が経てば大丈夫でしょう。ただ、優先権を逃してしまったので間隔を空けないと芝のレースには使えません。18日に千葉のケイアイファームではなく、栗東近郊のグリーンウッドへ放牧に出ています。

2週間程度の予定ということでソエ・馬体の回復に専念するだけになりそうですが、先入観なく見てもらうことで、ちょっとしたことでも次走に繋がる発見があれば嬉しいのですが…。

ダート替わりで消耗戦を期待するも、ペースが緩むところがなかったので追走に手一杯。前半掛かったこともあって最後はバテてしまい7着に終わる。★ブライトクォーツ

Photo_3 ブライトクォーツ(牡・荒川)父ワークフォース 母レースドール

土曜函館7R 3歳上500万下(ダ2400m)7着(6番人気) 蛯名J

互角のスタートから前半は2つに分かれた馬群の後方よりに位置します。外へ持ち出して徐々に前の馬群との差を詰めにかかりますが、最後は脚があがってしまい7着でゴールとなりました。

蛯名騎手「前回乗せてもらった時の感じから、今日はスタートから馬のペースに任せて行くつもりでしたが、目の前にいた馬が遅くて行き場を失ってしまい、そこで引っ張るとハミを噛んでしまいました。途中から外へ切り替えたのですが、前半に力んだぶん最後の走りに余裕がありませんでした。ダートの方が芝の時よりも行きっぷりが良くて、今日の感じだと1700mでも対応できるでしょうし、その方が向こう正面でペースも落ち着くので競馬はしやすそうです」

荒川調教師「スタートしてからの位置取りがちょっと悪くなってしまい、掛かり気味に走ってしまいました。前回もそうだったのですが、こちらが動きたいときにペースが上がってしまい、なかなかこの馬の競馬をさせてもらえませんね。レースを選択できる立場ではありませんし、使えるところに出走させていくしかないのですが、入るようでしたらダ1700mに出走させてみたいと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

8頭立てで消耗戦に持ち込めれば面白いと見ていたブライトクォーツですが、ここ数走と同じような負け方。勝負どころを前へ自分から動いていきたいのですが、長丁場の1戦でもペースがガタッと緩むところがないので、ペースアップに付いて行くのが精一杯。速い脚が使えないので、4角手前で先頭へ並び掛けるぐらいじゃないと見せ場すら作れません。

終わってみれば降級馬3頭が上位を独占。それに対して追走に手一杯だったブライトクォーツ。前半、珍しく掛かるところがあったのも響いて、最後は完全にバテてしまい7着。強行軍でも元気一杯に頑張ってくれているのですが、結果を出すことが出来ません。力不足と言わざるを得ません。

今週で函館開催は終了となりますが、滞在していることもあって連闘使いへ。枠に入れるのなら使ってしまおうという感じ。素晴らしいタフネスさを見せてくれているブライトクォーツには頭が下がりますが、冴えない競馬が続く現状では今回も厳しい結果が待っていることでしょう。

右トモの歩様に違和感を発症。予定を白紙に戻し、18日にNF空港へ放牧に出ています。★ヴィッセン

Photo ヴィッセン(牡・石坂)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

・在厩場所:札幌競馬場/17日に北海道・NF空港へ放牧予定
・調教内容:軽めの運動

斉藤崇師「7月28日の札幌・北海道150年記念に向けて調整していたところ、15日の調教を行う前に馬体チェックをした際、右トモの歩様が気になったので、獣医師に診てもらいましたが、骨や筋には異常は見られませんでした。おそらくトモの筋肉を痛めているのではないかと獣医師の見解でした。軽度のものではありますが、このままレースに向けて進めていったとしても万全の状態で出走させることが出来ないと判断し、予定を白紙に戻させていただき、17日にNF空港へ放牧に出して立て直すことにいたしました。レースが近づいていただけに、このような結果になってしまい申し訳ありません。牧場サイドと連携を取りながら早期復帰を目指したいと思います」(7/16近況)

⇒⇒17日(火)に北海道・NF空港へ放牧に出ています。(17日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

札幌競馬場への輸送で大きく馬体を減らしてしまったヴィッセンでしたが、12日に追い切りを消化。順調に良い方へ進んでいってくれているなあと安心していたところにトラブル発生の知らせ。獣医師の診断では軽度ながらも、トモの筋肉を痛めてしまったようです。予定していたレースが迫ってくる中、予定を白紙に戻さねばならなくなりました。

現在のヴィッセンはNF空港に移動して療養中。札幌開催での復帰を視野に入れていますが、筋肉を痛めてしまったので時間が掛かるように思います。改めて獣医師に診てもらうなど治療最優先でお願いします。焦りは禁物です。

暑さが応えて、背中・トモ等に硬さが目立つ状況。騎乗運動を控えて楽をさせています。★ロードエース

Photo_3 ロードエース(牡・松下)父エーシンフォワード 母エーシンパナギア

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「元々が全体的に柔軟性に欠けるタイプ・・・と言う点を考慮しても、乗っていて解れそうにないのはあまりにも不自然。特に背中や両トモの硬さが目立った為、騎乗トレーニングを見合わせています。夏に弱い面も見せており、当面は楽をさせましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

順調にボリュームを増してきたエースですが、前回の更新で左前脚の繋ぎに腫れの症状。幸い大事には至りませんでしたが、暑さが応えてきて疲れが出たのかなと見ていました。

そして今回の更新。暑さに非常に弱いことは重々承知していたので、とうとう来てしまったかあという心境ですが、暑さが落ち着くまではウォーキングマシン等の軽いメニューになってしまうのは仕方ありません。まずはこれ以上、症状が酷くなることは避けないと…。

この機会に全身に針を打ったり、オゾン療法を取り入れたりと回復を促す治療を積極的に行ってもらいたいです。

【シルク】2018年度募集馬・申し込み開始

2018年度募集馬 第1次募集の出資お申し込み受付を開始させていただきました。

出資お申し込み受付締切日は以下のとおりです。

第一次募集 出資受付締切日

公式ウェブサイト(会員様限定)
8月1日 午後5時

書類申し込み
7月31日 必着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

いよいよ1歳馬の募集の時期となりました。票読みをしながらになりますが、お得な馬を上手に拾っていければなあと考えています。

» 続きを読む

ダートでの変身を期待するも、パサパサの馬場で非力さを露呈。今回もゲート一息で後方からの競馬を強いられ、見せ場なく11着に敗れる。★ケイティーズソレル

Photo_3 ケイティーズソレル(牝・角田)父ハーツクライ 母ケイティーズベスト

土曜中京2R 3歳未勝利・牝馬(ダ1800m)11着(9番人気) 武豊J

立ち遅れてしまった為に最後方からレースを運びます。3コーナーあたりから徐々に前を窺いにいこうとしますが、なかなかスピードが上がらず、最後の直線で外に出して追い上げるも大きく着順を上げることなく11着でゴールしています。

武豊騎手「ゲート内でソワソワしていたので体勢を整えていたのですが、タイミング悪く立ち遅れてしまいました。パサパサの馬場が合わないのか、スッとスピードに乗っていくことが出来なかったので、馬のリズムを崩さないように追走していきました。最後はジリジリ脚を伸ばしてくれましたが、脚抜きが良い馬場の方が良かったかもしれません。ダートの走り自体は悪くなかったですが、芝の方が持ち味を活かせそうな気がしました」

角田調教師「調教ではパワーのあるところを見せていたことから、ダートに出走させていただきましたが、ゲートを出遅れたのは仕方ないとして、スピードがつかず流れに乗っていけなかったですね。武豊騎手は芝の短めの距離の方が良いと言っていましたが、優先出走権が獲れなかった為に節が足りるか微妙なところです。トレセンに戻って状態を確認した後は放牧に出して小倉開催の後半に備えたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:18日に滋賀県・NFしがらきへ放牧
・次走予定:第2回小倉開催

角田師「トレセンに戻って状態を確認いたしましたが、馬体に大きなダメージはありませんでした。パサパサの馬場が合わなかったのか、ゲートを上手く出ることが出来ませんでしたし、二の脚も付かなかったことを考えるとやはり芝の方が良いのかもしれません。芝の番組に出走させるとなると節を空けないと確実に狙って投票するのが難しいので、一旦放牧に出して馬体のケアを行ってもらいます。小倉開催の4・5週目あたりで投票できるようにしたいと考えているので、8月上旬には帰厩させる予定です。18日に滋賀県・NFしがらきへ放牧に出させていただきました」(7/18近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダート向きの資質を感じさせていたケイティーズソレルですが、その一方で見た目から感じる非力さ。パサパサのダートの良馬場で動き切れるか不安を感じていましたが、悪い方に予感が的中。また、1度実戦を経験して慣れを見込んでいましたが、正直あまり変わってきてくれませんでした。鞍上の手腕にも期待したのですが、なす術なかったです。

2戦目も平凡な結果に終わってしまうと、今後の見通しが一気に暗くなることを覚悟していましたが、全く良いところがなかっただけに追い詰められた感が強いです。結果的に芝の方がマシだと分かりましたが、芝の短い距離に使うには節を稼ぐ必要があって…。次は小倉開催の4・5週目あたりでの出走を目論んでいますが、今回のように予想以上に権利持ちの馬が多く、出走が叶わない・待たされるケースも考えられます。ブロック制で出走は困難ですが、新潟開催にも目を向けておく必要があるかと思います。また、芝のどの距離に照準を合わせるのかも運命の分かれ目。芝1200mなのか芝1800mなのか。芝2000mはさすがに長いように思います。

レース後のケイティーズソレルですが、相応の疲れは感じるも、馬体に異常はなし。18日にNFしがらきへ放牧に出て、次走に備えています。

牧場スタッフとも綿密に連絡を取り合い、適距離の把握に尽力して欲しいところ。残された出走機会が少ないので、今後は1戦必勝が求められます。冷静に見ると、厳しい現状ですが、最後まで白旗を上げることなく、1勝することに全力を注いでもらいたいです。

2018年7月18日 (水)

ロードなお馬さん(2歳牡馬・北海道組)

Photo ロードラウレア(牡・角居)父ロードカナロア 母キャトルフィーユ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン13~20秒ペース)。6月下旬測定の馬体重は461キロ。

○当地スタッフ 「先週末に追い切りを行ない、終いは12、13秒台まで加速。ここまでビシッと追い切ったのは初めてだった割に、上々の動きを見せてくれたと思います。やはり高い能力を秘めていそう。秋の始動を意識しつつ、一層のパワーアップを叶えるのみです」

Photo ロードアドミラル(牡・高野)父ロードカナロア 母キャサリンオブアラゴン

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン13~20秒ペース)。6月下旬測定の馬体重は510キロ。

○当地スタッフ 「現段階では速いペースで乗った後に疲れが溜まり易い印象。緩やかに育っている馬らしい面かも知れません。でも、脚元や背腰が悪いケースとは異なるだけに、一夏を越えて変わるはず。大事に進めることで先々の活躍に繋がるタイプだと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

5月末に少し疲れを覗かせたラウレアですが、クタッとする前に速いところを控えて回復に努めたことが正解で徐々に回復。前回の更新でハロン15秒以下の速いところを再開していましたが、今回は更に踏み込んだ調教を実施。戸惑っても仕方ないところですが、それにも対応。血統馬の片鱗を窺わせる良い動きを見せてくれたようです。良い感じに上昇カーブを描けているので、この調子でコツコツ乗り込んでいき、心身のパワーアップを図っていってもらえればと思います。調教動画を見ると、頭を下げたまま走るところがあったので、これはしっかり修正してもらいたいです。

アドミラルはこの馬なりに順調に進んでいますが、疲れが溜まりやすいなど体質面の課題がある様子。まあ、本数を重ねながら、アドミラルには克服していってもらえればと思います。ラウレア同様に素質は確かですから、焦ることなく素質を磨くことが先々の活躍へと繋がります。調教動画を見ると、手前の替え方に幼さを感じますが、動きは軽快。トモに力が付いてくれば、もっと推進力が出てきてくれると思います。

シルクなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo_3 アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も坂路調教を継続し、一日置きに週3回行っています。ペースも終いハロン14秒まで上げ、少しずつ運動強度を上げています。普段から落ち着いて過ごせていますし、最近の暑さにもバテることなく体調面は良好です 。馬体重は488キロです」(7/13近況)

Photo アンブロジオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:8月11日の新潟・新潟日報賞
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「引き続き一日置きの坂路調教を中心にしっかり乗り込まれています。最近の暑さにも体調を崩すことなく、順調に調教を消化しています。来週にも帰厩すると聞いていますので、このまま状態維持に努めていきます。馬体重は461キロです」(7/13近況)

Photo ヴェルトゥアル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「先週まで一日置きに週3回の坂路調教を続けていましたが、疲れを溜めないためと、乗り進めてから徐々に体重が減ってきていることから、今週は週2回に止めています。今後は馬体回復を図りつつ、状態アップに努めていきます。馬体重は481キロです」(7/13近況)

Photo ピボットポイント

・在厩場所:滋賀県・NFしがらき
・調教内容:トレッドミル
・次走予定:第2回小倉開催

厩舎長「先週一杯は軽めの運動に控え、今週からトレッドミルでの運動を開始しています。トモにやや疲れが見られた以外は体調も変わりないので、来週あたりからコースに入れていきたいと考えています。小倉開催3週目あたりを目標にしていると聞いていますので、体調をしっかり整えていい状態で送り出せるように努めてまいります。馬体重は479キロです」(7/13近況)

Photo ドレーク

・在厩場所:滋賀県・NFしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「坂路でハロン15秒の乗り込みを開始後も、脚元等は問題なく進められています。今のところ暑さに堪えることもなく、調教後は飼い葉をよく食べているので、体調面に関しては心配なところはありません。もう少し今の調教メニューを継続し、それでも問題ないようであればハロンペースを上げて、帰厩に向けてピッチを上げていきたいと考えています。馬体重は485キロです」(7/13近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アーモンドアイは調教内容を高めましたが、難なく対応。攻めを強めた分、先週より馬体は減りましたが、気にすることはないでしょう。ただ、暑さが更に増している現状なので、いつ疲れが出ても不思議ありません。日々の行動・仕草に十二分に気を配ってもらい、クタッとする前に適切な処置をお願いします。

アンブロジオは近々帰厩。1日置きにハロン14秒を登坂していますが、疲れを見せずに対応することが出来ています。暑さに強いところを見せてくれています。この感じなら昇級戦の次走でも期待したくなります。

ヴェルトゥアルは引き続き内面強化に努めていますが、少し馬体が減少傾向ということで先週は週2本に止めた様子。クタッとした感じはないので、馬体の回復が進めば、元のメニューに戻してしっかり鍛えていってもらえればと思います。

ピボットポイントは使ってまもないこともあり、疲労回復に専念。トモに疲れは見られるようですが、大きな問題ではありません。今のところ暑さは大丈夫ですが、次走は1戦必勝で万全の状態へ持っていって欲しいです。勝負どころでズブさを覗かせる馬なので、小回りの小倉コースが鍵になってきますが、未勝利なら力は上の筈なので能力で対応してくれるでしょう。

挫跖の症状が見られて一度緩められたドレークですが、速いところを乗っても気にする素振りはなし。暑さにもグッと耐えてくれています。食欲旺盛なのも頼もしい限り。引き続き、鍛えていく方針のようですが、一夏越して、確かな成長ぶりを見せてくれることを期待しています。

«28日の新潟・芝1400mでのデビューを目指すことになりました。鞍上は福永騎手。☆ロードアブソルート

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ